« 冷や汗もののルート調査 | トップページ | 県境尾根縦走から・・・② »

2017年3月17日 (金)

県境尾根周回・反省編 ③

ここからのレポートはアップは止めようかと思いましたが自分自身の反省の意味を込めて・・・恥を忍んであえてアップします。

ルート図

Photo
当初の予定は 沢川への降下後は黄色の尾根回りの下山でした・・・が、百メートルの登り返しに堪えられそうもありません。

林鉄跡を使って水平移動、最後は百mの激下り・・・最悪六時までに林道に降りられれば後はヘッドランプを付けてでも帰られる・・・なんて、あまい判断をしてしまいました。冷静に考えれば気が付く事なのに、相当疲れていたんでしょう。

林鉄跡は何とか識別できました・・・分からなければ諦めもつこうに・・・

P1450430
もはや、ただの雪の斜面、左は沢川へ一直線

P1450433

万一、滑ったらあの木に摑まろうか・・・などと考えながら一歩・一歩  もちろん途中からはアイゼンに履き替えました。

P1450435

下部作業道との分岐・・・このまま進めば岩壁帯、万一滑れば・・・ここは滑っても怪我くらいで済むようにと思い下ります。

P1450439

下部作業道・・・もはや識別不能

P1450441

終始斜面歩き、雪は完全に緩みズルズル、息も絶え絶え

P1450443

やっと後半部の植林帯・・・でも斜面、だいぶん陽が低くなってきました。

P1450444

538 林道終点、5時50分・・・日の入りに間に合いました。

P1450446

後はヘッドランプを付けてでも帰られる・・・でもそこそこトラップはありました。

P1450448

P1450449

最後、橋のあたりからは、いよいよヘッドランプ。朝の自身の足跡に合流、ラスト400m・・・

P1450452

遭難の一歩手前だったと大反省しております。反省点は色々ありますがここに細々書いても仕方がないですね。
山歩きし始めた当初、雪の氷ノ山のホワイトアウト以来でした。

« 冷や汗もののルート調査 | トップページ | 県境尾根縦走から・・・② »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/69962783

この記事へのトラックバック一覧です: 県境尾根周回・反省編 ③:

« 冷や汗もののルート調査 | トップページ | 県境尾根縦走から・・・② »