« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月16日 (水)

東山西域を歩く パート四

このシリーズも四回目となりました、今日はショートコースながら「ちづ山」さんのお勧めの場所です。

Aa_2
集落奥に駐車して、林道・作業道を奥へ奥へ

P1480450_2
ここからは沢を歩きますが、古い石積みの道が続いています・・・

P1480456
カツラやトチの巨木が多い沢です

P1480461
この界隈では珍しいかな?  三段の滝 この滝は脇が階段状になっております。

P1480466
山ブドウの実が大きくなってきました

P1480483

古い道がまだ続きます・・・何の目的?  気になりますね。

P1480486

P1480490

イワタバコは、ほぼ終了

P1480494

沢は相変わらず良い感じ

P1480496

900m手前の分岐、右が本流

P1480503

ですが・・・左岸を高巻き

P1480507

このあたりからは中々楽をさせてくれません

P1480513

ヤマジノホトトギス・・・下流域は終了

P1480515

V字

P1480521

950mあたり、笹も出始め水も極わずか、尾根も見えます・・・源流部としましょう

P1480525

尾根に激登って・・・先日通った1074が確認できる場所まで行っておきました。

P1480530

さて、下ります。  もちろん良い感じの尾根です。

P1480542

展望あり・・・作業道が見えますが、わかりません。

P1480545

良い尾根が続きます

P1480548

P1480552

三角点854 点名大東仙

P1480557

ここからの下り尾根は植林帯となりますが、歩き易い尾根です。 最終コーナーに・・・?

P1480570

林道に無事下山

P1480574

6.5キロ、三時間半・・・沢も尾根もとても良いところでした。特に沢の最深部以外は非常に歩き易く短時間で歩けたものと思います。 又、今だけ会える「山の彼女」達にも会えましたよ。

四回に分け東山西域を歩き回ってみましたがとりあえず終了。次は時期を変え、場所を変え再訪する事にしましょう。

09

2017年8月11日 (金)

山の日

今年も山の日がやってきましたが、私は昨年同様に氷ノ山の登山ガイドで登ってきました。

今年のお客様は四国を中心に39人様・・・遠くからありがたいことです。さいわい予報以上のお天気でまずまずですが、スタートは遅遅の11:30・・・キビシイですね。

更に山頂直下から雨~

P1480436
到着が遅かったことから小屋は貸し切りにできましたが時間もなく早々に下山

P1480438

P1480440

いつになく盛況なキャンプ場

P1480441

登り時こそ良かったものの、山頂以降は残念な結果となってしまいました。
花の百名山として先日テレビ放映もあったのですが、紹介できたのは何故か木段脇の「イワタバコ」のみ・・・時期を変えてまた来てくださ~い。

2017年8月 5日 (土)

東山西域を歩く その3

今日のスタートは三滝ダムになります。

P1480299
川沿いの歩道、確か林鉄軌道跡と聞いたことがあります

P1480310
三滝・・・上からじゃ面白くないので降りてみます(道はありませんので念の為)

P1480319
P1480321
P1480326
智頭の皆さ~ん、三滝へ降りる道を是非作ってください。 勿体ないですよ~!!!

Photo_2

さて、今日のコースは三滝から北にのびる沢を遡上予定でしたが再度滝上に回るのはチョット辛い。やむなく尾根登りに変更・・・激登り。

林鉄跡かと思いきや、石積みの堤でした。

P1480334

大岩を巻き巻き

P1480336

たまご岩を乗り越えて・・・

P1480341

スギには見えない杉

P1480346

三角点928へ伸びる尾根に到着。

P1480348

展望はありますが・・・?

P1480352

いい感じの痩せ尾根

P1480354

P921の先で沢に降下・・・昼食タイム

P1480364

ここからは沢沿いに登ってみましょう

P1480367

P1480370

P1480372

ミズナラ?・・・巨木です

P1480374

この沢の限らず、この界隈の沢は若桜と違い傾斜がないので歩き易いですね。・・・滝が無いのは寂しいですが(笑)

P1480383

P1480385

この沢の最深部・・・とします。

P1480393

すぐそばの尾根に登って・・・P1246方向

P1480396

下り尾根

P1480397

良い尾根です

P1480400

P1480405

P1074 地籍三角点の切り開き

P1480406

この尾根は以前は雑木藪だったのでしょう、切り開きがなかったら歩けなかった?

P1480414

この尾根を下れば最後が激下りか駐車地からかなり離れてしまいます・・・暑さで水分の在庫も気になるところ。ここは以前使ったダムへの直尾根に乗り換える事にしました。
沢への降下ポイントにデポしたペットボトルを回収して登り返しですが・・・・・いけません、ここの斜面には笹があります。ヤブコキほどではありませんが登りに向かい笹はキツイです。
尾根に着いた時にはヘロヘロ、ダムへの降下ポイントも間違えてしまいました・・・ふ~

P1480432

何か所かで見かけましたが、まだまだ蕾

P1480419

次回は倉谷から周回かな?


2017年8月 4日 (金)

登山道調査

昨年は若桜町の各山の登山道を調べ、Web版の地形図に反映していただきましたが、今年は八頭町の山を調べております。
一回目は遠見山・・・今回は綾木峠・八頭町と智頭町を繋ぐ中国自然歩道です。

1_2

区間は八頭町柿原~智頭町八河谷・・・地図上の点線と実際の歩道はかなりの誤差があり途中はかなり荒れているはずです。

現在は廃村となった柿原集落の中を抜け、舗装林道を奥へ奥へ

P1480249

ここからは作業道・・・綾木峠 2.8キロ

P1480251
沢沿いに進んで行くと段々荒れてきます

P1480254

P1480258

P1480261

地図では沢を直登していますが、実際にはここからは沢を外れて行きます。

P1480262

2_2

しばらくは植林帯ですが高度を上げていくと良い感じのブナ林

P1480266

P1480268

P1480269

約二時間半で綾木峠

P1480271

綾木峠・・・西に向かえば三町分岐~鳴滝山方向。東に向かえば大江越し・浅見越し・・・いずれも尾根沿いに歩けますよ。

さて、植林帯をジグザグ

P1480272

しかし、沢部からは・・・荒れています

P1480274

P1480276

峠から三十分ほどで舗装道へ

P1480279

ここからデポ車までの舗装道歩きが一番きつかった(笑)

P1480281

皆さんお疲れさまでした、冷えた飲み物が美味かったこと、事美味かったこと。

Photo

道自体は大人の事情でなかなか整備できないようです(笑)。      
この登山道調査は場所を変えてもう数回予定があります。                     


« 2017年7月 | トップページ