« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

大瀬谷から大段?

三ノ丸からP1376~大段~高山へ伸びる主尾根には国道29号から五本の支尾根がある。

0

これまで四本は歩いているが、残りの一本・・・大瀬谷川とカジナミ川の間の尾根を歩いてきた。
登りは大瀬谷川を、下りに尾根を・・・

1

2

出発は小船集落の奥、大型砂防ダムの下手、振り返れば右手に「大ボウシ」

P1410195

舗装林道を快調に歩き、実線の終点。ここからは右手の細い作業道へ

P1410201

崩れた古い橋の跡

P1410206

どんどん進むと道が狭くなり、自然林帯となった

P1410216

眼下には滝、ここから暫くは小滝が点在する

P1410217

道の痕跡はあったり、なかったり・・・右手に細い滝が見える・・・

P1410220

そちらに進みかけたが、地図の青線とは方向が違うため、左手の沢へ進む

P1410223

右岸・左岸を行ったり来たり

P1410229

これまでで、一番大きな滝、左手の岩場を巻く

P1410234

滝の上部からは、ほぼフラット

P1410247

植林帯を進めば、またもや橋の跡・・・この後も何箇所かにある、古くから開発がされている山域である事がうかがわれる。

P1410249

標高1100mあたりで、水平方向にマーキングテープがされている・・・おそらく戸倉峠から伸びる林道予定地と思われる。

P1410256

更に、進む・・・水量は減り、そろそろ終点? 同時に主尾根も近そうだが・・・笹が出てきた。

P1410265

今日は藪扱きのつもりはなかった。しかし、主尾根はまじか・・・どうしよう?

え~い・なんとかなるだろう。極力薄そうな場所を選んで前進・前進

P1410269

振り返れば、三室山~くらます

P1410271

出た~  主尾根は羊歯・羊歯・羊歯。 青と緑のコントラストが最高

P1410274

そして、少し進めば・・・奥に氷ノ山、右手はP1376

P1410275

氷ノ山を少しアップで

P1410276

最高の天気、風もあり涼しい・・・昼食タイム。

下り尾根に乗るため、主尾根を移動。前方右手のスギ林へ

P1410280

スギ林の中は湿地帯

P1410285

P1410286

林を抜けると羊歯林・・・シカ道を行く

P1410292

大段への入り口となったが・・・今日はパス。

下り尾根の入り口を行き過ぎたことに気が付いたが、やむなし。以前歩いた支尾根に入る

P1410299

羊歯で足元が見えず、意外と苦戦

P1410301

徐々に方向修正し1049への尾根に乗る

P1410310

直ぐの間に植林帯となる、しかも、作業道が張り巡らされている。

P1410316

標高1100mあたりで、戸倉峠からの新作業道を発見・・・ここらまで伸びているようだ。

P1410317

標高900mから1000mあたりの痩せ尾根

P1410325

722は広い雑木林

P1410332

下山ポイントの鞍部にはトタン塀

P1410337

後は、激下って舗装路へ、遠くにスタート地点

P1410340

無事に完歩、主尾根まで行くつもりはなかったが、沢が思わぬ上部にまで行っており藪扱きの羽目となった。しかし、好天の景色は最高、氷ノ山も拝め満足・満足の山行きとなった。

Photo

久しぶりに私らしい山歩きの一日。

2016年8月28日 (日)

三倉谷大周回・・・後半部

今年は三倉谷周回コースで八頭町のアセビの会と連携がされています。
今日はアセビの会の皆さんを弁天山から案内しました。

取り付きは弁財天の駐車場から・・・いつもは下る”滝谷コース”を弁天山へ

1

Photo

                         (最初がちょっと切れています)

山頂直下の展望場所・・・曇りの割りに展望はあり、なんと隠岐の島が見えている・・・らしいが確証なし

P1410134

山頂に2時間弱、三角点973を経由して遠見峠へ。途中の標識・・・ちょっとおかしいので撤収。手直しします。

P1410142

峠(山頂から一時間程度)を過ぎて、展望場直下から扇ノ山方向

P1410151

遠見山山頂(弁天山から1時間半ちょっと) 山頂から弁天山・・・松が邪魔(笑)

P1410154

昼食後、若桜神社へ・・・途中にある「ねじり藤」・・・名札を付けましたよ”山ちゃん”

P1410161

町境分岐にある反射板・・・ここからは扇ノ山が見えます

P1410173

最終コーナー若桜神社へ下山・・・ここの標識も・・・う~ん

P1410182

全行程、約六時間下り基調ですがなかなか歩きごたえがありますよ。

2016年8月25日 (木)

若桜・秋のイベント

もう一週間で・九月・秋を感じはじめます・・・イベント情報を少しだけしておきます。

例年告知してますが・・・弁天大祭・・・今年は9/7・8です

P1410090

Dsc_01

若桜宿まち並み観賞会・・・9/10・11

P1410091_2

Dsc_26

少し先になりますが 10/23 氷ノ山トレイルレース

P1410092

P0003

私が応援するのは・・・

P1410093

昨年もレポートしましたが、ご来光で登って、そのまま残って応援しました。
今年も応援登山の予定でしたが、どうも宍粟市側の駐在スタッフ要員になりそう・・・残念!

2016年8月22日 (月)

ハサリ川からハサリ山

最近、若桜の山を探検してないな~
行く場所が無いのも事実だが・・・そうは言ってもどこかないか?あれこれ調べて・・・ハサリ川
そこそこの水量もあり、滝でもあったら最高? ついでにまだ歩いていない尾根を回って周回コース。
台風の影響はあるものの、予報は問題なし。

0

1

ハサリの林道は車が通れると思われましたが、前回歩いたのは何年も前、入り口から歩いてみました。

最初のチェックポイントの分岐橋

P1400942

真っ直ぐ行くと、戸倉峠方向に伸びているはず、ここは右へ

直ぐに看板、前回時は無かったもの、赤線部分がこれから向かう林道か?

P1400943

波佐利森林作業小屋、前回来た時は小屋の右手を激登って主尾根に登りました。ここからは初めて・・・どうでしょう。

P1400944

三本ほど沢が合流する広い場所をすぎ、林道最深部(左手にもう少し延びているようですが)。
ここからは、右手の沢に沿って進みます。

P1400952

直ぐに砂防堰堤・・・右手に作業道

P1400955

ここを越すと自然林のいい感じの広い沢歩き。見失った作業道再発見、かなり古そうです。

P1400962

P1400966

歩くのに全く支障はないが、傾斜がなく滝もなさそう。

P1400973

いい調子で進むと、巨木・・・一度切られたようだが、新しい幹が何本も生えています。
カツラの木だろうか?

P1400979

ところが・・・ここで雨。予定では降らない筈だったのにな~  やむなく20分ほど雨宿り。

小振りを見計らって再出発。 標高950過ぎで枝分かれ

P1400991

どれを進んでもほぼ同様か? 真ん中を選択・・・ここらが限界

P1400994

左手の小尾根を激登り・・・主尾根に到着・・・ハサリ山手前の県境尾根。

ハサリ山は直ぐそこでした。

P1410006

小雨の中、アンパン昼食。県境尾根を進みます。そういえば、初めてここを歩いた時も同じような天気でした。

P1410011

このコースの最難関は1166からの下り。方向が難しいのと笹薮

P1410017

藪は大した事はありませんでしたが、問題は方向、登りは良いが、下りは要注意です。

見通しの良い鞍部から宍粟方向

P1410021

少々小やぶを登り返して・・・987へのymgoro尾根(勝手に命名・失礼)の下りも考えましたが、ここは当初の計画通り・・・前進

P1410028

赤谷山も大ぶん近くなりましたが、方向変換・・・下り尾根に乗ります

P1410034

この尾根も良い感じでした

P1410042

地図ではわからないやせ尾根もあります

P1410044

一休みした時・・・ザックを下ろし、水を取り出そうとしたら・・・コロ・コロ・コロ~
ホントはこのまま、この尾根を下るつもりでしたが急遽変更、ハサリ川に向かって激下ります。50m滑落したのはコイツ・・・沢遊び用に準備していたサンダル(笑)

P1410049

そのまま下って・・・ここも良い感じ

P1410052

沢沿いに少し下ると林道最深部手前の広場。  ちょっと滝見

P1410057

後は林道をてく・てく・てく・てく・・・遠い

下山予定だった尾根の末端には・・・橋の跡でしょうか?

P1410062

想定外の雨に七時間行軍、少々疲れましたが久しぶりの未知の山歩き、又良い感じの状況に大満足の山行となりました。

3

林道最深部まで車高の高い車なら入れそうですが、崖際が多く落石の可能性が高いと思います。自己責任でお願いします・・・まぁ、誰も行かないか(笑)

2016年8月18日 (木)

沢遊び

毎年思うのですが、お盆が終わると朝晩が急に涼しくなります。裏庭の虫の鳴き声に気がつきます。

すっきりした朝ですが、リオの卓球を見ているうちに時間が経ち、山には向かわず・・・今日は沢遊び。

沢沿いに奥へ奥へ

2

3

4

5

奥に滝があります

6

ちょっと水量が少ないかな?

7

今日はここで水遊び

8_2

頭髪保護の為、ヘルメット着用(笑)     お風呂気分で・・・気持ちいい~

お風呂の定員は三人くらいでしょうか? ”源泉かけ流し”ではなく、”冷水”だだかぶり・・・

9

隣には子供用の水場もあります

10

かわいい、モフモフ

11

花は終了してました

12

13

夏季限定のお遊び、十本くらい入ったでしょうか。水は思ったほど冷たく無く、気持ちよかった~

氷ノ山・仙谷コース・・・通行止め解除

先日から仙谷コース通行止となっていましたが、本日・解除されました。

とは言っても十分に注意してください。

2016年8月12日 (金)

なんちゃら流星群

好天はありがたいですが、とにかく日中は・・暑い・・
まともな山歩きには軟弱にも、全く足がむかない・・・北海道あたりにで行きたいところ・・・無理ですが。

星はくわしくありませんが、なんちゃら流星群が最盛期の様子。涼しい内なら歩けるだろうと、連荘で氷ノ山へ。

ところが、さすがに昨日の今日、氷ノ越えで途中下車(笑)

P1400689
方向的にも問題なさそう・・・しばらくすれば・・・ちょっとアップ

P1400698

良い感じに雲海もあり、期待できそうです。

P1400719

飛行機雲が・・・

P1400729

P1400733

良いじゃないですか~

山頂に人影見られず・・・でも窓が開いているような?

P1400736

そう・そう、流星群ですが降る様な流れ星を期待していましたが、そこまでではなかったです(笑)

氷ノ越えまで1時間程度、小屋もあり比較的楽に御来光が楽しめましたが、日の出の方向が大事てすので確認のうえ、お楽しみください。

・・・但し、熊さん情報がありますので、くれぐれもご注意を!!!

2016年8月11日 (木)

祝・山の日

・・・祝・山の日・・・
8/11が今年から祝日となりました。・・・めでたいことです。

前日までの熱帯夜がうってかわって早朝は16度(天気予報)涼しいどころか寒いような朝となりした。
こんな日、私はといえば、氷ノ山の登山ガイド・・・(笑)
関西からのツアー御一同様、この良き日に氷ノ山を選んでいただき、ありがたいことです。

到着は11時、ちょっと遅いですがやむなし。夏休みで賑わうキャンプ場を出発して氷ノ越えで昼食。

P1400665

もう少し涼しいかと思いましたが、やはり暑い・・・

P1400668

混んでいるかと思いましたが遅めの山頂でそうでもありませんでした。

P1400670

今日はサブライズが二つ。
一つは、大山が見えたこと、この時期午後になっても大山が見られるのはめずらしい。

もう一つは、戦闘機の襲来。一機はこしき岩下で正面からチョー接近、もう一機は山頂手前で尾根を越えて兵庫側に・・・我々より低い位置を回りこんでいきました。
かなりのインパクトでした・・・思わず写真は撮れず、残念。
米軍さんは祝日ではなかったようです(笑)

まずまず満足いただけたかな?   戦闘機の印象しか残っていなかったりして・・・

氷ノ越えから山頂

P1400676

※ 仙谷分岐の立て看板

P1400674

2016年8月10日 (水)

緊急・・・お知らせ

8/9付で鳥取県・若桜町より告知がありました。

氷ノ山・仙谷コースの通行止について・・・子細は判りませんが、当面通行止めのようです。

1

この時期、一番のお薦めコースですが、危険は回避しましょう。

2016年8月 8日 (月)

お盆前に・・・

毎年のことですが、今年もお盆前にお参りしてきました。
だいぶん苔が付いてきて、良い感じになってきました。  毎回同じような写真ですが(笑)

調べてみれば、没後819年でした・・・遠い・遠~い ご先祖様?

P140

2016年8月 6日 (土)

”ゴジラの背” アゲイン

暑いのは止むを得ませんが、良いお天気が続いております。
巷では゜「シン・ゴジラ」が放映中、昔はよく見に行きましたが、さすがに一人では入れず(笑)

二年前の八月、初めてゴジラを歩いた時はガス・小雨・・・もくもくと濡れ藪を歩きました・・・いつかリベンジを心に決めて。

天気予報は問題なし、今日は単独の為周回コース

Photo

標高差400mの激登りに不安はありましたが・・・

向かう山々

P1400511

山頂から見たい山

P1400512

駐車地、左へ甲川(きのえがわ)への標識

P1400513

柱に甲川の文字が彫ってあります・・・帰りは奥から下ってきます

P1400519

途中に判りにくい分岐、左・下へ

P1400528

踏み跡はしっかりありますが、笹で見にくい所もあります

P1400533

川の音が聞こえ始めると、激下り。川岸を少し川上へ

P1400540

渡河ポイントの白ポール、川向こうの枯れ沢に進みます。水が冷たく、気持ち良かった~

P1400541

石ころコ゜ロコ゜ロの枯れ沢を登る

P1400547

この岩壁・・・とってもよく滑ります。ずっと続くのか?

P1400553

この枯れ沢にはあまりマーキングがありません、どこから沢をはずれるのか?観察力が必要です。

沢を横断するトラロープ・・・ここから登る沢の変更

P1400555

大山方向が見えました・・・期待できそう

P1400558

狭くなってきた沢に巨大倒木・・・ここから左のテープに従って沢を外れます。

P1400565

あとは、ひたすらの掘る・登る   休み・休みですが(笑)

主尾根に太陽・・・もう少しかな?

P1400568

主尾根に到着・・・今日はもういいです・・・なにが?

P1400569

スタートから甲川まで1時間弱、甲川から主尾根まで1時間半程度掛かりました。

さて、目的の展望は・・・

P1400572

おいおい・・・ガスってる、なんてこった~

ゴジラの背

P1400575

振り返って

P1400577

そして、甲ケ山

P1400586

・・・1時間ほど晴れ間を待ちました・・が。 矢筈ケ山・小矢筈でさえ、これが限界(涙)

P1400593

意気消沈・・・甲を後にします。下山ルートを少し間違えてしまいました・・・要注意

甲の岩場はお花畑・・・この花、なんでしょう・・・濃いエンジの花は若桜では見かけません。

P1400599

小矢筈手前から甲ケ山

P1400610

小矢筈の下り、途中から

P1400616

矢筈ケ山

P1400623

相変わらずガスは晴れず・・・写真を撮る元気もなし・・・もう、ヘロヘロです。
時間はあるので、も~うゆっくりです。

下山途中

P1400625

大休峠から・・・右の方に、僅かにユートピア避難小屋

P1400630

ここからは自然歩道の下り、香取への分岐ポイントの白ポール

P1400634

綺麗なで、静かな自然林。足元も良く歩きやすい。・・・しかも、下り(笑)

分岐ポイント・・・右へ

P1400637

甲川への分岐ポイント・・・真っ直ぐ

P1400639

そして、駐車地・・・帰ってきた~

P1400640

最初の激登りで体力を消耗してしまったような山行でした。
目的の展望は得られず、再戦・・・?

1

主尾根は少々潅木藪、距離もあり私にとっては難コース、直ぐに再戦は無いでしょうね(笑)
踏み跡は明確ですが、かなりマニアックなコースではないでしょうか。初心者は不用意に向かわない方がいいと思います。

2016年8月 4日 (木)

「みんなで楽しむとっとり因幡の山」

暑い一日でしたが、遠見山に登ってきました。

今朝の新聞に「山の日」制定記念特集がありましたが、その中に・・・

P1400506

地元の推薦で13山が選定され、新たな観光資源としてHP等で情報発信していくようです。
若桜では三倉富士~弁天山・八頭では遠見山・・・現在基本調査中です。
今日はそのお手伝いで基本コースを歩いてきました、先日は三倉富士~弁天山もご紹介しています。

HPは新たに開設されるかも知れませんが・・・とりあえず、ここかな?(中途半端なサイズでごめんなさい)

11

ここに乗ってる前田君のFB

010

先日の三倉富士~弁天山の記事が書き込まれています。

さて、遠見山ですが・・・

P1400486

P1400502

春の登山大会以降、登っていませんでしたが、今日は風もなく蒸し暑く、厳しい登山でした(笑)
今日一番の収穫は・・・

P1400503

この展望。島コース終盤の鉄塔広場・・・鉄塔の付け替え予定との事で植林帯が切り開かれ抜群の展望となっています。

同HPは今秋立ち上げ予定で、現地にも案内板等が設置されるようです。

2016年8月 2日 (火)

びっくりぽんの”ウバユリ”

今日は氷ノ山・三倉富士~弁天山に続いて三倉・中国自然歩道の調査。
地形図上の点線と大きく相違がある為、国土地理院のGPSをもっての実測です。

登り口手前に咲いていた”ウバユリ”今年は当たり年なのか色んなところで目に付きます。

P1400477

それにしても、凄い!!!  普通は5個くらいがせいぜいですが・・・なんと16個も花をつけています。

確かに大きな株でしたが、こんなの見たことありません。

P1400478

花の咲く頃には葉っぱがなくなると言われ、歯がない・・・姥百合・・・と言われていますが、葉っぱの数もすごいです。

皆さんはこんなの見たことありますか?

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ