« 諸鹿七滝 | トップページ | 諸鹿七滝 完結編 »

2017年7月13日 (木)

諸鹿七滝Ⅱ

今回は大鹿滝側の谷を案内していただきました。

流石に大鹿滝は巻けませんので一端、広留野まで上がります・・・・問題はどこから下るか。
早く下ってしまうと地図のように、大鹿滝を取り巻く岩壁に阻まれてしまいます(今回はチョット早すぎた為奥に水平移動しています。結果として青線あたりからの降下が正解だったかもしれません)

Photo
降下ポイント

P1470565

川下は滝のようです(おそらく倒木の滝)

P1470566

雰囲気のある沢です

P1470570

P1470573

中の滝

P1470579

P1470583

高巻きして奥部へ

P1470587

P1470592

P1470597

上の滝

P1470604_3

なめ滝っぽい岩場が続きます

P1470606

開けましたが、倒木が多く歩き辛い

P1470608

前方に巨木・・・

P1470609

回り込めば、カツラの巨木・・・陣鉢北西のカツラより大きいかも知れません。大先輩が登ってくれました。

P1470614

そして、ゴール地点の「野頭の滝」

P1470619

P1470623

いつも上部の自然歩道から眺めていますが思っていたほど大きな滝ではありませんでした。ここからは岩場沿に戻って激登り、自然歩道に・・・

帰りにササユリが一輪

P1470627

前回もお伝えしましたが、沢登りはかなりリスクが高いです。くれぐれも良く知っておられる方と同行してください。

« 諸鹿七滝 | トップページ | 諸鹿七滝 完結編 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

山ボーイ様
何時も楽しく拝見させて頂いてます。

大鹿滝の上に降りるルートですが、大鹿滝の北西、
流木の滝の左に等高線の示す谷があります。

今から三十年以上前、この谷を使って大鹿滝の上に降りたことがあります。
谷と言っても、普段は水の流れも無く、滝はありません。

畑の縁伝いに歩いて、窪みを探せばわかるでしょう。昔の話で今は知りませんが、
楽に降りられ登れました。そう言えばクチベニタケが生えていたな。

滝通しと言う意味では良くないルートですが、エスケープに使えるかも。

釣りが目的で行ったのですが、出合滝より上はニジマスしか居ません。
河合谷林道の工事に携わったという刑務所の所長が、釣り好きで放した物とか。
何十年前の話か忘れましたが。

昔は、年1~2回出合滝まで釣り上がっていました。
大鹿滝や雲龍の滝も何度も歩きました。

道が消えかけていたとは知りませんでした。
あの景色が思い浮かびます。

ブンタさん お久しぶりです。
最近は暑さに負けて山登りしておりません(笑)

確かに地図の等高線では一番緩そうですね、ただし入り口は笹薮ですよ。
ブンタさんは雲龍の滝の奥には行かれておられるでしょうか?
14番の谷はニジマスばかりですが、13番の谷はイワナになります。
大鹿滝の奥では釣りしていませんが、谷によってハッキリわかれるようですよ。

実はもう一度行ってきましたので完結編をお楽しみに(笑)

>最近は暑さに負けて山登りしておりません(笑)
ザックにタオルと補給水のボトルをたっぷり入れると、
着替えが入らない・・・・・

>ただし入り口は笹薮ですよ。
大鹿滝の駐車場に車を置いて、少し北に歩いて降りました。
竹藪など全く記憶に無いです。超々楽勝でした。変わっているのかな。

雲龍の滝の奥には行っていません。
いつも単独なので、危ないことは極力避けました。

>13番の谷はイワナになります。
昔からなのでしょうか? それとも林道を使って最近放流したのか?
昔聞いた話ではイワナいないと伺っていました。

完結編をお待ちしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/71113081

この記事へのトラックバック一覧です: 諸鹿七滝Ⅱ:

« 諸鹿七滝 | トップページ | 諸鹿七滝 完結編 »