« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

花見+気持よく県境尾根

今日は氷ノ山の様子見登山の予定でしたが・・・宍粟の「メ~さん」に先を越されました(笑)

仕方がない、急遽行き先変更して外ノ岡谷へ

Photo

久しぶりの谷です

P1460290

P1460295

P1460298

ムシカリ・・・オオカメノキ

P1460303

支尾根に乗り換えると直ぐにイワウチワ。うれしい事に支尾根全体に広がっているようです。さすがに最盛期は過ぎていますが、もうしばらく楽しめそうです。

P1460305

P1460308

P1460309

P1460310

そして、こちらは・・・

P1460312

P1460315

時期的なものなのかもしれませんが、少ない。あまり期待できそうにないですね。

さて、県境尾根から赤西山方向

P1460327

ムシカリの子供たち

P1460331

くらます、右奥に東山

P1460332

だいぶん近づいた

P1460333

振り返って・氷ノ山

P1460337

山頂直下

P1460339

赤西山・さんちょ〜う

P1460341

定番ショット

P1460342

先を急ぎましょう・・・一端下って

P1460347

振り返って・赤西山

P1460349

すっきりと氷ノ山

P1460355

笹はひざ下・・・以前の藪は面影もなし

P1460361_2

三室山・・・には、向かいません

P1460362

方向転換です。 1174方向 奥は、くらます

P1460366

形の良い盆栽でしょ。 

P1460369

前方に1174

P1460373

ここからの三室山・・・お気に入りです。

P1460377

下山は駐車地に一直線尾根・・・結構きついですよ。

見たかった花も見れ、お気に入りの谷から気持ちの良い尾根歩きができて・・・大満足の山行でした。

2017年4月24日 (月)

恒例・春山歩き

毎年、この時期には気持ちよく山歩きできそうな場所を探していますが・・・中々見つかりません。今年は宍粟のメ~さんに紹介してもらった場所に向かったのですが想定外の状況に断念。念のために準備していたコースに急遽変更しました。

Photo
駐車地から少し戻って・・・取り付きは・・・

P1460185

ススキ原の縁をガシガシと

P1460190

途中で・・・下山予定の尾根・ポイントが見えます。

P1460196

主尾根に到着、ススキの野焼きがされた砥峰高原と奥の方に暁晴山のアンテナ群

P1460203

土塁に沿って進んで行けば・・・砥峰山頂

P1460206

一端下った鞍部・・・キレイなところでした

P1460215

P1460216

登り返して975手前から振り返る

P1460220
まだまだベッピンさんのタムシバ

P1460224

三角点929手前から方向転換・・・しばらく植林帯

P1460226

点線道は峠・・・ナガソウ方向へ

P1460228

左隅には立派な室に石仏があります

P1460232

見覚えのある場所・・・まだまだ作業道歩きが続きます

P1460233

最後は舗装道に上がって、向かいの尾根に進みます

P1460238

もちろん、自然林・良い感じですよ

P1460245

三角点985・・・南千町ケ峰

P1460247

ちょい先でお昼ご飯、正面にかっこいい氷ノ山

P1460249

アセビ庭園

P1460253

キレイな場所です

P1460256

アセビの向こうに砥峰方向

P1460258

振り返る・・・いいですね~

P1460259

植樹したかのようにタムシバが急に増えてきました

P1460265

砥峰方向に延びる電線・・・ここで下る事も考えていましたが、気持ちがいいのでもう少し先まで進みます。

P1460268

P917から駐車地へ伸びる下り尾根

P1460273

登りに通ったススキ原

P1460274

最後は沢部から道路へ無事下山

P1460280

帰りの川の向こう岸に・・・

P1460282

P1460283


1

10キロ・五時間弱、当初の予定とは違いましたが、気持ちよく・いい山歩きができました。

2017年4月21日 (金)

遠見山・春・登山大会

恒例の春登山大会が5/4に実施されます。今日は事前の整備登山をしてきました。

Photo

主催は丹比地区公民館ですが「遠見山馬酔木の会」が全面的にバックアップします。
今回は全員、日田コースの下山となりますね。

P1460183

春は花の季節、当日に見られるかどうか分かりませんので今日の花々を・・・

遠見山・・・と言えば・・・馬酔木(アセビ)

ノーマルは白

P1460180

薄い緑

P1460182

薄いピンク

P1460170

そして、ピンク

P1460174

その他には・・・タムシバ・・・終盤です

P1460181

そして、イワカガミですが、まだまだ蕾

P1460165

他にも、一本だけオオカメノキ(ムシカリ)がありましたが、ちょっと遠くで写真撮れず(笑)

アセビロード

P1460176

まだ参加は可能のようです、問い合わせは丹比地区公民館へ。
0858-84-1251 火・水・金  8:30〜

2017年4月14日 (金)

やっぱり最後? は 扇ノ山

四月も半ば、この時期の雪山と言えばやっぱり”扇ノ山” お天気最高・・・これ以上なし(笑)

姫路からも考えましたが、やはりがんばって林道を歩き"ふる森"から・・・(ふる森駐車場まで車で入った訳ではありません・林道状況は最後に書きます・)

Photo
キャンプ場内は適度な積雪

P1460061

綺麗なブナ林です

P1460063

扇ノ山林道が見えてきました

P1460067

一部積雪の無い場所もありましたが良い感じでした。

P1460069

さて、右手の尾根に乗ると・・・まだまだです

P1460074

後半、雪がなく苦戦しましたが無事に千m尾根

P1460075

1079Pから・・・だいぶん近づきましたね

P1460079

姫路からの登山道に合流

P1460082

ここらから扇ノ山のスケールが感じられます

P1460086

扇ノ山林道からは展望抜群でし我慢して・・・ここからはアップ    先ずは下り尾根の奥に青ガ丸と仏ノ尾

P1460091

氷ノ山・・・さすがに黒くなってきましたね

P1460094

登ってきた尾根と奥に東山~鳴滝山

P1460095

山頂手前ピークから・・・ラストスパート

P1460096

山頂〜  綺麗ですね~

P1460102

先着の三人さん・・・下山準備中

P1460104

無積雪期にこの展望があれば良いんですがね~

P1460106

久しぶりにのんびりして、さて下山。  雪原は畑ケ平の大根畑

P1460108

早速振り返る・・・このコース何度となく振り返ります。

P1460114

すばらしい雪原下り

P1460116

また振り返る

P1460122

またまた振り返る・・・遠のく山頂

P1460127

今日は初めて雪のふる森夏道を歩ってみましたが・・・この傾斜はなんなんだ・・・皆さんこんなとこ歩いてるの?  とりあえず登山口に降りてきました。

P1460131

ここからは林道歩き・・・と、思いきや・・・この傾斜はなんなんだ・・・つぼ足でもビビル

P1460135

こんなのが続きます・・・やばいッス

P1460136

こちらは雪崩

P1460139

疲れますが・・・マンサク全開

P1460145

最終コーナー手前も・・・

P1460149

無事に降りてきました。  ふ~

P1460152

0

やっぱりこの時期は扇ノ山です、このスケール感はさすがですね。
今日は雪焼けで真っ赤か(笑)



さて、除雪状況ですが・・・ふる森に下山時にたまたまふる森の管理人さんにお会いし、少々お話できました。その中で、通行止めにするにはそれなりに理由があり・・・・・駐車地まで歩いている間にも何台も車が上がってきました。途中ではショベルカーが掃除中、また作業用車両もいました。

結論から申しますと、何も考えずに情報提供と称してレポートしていましたが大いに反省しております。私の拙いブログですがどんな方が見ておられるか分かりません、無責任なレポートは注意しなければと考えております。
今後はレポートととしては上げませんが別な方法を考えたいと思います。

(annosawaさんへ、メールをしておられましたらいただけませんでしょうか)

2017年4月12日 (水)

ふる里の森林道・・・除雪開始

今週末はすでに四月中旬、急激に融雪が進んでいます。さて、ふる森林道はどんな具合でしょう?

Photo_2


通行止め表示・・・ふる森へ4.5キロ 

1

       諸事情により、以下記事を削除いたします。    山ボーイ

2017年4月10日 (月)

春の里山ハイク

私の本来の山歩きスタイルは・・・名前の付いた山や高い山を歩く訳じゃなく、身近な場所で、”あそこはどんな所だろ~”・・・から始まったもの。

今日のコース

Photo

取り付きは来見野神社・・・奥の尾根に乗ります。

P1450921

急登を応援してくれるのは・・・タムシバ・・・コブシと区別がつきませんが。先日のゴーロでは蕾ばかりでしたが、いつの間にかそこらじゅうに。

P1450927

林道にはまだ雪が・・・地図上よりも伸びているようです。法面にはなぜか階段?

P1450935

これも多かった・・・ダンコウバイ・・・アブラチャンと区別できませんが(笑)

P1450942

もちろんヤマザクラも

P1450940

遠く・遠くにまだまだ白い扇ノ山

P1450944

イワカガミにしては丸すぎるような?

P1450953

こちらは東山

P1450959

奥には白い三室山

P1450960

しつこく東山から鳴滝山・・・手前には三倉富士から弁天山がダブります。

P1450983

いつも思うのですが・・・この索道の残骸、なんで回収しないのかな~

P1450984

なんでしたっけ?

P1450994

これは可愛いツートーンのアセビ

P1460003

と、いう事で・・・まだ歩ってなかった裏山というような場所に行ってみました。ほぼ全域雑木林、別段きれいな所やめずらしい物がある訳でもなく、唯々私の自己満足の為のものです。



※そうそう、今日の縦走?・・・足はこれを使いました。

P1460009

若桜〜諸鹿間のミニバス・・・四月から全区間百円で乗れます。以前の広留野から千石岩縦走にも使えますよ・・・但し日・祭日は走ってません。
この他、時間制で町内の観光にも使えますし、三ノ丸から戸倉峠縦走の車回送が不要になったり・・・以上広告でした。

もう一つあった・・・

P146000

この日のように美人ドライバーに当たるかムサイおっさんに当たるかは運次第(笑)

2017年4月 8日 (土)

最近のいろいろ

レポートをあげるほどの事ではないのですがすが・・・ご報告。

4/1  アルデバラン食
おうし座の一等星・アルデバランが月に隠れ・出てくる瞬間を見てきました。

P145

4/7  扇ノ山へのふる森林道を見てきました。写真は3/31のものですが4/7も同じ場所(ふる森まで4.5キロ)で停滞。積雪は30㎝ぐらいに減っていますが、まだまだかかりそうです。

P1450669

4/8  大山・・・私がお伝えする事ではないですが・・・

P1450851

P1450852

P1450855

P1450857

五合目で撤退してます(泣) 雪はまだまだありますが、雪解けはかなりのスピードですすんでいます。また、かなり直登的なトレースとなっておりきついです。今日はガス・ガスでご来光も無理と判断して撤退しました。

4/8  遠見山下見    例年とおり5/4に登山大会が実施されます。

P1450862

P1450860

P1450859

P1450866

今年は積雪も多く、倒木等の除去が大変そうですが、皆さんに安全に楽しんでいただけるよう整備しておきます。

2017年4月 3日 (月)

ゴーロ・リベンジ

先週の高山・ゴーロ縦走・・・天気は良かったものの、いずれにも届かず不甲斐なさを引きずっておりました。先週末も好天だったものの所用で山行できず、やっと本日向かってみました。
左奥の雪原・・・どんな感じでしょう?

P1450706

万全を期してゴーロ一本に絞り、前回よりも二時間早く、安蔵森林公園をスタート。

1

1.2キロの雪の林道を歩き、前回時の下山ポイント手前から取り付きました。(昨日の三人さんのトレースを辿らせていただきました)

振り返ればキレイに鷲峰山

P1450717

今年初見の・・・先ず咲く・マンサク

P1450726

前回時のUターンポイントから

P1450740

アップダウンも何のその・・・

P1450741

P1450755

高山方向

P1450760

1142Pまじか

P1450771

P1450772

ピークに登ると、高鉢山方向

P1450775

高山方向

P1450776

そして、ゴーロ

P1450779

左手には三国山・北嶺

P1450780

ゴーロ・ピークへ向かいます

P1450786

振り返って1142P

P1450790

不鮮明ですが、大山のアップ

P1450795

三国山北嶺のアップ・・・人影?

P1450804

念の為 登頂写真

P1450813

ゴーロの雪原より1142Pの雪原の方が広いような?  トップの写真の雪原はゴーロじゃなくて1142周辺のようです。時間もあるので散策してみました。

3

P1450825
振り返って・・・

P1450831

さ〜て、これくらいにして帰ります。今日はピストンで一気に下山・・・次に来る時は周回の途中・・かな?

マンサクとバニーちゃん達に見送られて・・・

P1450835

P1450841

2

登りに二時間、山頂付近で一時間ぶらぶらして、下りに一時間・・・午前中に下山できました。今日は早めのスタートと低い気温で雪はよく締まり、歩き易かった事と昨日のトレースでルート確認の必要がなく、気持ちも楽に歩けました。

雪山は終盤となりますが町内の雪山をもう少し歩けそうです。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ