« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月28日 (金)

東山西域を歩く ②

第二弾も先日と同様に東仙宿舎前に駐車・出発地となります・・・近くの案内板

P1480036
この宿舎は東山・鳴滝山への登山者も使っていたようです。であれば林道を使って登れるはず・・・辿ってみましょう。

0
侵入禁止になっていますが車も通れる林道・・・東山側へとの分岐。鳴滝山方向に進みます。

P1480044
実線終了ポイント、ここからは細くなります。

P1480046

自然林の沢に沿って点線道が続きます。

P1480047

雑草もなく良い感じ

P1480050

はっきりしませんが点線終了ポイント

P1480061

地図上では、この先かなり広い場所となっています、これも確認したかった点です。

天気が良ければ奥に主尾根が見えたかも?

P1480067

ブナ主体の広い自然林が・・・

P1480068

奥へ続きます

P1480073

P1480076

徐々に沢部は狭く、深くなります

P1480081

最後は小尾根を激登って主尾根へ

P1480084

主尾根・・・直ぐに鞍部

P1480094

鳴滝山へは150mの激登りとなります。ルートが分かるでしょうか?  刈払いの笹原に小笹が生えてきているようです。また、藪化するんでしょうか?

P1480097

久しぶりの鳴滝山

P1480099

東山方向・・・眺望なし

P1480101

若桜側・・・辛うじて弁天山から三倉富士尾根

P1480103

さ~て、帰ります。枯れ笹に用心用心・・・ここの下りはダブルストック必須。

登り返し・・・ここからは少々アップダウンがあります

P1480111

左の尾根が下り尾根

P1480121

振り返って、左が鳴滝山。正面がP1228

P1480124

展望尾根に行ってみましたが、何も見えず・・・ここは積雪期がお勧めのようです。

P1480132

良い尾根が続きます

P1480137

P1480139

そして、先日登ってきたポイント

P1480142

正面が下山尾根
P1480143

その見えている尾根に到着と同時に・・・雨、仕方なく雨具着用・・・テンションが下がります。

P1480148

三十分ほどで止みましたが、不快指数は100

P1480154

それでもここには来たかった。  三角点1126.9 点名小藤仙

P1480157

加藤文太郎氏の単独行にこんな一節がある・・・すごい人です。

Photo_2

杉との混合林を下って・・・

P1480162

大川に到着~。  ・・・飛び込みたい。

P1480167

途中の小雨はご愛敬でしたが、登りのルートは面白かったですね~。鳴滝山へ二時間弱、使えますよ。・・・マニアックな方向けですが(笑) 一度東山方向への林道も歩いてみるかな。

2017年7月22日 (土)

鳥取港に灰色船

毎年この時期にやってくる灰色船。たいていは「ゆき型」クラスなのですが今年は「あめ型」クラスが二隻(マニアックですね・笑)・・・鳥取地本さん頑張られました。

今回は入港シーンから艦活してきました。
入港予定は13:00と聞いていましたが、11:30に賀露に到着してみれば既に一文字沖をウロウロ。
ダグボートが着いても中々動かず・・・天気が良いのですっかり日焼け。

入港は「いなづま」からタグに先導され静々と

P1470885
回頭せずそのまま接岸

P1470901
「さみだれ」の様子を見るべく場所移動

P1470928
ジャスト入港

P1470939
お出迎えは「因幡の黄色うさぎ」

P1470957
無事にめざし係留

P1470980

そして本日、乗船待ちの長い列

P1470983
えっ! 「さみだれ」には乗れず・・・おいおい、あんたは何しに来たの? まあ同型艦ですけどね~

P1470990
どうも「さみだれ」には別系統のお客さんがあるようです

P1470995

P1470997

主砲の稼働展示

P1480011

CIWS

P1480018

艦橋にも上がれず・・・

P1480024

仕方がない、お尻でも撮っておきましょう

P1480027

最後はやっぱりこのショット

P1480033_2

ちょっと不完全燃焼ですね~  来週の舞鶴サマフェスに向かいますか?


2017年7月16日 (日)

東山西域を歩く

東山・鳴滝山から西側に広がる広大な自然林、一度鳴滝から尾根歩きをしていますが今日は本格的に歩いてみました。

1

どこを歩くか色々と考えて・・・こんなルートを

2
スタートは東仙宿舎、点線部を歩いて目的の沢へ

点線部は林鉄跡でした

P1470716沢を北上します

P1470719
水量は少ないですが、予想通りきれいな沢です

P1470726

P1470739

この植物・・・バイケイソウ? 奥までず~とありましたが、鉄砲水に流された痕跡が多々ありました。

P1470745

傾斜はなく、終始歩き易い河原?

P1470748

P1470752

標高1100m分岐 左の沢へ

P1470754

ここからは沢が狭まり、赤っぽい岩が続きます

P1470763

う~ん 水晶?

P1470771

最後の分岐

P1470778

主尾根はまじか

P1470782

振り返って

P1470783

主尾根部

P1470787

P1470788

いいでしょ・・・1246へ向かっていると、前方より二名の登山者・・・もちろん「ちづ山ペア」さん以外にここを歩かれる方は無いでしょ。お久しぶりです・・・しばらく立ち話。
この先の様子をお聞きして出発

P1470793


良い広尾根が続きます

P1470797

P1470800
ここが一番良かったかな

P1470807

P1470813
オアシスのように・・・

P1470825

P1470830

杉が増えてきても、歩き易い尾根が続きます

P1470838

最後、三滝ダムへの降下・・・手前に遊歩道

P1470844

ここからは遊歩道歩き

P1470851

二つの滝からは舗装道に上がり、駐車地までチンタラ・チンタラ。


この山域は広いです、まだまだ歩いてみたい所はいっぱいありますので再び訪れる事になるでしょう。

雲龍の滝へ

雲龍の滝への道がやっと開通いたしました。 簡単にご紹介しておきましょう。

先ずは位置関係

P0
拡大図

P01

侵入口

P147

駐車地・・・五・六台は止められます。

P1

大鹿滝へ530m 出合いの滝へ700m

P2

大鹿滝までの道も補修しております

P3

P4

大きめの石を敷いておりますが、濡れている時は滑ります。  注意ください

P5

出会いの滝まで170m   〇印に不動明王像があります。

P6
ちゃんと補修しておりますよ

P7

出会いの滝 上部広場・・・雲龍の滝へ450m

P8

その前に、出会いの滝を見ておいてください。木や草が一番元気な時です・・・ちょっと見にくいかな、けっこうがんばって刈り払ったですよ。

P9

ここからが道づくりの本番。
1メートル超の幅で笹を刈り、根を掘り起こしております。

P10

出合いの滝の上部の沢に降りられますし、沢の俯瞰もできますよ。

P105

ステップを切り、ロープを設置しております。 が、雨が降ると緩むかもですね。

P11

P12

P13

雲龍の滝が見えました

P14

これまで、出合いの滝からはヤブコキが必要でしたが、もう大丈夫。迷子になる事もないでしょう。ただ、雨の時は少々滑ると思いますのご注意くださいね。

多くの方に歩いていただくと道がしっかりします、扇ノ山登山のついでに、ちょっと足を伸ばしていただければ楽しめると思いますのでよろしくお願いしますね。、

2017年7月15日 (土)

諸鹿七滝 完結編

諸鹿七滝・・・核心部はほぼ歩きましたが、14番の谷をもう少し見たくなり単独で行ってきました。
(へルメット・ハーネス着用、40mと20mのロープ、金物少々・・・できる限りの準備はしました・笑)

Photo

丸印の部分が目的地・・・自然歩道から901横を通り、13番の谷に降下

降下ポイント

P1470641

前回時降りなかった13・14番谷の合流部に降りてみました。

石割の滝

P1470650

P1470653

13番の谷入り口

P1470655

P1470663

なめの岩場を少し下ってみると

P1470649

足元にはなめ滝・・・下には降りませんでした

P1470642

14番の谷を登り返して前回の最終部

P1470666

左岸を高巻きすればすぐに・・・

P1470674

支流側を少し登って・・・広い滝壺?

P1470681

支流側も・・・

P1470684

良い感じの滝

P1470687

本流・支流ともに頑張れば奥に向かえるかも知れませんが・・・ここまで。

涼しげでしょ

P1470693

P1470696

倒木の滝・三条の滝上部等未踏のポイントはありますが、まずまず満足。これで良しとしましょう。

何回も言っていますが沢登り・高巻き・尾根への登り・下り等々危険なポイントが多々ありますので、皆さんにお勧めする訳ではありませんが一応まとめとして記録しておきます。

1_2

2

大鹿滝側 12番の谷
倒木の滝・・・残念ながら見ておりませんが大鹿滝は巻けませんので、上部から降下することになります。くれぐれも岩壁上部に降りない事。ブンタさんご指摘の黄色の点線部あたりが良いと思われます。しかし、入り口は笹薮、目印は無いものと思われます。
中々雰囲気の良い谷ですし、途中の滝も巻くことは可能ですから野頭の滝まで遡行は可能と思われます。
野頭の滝は巻けませんので岩壁に沿って少し戻り、自然歩道に激登りすることになります。
掴むものが少なめで苦労しますが、距離が短いのが救いです。

出合いの滝・・・上部広場から覗いてもらうのみ・・・が、雲龍の滝側の左岸から降下は可能・・・ルート・ロープの設置(私が設置したものではありません)がありますが、かなりリスキーです。

雲龍の滝・・・左岸を超高巻きとなります。今の時期、足場は濡れ・草が生い茂って見にくい
為かなり大変です。

三条の滝・・・右岸を長距離高巻きとなります。かなり大変です・・・と言うしかありません。

13番の谷
結局小滝より奥には行っておりませんが、水量の減少と共に笹等藪っぽい感じがしました。

14番の谷
今回行った滝の奥・・・どうでしょう? 何年か前に別ルートから歩いていますがあまり良い思い出はありません(笑)

周辺の尾根・谷への登り下り
自然歩道から出合いの滝上部広場まで藪も無く歩く事は可能と思います。尾根から谷へはどこもきついです・・・等高線の詰まり具合で判断してください。そうそう、私はロープは結局使いませんでしたがヘルメットは着用して正解でした。

以上、私の個人的感想です。  


最後になりましたが「岡山の滝見HP」さんが2008年に諸鹿渓谷の滝群としてくまなく歩いておられレポートを参考にさせていただきました。

 

2017年7月13日 (木)

諸鹿七滝Ⅱ

今回は大鹿滝側の谷を案内していただきました。

流石に大鹿滝は巻けませんので一端、広留野まで上がります・・・・問題はどこから下るか。
早く下ってしまうと地図のように、大鹿滝を取り巻く岩壁に阻まれてしまいます(今回はチョット早すぎた為奥に水平移動しています。結果として青線あたりからの降下が正解だったかもしれません)

Photo
降下ポイント

P1470565

川下は滝のようです(おそらく倒木の滝)

P1470566

雰囲気のある沢です

P1470570

P1470573

中の滝

P1470579

P1470583

高巻きして奥部へ

P1470587

P1470592

P1470597

上の滝

P1470604_3

なめ滝っぽい岩場が続きます

P1470606

開けましたが、倒木が多く歩き辛い

P1470608

前方に巨木・・・

P1470609

回り込めば、カツラの巨木・・・陣鉢北西のカツラより大きいかも知れません。大先輩が登ってくれました。

P1470614

そして、ゴール地点の「野頭の滝」

P1470619

P1470623

いつも上部の自然歩道から眺めていますが思っていたほど大きな滝ではありませんでした。ここからは岩場沿に戻って激登り、自然歩道に・・・

帰りにササユリが一輪

P1470627

前回もお伝えしましたが、沢登りはかなりリスクが高いです。くれぐれも良く知っておられる方と同行してください。

2017年7月 7日 (金)

諸鹿七滝

現在「雲龍の滝」への歩道を整備しておりますが、この界隈は若桜で一番奥深い渓谷・・・一般に諸鹿七滝と言われていますが、無名滝が多々存在しております。
私的にも当然行ってみたいのですが、沢登りはやっておりません・・・単独では危険なことを十分に承知しておりますからね。
そこで、今回大先輩にガイドしていただき、未踏の渓谷に踏み入ってみました。

最初に地図を貼っておきますが、ログは沢部で不正確な事とこのルートはかなりのリスクを伴いますのでご承知おきください。

Photo

雲龍の滝まではもちろん問題ありませんが、ご覧のとおり、雲龍・三条各滝はかなりの高巻きをしております。

雲龍の滝上部から奥を・・・三条の滝が見えます

P1470462

上部・・・先っぽには行ってません

P1470463

三条の滝を目指します・・・問題なし

P1470476

三条の滝

P1470481

ここからも超高巻きで13番の谷~14番の谷へ。ちょっと見にくいですが即、無名?滝

P1470488

上部から

P1470490

奥はなめ滝っぽくてよく滑ります

P1470494

本日の最深部

P1470497

引き返して13番の谷へ向かい・・・ここまで。そう大きくありませんが雰囲気はいいです。

P1470502

来たルートは高巻き部分があぶない為、尾根に激激登り。

P1470509

P1470512

尾根は良い感じ、藪もなし・・・後半はきついですがね。

P1470516

今日は雲龍の滝に忘れ物した為、すこし東側に下りましたが真っすぐ下れば出合の滝・上部広場に降りられます。間違って西側に下ると・・・大鹿滝の岩壁上部に出てしまいますから注意が必要です。

再度書きますが、このルートはかなりのリスクがあります、コースを承知しておられる方と同伴で向かわれますように!!!


« 2017年6月 | トップページ