« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

ちょっと・・・遠征

遠征してきました・・・と、言っても買い物ですが(笑)
鳥取東部には大手の山道具屋さんがありません。大抵はネットで手配するのですが、触ってみたいものは仕方なく遠征します。

P1390036

走りながらパシャ・・・見事に重なってしまいました(笑)

50ℓ超のザック、ヘルメット、ハーネス等々・・・日頃は全く使う事のない道具。
私は何処に向かうのやら? 別に命に関わる事ではありませんのでご安心ください。
まあ、おいおい書き込みいたしますね。

買い物を済ませ、帰り道。ちょっと寄り道して一度行って見たい山へ・・・入り口まで。

P1390041

標高は700m弱の山ですが、なかなか立派な姿。
入り口から少し入ると・・・懐の深そうな、面白そうな山です。

P1390045

駐車場は何やら物々しい・・・捜索・救助訓練でもしていた様子でした。

P1390046

年内には何とか向かってみたい。

引原ダム・音水湖   カヌー・ボートのレースの準備でしょうか?

P1390050

来週にかけて忙しくなりそうです。

2016年5月28日 (土)

宍粟の山へ下見の視察?

宍粟市と岡山県の美作市・西粟倉村は県境繋がり、毎年けんこう(県交)登山大会がおこなわれています。百人以上が参加される大規模なもの、六月十二日の本番前の今日は下見がおこなわれるとの事であり、視察(?)に行ってきました。

ご存知でしょうか?若桜は岡山県とも県境を接しています。将来、三県交流登山大会ができれば面白いと思う山ボーイ。

2

集合は千種スキー場の駐車場、参加者総勢30人。各地区の地域おこし協力隊の方の自己紹介に混じり、私・K嬢も自己紹介。

今日のコースは駒の尾登山口から大海里山(三角点1206)~ダルガ峰、スキー場上部を巻いて長義山~峰越峠。

Photo

ダルガ峰から峠へは昨年歩いていますが大海里山は初、展望抜群らしいので楽しみです。

P1360997

峠までは概ね植林帯ですが、流石に博学なガイドの皆さん、植物について色々と教えていただきました。

大海里峠

P1360998_2

大海里山手前の岩場の急登ポイント、ロープを設置されます。上部の木々に何やら見覚えのある花が・・・

P1370997

サラサドウダン・・・大満開に興奮気味です

P1380997

P1390002

山頂付近にはレンゲツツジ

P1390010

大海里山

P1390011

さて、大展望は・・・それでも岡山県のNo1~No5が確認できました(教えていただきました)
奥からNo1後山・No2船木山・No4鍋ケ谷山

P1390013

No3駒の尾山

P1390014

そしてNo5那岐山は空中浮遊

5/30 訂正 No4 那岐山 No5 鍋ヶ谷山 失礼しました

P1390016

後山のUP・・・先日の大馬鹿門が・・・写真では判らないか~

P1390019

兵庫のNo2三室山

P1390017

昼食後、ダルガ峰へ向かいます。途中の広場に・・・

P1390020

ダルガ峰・・・奥の広場はイタヤメイゲツ(だったかな?)、上部にはサラサドウダン

P1390023

ここからは岡山側の作業道でスキー場上部を巻いて・・・長義山への激登りポイント手前

P1390027

長義山にゴ~ル

P1390028

峰越峠からは舗装路をテクテク

P1390029_2

1

事前にお伝えしていたとはいえ、飛び入り参加させていただき、関係者の皆さんありがとうございました。
最初に書きましたが、先々、三県交流大会等が開催できれば若桜にかかわらず、鳥取側の皆さん、お声を掛けますので皆で江浪峠を越しましょう。・・・お願いしま~す。

 





 

2016年5月26日 (木)

登山日和③

今日は登山日和とはいきませんでしたが、学校登山のガイド。市内の小学四年生です。

出発時点でお山はガス模様、なんとか持ちそうな中を出発。氷ノ越え、まだまだ元気な生徒達。山頂はもちろん見えず

P1360974

お花の様子を交えながら・・・  ニリンソウ・フタリシズカは終了

ユキザサ・・・最盛期

P1360978

ブナの根っこ

P1360980_2

なにやら上部は真っ白け

P1360981_2

チゴユリ・・・そこそこ咲いています、ちょっと元気がないですが・・・

P1360982

山頂は・・・残念でした

P1360984_2

風も強く、小屋の中で昼食。下山はカッパを着込み万全の体制

P1360987_2

イワカカ゛ミ・・・こしき岩付近で頑張っています

P1360990

途中で明るくなると・・・暑いのでカッパを脱ぎましたが、なかなか難しい天気模様

P1360991_2

ブナの原生林でお勉強

P1360994_2

近くに、ギンリョウソウ

P1360995

事故も無く、無事下山。子供達は元気です(笑) 楽しい一日でした。

氷太くんの庭にヤマボウシ

P1360996

2016年5月24日 (火)

若桜・氷ノ山夏山開き

いよいよ 6/5  ”氷ノ山夏山開き” 

13


14

当日は「氷太くん」の広場や「山頂」でイベントがあります。
前夜祭、響きの森も面白そう・・・多くの方のご参加をお待ちしております。

先日見かけた華やかな木・・・白雲木    確か氷ノ山命水の近くにもあったような?

P1360964

P1360966

P1360970

こちらは花ではありませんが・・・

P1360972

草花もいいですが樹木も面白いですよ、皆さんも色々探してみてください。


2016年5月21日 (土)

緊急・・・お知らせ!!!

本日、7:30頃、若桜鬼ヶ城跡付近(地図の☆印)で登山中の男性が熊に遭遇し、ケガをされました。

0003

ここは先日レポした三倉谷大周回のコース上となります。熊は捕まっていませんのでご注意ください!!!

私も若桜で五年で三回熊に遭遇していますが、いずれも熊が先に気が付き逃げてくれました。今回は・・・早朝だった、出合がしら(熊除け鈴なしだった?)、子連れだった、熊同士のけんかで手負いだった等々考えられます。
町内の山に限らず、どこの山に居ても不思議ではありませんのでご注意ください。

”ベニドウダン”を求めて後山周回

二年前、若桜でサラサドウダンを初めて見ましたがベニドダンは見つからず、一度見たいと後山方面に行ってみました。

0001

以前は国道経由で向かいましたが、今日は大通峠を越してみました。40分で取り付きポイントに到着。

P1360819

今日も良い天気、暑そうです。

7;20 暫くは植林帯を登ります。

P1360827

猫石への分岐、もちろん猫石へ

P1360834

猫石には登りませんでした

P1360836

ほぼ一時間で笛石山

P1360837

しっかし、暑い。水分が持つだろうか? こんなの初めて・・・

下り予定の尾根、一番奥にくらます?

P1360841

県境尾根に向かい出発・・・早々にベニドウダン

P1360842

P1360846

P1360852

サラサドウダンより少し小振り、やっと会えました。
こちらは、ナラ? あまり気にした事がありません

P1360855

振り返って登ってきた尾根

P1360864

板馬見渓谷からの登り合流ポイント・・・なぜか文字に色が付けてない?

P1360869

県境尾根到着

P1360872

ほぼ三時間で後山山頂

P1360881

山頂には同じコースを登られ、途中で追い越されたお二人。その後、駒の尾方向から鳥取からのお二人、その後も五人の方が登ってこられました。

右に三室山・奥に氷ノ山

P1360882

駒の尾方向、大山は見えず

P1360885

さて、私はおごしき山へ下山開始
途中で三室山・氷ノ山・くらます

P1360889

20分ほどで・・・平成之大馬鹿門(空山にも同じものがあるとの事、又行ってみましょう)

P1360894

ここから・・・右に東山、左は沖ノ山?

P1360895

早々に板馬見渓谷への下山ルート分岐ですが、ひねくれ者の私はこのまま尾根を下ります(笑)

P1360897

ヤマボウシ・・・まだまだ可愛いですね

P1360905

三角点822

P1360909

眼下に取水設備が見えたら駐車地まじか、ここからは踏み跡があります。

P1360920

幟のポイントに無事下山。途中、食事やメールをしてましたので正味二時間くらいで下山か?

P1360922

笛石山からの尾根は、ほぼ自然林、途中からはブナ林。小岩場もありとても良いコースです。おごしき山からの下り尾根は半分くらいが自然林、下草・藪は無く十分歩けます。

0002

暑い・暑い一日でしたが、目的のベニドウダンが見られ、大馬鹿門にも会えました。時間的にも予定より早く回れ・・・満足・満足の山行でした。

2016年5月19日 (木)

登山日和Ⅱ

今日も天気は良く学校登山のガイド、市内の中学一年生。
百人超の大人数ですが、ガイドは三人(複数の先生が付いていただいておりますが)私は最後尾で目を光らせます。
学校により多少個性があり中々楽しいです・・・今回は安全確保役の仕事が主業務となりました(笑)

時折大きな声も出しながら無事山頂に到着。他校の子供達、一般登山家・・・大賑わいです。

P1360810

氷ノ越え

P1360815

できれば氷ノ山の良い思い出・印象を持って帰ってほしいので少々の事には目をつむりましたが、こと安全面に関しては・・・マジで怒ってしまいました!!!
学校には学校での、山では山のルール・マナーがあります、止むを得ません。

その子は氷ノ山に良い思い出が出来ないかもしれませんが、私も残念な気持ちとなりました。

P1360816

途中、足を痛めたり・棘が刺さったりした子はいましたが、大きな事故もなく無事下山。
お疲れ様でした・・・ふ~う

2016年5月17日 (火)

登山日和

GWが終わり、入梅までのこの時期は学校登山が一番多い時です。
今日は絶好の登山日和、私のガイド始めは市内の中学一年生・・・70数名に付き合ってきました。
出発前にはちゃんと自己紹介から始まり、全員で”よろしくお願いしま~す”・・・少々照れます(笑)

ペース配分は先頭ガイドに任せ、後半チームを担当、あれやこれやと話をしながら・・・山頂が近づきます。

P1360780

最終コーナーから小屋が見えると安堵の声

P1360782

少し遅かったたので高砂市の中学生達とタイミング良く入れ替わり、山頂を独占

P1360786

わいわい・がやがや・・・無事下山。  ”ありがとうございました~”
明日はキャンプ場でカレーライスを作るとの事、天気も良さそうですし、良い思い出が出来そうです。

花々の様子を少し
キャンプ場上の植林帯には”ニリンソウ”・・・終盤
氷ノ越え直下の”サンカヨウ”・・・花は無し、株数も僅か
同じく”ルイヨウボタン”・・・最盛期

P1360796

尾根筋の”ユキザサ”・”チゴユリ”・・・これから
尾根筋、ヤキョウガ山辺りの岩場”イワカガミ”もうしばらく楽しめそう

P1360793

こしき岩直下に”ヒョウノセンカタバミ”が数株

P1360791

山頂直下に”オオカメノキ”

P1360784

P1360785

さて・さて、子供達はどれだけ覚えているでしょう?

後ろで騒ぐ男子達をよそに直後を付いてくる女子達のガールズトーク(恋話)等々にニヤ付きながらガイド?した山ボーイでした・・・(笑)

2016年5月14日 (土)

三国山北嶺

この冬登った三国山北嶺、ブナ林・展望・・・最高だった。是非とも無積雪期のも来なければ・・・
山友を誘い、早速登ってきました。天気は問題なし、事前情報ではうっしっし~な事も。どうも山友はこれが目的だったらしい(笑)

003

林道走りの不安も有りましたが、若桜の林道を知っている私はそれほどでも有りませんでした、それよりも山王谷の大きさ・奥深さにはおどろかされました。
途中車で追い抜いたお二人、後でお聞きしたら林道を五キロ以上歩かれ様子・・・今日の私の車は三人乗り、乗車いただけませんでした。

登山口、チェーンの奥から写す、他に車は無し

P1360724

駐車地直下にロッジ山王谷山荘

P1360720

取り付きから中々の急登

P1360726

山頂まで1.6キロの休憩場所

P1360730

主尾根、山頂方向・・・

P1360738

・・・が見え始めると、有名なナナメ階段

P1360736

ここにはサンカヨウの群生がありました

P1360741

P1360740

この階段、登りは良いが下りは苦戦

P1360743

その先にはヤグルマソウ

P1360744

こちらの方がちょっと危険かも

P1360748

主尾根にのりました、気持ちの良いブナ林が続きます

P1360754

振り返れば三国山(南嶺)・・・こちらには道がありません、藪です

P1360755

ザックに何やらビニール袋?・・・ブナよりも足元をキョロキョロ

P1360758

山頂、青空が広がり気持ちが良い

P1360760

一等三角点

P1360761

残念ながら遠望は無く、大山は見えませんでした。

高鉢山・河本山

P1360762

奥に鷲峰山、右手にゴーロ・高山

P1360764

少々早いですが櫓の下で食事をしていると、車で追い越した岡山からのお二人。更に広島からお二人。下山時には山口からの方にすれ違いました。

早々に下山・・・何故かビニール袋が増えている(笑)

P1360766

花にも色々会いました

P1360769

P1360770

ビニール袋は更に増え、ザックが一杯に・・・登り・一時間半、下り・二時間・・・?

駐車地でお会いした素敵な山ガールさん達に色々教えていただきました。
トチ・実から伸びた新芽、赤いのは珍しいようです。

P1360772

三国山北嶺・・・変化もあり、とても良い山でした。唯、難点は長い林道走り、中々来れそうにありませんが、来年のこの時期には再訪となるでしょう(笑)

002

※時間があれば林鉄跡を覗いてみるつもりでしたが・・・それどころでは有りませんでした、又改めて。

続きを読む "三国山北嶺" »

2016年5月13日 (金)

今年はどうかな?・・・陣鉢北西テラス

去年に比べ二週間ほど早いですが今年はどの花も早い様子、今年はどうか? おそらくもう遅いかとは思いましたが様子を見に行ってみました。

下のポイント、やはり遅かった・・・ただ、小さな株が大ぶん増えており今後も期待できそうです。

P1360686

807付近の植林帯には作業道が入り、間伐処理をおこなっている様子

P1360688

辛うじて一輪

P1360689

見上げればブナの若葉が綺麗です

P1360694

上部ポイント、ここもほぼ終了ですが・・・僅かに残っていました

P1360700

P1360701

気になったこの株、葉っぱがありません。鹿は食べないと聞いていたのですが?

P13607011

大カツラも健在でした

P1360702

這い上がって尾根から氷ノ山

P1360706

山頂から定番ショットの扇ノ山

P1360708

積雪期に行きそびれた青ケ丸

P1360709

下山時に・・・こちらもでかいカツラ

P1360714

今日は陣鉢に連れて行ってほしいとの、お二人を案内。静かな山頂の予定でしたが、お昼前に十人以上の団体さんが登ってこられました。もちろん、東因林道経由・・・長い林道歩き、ご苦労様でした。

目的の花もカツラも無事を確認できました。めでたし・めでたし(笑)

2016年5月 8日 (日)

里山・トレッキング? HNC・赤谷山

HNC主催の里山トレッキング、今年第一弾は「赤谷山」です。
赤谷山の取り付きは兵庫県側、2時間程度の山ですのでちょっとアレンジして、若桜側から明治時代に使われていた旧道経由で登ってみました。

今日の地図、旧道部のみ

11

旧道のヘアピンカーブから川沿いに進み、旧・旧国道に乗ります。ここはいい感じのハイキング道

P1360661

途中に一ヶ所、土砂崩れ箇所、念の為安全確保しております。

P1360665

上部林道へ乗る場所、激登り

P1360668

戸倉峠まで約一時間、ここからは正規の登山道・・・急ですが(笑)

P1143で樹木の解説中

P1360669_2

急登ですが、がんばります・・・もう少しです

P1360673

山頂は快晴の予定でしたが、薄曇。遠くも若干霞んでいます。しかし、暑くも寒くもなし。
少々解説して下山。
途中で見つけた・・・判るでしょうか?

P1360675

無事、峠まで下山。若桜側に展望が開けます

P1360677

途中まではピストンですが、分かれて軍用トンネル跡へ。30mほど中へ入れます。

P1360680

ここからは旧トンネルの前に下り、駐車地へ。

途中一名足を痛められた方がありましたが、自力で無事下山されました。
里山トレッキングとしてはちょっときつかったかな~。今日は先頭を歩きましたので、がんばってゆっくり歩ったつもりですが・・・笑。 懲りずにまた参加してください。

今日の旧道コース、お薦めですので兵庫側からだけではなく、一度歩いてみてください。




2016年5月 4日 (水)

新緑の遠見山登山大会

昨日と打って変わって絶好の登山日和。

GW半ば、遠くは宍粟市・作用町・米子市等参加者約五十名、山は新緑にあふれ気持ちの良いの登山となりました。

P1360648

見晴台、若干霞み気味ですがまずまずの展望

P1360651

山頂では”緑のポスト”の除幕、このポストには感想用のノートが設置されていますのでご意見、ご要望等何でもご記入下さい、今後の活動に反映させたいと思います。又登山図のリーフレットを置いておりますのでご自由にお取りください。

P1360653

さて、いつもは島コースを下山するのですが、今日は新設の日田コースを紹介し、希望者18名をガイドしました。

途中にある”ネジレ藤”。何度も歩いていますが気がつかず、先日歩かれた「かみかわ登山日和」さんのブログで知りました。皆さんも見つけてください。

P1360654

今日の皆さんは日田コースは初めての一般登山者となります。このコースの売りの広い自然林の尾根には全く踏み跡はありません、皆さんは少々不安だったかも? ピンクのテープを目印に下山。

最後は尾根の法面縁をロープ頼りにソロソロと・・・

P1360656

後は林道をのんびりと駐車地へ向かいます。

P1360657

林道に下りてから駐車地までそこそこの距離がありますから、ベストは車をデポされた方がいいかも知れませんね。

林道沿いにはタニウツギ、この花も開花が早いようです。

P1360658

001

002


幸い雨の影響も無く、皆さん無事に下山され何よりでした。又ゴールでのユズジュースが最高に美味しかったです、接待担当の皆さんありがとうございました。

参加の皆さん楽しんでいただけたでしょうか? 小規模の手作り登山大会ですが、精一杯のおもてなしを心がけております、秋に又お会いしましょう。




2016年5月 3日 (火)

若桜神社大祭

今年は二年に一度の若桜神社の大祭です。

雨こそないものの風が強く荒れそうですがどうなりますか。

P1360526

境内に関係者がぞくぞくと集合、出発を待ちます

P1360528

若桜神社には三基の御輿があります。行列の先頭は榊・鉾・奴の舞・御幟(武者)・猿田彦・八幡宮神輿・熊野権現御輿・松上大名神御輿・神官・御供と続きます。

P1360540

ハイライトは暗くなってから、神社へ帰る時です。榊は境内にはあがりませんから鳥居の前が最後の見せ処P1360553
境内への階段下に一旦、三基の御輿が集合

P1360556

そして、階段を一気に担ぎ上げます

P1360598

休むことなく境内で最後の練り

P1360614

御輿は順番がありますから前の御輿が下ろすまで次が下ろせません。各町が意地・気力・根性の見せ処。

P1360639

夕方からは小雨模様、皆さんがんばって無事に終了しました。

後片付けの担当町は大変だろ~な~と思いながら帰宅、二年後に又盛り上がりましょう。

2016年5月 2日 (月)

のんびり滝見

今日も良い天気、明日から予定もありちょっと何処かへ。
このところちょくちょく向かう戸倉峠、旧・旧国道の取り付き口から倉谷へ滝探しに行ってみました。

0

この谷に滝がある事は聞いていましたが、距離も短く、大した水量も無い事からこれまで入った事がありませんでした。

沢部の旗印の間に次々と・・・

P1360441
こちらは隣の支流谷

P1360447

本流二つ目

P1360452_2

ちょっと低いですが

P1360456

最後は岩壁、水量があればすごいかも

P1360459

P1360462

滝上から赤谷山方向でしょうか?

P1360468

ここから奥はフラットな岩ばかり

P1360470

その先で滝見はお仕舞い

P1360471

さて、沢をピストンでは面白くないし、リスクもあるので、先ずは東側の尾根を偵察

きれいな尾根でした、このまま進めば戸倉峠への林道に出会います

P1360477

少し進んで再度沢へ下り、遠くに三室山を確認。

P1360480

西側の尾根に植林帯を水平移動。こちらの尾根もきれいでした。

985辺りは広い自然林

P1360490

近くの巨木、上部には葉っぱもあり生きています。

P1360495

下って行くと痩せ尾根の両サイドに作業道、おそらく大清水谷から延びているものでしょう

P1360503

ブナの若葉が最高です

P1360507

P1360509

途中には古い送電線の鉄塔跡、碍子が散乱していました

P1360515

気温は高いものの、適度に風もあり気持ちが良い

P1360519

尾根の先端は激斜面です、慎重に下り旧・旧国道へ。

二時間半の歩きでしたが、初見の滝群・ブナの若葉・・・気持ちの良い時間でした。

(滝群を進むには高巻きが必要です、くれぐれもご注意下さい。下り尾根最後は激坂です、作業道歩きをお薦めします)


さて、明日は若桜神社大祭です。私も朝から出動ですが、夕方から小雨予報・・・御輿の石段登りが大変そうです、どうなりますか?

2016年5月 1日 (日)

今日の若桜は・・・

GW前半は好天、良い天気です。

先ほどより若桜鉄道では賛否両論であろう、ちょっとショック? なイベント中です。

ピンクのクラウンからピンクの平井県知事と小林町長が・・・

P1360411

イベントゲストは中井精也氏、南田祐介氏、豊岡真澄さん

P1360414

もう、判りますね

P1360431

なんと、ピンクのSL

P1360435

この企画、賛否両論だと思います、私も個人的には反対ですが・・・やられる以上は応援します。ブロクに上げるだけですが(笑)
5/8まで期間限定の企画です、若桜にお寄りの節は一度ご覧ください。話のネタに面白いですよ。


お口直し(笑)に我が家の花を少々紹介

P1360384

P1360390

P1360392

ほったらかしですが毎年きれいに咲いてくれます。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ