その他

2017年7月22日 (土)

鳥取港に灰色船

毎年この時期にやってくる灰色船。たいていは「ゆき型」クラスなのですが今年は「あめ型」クラスが二隻(マニアックですね・笑)・・・鳥取地本さん頑張られました。

今回は入港シーンから艦活してきました。
入港予定は13:00と聞いていましたが、11:30に賀露に到着してみれば既に一文字沖をウロウロ。
ダグボートが着いても中々動かず・・・天気が良いのですっかり日焼け。

入港は「いなづま」からタグに先導され静々と

P1470885
回頭せずそのまま接岸

P1470901
「さみだれ」の様子を見るべく場所移動

P1470928
ジャスト入港

P1470939
お出迎えは「因幡の黄色うさぎ」

P1470957
無事にめざし係留

P1470980

そして本日、乗船待ちの長い列

P1470983
えっ! 「さみだれ」には乗れず・・・おいおい、あんたは何しに来たの? まあ同型艦ですけどね~

P1470990
どうも「さみだれ」には別系統のお客さんがあるようです

P1470995

P1470997

主砲の稼働展示

P1480011

CIWS

P1480018

艦橋にも上がれず・・・

P1480024

仕方がない、お尻でも撮っておきましょう

P1480027

最後はやっぱりこのショット

P1480033_2

ちょっと不完全燃焼ですね~  来週の舞鶴サマフェスに向かいますか?


2017年7月16日 (日)

雲龍の滝へ

雲龍の滝への道がやっと開通いたしました。 簡単にご紹介しておきましょう。

先ずは位置関係

P0
拡大図

P01

侵入口

P147

駐車地・・・五・六台は止められます。

P1

大鹿滝へ530m 出合いの滝へ700m

P2

大鹿滝までの道も補修しております

P3

P4

大きめの石を敷いておりますが、濡れている時は滑ります。  注意ください

P5

出会いの滝まで170m   〇印に不動明王像があります。

P6
ちゃんと補修しておりますよ

P7

出会いの滝 上部広場・・・雲龍の滝へ450m

P8

その前に、出会いの滝を見ておいてください。木や草が一番元気な時です・・・ちょっと見にくいかな、けっこうがんばって刈り払ったですよ。

P9

ここからが道づくりの本番。
1メートル超の幅で笹を刈り、根を掘り起こしております。

P10

出合いの滝の上部の沢に降りられますし、沢の俯瞰もできますよ。

P105

ステップを切り、ロープを設置しております。 が、雨が降ると緩むかもですね。

P11

P12

P13

雲龍の滝が見えました

P14

これまで、出合いの滝からはヤブコキが必要でしたが、もう大丈夫。迷子になる事もないでしょう。ただ、雨の時は少々滑ると思いますのご注意くださいね。

多くの方に歩いていただくと道がしっかりします、扇ノ山登山のついでに、ちょっと足を伸ばしていただければ楽しめると思いますのでよろしくお願いしますね。、

2017年6月28日 (水)

只今、歩道整備中・・・出会いの滝

少しづつですが整備は進めていますよ。
 
出会いの滝は実は対になっており、雲龍の滝側からと大鹿滝側から流れる二本の川がここで合流し、両方に滝があるのです。上から見えるのは雲龍の滝側のもの、もう一つは上からは見えません。

ちょっと冒険して川に降りてみました・・・
雲龍側の滝

P1470436

引き絵・・・左手のガケに古いトラロープがぶらさかっています・・怖

P1470425

そして、左手には大鹿滝側の滝  中々の迫力ですね。

P1470422

下流方向P1470428 雲龍の滝方向

P1470445
一部の沢やさんと釣りやさんが使っておられる川への降下ルートはリスクが高いので公開しません。悪しからず。

先日の六姉妹が咲いていました。

P1470451


2017年6月23日 (金)

只今、歩道整備中・・・滝見道

若桜は周辺の標高が高く、谷が深いことから数々の滝があります。諸鹿地区には「諸鹿七滝」と言って、かなりの規模の滝が多々ありますが、それらを見るには沢登りが必要で中々お目にかかれません。
そんな中、「大鹿滝」~「出会いの滝」までは比較的整備されていますが、その奥・「雲龍の滝」は案内はあるものの道は無し(昨年HNC企画でドロドロの藪を案内しましたが・笑)
現在、出会いの滝からの450mを整備中、今日は手前の「出会いの滝」が良く見えるようにしました。

Photo

出会いの滝

P1170304

P1170299

ちなみに雑木の排除はロープで安全確保された大先輩です。

P1170291

何とか八月くらいまでには開通させたいと、がんばりますのでもうしばらくお待ち下さい。

付近にはイワカガミの群生があります、葉っぱが異常にデカイです。どんな花が咲くのでしょう?

P1170296

帰りには去年見つけた・・・・同じ場所に咲いていました。四姉妹が六姉妹に増えていました。

P1170307

2017年6月 5日 (月)

滝巡り

若桜には滝も多く、これまでから何か所かご紹介しています。
昨年、HNC企画で行った・大鹿滝から雲龍の滝・・・雨上がりの悪路、参加の皆さんにはご苦労をおかけしましたね。

Photo

問題は赤線の部分450m・・・以前は歩道があったはずなんですが、今や藪化してしまっています。

新緑の大鹿滝

P1470136

今日は山の大先輩・若桜の山は隅々まで歩かれなんでも知っておられる方に同行しております。この方から教えていただいたのが・・・この石仏・・・滝横の岩場。何度となく来ていますが気が付きませんでした。

P1470140

出会いの滝へは降下できませんので、何とか上からしっかり見えるようにしたいところです。
そして、雲龍へのルートを確認・確定しながら・・・

P1470144

ここから奥にも多くの滝がありますが、整備はむずかしそうです。

早速、今月から歩道整備にかかります・・・大先輩と私の二人で。一気にとはいきませんので完成予定日は未定ですが、何とか皆さんに安全に見学いただけるようがんばりたいと思います。   お楽しみに。    

P1470157

                                     

2017年6月 3日 (土)

氷ノ山夏山開き・前夜祭

いよいよ、明日は夏山開き・・・ 前夜祭に行ってきました。

例年通り、これから始まります。

P1470098
新企画の登山用具のフリマ

P1470100

地元の公認ガイドさん達

P1470101

今年の講演は、あの角谷ガイドさん

P1470108

外に出てみれば・・・

P1470110

これまた例年通り、手打ちそばの振舞をいただき、最後は松明行進

P1470120

とっても寒かったですが、綺麗な星空・・・明日は快晴間違いなし・・・がんばってガイドしましょう。

2017年5月15日 (月)

昔ばなし

むかし・むかし・・・と、言っても十数年前。以前住んでいた集落の共有林を見に行こうという事になった。当時は山歩きなどしたこともなく付いていくの精一杯だった、どんなところだったかも全く覚えていない。ただ、覚えているのは比較的なだらかな沢部にワサビが一面に自生していた事。
近年になり当時のメンバーと「あの時のワサビ場はどうなったかな~?」「鹿に食べられてそんなもん、もうありませんよ~」「だいたい誰も場所覚えとらんだろ~」そんなたわいもない話。

昨年、ここかな?と思われる場所に行ってみたが・・・?  そして今日、少し場所を変えて行ってみた。

0

三倉谷・深山

P1460767

こんな所に大群落

P1460771
振り返れば扇ノ山~青ケ丸

P1460775

ヒトリシズカ

P1460776

トチの新芽

P1460779

ルイヨウボタン

P1460784

これは・・・ギボシ?

P1460788
これかな?  ほんの数株、場所も全くイメージと違う?

P1460793

トチの巨木

P1460800

P1460801

これもありましたが、まだまだ子供で花は付きそうにありません

P1460803

最後にそこそこの滝

P1460809

結局、探していた場所は見つかりませんでした・・・あれは幻だったのでしょうか?

似たような話は一杯あります。
近所には山野草の好きな方がおられ、お庭にはエビネ・サラサドウダン・シャクナゲ・・・・・
その方曰く、若桜の・・・にはベニドウダンの群生地があって数十年前に何本か持って帰ったが数年で枯れてしまった。あの群生地はすごかった・・・。一緒に行きましょうよと話すが、いやいやもう歳であんな所にはよう行かん。
あのあたりかとは想像できますが花の時期に行って見ないとわからない・・・よし、次はベニドウダン探しをするか(笑)



2017年5月 5日 (金)

遠見山のお宝さがし

昨日は遠見山登山大会でしたが所用でお手伝いできませんでした・・・が、反省会には参加してきました(笑)
その時に・・・お宝の話が・・・ん〜む、気になる。早速、下見された方と再確認に登ってきました。

ぷっといワイヤーの先に何やら?

P1460527

コンクリートの先に?

P1460529

何じゃこりゃ?

P1460530

実はこの設備は昭和初期に、この付近で掘り出した硅石を地上まで運ぶ索道設備らしいんです。朽ちずによく残っているものです。

奥にレールの残骸が大量にあります。林鉄のレールとほぼいっしょ。

P1460533

更に複線が奥に繋がっています。

P1460540

レールから外れて、何やら?

P1460543

トロッコの動力系設備か?

P1460545

近くにはなぜか・・・鉄くず?   念の為持って帰ってハンマーおやじさんに分析をお願いしましょう。
 

※ハンマーおやじさんから連絡がありました・・・スコリア、噴出したマグマからガスや水分が抜けたもの。扇ノ山あたりではよく見られるものらしいです。

P1460551

さて、採掘場所はどこなんでしょう・・・どうもここは露天掘りらしく洞窟はありません。おそらく、こんな広場だったかも?

P1460556

今日のコース、ほとんどがキレイな自然林、良かったですよ。

P1460579

何かないかとウロウロしたおかげで・・・

アケビの花・・・初めて見ました

P17

他にも・・・まさかの発見

P15_1

P15_2

いや~ 楽しかった。
キレイに残っている歴史遺構にまさかの花々、三時間ほどでしたが大満足でした。
今は地図は貼りませんが、いずれ整備できればバリルートとして公開される事となると思います。

2017年4月21日 (金)

遠見山・春・登山大会

恒例の春登山大会が5/4に実施されます。今日は事前の整備登山をしてきました。

Photo

主催は丹比地区公民館ですが「遠見山馬酔木の会」が全面的にバックアップします。
今回は全員、日田コースの下山となりますね。

P1460183

春は花の季節、当日に見られるかどうか分かりませんので今日の花々を・・・

遠見山・・・と言えば・・・馬酔木(アセビ)

ノーマルは白

P1460180

薄い緑

P1460182

薄いピンク

P1460170

そして、ピンク

P1460174

その他には・・・タムシバ・・・終盤です

P1460181

そして、イワカガミですが、まだまだ蕾

P1460165

他にも、一本だけオオカメノキ(ムシカリ)がありましたが、ちょっと遠くで写真撮れず(笑)

アセビロード

P1460176

まだ参加は可能のようです、問い合わせは丹比地区公民館へ。
0858-84-1251 火・水・金  8:30〜

2017年4月12日 (水)

ふる里の森林道・・・除雪開始

今週末はすでに四月中旬、急激に融雪が進んでいます。さて、ふる森林道はどんな具合でしょう?

Photo_2


通行止め表示・・・ふる森へ4.5キロ 

1

       諸事情により、以下記事を削除いたします。    山ボーイ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー