町外の山歩き

2017年5月27日 (土)

"ゴジラの背" リターン

天気は今一つながら、雨がなければ大丈夫だろうと山友二人を連れて、三度ゴジラへ。
反時計回りも考えましたが、やはりあの坂の下りの不安から、前回にと同じく時計回り。

大休峠の避難小屋は7/31まで改修工事のようです。

P1460952
いい森です

P1460953
いい笹原です・・・テープを見失うとやばいですが(笑)

P1460954
甲川(きのえがわ)

P1460955

前回時は左手のテープを見逃して、えらい目にあいました(笑)

P1460957_2

この岩壁をヒヤヒヤしながら登ったのです

P1460959

川から150m登った・・・雨が・・・ちょうどルート変更ポイント

P1460960

更にガスまで・・・前方には岩壁。午後からは天気回復の予想です、雨は止むでしょうが石・岩が濡れてしまいました。主尾根からはもっと苦戦が予想されますので・・・ここは安全第一
撤退します!!!

P1460961

0



香取展望駐車場まで帰って昼食・・・あそこに行く予定だったのにな~

P1460968

大山寺まで行くと・・・う〜ん

P1460970

ゴジラ・・・待ってろよ~ 又行くぞ~

2017年5月14日 (日)

週末は、山・山・や〜ま

今週末は、めずらしく連日の山歩きをしておりました。

昨日の朝方は雨模様、想定内・登山口では上がっているでしょうと・・・こちらへ

2

スキー場に到着時には雨もなく・・・ただお山はガスで全くみえず、テンション低く出発。
が、登山口直ぐの斜面に見たような大型のはっぱ・・・なんとサンカヨウ。しかも花が咲いています。テンションメーターはグ・グ・グとアップ。  今年お初です。

P1460669_2

煙るブナ林の斜面・・まあ、これはこれで良い感じ

P1460677

山頂でも全く展望はなし、早々に次ぎへ向かいます

P1460687

・・・が、またまたテンションメーターがアップ、想定外のカタクリ。終盤でしたが、かなりの群生地、もう毛無山まで行く必要はないかな(笑)

P1460689

相変わらずの煙るブナ林を下って行きます。

P1460693

鞍部をすぎて登り返し、少しだけ展望が・・・

P1460704

イワカガミも今年お初

P1460709

山頂は相変わらずの真っ白、早々に下山

P1460725

スキー場に下山・・・やっぱり真っ白

P1460731

こんな日もあります、想定外の花も見られて・・・良しとしましょう。



変わって、本日は絶好の登山日和。

1_2

長い長い林道走りに・・・聞いてないよ~って聞こえてきそう。でも、この緑は最高でしょ。

P1460736

登山道に座り込んで・・・?

P1460739

それにしてもキレイです

P1460744

残雪歩きも又楽し?

P1460747

主尾根でばったりカタクリの花、あるとは聞いていましたが、ほんの数株。葉っぱに模様がない。

P1460749

山頂〜

P1460756

もう一つの目的もほぼ・ほぼ達成できて満足いただけたでしょう(笑)

P1460759

子供は元気です・・・スタコラサッサと軽快にお帰りです。

P1460763

そうそう、ここでもイワカガミ、写真は撮り損ねましたがサンカヨウ咲き始めていました。

P1460766

山頂で大山こそ見られませんでしたが、まぁ・これだけのお天気に当たれば満足・満足。

2017年5月 3日 (水)

花見登山Ⅱ・・・毛無山

昨年のプチ遠征で登った「毛無山」、残念だったのはガスで展望は無く、カタクリも寒くて寂しそうでした。今年はタイミングがよさそうなので急遽行ってみました。
今回は鳥取側からのルート、こっちの登山口の方が標高が百m高い(笑)

Photo

駐車場から大山・烏ケ山

P1460394

そして、巨大タンクの奥に登山口。既に車が二十台近く止まっていました。

P1460396
自然林の適度な斜面、コースも良く整備されており、気持ちよく登っていけます。

P1460399

四合目の展望台から・・・

P1460411

第一カタクリ発見

P1460421

こちらは蔵之助岩・・・他にも力岩や無法松等々標識がありますが謂れが書いてなくて?

P1460428

足元のカタクリに誘導されてカタクリ広場

P1460433
なんと白いカタクリ、この山域に数株あるらしいです。

P1460436

P1460440

P1460441

そうは言っても山頂写真。大山は見えるものの、イマイチすっきりしない・・・贅沢か。

P1460450

次回は行くぞ~・・・いや、行きたいぞ~三平山への縦走

P1460447

混雑の山頂を早々に撤退・・・も一度白いカタクリ

P1460459


P1460461

P1460464

予想通り大人気のカタクリ山・・・いや、毛無山。ちょっと遠いですが良い山でした。






2017年4月24日 (月)

恒例・春山歩き

毎年、この時期には気持ちよく山歩きできそうな場所を探していますが・・・中々見つかりません。今年は宍粟のメ~さんに紹介してもらった場所に向かったのですが想定外の状況に断念。念のために準備していたコースに急遽変更しました。

Photo
駐車地から少し戻って・・・取り付きは・・・

P1460185

ススキ原の縁をガシガシと

P1460190

途中で・・・下山予定の尾根・ポイントが見えます。

P1460196

主尾根に到着、ススキの野焼きがされた砥峰高原と奥の方に暁晴山のアンテナ群

P1460203

土塁に沿って進んで行けば・・・砥峰山頂

P1460206

一端下った鞍部・・・キレイなところでした

P1460215

P1460216

登り返して975手前から振り返る

P1460220
まだまだベッピンさんのタムシバ

P1460224

三角点929手前から方向転換・・・しばらく植林帯

P1460226

点線道は峠・・・ナガソウ方向へ

P1460228

左隅には立派な室に石仏があります

P1460232

見覚えのある場所・・・まだまだ作業道歩きが続きます

P1460233

最後は舗装道に上がって、向かいの尾根に進みます

P1460238

もちろん、自然林・良い感じですよ

P1460245

三角点985・・・南千町ケ峰

P1460247

ちょい先でお昼ご飯、正面にかっこいい氷ノ山

P1460249

アセビ庭園

P1460253

キレイな場所です

P1460256

アセビの向こうに砥峰方向

P1460258

振り返る・・・いいですね~

P1460259

植樹したかのようにタムシバが急に増えてきました

P1460265

砥峰方向に延びる電線・・・ここで下る事も考えていましたが、気持ちがいいのでもう少し先まで進みます。

P1460268

P917から駐車地へ伸びる下り尾根

P1460273

登りに通ったススキ原

P1460274

最後は沢部から道路へ無事下山

P1460280

帰りの川の向こう岸に・・・

P1460282

P1460283


1

10キロ・五時間弱、当初の予定とは違いましたが、気持ちよく・いい山歩きができました。

2017年4月 3日 (月)

ゴーロ・リベンジ

先週の高山・ゴーロ縦走・・・天気は良かったものの、いずれにも届かず不甲斐なさを引きずっておりました。先週末も好天だったものの所用で山行できず、やっと本日向かってみました。
左奥の雪原・・・どんな感じでしょう?

P1450706

万全を期してゴーロ一本に絞り、前回よりも二時間早く、安蔵森林公園をスタート。

1

1.2キロの雪の林道を歩き、前回時の下山ポイント手前から取り付きました。(昨日の三人さんのトレースを辿らせていただきました)

振り返ればキレイに鷲峰山

P1450717

今年初見の・・・先ず咲く・マンサク

P1450726

前回時のUターンポイントから

P1450740

アップダウンも何のその・・・

P1450741

P1450755

高山方向

P1450760

1142Pまじか

P1450771

P1450772

ピークに登ると、高鉢山方向

P1450775

高山方向

P1450776

そして、ゴーロ

P1450779

左手には三国山・北嶺

P1450780

ゴーロ・ピークへ向かいます

P1450786

振り返って1142P

P1450790

不鮮明ですが、大山のアップ

P1450795

三国山北嶺のアップ・・・人影?

P1450804

念の為 登頂写真

P1450813

ゴーロの雪原より1142Pの雪原の方が広いような?  トップの写真の雪原はゴーロじゃなくて1142周辺のようです。時間もあるので散策してみました。

3

P1450825
振り返って・・・

P1450831

さ〜て、これくらいにして帰ります。今日はピストンで一気に下山・・・次に来る時は周回の途中・・かな?

マンサクとバニーちゃん達に見送られて・・・

P1450835

P1450841

2

登りに二時間、山頂付近で一時間ぶらぶらして、下りに一時間・・・午前中に下山できました。今日は早めのスタートと低い気温で雪はよく締まり、歩き易かった事と昨日のトレースでルート確認の必要がなく、気持ちも楽に歩けました。

雪山は終盤となりますが町内の雪山をもう少し歩けそうです。

2017年3月25日 (土)

高山〜ゴーロ縦走をめざして・・・?

この時期、市内に向かう途中・西方に白く輝く山群が印象的です。

Photo_5

高山・ゴーロ・高鉢山・河本山・・・今日は冬季未踏の高山からゴーロを目指しました・・・が・・・行けませんでした。

スタートは安蔵、安蔵森林公園に向かいましたが除雪作業中・・・

Photo_6

テニスコート下手の遊歩道から取り付き

P1450501_2

中途半端な積雪、ジグザグ道のショートカット、植林帯、けっこうな登り坂・・・疲れました。
それでも振り返ると・・・気持ちがUP

P1450506_2

自然林帯に出ても急な雪面・あせび藪・・・なかなかです。
標高差500mをがんばり、上部林道がみえました。

P1450521_2

林道から市内方向

P1450525_2

ここからは高山とP1039(西高山)の鞍部を目指しますが・・・途中で昼食タイム。

日陰は雪も締まり、ステップが切れない、時間がない・・・高山はパス

P1450528_4

P1450532_2

尾根を回り込むと・・・高山。いつもに増して尖がってます、カッコイイ。奥には氷ノ山から扇ノ山方面を確認・・・疲れが吹っ飛びました。

P1450534_2

こちらは鷲峰山、今日は終始望めました。

P1450536_3

P1039

P1450546_2

千mの痩せ尾根縦走・・・良かった〜

P1450549_2

高鉢山方面

P1450554_2

ルンルンです

P1450556_2

いつかは周回・・・するぞ〜

P1450560

1002から・・・遠い、ゴーロは遥か彼方・・・パス   今日は下見という事で(笑)

P1450567

さてと、帰ります・・・鷲峰山

P1450571

西方向、山名はわかりません・・・肉眼では大山も見えていました

P1450574

下山尾根は更に気持ちがいい

P1450576

P1450579

林道が見えてきました

P1450581

長い・長い林道歩き、振り返って歩いた尾根

P1450588

明日には公園まで除雪が進むでしょう

P1450595

2

距離的には大した事はなかったのですが、登りで力を使い切ってしまいました。目的の山には行けませんでしたが尾根歩きで満足・・・今回は・・・いつか杣小屋から周回・・・できたら良いな〜

2017年1月28日 (土)

さぁ〜て 大山

予報通り最高のお天気・・・ルンルン気分で大山へ

P1440513
積雪は多いもののさすがに大山、しっかりとトレースがあります

P1440514_2

五合目まで標識も見えず・・・おぉ、三鈷峰~

P1440531

米子の町も真っ白け

P1440537

六合目を見上げる

P1440543

六合目から北壁

P1440546

ここからが大山の本領発揮・・・風がほとんど無く助かりました。差し込むピッケルに雪はキュ・キュと鳴きます。

P1440548
P1440549
草鳴社ケルン

P1440557

振り返れば登る人・ご来光から下る人

P1440559

美しいですね

P1440562

P1440563

真っ白な雪原?

P1440571

木道の隙間から何やら出てきました、ネズミ・・・天気に誘われてエサ探しでしょうか・・・???

P1440579

ラストスパート

P1440582

山頂碑は掘り出されています

P1440589

とりあえず定番ショット   The大山

P1440590

小屋の温度計はマイナス五℃。でも、あったかい・・・皆さん小屋に入らずお外で食事

P1440592

まだ一部黒い部分や灌木が出ている場所はありますが・・・流石に大山です。
こんな日に登ってしまうと・・・次回はどうなんでしょうね?

輝く・三鈷峰~ 印象的でした。

P1440604

2017年1月 6日 (金)

さてさて、今年最初の山行は?

年が明けて既に六日・・・そろそろ山へ行かないの?

別段、体調不良でも何かあった訳ではありませんが、昨年末に雪の大山・氷ノ山に登ってしまい、既に雪山モード。積雪は更に減り・・・う〜ん・・・イマイチ気力が(笑)

ならば、全く雪のない南の山へ・・・天気も良さそうなので戸倉峠を越して・・・どこへ?
思い切って山陽側の数あるアルプスも考えましたが、やっぱり千m超の山に行きたい・・・という事で宍粟市一宮町の「黒尾山」宍粟50名山No24です。

Photo

スタートは下山コースも考えて「八幡神社」駐車場、横手の作業道を進んでいきます。

P1440288

途中、獣除けゲートを通り、本道目指して・・・

P1440290

本道合流、植林帯を奥へ奥へ、時折ショートカットしながら3コースの分岐ポイント

P1440307

途中にある三社にお参りもしたいので、右コースへ

P1440308

ここからは良い感じの風景、先ずは口滝

P1440310_2

不動尊・不動滝・・・奥のガレ場を登っていきます、いい感じ・・・

P1440320

斜面を削って登山道、良く整備されています。

P1440330

中央コースと合流し、尾根を直登

P1440337

虚空蔵尊

P1440341

本道を外れて岩壁に、行者尊(えんのぎょうじゃ)

P1440351

岩壁の上部は・・・

P1440353

そして、山頂

P1440360

P1440358

スタートから2時間半、林道歩きはやむなしですが、3コース分岐からは自然林・少々荒れた場所・見どころもあり、大満足のGOODなコースでした。

白い山が見えますが・・・?

P1440361

瀬戸内海でしょう

P1440365

お昼には少し早いので、もう少し先へ進みます。
ピストン嫌いの私ですから周回を試みるべく別尾根へ。ススキの裏に良い道。

P1440368

ちょっと行き過ぎ・・・バックして昼食。

P1440372

ここから下り尾根への鞍部まで・・・大変でした、雑木藪・イバラ藪・・・

やっと鞍部

P1440376

ここから方向転換、少し行くと・・・ワーォ、作業道かい。

P1440384_2

まあ、それ程の距離はありませんでした。
少々藪っぽい痩せ尾根、北側は自然林・・・シカ道を見つけてください。

P1440387

南側はアセビ等の低木帯、わずかにルートがあります・・・が、イバラが邪魔をします。

P1440388

どちらが良いかは好み次第 (笑)

893から750mくらいまでは自然林の良い尾根です。

P1440397

が、そこから先はイマイチ・・・576から山頂

P1440399

植林帯に倒木藪・・・たまりまへんな~

P1440405

どうにかこうにか神社裏の植林帯、獣除けに沿って朝のゲートへ

P1440416

2時間超かかりましたが無事に下山、お参りしておきました。

P1440418

1

下り尾根は別として(笑)  正月明けの一番・・・ 良い山行ができました。

 



2016年12月19日 (月)

アイゼン出動・・・大山

天気自体は昨日の方が良かったのですが、山友K君の久しぶりの休みに合わせ、大山へ行ってきました。
積雪量は氷ノ山より確実に多いはず、雪山フル装備で出発しました。

向かう大山に変な雲・・・剣ヶ峰付近だけ雲がない?

P1430790
南光河原の駐車場から出発、最初から雪上歩きです。

P1430795
三合目・・・天気は良さそう

P1430800

四合目でアイゼン装着

P1430802

五合目・・・なにやらガスっぽい

P1430807

六合目・・・三鈷峰が綺麗です、が・・・

P1430813

山頂方向は・・・

P1430823

P1430824

ガスの流れは速い

P1430830

八合目

P1430835

木道

P1430838

山頂到着するもガスの中・・・小屋で昼食

P1430842

昼食後・・・小屋にいても仕方がない、幸い気温は二度程度・・・外へ

P1430847

ねばっていると・・・

P1430852

晴れてくれました

P1430869

P1430872
満足・満足 ・・・私はこれで十分です。
初の雪大山に興奮気味か?中々動こうとしない山友に・・・帰るぞ~(笑)

振り返ると山頂はガスの中

P1430881

久しぶりのアイゼン、というか雪道に疲れ気味。  横手には・・・

P1430886

輝く 三鈷峰

P1430892

終始、圧雪ですが六合目上部の灌木は隠れておらず、厳冬期の大山はまだまだです。

次回は真っ白な姿を拝みに参りましょう。



2016年12月 9日 (金)

千ケ峰 周回後半

山頂はふきっさらし、風が強く・寒い・・・少し下ってから食事とする。

下りは三谷コース・・・けっこうキツイです

P1430595

樹林帯に入り、昼食。急ではあるがよく整備されています。

P1430597

直進・三谷コース・・・右折・岩座神コース

P1430599
ここからのコースは中々です ・・・笑

P1430600
振り返って木の根階段・・・美しい?

P1430601

植林帯が終わると、沢コース・・・このコースの見どころ

P1430607

P1430614

雄滝

P1430616

雌滝

P1430621

登山口に到着

P1430623

後半部コース図  このまま下って行っても帰れますが、山越えのコースを試みます。

1

ここからしばらくは舗装路歩き・・・風車が見えだしたら上部の作業道に乗り換えます。

P1430624

P1430630

作業道はまだ続いていますが・・・正面の自然林左手を鞍部めざして登ります。

P1430632

・・・と、その前に、右手奥に何やら気になるものが・・・人口物のようですが?

P1430634

P1430636

さて、登ります・・・大した距離ではありませんが、結構足にきています。

P1430639

鞍部からまたまた登り ふ~

P1430641

途中から大きめの白テープ・・・千ケ峰ロングコースと書かれていました。

P1430645

三角点453・・・なぜかピークよりも下手?  (振り返って)

P1430649

もう少し・・・駐車地が見えます

P1430652

最後は植林帯の作業道をショートカットしながら・・・下界に到着

P1430657



4

2

念願だった「千ケ峰」 市原コースはよく整備されており、ホントにハイキングコース。三谷コースの急斜面はやむを得ないも、沢部は素晴らしいと感じました。

笠形山への縦走は・・・どうでしょう、歩けるかもしれませんが、私には余裕がなくて歩くだけになってしまいそうですね。

他にも面白そうな山が多々ありそうです・・・又訪れることになるでしょう。

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ