« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月19日 (金)

天気のうちに・・・赤谷山

明日から暫くは好天が望めなそう? 昨日の不完全燃焼もあり連日となりますが”赤谷山”へ

0

二年前に取り付き口を間違え痛い目にあいました、今日は間違えないように・・・でもかなりの激登りです。

P1340493

P1340494
尾根に登れば後は問題なし

P1340496

850mを過ぎるといい感じの自然林となります

P1340499

950m オブジェと思いきや 木の根っこ

P1340504

1000m 前方にP1143、若干積雪も増えてきたかな?

P1340509

P1340516

主尾根へ最後の登り、笹が中途半端・・・要注意です

P1340522

P1143  スタートから1時間45分

P1340525

主尾根も・・・雪は少ないが良い感じ

P1340528

天気良ければ全てよし・・・か?

P1340529

P1340532

山頂近し

P1340535

スタートから2時間半  雪には青空が似合う

P1340536

50名山の標柱は全部出てます、三角点の頭まで・・・

P1340537

今日は望遠レンズを持参しましたので・・・若桜の山だけですが(笑) わかりますか?

P1340544_2

P1340542_2

P1340548_2

P1340549_2

P1340550_2

やっぱり氷ノ山

P1340551_2

下山は通常コース。恥ずかしながら峠の登山口から駐車場への道は歩った事がありませんでした。
この道、2キロ弱ですが長い・長い。 最後に少しショートカットしましたが・・・もう使わない(笑)

P1340563

雪は少ないものの、良い山行きでした。 

 



 

2016年2月18日 (木)

三ノ丸 ご来光・・・

二年前に三ノ丸へご来光を見に登りましたが、その時の景色が今でも忘れられません。

四時過ぎ、気温マイナス6度。いい感じのゲレンデ、今回は最初から軽アイゼンを装着してスタート

P1340304

ゲレンデトップに1時間の予定でしたが第三リフトの中間からはラッセルとなってしまいました。パウダーで軽いのですが激坂で膝上・・・きつい

P1340315

リフトトップまでに一時間半・・・こりゃあ厳しいぞ・・・  

P1340324

ここからもノートレース、動物の足跡しかありません。雪が少なくアイゼンの歯が切り株や岩に当たる所もあります。

痩せ尾根あたりで山頂尾根が明るくなってきました。

P1340335

ブナ林へもう少し・・・こりゃあ無理だわ

P1340341

ブナ林

P1340350

P1340354

スノーシューに履き替えましたが、すでにP1376や東山が赤くなり始めました。

P1340361

大山も

P1340362

扇ノ山方向

P1340367

山頂

P1340369

三室山方向

P1340375

ご来光はすっかり諦め、刻々と変わる景色をパチリ・パチリ

P1340397

そして、前方の丘にご来光

P1340407

P1340418

それにしても雪が少ない

P1340426

前回時より減ったような・・・

P1340431

P1340434

P1340442

避難小屋で朝食を取りながら・・・当初の予定では戸倉峠方向へ下山でしたが、この雪では苦戦を免れません・・・と言って山頂へ向かう気持ちも湧かず。このままピストンへ

下山と始めると単独男性に遭遇、この方もゲレンデの激登り。この後坂ノ谷方向に写真を撮りに行かれるとの事。私も負けずに・・・

P1340459

P1340468

P1340476

リフトトップまでに5~6人の方とすれ違いました

P1340480

P1340485

下山 10時・・・

上部ゲレンデはすでに閉鎖との事でしたが登山者用にリフト可動させるようです。積雪は少ないですが降雪の翌日、天気が良ければまだまだ楽しめるでしょう。

が・私的には想定外の積雪で予定が狂い、少々欲求不満。それにしてもこの雪の量、今シーズンの氷ノ山は・・・

2016年2月16日 (火)

いい天気です!

昨日は終日 ちらちら  家の周りは15㎝程度の積雪、予報に反していい天気です。
思わずカメラを持って・・・

P1340250

P1340261

近くの公園

P1340284

P1340285


P1340294

スキー場は30cm弱の新雪だったようです、山はもう少し積ったかもしれませんね。

2016年2月11日 (木)

さて・さて”大山”はどうでしょう?

天気予報は終日良好、おそらく沢山の登山者が集まるだろう・・・いつものメンバーと今年初めての大山へ向かいました。

8:50 夏山登山道を出発

P1340115

五合目でアイゼンを装着  予想どおり登山者は多い

P1340124

三鈷峰

P1340126

六合目 積雪は少なく非難小屋は埋まってません

P1340129

今日は気温が高く、風もない為少々暑いくらい。 北壁の雪も昨年より少ない

P1340134

それでも青と白の世界、これぞ大山・・・何人の方が登っておられるのでしょう?

P1340145

美しい稜線

P1340151

なんとか急登を乗り切り、山頂へもう少し

P1340155

三時間かかって山頂避難小屋・・・全く埋まっておりません。山頂碑あたりは満員?

P1340160
三角点にもかなりの登山者

P1340163

周辺の様子は・・・

P1340170

P1340172

P1340173

小屋の横手で昼食後、我々も三角点方向へ。そしてチャレンジャー三人は更にその先へ

P1340187

足跡は更にその先まで行っていますが・・・ここまで!

判らないと思いますのでその先、ラクダの背の前のピークに・・・

P1340192

ナイフエッジを前に・・・この後 引き返されました、賢明です。
チャレンジャー達も帰ってきましたのでそろそろ下山します。

今日は行者谷コースへ、かなりの方が歩っておられるようでよく踏み固められていますが・・・・急坂です。

P1340219

元谷へ最後の急坂、皆さん慎重です。私は氷ノ越えの激下りよろしく、横手を走り下りました(笑)

P1340221

この景色が見たかった

P1340227

P1340237

無事下山・・・駐車場からラスト一枚

P1340244

雪は予想より少なかったですが、終始好天・大山ならでわの高度感・・・さすが大山!!!
氷ノ山もですがこれから先、昨年並みの雪が積るでしょうか? 少々心配なのは私だけでしょうか?

2016年2月 8日 (月)

絶好の氷ノ山周回

今日も好天予報でしたので待望の氷ノ山へ。
一人では勿体ないので宍粟の山友に声を掛けたところ、五人様をご案内となりました。

スキー場で待ち合わせ、いざリフトへ。前回と違いリフトトップまで・・・若干雲はあるもののまずまず。昨日のトレースがきれいに残っており、楽してブナ林へ。ブナ林あたりはまだまだ笹が顔を見せており少々不安でしたが・・・

P1330985

雪はパウダー、30cmほどのトレース、東屋あたりからはきれいに埋まっております。

P1330996

今日の風は逆、あまり寒くありません。  快適・快適

三ノ丸で突風

P1340001

それでも今日のゲストにモデルをお願いしました

P1340006

積雪はまだ十分とは言えませんが喜んでいただけたようです

P1340015

P1340018
モンスターもまだまだ

P1340026

P1340031

ここら辺りから山ガール三人を吸収(笑)、山頂はまじか

P1340032

最後の急坂をがんばる

P1340037

山頂小屋には山スキーヤーさんが三人、先行して下山されました。

2/10 追記  集合写真を貰いましたので、珍しく貼っておきます。

Dc0208

※ 先着の山スキーヤーさんに偉そうなこと言ってしまいました。お詫び申し上げます。
思わず言ってしまいましたが、怒らずに気持ちよく掃除していただきまして
ありがとうございました。その場でお礼が言えずすいませんでした。

昼食後、初氷ノ山の山ガールさん達はピストン予定との事でしたが・・・それは勿体ないと、周回コースへ引き込みました(笑)

こしき岩に向かって一直線

P1340040

P1340042
残念ながら雪が緩く、こしき岩上には向かえませんでした。こしき岩巻き道あたりはまだ積雪が少なく安全に通過

P1340048

P1340050

仙谷分岐の看板もまだ見えます

P1340052

ここからの尾根の木々は見たことがないくらいの着雪、モンスター以上に綺麗でした。

P1340056

P1340067

モコモコの奥に扇ノ山

P1340069

ブナ林で雪面にダイブ

P1340076

氷ノ越えまじか

P1340082

一番心配だったのは氷ノ越えからの激下り、やはりもう少し雪が少なく夏道に沿って下り始めましたが・・・やっぱり尻セード・・・まだまだ修行が足りませんね~

P1340091

植林帯で少々ルートミス(冷汗)しましたが何とか修正し、雪原下りも無事通過

P1340099

Photo

積雪は予想より少なかったものの、この天気・先日の雪・昨日のトース・・・そしてご同行いただきました皆さんの歓喜?
最高の一日となりました、皆さんありがとうございました。

2016年2月 7日 (日)

安心してください・・・降りましたよ!

今年はこのまま春になるのか・・・と言う様な天気が続き、心配していましたが一夜にして30cmの新雪がありました。
今日は恒例の雪合戦、昨日の初日は雪を運んで土の上でしたが、思わぬ積雪に役員は大騒動。
うれしい誤算でした。

P1330947

雪上での試合・・・これぞ雪合戦

P1330966

P1330974

さてさて、山はどうでしょう・・・スキー場は40~50㎝の新雪、第三リフトも登山者はトップまで上げていただけるようです。笹原は埋まったでしょうか? 明日も好天の様子ですので偵察してきましょう。

2016年2月 5日 (金)

岩美町 三座へ

来年度のHNC主催トレッキングコースの下見で岩美町の低山を歩いてきました。
候補地は二上山・金峯山・駆馳山の三座、いずれも標高は300m程度の低山です。

先ずは二上山(ふたかみやま)・・・標高は333m、山頂は二上山城址となっています。

Photo

P1330878
駐車場、右手には古墳もあります。暫くは舗装路を登ります(正規の登山道もあります)

P1330848

いよいよ登山、今日はHNCメンバーとご一緒

P1330850

登山道はよく整備されています

P1330854

途中には掘切や曲輪の跡もありますが・・・階段が多いです

P1330855

スタートから50分で山頂

P1330860

展望、反対側には扇ノ山・・・霞んでました

P1330861

下山は自然歩道経由、若干”じるい”・・・判る?

P1330868

隣町の福部との峠

P1330869

ここからは植林帯を下る、途中に石仏・・・左 くらみ

P1330873

山頂から50分で下山

P1330876

二座目は金峯山(きんぷやま)・・・標高329m ここは山頂近くの金峯神社が有名です

3

ここは山頂まで舗装路(狭い)があり車で登ってしまいました(笑)

山頂にはアンテナ群、三角点のみ、展望もいまいち

P1330880

金峯神社に寄ってみました

P1330881

歴史のある立派な神社でしたが詳しくはネットで調べてください、登山対象としては?

三座目は駆馳山(しちやま)・・・標高314m   あまりルートの紹介がありませんが周回を試みました

2_2

大谷海岸駐車場、前方の案内板が進入場所(自然歩道)

P1330887

1.3㌔は海岸沿いに進みます

P1330890

スタートから30分で牛の首分岐点

P1330894

ここからは砂丘方向がよく見えます、条件次第では大山も見えるようです

P1330898

少し戻って取り付きポイント

P1330900

早速の急登・・・どうも登山道ではなく、唯の尾根登り。何かいわれのありそうな巨石

P1330901

この急登・・・400mで300m登ります。登りっ放しでかなりキツイです

P1330904

分岐登山口から40分・・・頑張りました。

P1330911

山頂には戦時中の監視所跡、三角点そして謎の窪地?

展望

P1330913

P1330914

下山道は整備されているようです、急な場所にはロープがあります

P1330921

この山は松枯れが進んでおり、現在も伐採・駆除作業中

P1330924

地図にはありませんが現在は駆馳バイパスが完成しており、下方に見えるのは旧道

P1330929

無事 駆馳山峠に下山

P1330933

ここからは石畳

P1330940

下山ポイント、イノシシ除けのゲート

P1330943

後は舗装路を駐車場へ歩きます。ほぼ2時間のコースでした。
たかだか標高は300mですが、くれぐれも侮ることないように・・・

今日のコースが選ばれるかはまだ判りません。
いずれにしても私的には初めてのコース、低山でしたが面白かったです。

2016年2月 4日 (木)

今日はいい天気

所用で市内へ、帰る途中で若桜の山が輝いていました。

先日向かった鳴滝山方向

P1330840

氷ノ山方向・・・新雪があったようです

P1330843

雲は多いですが青空、いい感じでしょう。

今週末は恒例の雪合戦がおこなわれます。
グランドに雪はありませんが雪玉用の雪を運び強行・・・氷ノ山でできれば一番良いんでしょうが・・・色々難しい事もあるようです。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ