« 「みんなで楽しむとっとり因幡の山」 | トップページ | お盆前に・・・ »

2016年8月 6日 (土)

”ゴジラの背” アゲイン

暑いのは止むを得ませんが、良いお天気が続いております。
巷では゜「シン・ゴジラ」が放映中、昔はよく見に行きましたが、さすがに一人では入れず(笑)

二年前の八月、初めてゴジラを歩いた時はガス・小雨・・・もくもくと濡れ藪を歩きました・・・いつかリベンジを心に決めて。

天気予報は問題なし、今日は単独の為周回コース

Photo

標高差400mの激登りに不安はありましたが・・・

向かう山々

P1400511

山頂から見たい山

P1400512

駐車地、左へ甲川(きのえがわ)への標識

P1400513

柱に甲川の文字が彫ってあります・・・帰りは奥から下ってきます

P1400519

途中に判りにくい分岐、左・下へ

P1400528

踏み跡はしっかりありますが、笹で見にくい所もあります

P1400533

川の音が聞こえ始めると、激下り。川岸を少し川上へ

P1400540

渡河ポイントの白ポール、川向こうの枯れ沢に進みます。水が冷たく、気持ち良かった~

P1400541

石ころコ゜ロコ゜ロの枯れ沢を登る

P1400547

この岩壁・・・とってもよく滑ります。ずっと続くのか?

P1400553

この枯れ沢にはあまりマーキングがありません、どこから沢をはずれるのか?観察力が必要です。

沢を横断するトラロープ・・・ここから登る沢の変更

P1400555

大山方向が見えました・・・期待できそう

P1400558

狭くなってきた沢に巨大倒木・・・ここから左のテープに従って沢を外れます。

P1400565

あとは、ひたすらの掘る・登る   休み・休みですが(笑)

主尾根に太陽・・・もう少しかな?

P1400568

主尾根に到着・・・今日はもういいです・・・なにが?

P1400569

スタートから甲川まで1時間弱、甲川から主尾根まで1時間半程度掛かりました。

さて、目的の展望は・・・

P1400572

おいおい・・・ガスってる、なんてこった~

ゴジラの背

P1400575

振り返って

P1400577

そして、甲ケ山

P1400586

・・・1時間ほど晴れ間を待ちました・・が。 矢筈ケ山・小矢筈でさえ、これが限界(涙)

P1400593

意気消沈・・・甲を後にします。下山ルートを少し間違えてしまいました・・・要注意

甲の岩場はお花畑・・・この花、なんでしょう・・・濃いエンジの花は若桜では見かけません。

P1400599

小矢筈手前から甲ケ山

P1400610

小矢筈の下り、途中から

P1400616

矢筈ケ山

P1400623

相変わらずガスは晴れず・・・写真を撮る元気もなし・・・もう、ヘロヘロです。
時間はあるので、も~うゆっくりです。

下山途中

P1400625

大休峠から・・・右の方に、僅かにユートピア避難小屋

P1400630

ここからは自然歩道の下り、香取への分岐ポイントの白ポール

P1400634

綺麗なで、静かな自然林。足元も良く歩きやすい。・・・しかも、下り(笑)

分岐ポイント・・・右へ

P1400637

甲川への分岐ポイント・・・真っ直ぐ

P1400639

そして、駐車地・・・帰ってきた~

P1400640

最初の激登りで体力を消耗してしまったような山行でした。
目的の展望は得られず、再戦・・・?

1

主尾根は少々潅木藪、距離もあり私にとっては難コース、直ぐに再戦は無いでしょうね(笑)
踏み跡は明確ですが、かなりマニアックなコースではないでしょうか。初心者は不用意に向かわない方がいいと思います。

« 「みんなで楽しむとっとり因幡の山」 | トップページ | お盆前に・・・ »

町外の山歩き」カテゴリの記事

コメント

山ボーイさんこんにちは、
山ボーイさんはマニアックなルートしか選ばれませんが、例えば大山などは全く違うルートで楽しんでおられるのですか?
また、次に予定されている山はどこですか?
ひとりの山行はくれぐれもお気をつけて。

浜ちゃんさん こんにちは

今回の登りルートは私が開拓した訳ではなく、昔からあり、山の諸先輩のレポートを
チェックさせていただきました。
大山山頂・弥山だとすれば夏山道しか知りませんし、他の斜面をよじ登るような
無謀な事はいたしません、若桜の山とは違いますから(笑)
大山山域は懐が広く、まだまだ歩いてみたい場所はありますよ。

夏場はなかなか意欲がわきません(笑)、どこかの沢筋で涼みたいですね。

ゴジラの背中見てみたいですね〜(^o^)さすが、マニアック!!

2号さん、お早うございます。

確かに面白いところですが、
ガイドはしませんよ(笑)

あらっ(・∀・)

2号さんには、ゴジラの前に秋の「カラス」をお薦めしますよ。

?カラスより…ゴジラの背中に興味がありますが、まあ贅沢は言いませんから!

おっ、もしかして「カラス」は登頂済みでしたか?
いずれにしても、夏場に向かう山ではありません・・・私的には(笑)

大山方面はテリトリー外なので、あまり詳しくありませんが
今度、ゆっくり山談義しましょう。

ラジャです(`・ω・´)ゞ

山ボーイさん  こんにちは

暑い時期には、逆回りがお勧めです。
甲ヶ山への急登は、正直疲れます。
下りでも、濡れていたり、落ち葉が多いと滑って大変ですけどね(笑)

「この岩壁・・・とってもよく滑ります。ずっと続くのか?」は、その岸壁になる手前を左に上がるルートが正解です。
水が流れていたら、上りも下りも滑って滑って、とても歩けません。

濃いエンジの花は、ホソバシュロソウでしょう。

大山は奥が深いので、沢山楽しめますよ。

たくやさん  こんにちは

何とか念願のルートが歩けました。
確かに左手にルートはありそうでしたが、テープ・マーキングには
気がつきませんでした。
正直、ここで滑ったら・・・不安でしたね。

実は同タイミングで逆回りスタートされた方があり、途中ですれ違いました。
その方は以前あの岩壁でガスもあり、撤退されたとか。逆周りが正解のようですね。
目的の展望が見られていませんので、いずれ又向かう時があろうかと思っております。

いつもの山友は同じ時、地獄谷で避暑していたようです、この時期は沢筋が正解のようです(笑) 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/66881192

この記事へのトラックバック一覧です: ”ゴジラの背” アゲイン:

« 「みんなで楽しむとっとり因幡の山」 | トップページ | お盆前に・・・ »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ