山歩き

2017年5月20日 (土)

ひと足先に氷ノ山ご来光開き

好天が続きます・・・とっても熱いですが。今年もご来光登山の声をかけていただきました、むかわずにはおられまい。

P1460849
この時間帯が最高なんです

P1460853
今年一発目のご来光は・・・

P1460857

P1460859

P1460863

P1460869

今年も良い年になりますように!!!


なにやら始まっています

P1460877

P1460881

ここでも・・・

P1460887

P1460888

若者はサマになりますね~

P1460891



今年は何回登る事になるでしょうね?


P1460897

P1460899

P1460900





2017年5月18日 (木)

氷ノ山・学校登山

今年も学校登山の時期となりました。例年より多い残雪に少々不安の中、市内の中学生のお供をしてきました。

これ以上ないお天気

P1460823

心配だった「こしき岩」トラバース道も大丈夫

P1460830

今日は午後になっても大山が見えていました。

P1460831

やっぱり女子の方が強い、失礼・元気ですね。

P1460836

新緑がきれいでした、色んな花も咲いており、最高の登山時期です。

P1460837


時々大きな声も出しますが楽しいですね、今月はあと数校お手伝いする予定です。

2017年5月10日 (水)

GWは終わりましたが[氷ノ山情報]

例年GW前に登るのですが、今年は豪雪に躊躇していたら登りそびれてしまいました(笑)
これからは学校登山の時期となります、遅ればせながら氷ノ山の様子を見てきました。

1/10  植林帯には僅かに残雪

P1460589_2

いつも崩れるところ

P1460591

沢部

P1460594

3/10

P1460601

氷ノ越えから・・・登山道に雪はなし

P1460610

5/10

P1460612

一端下って、登り返し・・・そこそこの雪(振り返って)

P1460617

6/10

P1460619

7/10  

P1460628

ここからも結構な残雪

P1460634

8/10  仙谷分かれ

P1460645

こしき岩を回り込むと・・・

P1460650

振り返って・・・ここが一番リスキー  登山靴なら問題ないが、スニーカーはチョット。

P1460652

後は問題なく・・・山頂

P1460654

三ノ丸方向・・・行って見ようとも思っていたのですが、風は強いわ・寒いわ。テンション上がらずここまで。

P1460655

それでも、帰りには登山道を外れて雪原歩き(笑)・・・ルート間違いに注意の事

P1460663


少しだけ花便り

7/10を過ぎると「マンサク」ロード、満開です。また「タムシバ」もこれからの様子です

P14_1

1

オオカメノキ・三態

バニーちゃん

P1460615

変身中

P14606
変身完了

P1460

今日の登山者は、一般の方一人とわんこ一匹、響きの森の方が二人、養父の観光協会の方が七人?、後は鳥の鳴き声と風の音のみでした。



2017年4月30日 (日)

花見+気持よく県境尾根

今日は氷ノ山の様子見登山の予定でしたが・・・宍粟の「メ~さん」に先を越されました(笑)

仕方がない、急遽行き先変更して外ノ岡谷へ

Photo

久しぶりの谷です

P1460290

P1460295

P1460298

ムシカリ・・・オオカメノキ

P1460303

支尾根に乗り換えると直ぐにイワウチワ。うれしい事に支尾根全体に広がっているようです。さすがに最盛期は過ぎていますが、もうしばらく楽しめそうです。

P1460305

P1460308

P1460309

P1460310

そして、こちらは・・・

P1460312

P1460315

時期的なものなのかもしれませんが、少ない。あまり期待できそうにないですね。

さて、県境尾根から赤西山方向

P1460327

ムシカリの子供たち

P1460331

くらます、右奥に東山

P1460332

だいぶん近づいた

P1460333

振り返って・氷ノ山

P1460337

山頂直下

P1460339

赤西山・さんちょ〜う

P1460341

定番ショット

P1460342

先を急ぎましょう・・・一端下って

P1460347

振り返って・赤西山

P1460349

すっきりと氷ノ山

P1460355

笹はひざ下・・・以前の藪は面影もなし

P1460361_2

三室山・・・には、向かいません

P1460362

方向転換です。 1174方向 奥は、くらます

P1460366

形の良い盆栽でしょ。 

P1460369

前方に1174

P1460373

ここからの三室山・・・お気に入りです。

P1460377

下山は駐車地に一直線尾根・・・結構きついですよ。

見たかった花も見れ、お気に入りの谷から気持ちの良い尾根歩きができて・・・大満足の山行でした。

2017年4月14日 (金)

やっぱり最後? は 扇ノ山

四月も半ば、この時期の雪山と言えばやっぱり”扇ノ山” お天気最高・・・これ以上なし(笑)

姫路からも考えましたが、やはりがんばって林道を歩き"ふる森"から・・・(ふる森駐車場まで車で入った訳ではありません・林道状況は最後に書きます・)

Photo
キャンプ場内は適度な積雪

P1460061

綺麗なブナ林です

P1460063

扇ノ山林道が見えてきました

P1460067

一部積雪の無い場所もありましたが良い感じでした。

P1460069

さて、右手の尾根に乗ると・・・まだまだです

P1460074

後半、雪がなく苦戦しましたが無事に千m尾根

P1460075

1079Pから・・・だいぶん近づきましたね

P1460079

姫路からの登山道に合流

P1460082

ここらから扇ノ山のスケールが感じられます

P1460086

扇ノ山林道からは展望抜群でし我慢して・・・ここからはアップ    先ずは下り尾根の奥に青ガ丸と仏ノ尾

P1460091

氷ノ山・・・さすがに黒くなってきましたね

P1460094

登ってきた尾根と奥に東山~鳴滝山

P1460095

山頂手前ピークから・・・ラストスパート

P1460096

山頂〜  綺麗ですね~

P1460102

先着の三人さん・・・下山準備中

P1460104

無積雪期にこの展望があれば良いんですがね~

P1460106

久しぶりにのんびりして、さて下山。  雪原は畑ケ平の大根畑

P1460108

早速振り返る・・・このコース何度となく振り返ります。

P1460114

すばらしい雪原下り

P1460116

また振り返る

P1460122

またまた振り返る・・・遠のく山頂

P1460127

今日は初めて雪のふる森夏道を歩ってみましたが・・・この傾斜はなんなんだ・・・皆さんこんなとこ歩いてるの?  とりあえず登山口に降りてきました。

P1460131

ここからは林道歩き・・・と、思いきや・・・この傾斜はなんなんだ・・・つぼ足でもビビル

P1460135

こんなのが続きます・・・やばいッス

P1460136

こちらは雪崩

P1460139

疲れますが・・・マンサク全開

P1460145

最終コーナー手前も・・・

P1460149

無事に降りてきました。  ふ~

P1460152

0

やっぱりこの時期は扇ノ山です、このスケール感はさすがですね。
今日は雪焼けで真っ赤か(笑)



さて、除雪状況ですが・・・ふる森に下山時にたまたまふる森の管理人さんにお会いし、少々お話できました。その中で、通行止めにするにはそれなりに理由があり・・・・・駐車地まで歩いている間にも何台も車が上がってきました。途中ではショベルカーが掃除中、また作業用車両もいました。

結論から申しますと、何も考えずに情報提供と称してレポートしていましたが大いに反省しております。私の拙いブログですがどんな方が見ておられるか分かりません、無責任なレポートは注意しなければと考えております。
今後はレポートととしては上げませんが別な方法を考えたいと思います。

(annosawaさんへ、メールをしておられましたらいただけませんでしょうか)

2017年4月10日 (月)

春の里山ハイク

私の本来の山歩きスタイルは・・・名前の付いた山や高い山を歩く訳じゃなく、身近な場所で、”あそこはどんな所だろ~”・・・から始まったもの。

今日のコース

Photo

取り付きは来見野神社・・・奥の尾根に乗ります。

P1450921

急登を応援してくれるのは・・・タムシバ・・・コブシと区別がつきませんが。先日のゴーロでは蕾ばかりでしたが、いつの間にかそこらじゅうに。

P1450927

林道にはまだ雪が・・・地図上よりも伸びているようです。法面にはなぜか階段?

P1450935

これも多かった・・・ダンコウバイ・・・アブラチャンと区別できませんが(笑)

P1450942

もちろんヤマザクラも

P1450940

遠く・遠くにまだまだ白い扇ノ山

P1450944

イワカガミにしては丸すぎるような?

P1450953

こちらは東山

P1450959

奥には白い三室山

P1450960

しつこく東山から鳴滝山・・・手前には三倉富士から弁天山がダブります。

P1450983

いつも思うのですが・・・この索道の残骸、なんで回収しないのかな~

P1450984

なんでしたっけ?

P1450994

これは可愛いツートーンのアセビ

P1460003

と、いう事で・・・まだ歩ってなかった裏山というような場所に行ってみました。ほぼ全域雑木林、別段きれいな所やめずらしい物がある訳でもなく、唯々私の自己満足の為のものです。



※そうそう、今日の縦走?・・・足はこれを使いました。

P1460009

若桜〜諸鹿間のミニバス・・・四月から全区間百円で乗れます。以前の広留野から千石岩縦走にも使えますよ・・・但し日・祭日は走ってません。
この他、時間制で町内の観光にも使えますし、三ノ丸から戸倉峠縦走の車回送が不要になったり・・・以上広告でした。

もう一つあった・・・

P146000

この日のように美人ドライバーに当たるかムサイおっさんに当たるかは運次第(笑)

2017年3月26日 (日)

第三リフト営業最終日の氷ノ山

今年も第三リフトの営業最終日の氷ノ山に登ってきました、これで積雪期の氷ノ山登山も最終日かな(笑)

そして、今日はブログアップできませんでしたが、先日三ノ丸止まりとなったこうさぎ隊のリベンジ登山・・・今日こそ周回するぞー

P1450597

想定外の好天、順調にブナ林

P1450612
白く輝く

P1450614

P1450617

閉鎖中の避難小屋

P1450621

さあ、リベンジの山頂へ

P1450624

P1450625

セッピもそこそこ

P1450628

早くもアクティビティ?

P1450630

最終コーナー

P1450632

別に狙った訳ではありませんが・・・

P1450634

こしき岩でハイポーズ

P1450647

ヒヤヒヤのトラバース

P1450648

後半戦の尾根下りへ

P1450654

そして、最大のアクティビティ・・・氷ノ越からの尻セード・・・写真を撮ってる間なし(笑)

P1450665

あー、楽しかった・・・でしょうか?


2017年3月19日 (日)

大段縦走

今日は先日調査した加地林道を使い、三室山周回に知り合いをガイド予定でしたが・・・
発電施設の奥でショベルカーがとうせんぼ。道路に穴を開けてました、しばらく通行不可能。

仕方がないので氷ノ山方面へ予定変更。長砂に車をデポして、リフトに乗って・・・天気はイマイチ

P1450463
つぼ足でブナ林へ・・・今日の縦走尾根

P1450466
その前に「大山の風」のたくやさんご一行が先行しておられる事を知り、追いかけて、ご挨拶しておきました。スキーで山頂後に戸倉峠への下り予定との事でした。先頭の五人組さんです・・・

P1450472
1376Pへ先行される津山からの三人さん・・・この後、縦走に引き込んでしまいました(笑)

P1450475

1376P先から大段方向・・・残念ながら東山は見えません

P1450478

先行してスノーシューの単独さんのトレース、今日か昨日か?

P1450481

セッピの上で記念撮影。崩れる心配はありません、念の為

P1450483

振り返って山頂方向

P1450485

大段の雪原・・・先行の単独さんは別尾根を小船方向に下っておられるようです。あっ、昨日のWindyさんのトレースか!!!

P1450487

やっと見え始めた東山を眺めながら高山方向へ縦走。

P1450489

高山へ800mほど手前で方向転換、渕見への下山に変更しました。しばらくは激下りです。

P1450492

スキー場へ続く林道   スキー場まで7キロあります。

P1450495

更に下ります

P1450496

最後は堰堤の下を渡河して・・・

P1450499

渕見集落に無事到着しました。この後、路線バスを使ってデポ車回収し、氷ノ山まで別車を回収へ。

参加の皆さん、お疲れさまでした~  面白かったでしょうか? また遊びに来てくださいね。

001

002




2017年3月17日 (金)

絶好の山行日和 青ケ丸へ ①

この日を待っていました。その為に下調べもしました。今シーズン一番のロングコースを歩きます。・・・青ケ丸は通過点に過ぎませんよ(笑)

Photo_4
スタートは諸鹿・・・ここへ帰る周回コースです。
六時、日の出とともに出発、八丁坂の途中で県境尾根に日が登ります。

P1450271

行き止まり林道から県境尾根

P1450282

絶好のお天気、雪も締まりサクサク。

P1450285

広留野高原中央道

P1450287

せっかくですから、雪原歩き

P1450296

振り返れば・・最高です!

P1450308

陣鉢山・氷ノ山

P1450315

目指す・青ケ丸

P1450310

作業道から自然歩道へ、一番の心配だった来見野川の橋・・・流石に雪が多く大丈夫でした、中途半端だと渡れません。

P1450324

東因幡林道・・・橋を渡って、ここからが登山  振り返っての写真

P1450333

千mを過ぎると樹氷が残っていました

P1450337

1144からの山頂方向

P1450342

まわりの景色は・・

P1450345

P1450347

凍り付いた激坂を登れば、山頂へのプロムナード?

P1450358

良い感じでしょ・・・足跡がちょっとじゃま

P1450359

青ケ丸・・・おっとどっこい、スノーシューの足跡。しかも今日の、単独さん、ピストンのようです。

P1450361

ともあれ、最高の展望

P1450362

P1450363

P1450365

P1450367

先行の方も気になりますし、今日は通過点・・・先を急ぎましょう。   

今回は三部作になっております。


県境尾根縦走から・・・②

最高の青ケ丸を後にして次の目標である悪谷の頭を目指します。

Photo_3
積雪期に歩いたのは次のピーク1136隣の三ケ谷の頭まで、そこから先は初のコースです。

P1450371

先行の方を追いかけてみますが全く姿は見えません。かなり急がれたのか休まれた様子もありません ?

登り返しがキツーイ、太陽の周りが何やら怪しげな色に・・・

P1450377
振り返って青ケ丸・・・又来ま~す

P1450380

先行者のトレースをたどりますが、無積雪期とは全く印象が違います。ホントにあってるの?

P1450392

タムシバが春の準備

P1450395

周辺の景色・・・天気がいいと全てOK

P1450398

P1450399
こちらはオオカメノキのバニーちゃん

P1450404

見覚えのあるブナの先・・・

P1450405

悪谷の頭・・・やっと思い出の地に来られました。町境一周のゴール地点、記念の看板は見当たりませんがやむなし。

P1450411

さてと、予定ではこのまま県境尾根を進み、小陣鉢の先から陣鉢山を経由して諸鹿に一気に下る・・・ところですが、時間的に自信がありません。万一途中で暗くなったらヘッドランプがあっても流石に不安です。
ここはルート変更して別コースへ。ここから一気に350m下って沢川を目指します。

ふかふかの下り尾根

P1450416

東因幡林道・・・そのまま更に下ります

P1450421

良い感じ

P1450422

沢川手前

P1450426

川が渡れるか心配しましたが、一本だけ橋がかかっていました。

P1450429

下りと言えどもかなり足に来ています、結構疲れました・・・続く

 


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ