« 遠見山登山大会・・・の前に整備登山 | トップページ | 遠見山登山大会・秋の部 »

2016年11月18日 (金)

若桜の西壁・・・再縦走

始めて三分割で歩いてから、もう五年になります。その後所々は歩いていますが・・・

絶好の日和・紅葉・・・よし、通して歩いてみるか。

1_2

2

3

このコース、ピストンできませんので、諸鹿まではこれを使いました。若桜発7:45、諸鹿着8:00・・・250円、一日三便あり便利ですよ。

P1420928

車を降りて、八丁坂・・・広留野への登り口へ向かいます。朝日に輝く・・・屏風岩

P1420935

登り口、ここは中国自然歩道ですが一部崩れている為、ここ数年通行止めになっています。くれぐれも自己責任でお願いします。(ちなみにそれほど危険な感じではありませんでした)

P1420933

途中で何やら白いもの・・・調べてみると、時々ニュースで見る気球? ハングル文字が見えました。

P1420939

等高線通りの激登りですが、中々良い感じです。

P1420945

P1420950

登りきって、上部林道・・・途中切れで放置林道です

P1420956

200mくらい?  広留中央道に到着。向かいの尾根が町境・・・目的の尾根となります。

P1420963

尾根に乗るとすぐに、三角点717・・・こんな標識、他では見たことない。

P1420966

さて、尾根縦走の始まり始まり・・・

P1420971

P1420984

P1420989

三角点654・・・北側に展望があります、扇ノ山へ続く尾根です。

P1420992

P634までは、かなり複雑です。

P1430004

634を過ぎると・・・

P1430009

落ち葉に埋まりそうな「石仏」・・・文政11年? 1800年前半です。

P1430007

ここからは尾根がだいぶん狭くなっていきます。

P1430012

P1430024

P1430030

P1430032

三角点639・・・ここから先が難しいです。植林帯に突入・・・地図だけではたぶん難しい。
私がGPSを買う事を決めた尾根です。

P1430034

何とか597からの進入路をみつけ最終コーナーへ

P1430044_2

P1430049

岩やツバキが出始めたら・・・展望岩・・・このコース・最初で最後の展望所

P1430057

P1430063

0

約9キロの水平尾根縦走・・・展望はありませんが、八割方は自然林。藪もなく、紅葉の中を黙々と歩く。こんなのもたまには良いかもです。

 

« 遠見山登山大会・・・の前に整備登山 | トップページ | 遠見山登山大会・秋の部 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

山ボーイさんこんばんは

 この町境尾根 いつか歩いてみようと思っています
 千石岩へは町境をたどって登れますか?

私は千石岩から延びる尾根は歩けますが町境は320mから
真直ぐに走っおり、植林と自然林の境目かと思います。
登れると思いますが、水田と山の間に動物除けのフェンスが
走っていますので、山への入り口探しが必要なと思います。

三角点639〜597は私が迷子になった植林帯です
ホントは下りに歩いていただきたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/68482441

この記事へのトラックバック一覧です: 若桜の西壁・・・再縦走:

« 遠見山登山大会・・・の前に整備登山 | トップページ | 遠見山登山大会・秋の部 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ