写真

2016年2月18日 (木)

三ノ丸 ご来光・・・

二年前に三ノ丸へご来光を見に登りましたが、その時の景色が今でも忘れられません。

四時過ぎ、気温マイナス6度。いい感じのゲレンデ、今回は最初から軽アイゼンを装着してスタート

P1340304

ゲレンデトップに1時間の予定でしたが第三リフトの中間からはラッセルとなってしまいました。パウダーで軽いのですが激坂で膝上・・・きつい

P1340315

リフトトップまでに一時間半・・・こりゃあ厳しいぞ・・・  

P1340324

ここからもノートレース、動物の足跡しかありません。雪が少なくアイゼンの歯が切り株や岩に当たる所もあります。

痩せ尾根あたりで山頂尾根が明るくなってきました。

P1340335

ブナ林へもう少し・・・こりゃあ無理だわ

P1340341

ブナ林

P1340350

P1340354

スノーシューに履き替えましたが、すでにP1376や東山が赤くなり始めました。

P1340361

大山も

P1340362

扇ノ山方向

P1340367

山頂

P1340369

三室山方向

P1340375

ご来光はすっかり諦め、刻々と変わる景色をパチリ・パチリ

P1340397

そして、前方の丘にご来光

P1340407

P1340418

それにしても雪が少ない

P1340426

前回時より減ったような・・・

P1340431

P1340434

P1340442

避難小屋で朝食を取りながら・・・当初の予定では戸倉峠方向へ下山でしたが、この雪では苦戦を免れません・・・と言って山頂へ向かう気持ちも湧かず。このままピストンへ

下山と始めると単独男性に遭遇、この方もゲレンデの激登り。この後坂ノ谷方向に写真を撮りに行かれるとの事。私も負けずに・・・

P1340459

P1340468

P1340476

リフトトップまでに5~6人の方とすれ違いました

P1340480

P1340485

下山 10時・・・

上部ゲレンデはすでに閉鎖との事でしたが登山者用にリフト可動させるようです。積雪は少ないですが降雪の翌日、天気が良ければまだまだ楽しめるでしょう。

が・私的には想定外の積雪で予定が狂い、少々欲求不満。それにしてもこの雪の量、今シーズンの氷ノ山は・・・

2016年2月16日 (火)

いい天気です!

昨日は終日 ちらちら  家の周りは15㎝程度の積雪、予報に反していい天気です。
思わずカメラを持って・・・

P1340250

P1340261

近くの公園

P1340284

P1340285


P1340294

スキー場は30cm弱の新雪だったようです、山はもう少し積ったかもしれませんね。

2015年9月 5日 (土)

ダイヤモンド氷ノ山・・・違うか?

三月にできなかった”ダイヤモンド氷ノ山”、条件が揃わず決行できませんでした。当然無積雪期でも可能なのですが暗闇を歩くのにチョツト勇気が必要です。
方向を調べてみると今の時期、裏遠見山の展望場あたりから・・・あそこなら1時間もあれば行けます。

Photo

P1300175

P1300178

熊にも鹿にも会わず無事展望場へ・・・この時間帯がいいんです!

P1300179

氷ノ山

P1300187

陣鉢山

P1300189

左・扇ノ山  右・青ケ丸

P1300195

右に三倉富士

P1300199

時間と共に色合いが変わります

P1300207

P1300210
P1300228

いよいよ日の出ですがちょっと右手に昇りそう

P1300236

ちょっとずれましたが想定内

P1300242

想定外だったのは昇ったと同時に全く見えなくなってしまった事、ガス?・水蒸気?

P1300251

P1300254

しばらく様子を見ましたがすっきりしそうにありません

P1300260

天気は良さそうですが市内方向・遠見山もガスっぽい

P1300271

下山の前にお地蔵さんにお参り、峠に日が差し始めました

P1300280

やはりダイヤモンド氷ノ山はもっと近く、湿度の低い時期でないとダメな事とがよく判りました。当初予定の場所で再挑戦しましょう。

2015年4月 2日 (木)

桜・桜・桜

鳥取市内の桜は満開に近くなってきました。明日からはお天気下り坂、今日は絶好のお花見日和。

P1260772

P1260775

P1260783

P1260793

P1260816

P1260824


明日は雨の中お花見の予定です・・・涙

2014年1月28日 (火)

がんばって・早朝登山

今日は平日ですが、午後から勤務を活用して早朝登山してきました。

3時半起床、外に出て見上げれば星空・・・よしよし
4時過ぎ、自宅を出発・・・国道の温度計はマイナス四度・・・よしよし
4時半、駐車場に到着・・・準備して取り付き場所へ、よく締まっています・・・よしよし

4時35分 スタート・・・足元は
P1150961
綺麗な縦じまの雪原・・・そう、氷ノ山スキー場です。
今日の目的地は”三の丸”目標時間は6時半、さて どうなりますか?

まずは標高差450mのゲレンデ登り、とりあえずツボ足で出発。幸い上部ゲレンデもよく締まっていますが、ずるずると滑りながら何とかリフトトップへ。
P1150966
ここからはアイゼンを装着(最初から着けておくべきでした)時間的には約1時間、予定通りでしたが休憩も含め15分の超過。
植林帯も問題なく抜け、やせ尾根辺りから前方を見上げれば・・・
P1150980
綺麗な三日月、なんとなく主尾根が明るいような。 ブナ林に着くと・・・
P1150986
早くも朝焼け、急がねば・・・ところがブナ林を抜けた辺りから足が埋まり始め、仕方なくスノーシューへ履き替えました。既にヘッドランプは不要、見事な景色・・・これが見たかった。
P1150990
とにかく急げ、急げ・・・風が強く雪煙が舞います
P1160006
三の丸避難小屋、休憩もせずに櫓へ向かいます。 予定を30分ほどオーバー
P1160009
間に合いました・・・鳥取側は若干雲ってきましたが、兵庫側は見事に晴れてくれました
P1160013
P1160014
さて、回りの山々はどうでしよう・・・望遠レンズで

扇ノ山・右は青が丸
P1160057
三室山
P1160058
くらます
P1160059
東山
P1160060
そして、氷ノ山
P1160061
P1160079
残念ながら大山は確認できませんでしたが、満足して小屋で朝食。

8時、下山開始。振り返ると・・・
P1160083
P1160102
P1160105
雪原と太陽、そして雪煙・・・がんばった甲斐がありました。 最後に自撮り
P1160120
上部ゲレンデはアイゼンに履き替え、無事下山。 登り時の足跡が残っていました。
P1160130

念願だった積雪期のご来光登山、雪原とのコラボは三の丸で正解だったと思います。
登りに二時間半、下りに一時間半、食事に半時間・・・四時間半のツアー。皆さんいかがですか?
























































2013年9月29日 (日)

ご来光登山+林道探索

二週続けてのご来光登山、大人数でワイワイガヤガヤ。
今日は水平線に雲もなく、正統派の日の出、あっと言う間に昇ってしまいました。

P1_1
P3
空気は澄み、山々の輪郭がはっきりしています
P2
今日もいい登山日和
P5
P4

下山後、続けて考えていたコースはありましたが今日は少々疲れ気味。まだ入ったことのない林道、つく米~根安林道へ、どんなところか車で行ってみました。
P1_2
スキー場から高山を回り、根安への林道ですが、まだつながっていません。
P6
山頂~赤倉山、さらに陣鉢方向まで見渡せます。途中には索道の滑車・・・久しぶりに見ました。
大段の主尾根へはほぼ全域植林帯、念のため931を経由して、尾根の直下まで行ってみましたが、さすがに急斜面は自然林との混合林になっていました。
P7
いつか大段・高山へ激登りしてみましょう。
林道は全域、舗装路で通行には全く問題なし(約7キロ)。一ヶ所、林道の支線工事か間伐作業中でした。

今日の花・・・アケボノソウとダイモンジソウか?ジンジソウ?
P9
P8_1





























2013年9月21日 (土)

今年二度目の氷ノ山ご来光登山

三連休初日、第一弾は今年二度目のご来光登山。前回は六月の参加でしたからかなり間が開いてしまいました。キャンプ場出発は3時、相変わらず前日は仮眠程度で高齢者?にはきついのですが毎回違う顔を見せてくれ、飽きることはありません。デジイチ、三脚も担ぎあげますが満足な写真もなかなか撮れませんから仕方なく?参加となります。

P1130847
P1130850
P1130853
P1130861
今回は空の青さが印象的でした。デジイチよりもコンデジの方がきれいに撮れるのは何故でしょう?古いデジイチよりも新しいコンデジ・・・腕よりも性能でしようか?

今回は12名の参加、県外からの参加もありました。参加費無料、11月まで企画されますので興味のある方は[氷ノ山登山ガイド則さんの日記]をご覧あれ。
もう一・二回は参加したいと思っています。








2012年11月 4日 (日)

氷ノ山 ご来光登山

今年は三回にわたり、氷ノ山へご来光登山に行きました。いつもは単独ですが、さすがに真っ暗闇は怖いので、いずれも白樺の則さん企画へ便乗させていただきました。

八月・十月・十一月、全く違う景色に感動ものでした。

                               八月二十六日Dsc_2445
Dsc_2448
Dsc_2455
Dsc_2472
Dsc_2478
Dsc_2507

                               十月二十二日Dsc_2845
Dsc_2851
Dsc_2881
Dsc_2901
Dsc_2928

                                 十一月四日Dsc_3056
Dsc_3061
P1090396
P1090411
P1090418
P1090435
















































その他のカテゴリー

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ