山歩き

2017年8月11日 (金)

山の日

今年も山の日がやってきましたが、私は昨年同様に氷ノ山の登山ガイドで登ってきました。

今年のお客様は四国を中心に39人様・・・遠くからありがたいことです。さいわい予報以上のお天気でまずまずですが、スタートは遅遅の11:30・・・キビシイですね。

更に山頂直下から雨~

P1480436
到着が遅かったことから小屋は貸し切りにできましたが時間もなく早々に下山

P1480438

P1480440

いつになく盛況なキャンプ場

P1480441

登り時こそ良かったものの、山頂以降は残念な結果となってしまいました。
花の百名山として先日テレビ放映もあったのですが、紹介できたのは何故か木段脇の「イワタバコ」のみ・・・時期を変えてまた来てくださ~い。

2017年7月15日 (土)

諸鹿七滝 完結編

諸鹿七滝・・・核心部はほぼ歩きましたが、14番の谷をもう少し見たくなり単独で行ってきました。
(へルメット・ハーネス着用、40mと20mのロープ、金物少々・・・できる限りの準備はしました・笑)

Photo

丸印の部分が目的地・・・自然歩道から901横を通り、13番の谷に降下

降下ポイント

P1470641

前回時降りなかった13・14番谷の合流部に降りてみました。

石割の滝

P1470650

P1470653

13番の谷入り口

P1470655

P1470663

なめの岩場を少し下ってみると

P1470649

足元にはなめ滝・・・下には降りませんでした

P1470642

14番の谷を登り返して前回の最終部

P1470666

左岸を高巻きすればすぐに・・・

P1470674

支流側を少し登って・・・広い滝壺?

P1470681

支流側も・・・

P1470684

良い感じの滝

P1470687

本流・支流ともに頑張れば奥に向かえるかも知れませんが・・・ここまで。

涼しげでしょ

P1470693

P1470696

倒木の滝・三条の滝上部等未踏のポイントはありますが、まずまず満足。これで良しとしましょう。

何回も言っていますが沢登り・高巻き・尾根への登り・下り等々危険なポイントが多々ありますので、皆さんにお勧めする訳ではありませんが一応まとめとして記録しておきます。

1_2

2

大鹿滝側 12番の谷
倒木の滝・・・残念ながら見ておりませんが大鹿滝は巻けませんので、上部から降下することになります。くれぐれも岩壁上部に降りない事。ブンタさんご指摘の黄色の点線部あたりが良いと思われます。しかし、入り口は笹薮、目印は無いものと思われます。
中々雰囲気の良い谷ですし、途中の滝も巻くことは可能ですから野頭の滝まで遡行は可能と思われます。
野頭の滝は巻けませんので岩壁に沿って少し戻り、自然歩道に激登りすることになります。
掴むものが少なめで苦労しますが、距離が短いのが救いです。

出合いの滝・・・上部広場から覗いてもらうのみ・・・が、雲龍の滝側の左岸から降下は可能・・・ルート・ロープの設置(私が設置したものではありません)がありますが、かなりリスキーです。

雲龍の滝・・・左岸を超高巻きとなります。今の時期、足場は濡れ・草が生い茂って見にくい
為かなり大変です。

三条の滝・・・右岸を長距離高巻きとなります。かなり大変です・・・と言うしかありません。

13番の谷
結局小滝より奥には行っておりませんが、水量の減少と共に笹等藪っぽい感じがしました。

14番の谷
今回行った滝の奥・・・どうでしょう? 何年か前に別ルートから歩いていますがあまり良い思い出はありません(笑)

周辺の尾根・谷への登り下り
自然歩道から出合いの滝上部広場まで藪も無く歩く事は可能と思います。尾根から谷へはどこもきついです・・・等高線の詰まり具合で判断してください。そうそう、私はロープは結局使いませんでしたがヘルメットは着用して正解でした。

以上、私の個人的感想です。  


最後になりましたが「岡山の滝見HP」さんが2008年に諸鹿渓谷の滝群としてくまなく歩いておられレポートを参考にさせていただきました。

 

2017年7月13日 (木)

諸鹿七滝Ⅱ

今回は大鹿滝側の谷を案内していただきました。

流石に大鹿滝は巻けませんので一端、広留野まで上がります・・・・問題はどこから下るか。
早く下ってしまうと地図のように、大鹿滝を取り巻く岩壁に阻まれてしまいます(今回はチョット早すぎた為奥に水平移動しています。結果として青線あたりからの降下が正解だったかもしれません)

Photo
降下ポイント

P1470565

川下は滝のようです(おそらく倒木の滝)

P1470566

雰囲気のある沢です

P1470570

P1470573

中の滝

P1470579

P1470583

高巻きして奥部へ

P1470587

P1470592

P1470597

上の滝

P1470604_3

なめ滝っぽい岩場が続きます

P1470606

開けましたが、倒木が多く歩き辛い

P1470608

前方に巨木・・・

P1470609

回り込めば、カツラの巨木・・・陣鉢北西のカツラより大きいかも知れません。大先輩が登ってくれました。

P1470614

そして、ゴール地点の「野頭の滝」

P1470619

P1470623

いつも上部の自然歩道から眺めていますが思っていたほど大きな滝ではありませんでした。ここからは岩場沿に戻って激登り、自然歩道に・・・

帰りにササユリが一輪

P1470627

前回もお伝えしましたが、沢登りはかなりリスクが高いです。くれぐれも良く知っておられる方と同行してください。

2017年7月 7日 (金)

諸鹿七滝

現在「雲龍の滝」への歩道を整備しておりますが、この界隈は若桜で一番奥深い渓谷・・・一般に諸鹿七滝と言われていますが、無名滝が多々存在しております。
私的にも当然行ってみたいのですが、沢登りはやっておりません・・・単独では危険なことを十分に承知しておりますからね。
そこで、今回大先輩にガイドしていただき、未踏の渓谷に踏み入ってみました。

最初に地図を貼っておきますが、ログは沢部で不正確な事とこのルートはかなりのリスクを伴いますのでご承知おきください。

Photo

雲龍の滝まではもちろん問題ありませんが、ご覧のとおり、雲龍・三条各滝はかなりの高巻きをしております。

雲龍の滝上部から奥を・・・三条の滝が見えます

P1470462

上部・・・先っぽには行ってません

P1470463

三条の滝を目指します・・・問題なし

P1470476

三条の滝

P1470481

ここからも超高巻きで13番の谷~14番の谷へ。ちょっと見にくいですが即、無名?滝

P1470488

上部から

P1470490

奥はなめ滝っぽくてよく滑ります

P1470494

本日の最深部

P1470497

引き返して13番の谷へ向かい・・・ここまで。そう大きくありませんが雰囲気はいいです。

P1470502

来たルートは高巻き部分があぶない為、尾根に激激登り。

P1470509

P1470512

尾根は良い感じ、藪もなし・・・後半はきついですがね。

P1470516

今日は雲龍の滝に忘れ物した為、すこし東側に下りましたが真っすぐ下れば出合の滝・上部広場に降りられます。間違って西側に下ると・・・大鹿滝の岩壁上部に出てしまいますから注意が必要です。

再度書きますが、このルートはかなりのリスクがあります、コースを承知しておられる方と同伴で向かわれますように!!!


2017年6月18日 (日)

お勉強で東山へ

日頃はお世話になりっぱなしのGPSですが、たまには地図にコンパスで読図の練習をしておかないと使い方を忘れてしまいます・・・・そんな事で「響きの森」企画に乗っかって東山に行ってきました。

P1470308
最初からコンパスで入り口探し、途中のポイントでもチェック・チェック・・・・まあ、中身はおいといて・・・

天気は最高・・・今年のブナは豊作のようですね

P1470310
久しぶりの東山を楽しんできました

P1470318

P1470319

読図の為の企画ですが、私個人的には読図なんかよりも(失礼)皆さんにも周りの自然楽しんでほしかった。

P1470320

P1470323

ホウの花を手に取って見る、なんて事ありませんよ・・・

P1470322_2

山頂・・・東山の名札が付いている木が朽ちかけていました、長くはもたないでしょう。

P1470325

私はここで山座同定・・・天気は良かったですが、遠望はいま一つ

P1470328

P1470331

P1470332

何はともあれいい天気・・・久しぶりの東山を楽しんできました。

 

2017年6月10日 (土)

"紅"を探して県境尾根

若桜ではまだ見た事のない"紅ドウダン"・・・どこにあるかと色々聞き、探しておりましたが見つからず・・・。ところが「宍粟のメ~さん」にお尋ねしたところ、「Mな日々」さんのレポートを紹介され、覗いてみれば数日前の県境尾根に紅の写真・・・これは急いで行かねば・・・

とりあえず赤西からハサリに向かって探す事にして外ノ岡谷へ。
山頂直下の尾根に乗ろうかと入りかけましたが・・・この谷を登るのはちょっと厳しそう、又改めて。

P1470193

隣の尾根に乗り換えますが、ここも木々を掴みながらの這い上がり・・・この谷はどこもきついです。

おっ、これは? 900mあたりで・・・紅?  

P1470199

見上げますが花は、ほとんどなく・・・断定できず。咲いている紅が見たい。

P1470202

1000mあたりからはサラサドウダンが出現

P1470217

上や下やキョロキョロしながら山頂へ・・・定番ショット

P1470229

山頂のサラサ・・・そろそろ終盤のようです

P1470222_2

腹ごしらえして、"紅"を探すぞ~  何時になくキョロキョロしながら下山。

おっ〜  あった〜

P1470236

P1470237

尾根に小振りの木が一本、若桜側に二本・・・サラサと違い花の数が少ない為、気をつけていないと通り過ぎるかも?

P1470241

もちろん、サラサもありますよ。

P1470246

そして、もう一本・・・これくらい花が付いていると見栄えがしますね。

P1470251

P1470252

ただ、この根っこじゃもたないかも?

P1470255

たった四本でしたが満足・満足・・・いつもの尾根を下っていると・・・

P1470258

P1470260

この尾根にもあったか~  探せばもっとあるかも? ですね。

P1470266

新緑から初夏を思わせる外ノ岡谷でした、メデタシメデタシ。

2017年6月 8日 (木)

今年最後の学校登山は・・・

今年最後(の予定)は市内の小学生、登山決行か少々検討されしたが・・・・決行!!!

千m超はガス・・・ブナ林は

P1470182
最終コーナーを回っても小屋は見えず

P1470184
山頂はもちろん・真っ白

P1470187
私的にはこれはこれでOKなのですが、子供たちにはちょっと可哀そうでしたね。

P1470189


途中の小雨・滑る登山道・・・また、良い条件の時に登ってください。下山時には太陽も・・・

P1470192

明日は良い天気になりますよ、存分に氷ノ山を楽しんでください。私も山に探し物に行きましょうか(笑)

2017年6月 6日 (火)

学校登山

今年も学校登山のお手伝い、今週もう一校で終わりかな? 子供たちと登るのはホント楽しいですよ。

P1470164
P1470166

今年はまだイワカガミが見られます。

P1470168
山頂は大賑わい・・・兵庫の学校と五校が山頂集結

P1470171
お昼ご飯を食べてると、誰かが・・・虹・・・見えるかな?

P1470169
下山途中にブナのお勉強

P1470175

P1470176

P1470178

はい、お疲れさま〜  子供たちは元気です、疲れているのは私だけ?

P1470180_2



2017年6月 4日 (日)

絶好の夏山開き

氷ノ山夏山開き・・・絶好の登山日和となりました。

いつも通り、樹氷太鼓に送られて出発

P1470123

私の担当ツアーは11時出発・・・氷ノ越えで昼食。残念ながら山頂祭には間に合いそうにありません。

今日は暑くも寒くもなく、気持ちよい風。大山もよく見えました。

P1470126

例年、巫女さんと写真を撮るのを楽しみにしていますが、今年は既に終了。かろうじてお神酒は残してありました(私は飲んでいませんよ)

・・・既に私服でしたが巫女さん役の子を見つけて・・・スリーショット・・・満足満足。

P1470130

さ、下山しましょ。

P1470131

アクシデントもなく、無事下山。良い山行でした。

P1470134

2017年5月30日 (火)

外ノ岡谷から未踏尾根を歩く

今日もいい天気・熱いですが・・・どこかへ。
先日は遅くて花が見られませんでしたから、ちょっと早いかもと思いつつ外ノ岡谷へ。そして、まだ歩っていない沢・尾根に行ってみましょう。

植林帯が終わり、お待ちかねの自然林の沢筋

P1470015大きな石がゴロゴロ

P1470018
左手に小滝・・・そして、おじいさん? 声を掛けましたが反応なし。 まぁ、いいか。

P1470022
沢を詰めます・・・そこそこの斜面ですが何とか登れます。

P1470023

ここらあたりまでかな・・・左手の小尾根へ

P1470035

でかいミズナラ? 若桜最大かも。 

P1470039

950m過ぎでまさかのサラサドウダン。主尾根しかないと思っていましたからビックリ。

P1470046

P1470047

相変わらず良い尾根です

P1470051

赤西山方面

P1470052

やっと主尾根・・・三室山

P1470060

振り返って、くらます方面

P1470063

もちろん主尾根にもあります

P1470065

P1470067

県境から三室山・・・ど~ん

P1470070

三室山には行きませ〜ん・・・赤西山方向へ

P1470073

赤西山にも行かず、下ります

P1470081

だんだん尾根が細くなり・・・

P1470086

この大岩が出たら・・・アウト。

P1470087

ここからの下りは最悪です・・・激斜面に大岩の連続、両サイドはとても降りられず・・・

どうにかこうにか沢に降下・・・やばかったです。

P1470095

地図を貼りますが決してお勧めするものではありません。
特に丸印は危険ですので向かわれない方が良いと思います。

  ※ 5/31  やっぱり地図は削除させていただきます、悪しからず。

今日の収穫はサラサドウダン、まだ早いと思っていましたからラッキーでした。又主尾根までに見られた事。・・・・だけど、ベニドウダンは何処?


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー