« 三倉谷大周回・・・後半部 | トップページ | 遠見山に展望パネル »

2016年8月31日 (水)

大瀬谷から大段?

三ノ丸からP1376~大段~高山へ伸びる主尾根には国道29号から五本の支尾根がある。

0

これまで四本は歩いているが、残りの一本・・・大瀬谷川とカジナミ川の間の尾根を歩いてきた。
登りは大瀬谷川を、下りに尾根を・・・

1

2

出発は小船集落の奥、大型砂防ダムの下手、振り返れば右手に「大ボウシ」

P1410195

舗装林道を快調に歩き、実線の終点。ここからは右手の細い作業道へ

P1410201

崩れた古い橋の跡

P1410206

どんどん進むと道が狭くなり、自然林帯となった

P1410216

眼下には滝、ここから暫くは小滝が点在する

P1410217

道の痕跡はあったり、なかったり・・・右手に細い滝が見える・・・

P1410220

そちらに進みかけたが、地図の青線とは方向が違うため、左手の沢へ進む

P1410223

右岸・左岸を行ったり来たり

P1410229

これまでで、一番大きな滝、左手の岩場を巻く

P1410234

滝の上部からは、ほぼフラット

P1410247

植林帯を進めば、またもや橋の跡・・・この後も何箇所かにある、古くから開発がされている山域である事がうかがわれる。

P1410249

標高1100mあたりで、水平方向にマーキングテープがされている・・・おそらく戸倉峠から伸びる林道予定地と思われる。

P1410256

更に、進む・・・水量は減り、そろそろ終点? 同時に主尾根も近そうだが・・・笹が出てきた。

P1410265

今日は藪扱きのつもりはなかった。しかし、主尾根はまじか・・・どうしよう?

え~い・なんとかなるだろう。極力薄そうな場所を選んで前進・前進

P1410269

振り返れば、三室山~くらます

P1410271

出た~  主尾根は羊歯・羊歯・羊歯。 青と緑のコントラストが最高

P1410274

そして、少し進めば・・・奥に氷ノ山、右手はP1376

P1410275

氷ノ山を少しアップで

P1410276

最高の天気、風もあり涼しい・・・昼食タイム。

下り尾根に乗るため、主尾根を移動。前方右手のスギ林へ

P1410280

スギ林の中は湿地帯

P1410285

P1410286

林を抜けると羊歯林・・・シカ道を行く

P1410292

大段への入り口となったが・・・今日はパス。

下り尾根の入り口を行き過ぎたことに気が付いたが、やむなし。以前歩いた支尾根に入る

P1410299

羊歯で足元が見えず、意外と苦戦

P1410301

徐々に方向修正し1049への尾根に乗る

P1410310

直ぐの間に植林帯となる、しかも、作業道が張り巡らされている。

P1410316

標高1100mあたりで、戸倉峠からの新作業道を発見・・・ここらまで伸びているようだ。

P1410317

標高900mから1000mあたりの痩せ尾根

P1410325

722は広い雑木林

P1410332

下山ポイントの鞍部にはトタン塀

P1410337

後は、激下って舗装路へ、遠くにスタート地点

P1410340

無事に完歩、主尾根まで行くつもりはなかったが、沢が思わぬ上部にまで行っており藪扱きの羽目となった。しかし、好天の景色は最高、氷ノ山も拝め満足・満足の山行きとなった。

Photo

久しぶりに私らしい山歩きの一日。

« 三倉谷大周回・・・後半部 | トップページ | 遠見山に展望パネル »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/67279054

この記事へのトラックバック一覧です: 大瀬谷から大段?:

« 三倉谷大周回・・・後半部 | トップページ | 遠見山に展望パネル »