« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

弁天山からの・・・鳴滝山

天気予報は終日曇りでしたが、起きてみれば思わぬ好天。さてさて何処へ行きましよう?
候補としては先日敗退した扇ノ山もありましたが、今年はまだ登っていない弁天山・・・そして鳴滝山まで行けないか?

1_2

昨日の雨、気温も高くどうなることやら・・・?

この時期まさかの・・・雪の無い弁天さん、スタートは少々遅い 8:20

P1330732

今日は時間短縮の為山頂へ直尾根を登ります、結構急登です。途中からは雪も残っていました。

P1330737

登山道に合流すると積雪は20~30cm、つぼ足でがんばる。

氷ノ山・・・今日は絶景かな~

P1330744

10:10 弁天山も負けていませんでした・・・

P1330747

P1330750

P1330758

P1330762

P1330764

10:25 ここからはスノーシューを装着、向かう鳴滝山・・・曇り模様ですが綺麗そうです。

P1330776

三角点はパス、植林帯を少しショートカットして糸白見林道の峠・・・11:00

P1330778

標高900mからの登り返し、暫くは作業道を使います。

いつものポイント・・・鳴滝山方向

P1330787

標高1000m辺りからは・・・

P1330791


P1330799

12:20 三町分岐  ここからは最高の景色

P1330805

P1330814

P1330818

P1330821

P1330822

13:15 山頂到着

P1330824

東山方向

P1330825

スタートから五時間、何とか登頂できました。
雪の量は少ないものの、比較的締まっており全く沈まない場所も多々。樹氷にも恵まれ最高でした。

時間が時間ですので、あまりゆっくりもできません。13:45 一目散に下山します。
林道峠までは順調でしたが、登り返しのきつい事・・・泣
弁天山到着は 15:55。登り尾根はきついので登山道を下山し弁天さん駐車場に17:05、バテバテです。やはりもう1時間早い出発にすべきでした。

Photo

2016年1月26日 (火)

寒波後の”氷ノ山”は?

大寒波?・・・のピークが過ぎましたが若桜はそうでもありませんでした(水道管は凍りつきましたが)。 さてさて氷ノ山はどうでしよう?

今日は好天の予報だったんですが・・・

P1330665

更にはリフトも第三の中間駅まで・・・激登り(泣)

P1330667

やはり氷ノ山も雪は少なかったようです。 痩せ尾根ポイント、ラッセルは10㎝程度

P1330673

ブナ林の外れから南方向

P1330683

三の丸方向

P1330688

やはり登山道を外すと埋まる所が多々、標柱が出ているようでは・・・

P1330690

青空はちらちら

P1330693

雪原は・・・結構埋まっているんですがね~

P1330694

避難小屋・・・安心してください、ドアは開きました

P1330701

櫓から山頂・・・どうしましょ?

P1330711

P1330715

想定外のゲレンデ登り、天気もいまいち・・・積雪も前回とそう変わらず。軟弱にもここまでとしました。

避難小屋で”あんぱん休憩”し、早々に下山

P1330721

扇ノ山への県境尾根

P1330724

ゲレンデを下っているとこれから登頂の単独さんとすれ違いました。 む~ん

P1330728

色々想定外があり三の丸止まりとなってしまいました。残念ながらもうしばらく時間を置いた方が楽しいと思われます。

2016年1月22日 (金)

やっと・・・氷ノ山

今年に入り雪が少ない為、いまだに氷ノ山に登っておりません。
今週末には何とかと思っていましたが天候不良の様子ですので本日実行。

第一リフトしか動いていませんので”響きの森”から久しぶりに本道をスタート。

P1330456

もちろんノートレース、沈み込みは10㎝程度ですし、植林帯の中は夏道も判別できました。
しかし、川を渡り自然林帯に入ると雪の斜面、少々リスキーな場所もあります。

P1330462

休憩ポイントを過ぎ、木原八丁あたりで雪を掘ってみると1m以上・・・唖然

氷ノ越えへ最終コーナー   大分笹は埋まっていますが冬コースはまだ厳しそうです。

P1330471

氷ノ越え非難小屋

P1330474

ここまで1:50かかってしまいました・・・大したラツセルではなかったのですが?

尾根筋はかなり笹が埋まっていました、試しに歩いてみましたら・・・腰まで埋まる。笹の下部が空洞になっていたようです。基本的には登山道を外さないように!!!

P1330487

ブナ林は良い感じですが、低い枝が邪魔する場所も多々あります。

仙谷分かれ

P1330512

ここからこしき岩手前まで結構難所となっています。

こしき岩

P1330517_2

巻き道は確認できますがかなりの斜面・・・要注意

P1330523

無事に抜けました、積雪期は右斜面を直登できますが、今日はパス・笹トラップがありそう。

P1330526

ここからはジグザグ道、五回コーナーを曲がれば非難小屋が見えます。一つ曲がって二つ目の角、こしき岩への出入り口から・・・

P1330530

ここからは傾斜が緩そうなので山頂へ直登をこころみました。

P1330543

無事登頂したものの、なんと3:45かかってしまいました。更には小屋のドアが開きません。凍結の為と思いますが全くの想定外、仕方なく東屋へ退避、幸い風はほとんどなく遭難を免れる・・・笑

昼食後、三のを丸へ向かいます。笹は結構埋まっていますがトラップが仕掛けられていますので登山道を進むこと!!!

P1330550

P1330570

が、流石に道が判りにくい場所があり何箇所か外しました。

モンスター化も進んでいます。

P1330576

P1330583

三の丸直下P1330601

三の丸、薄日があり綺麗でした。

P1330608

三の丸非難小屋・・・ここのドアも開きませんでした。 

P1330611

薄日があり幻想的

P1330620

P1330626
三の丸東屋

P1330632

P1330636_2

東屋の先でスキーのトレース、谷には降りずピストンの様子。

下山尾根も問題なくリフトトップ

P1330656

ここで先ほどのスキーヤーに遭遇、わさび谷への降下予定だったようですが状態を見て止めたとの事でした・・・賢明です。

ゲレンデはアイスバーンになっておらず無事に下れました。

P1330662

第二リフトトップ・・・青空。 ここからは圧雪してあり問題なし、響きの森までテクテク。

約7時間の行程、ラッセルは終始10㎝程度(登山道であれば)。今日はほぼ判別できましたが週末の雪でどうなるかわかりません、笹は埋まるかもしれませんが締まってはいないと思われます。又両非難小屋のドアが開かなかった事も気になります。
週末登山予定の方はご注意ください。
尚、明日には第二・第三リフトが可動の予定と聞きましたが、天候の影響がありますので事前確認ください。

さて、私は来週後半、天気が良ければ逆コースをリフトを使って登りましょうか・・・笑




 


2016年1月16日 (土)

ラッセル訓練&雪上ハイク

ホントは・ホントは・・・扇ノ山に登るつもりでしたが・・・・

氷ノ山に登るにはまだまだ雪不足、ならばこの時期行けない扇ノ山へと向かってみました。予想どうり広留高原最深部まで車で行けましたが・・・予想外はそこからの積雪量。

Photo

P1330357

林道に入った途端30㎝超、早々にスノーシューを履きました。自然歩道の橋は欄干が壊れていますが・・・渡れます。

P1330366

東因幡林道に合流

P1330371

扇ノ山林道に到着

P1330375

P1330376

山頂まで3.5キロ・・・ちよっと厳しいかも・・・

P1330378

積雪は40㎝超・・・さすが扇ノ山

P1330379

途中で山頂方向

P1330383

畑ヶ平登山口、ここまで4キロ 2:30近くかかってしまいました。

P1330384
ここからまだ2.5キロ・・・下山の事を考え、山頂はあきらめ途中までに変更します。

P1330386

夏道は辛うじて判別できますが、倒れた笹や枝が低く歩きにくい

P1330392

さいわい天候は回復、気持ちよく歩けます

P1330396

兵庫側からの道に合流、ここからはちょっと広くなる? ここで昼食し、引き返します。

P1330402

兵庫側の畑を突っ切り

P1330412

登山口まで帰ると、なにやら・・・車でした。数年前に広留で出会った”モンスタージムニー”のお仲間。

P1330416

ここからはスノーシューを脱ぎ、楽させてもらいました。

P1330417

自然歩道への分岐、ピストンせずに旧林道まで向かいます

P1330421

相変わらず荒れた林道ですが天気は完全回復

P1330438

自然歩道との分岐近くの丘に登れば・・・いい感じ

P1330441

輝く青ヶ丸・・・今シーズンは行くぞ~

P1330448

駐車地に到着、遠~くに・・東山~鳴滝山の尾根

P1330449

次回向かうのは四月かな~

P1330451

途中撤退となりましたが歩行距離は11キロ、結構疲れました。まあ、こんなもんでしょ(笑)

来週は寒波来襲予定・・・がまんしていた氷ノ山へ行くぞ~!!!

2016年1月11日 (月)

戸倉峠周辺徘徊

あれこれ考えましたが結局は先日の続き・・・旧国道の全容と軍用トンネルの確認となりました。

Photo

車は大清水谷の取り付き口に駐車し、赤線を進みます。

P1330244

予想どうり直ぐにそれと判る道、左手斜面は自然林の為、所々崩れ狭くなっています。

P1330251

先日、旧国道に降下した倒木地帯

P1330256

先日は行かなかった反射板、小船山の反射板は見えず

P1330275

T字分岐点、左に進み先日の取り付きポイントへ

P1330281

左手には石積みもあり間違いないでしょう

P1330285

なんでカーブミラーが・・・?

P1330289

上部に林道が見え始めると終点、これ以上進めませんが直ぐ先に峠が見えます。

P1330290

・・・・・軍用トンネルは何処?  もしかしてT字分岐点のところ・・・?
ここまで来て確認できずでは情けないので引き返しました。

P1330293

ピンク線の方向へ・・・しかし、直ぐに道をロスト? 斜めに降下していくと・発見・

P1330299

P1330301

少しだけ中に入ってみました

P1330308

閉所恐怖症気味ですので早々に引き返します。
戸倉峠に向かうべく、トンネル横手を激登り、旧道に合流。更に林道へ

P1330315

峠からの展望

P1330316

石仏はありませんが僅かな石積みが残っています。

P1330320

兵庫側は舗装路ですのでここまでとします。

赤谷山へでも登ろうかと考えていましたが風が冷たく・・・パス(笑)  とは言っても時間もあるので、地図の線どうりか確認の林道歩きへ

P1330323

何箇所か崩れていますが歩行には問題なし

P1330334

終点には小屋がありますが施錠、非難小屋には使えません。

P1330338

P1330343

帰りは途中で沢沿いのコースを降下。

旧国道(赤線部・2.3㌔)
明治18年に開通、昭和30年まで利用。若干荒れたところはありますがしっかりした石積みもあり概ね良好。ハイキングに良いかも。

軍用トンネル(旧トンネルの真上・ピンク線全体で0.7㌔)
町誌等見ましたが正式な記録を見つけられず。道は途中でなくなっていますので旧トンネル横手を登ったほうが早いと思います。内部の探検はくれぐれも自己責任でお願いします。

林道(オレンジ線全体で5㌔)
特に利用価値はないかも、国道への下山は激坂で不可能と思われます。

2016年1月10日 (日)

氷ノ山の様子は?

雪が全く降りません!!!
昨日も今日も予想外にいい天気、氷ノ山が気になってはいますが積雪情報は無し。

スキー場まで様子を見に行ってきました

P1330238

白くはなっていますが5cm程度。 山頂方向も・・・

P1330237

響きの森に尋ねてみましたが20~30cm程度との事、スノーシューの出番は無しのようでした。この調子では月内に笹が埋まる事は無い? う~む・・・
夏道をツボ足で登り、樹氷見物であれば楽しめそうです。

赤倉山直下の茅原にも雪は無し

P1330240

明日は何処か歩きたいと思いますが・・・何処にしましょう、悩んでおります(笑)

2016年1月 6日 (水)

落折から県境尾根へ・・・山登り編

朝日が輝く小尾根へ、ここからは県境まで登ってみます・・・どんな感じでしょう。

001

小尾根は予想どうり

P1330071

P1330077

途中には水でも湧いてそうな石群

P1330080

更に巨石群

P1330084

小ピークからは大清水谷、旧戸倉峠が一望

P1330097

落折と大清水谷を繋ぐ乢部には作業道、何処まで延びているのやら

P1330101
登り返して、いい感じの尾根は更に続きます

P1330119

966辺りは広場、黒い線は鹿道、県境尾根も見えてきました

P1330126

前方の植林あたりからちょっと歩きづらくなります

P1330134

ススキ原は作業道のようです

P1330138

これを抜ければ林道に到着・・・ここで昼食タイム

P1330142

林道から1140、旗印あたりまでは植林の背が低くちょっとつらいところ。ガマン

P1330144

県境尾根1182に到着、見たところ笹はほとんど無いようです。雪は多いところで20cm程度、つぼ足で何とかなりました。

P1330150
今日は三の丸へは向かいません(笑)下ります。少々笹もありますが問題なし

P1330158

しかし、ここまであると左右どちらかの植林帯へ逃げます

P1330159

途中、全く笹が無い場所?  歩ってみてわかりました、無積雪期には池ができる場所でしょう

P1330163

1073 ここには枯れた巨木があります

P1330178

林道への下り口を探しながら進むと、戸倉コース42の看板。積雪期には見られない

P1330183

林道に降り、点線の道を探しましたが見つかりません。このまま峠まで進むか、後半激下りとなるだろう小尾根をショートカットするか・・・ショートカットへ

P1330188

カーブミラーの奥へ進みます。途中まではよかったものの案の定植林帯を激下り。ところが先に地図に無い道がありました。

P1330195

所々崩れてはいますが・・・石積みのなかなかいい道、古い作業道でしょうか、まさか峠への旧本道? 

P1330200

近くに反射板もあります、小船山の反射板方向を向いているか?

P1330203

P1330207
ジグザグと下っていくと・・・なかなかの滝、水量があれば最高かも?

P1330214

沢部の橋はありません

P1330221

このまま旧国道・大清水谷口まで進めると思っていましたが途中で伐採の木々に阻まれました。やむなく法面を降下

P1330227

舗装路歩きとなりましたが、あの場所を過ぎると石積みも見え、予想どうり大清水谷口まで進めそうです。
電波塔横をショートカットして、無事国道トンネルへ下山

P1330234

ここからはひたすら国道歩き、足の裏が痛くなりました。

1

歴史探訪はともかく、966先までの尾根は予想どうり快適でした。上部林道の前後はこんなところ、ガマンが必要。県境尾根も1182までは無積雪期でも歩けそうです。
下山の別コースとして大清水谷を登り返して出発点への周回も考えていましたが、とてもとても・・・無理でした。こんなことなら自転車をデポしておけばよかった(笑)
家の谷もいい渓谷だったと思います、今日の尾根を絡めての周回ができれば面白いと思われました。

 

落折から県境尾根へ・・・歴史探訪編

若桜には平家の落人伝説が伝わる村が幾つかあるが戸倉峠直下の「落折」こそがその一番であろう。なにせ集落の全世帯が平家姓・・・言い伝えも多く、その一部を見に行ってきた。

0

集落を抜け川沿いのスペースに駐車、橋を渡ると直ぐに古い石段が見られる。

藤原神社跡・・・:祭神は平経盛。火災により焼失、現在は集落近くに移転されているが?

P1320997
周辺には石積みが多数みられ、大きさが伺われる

P1330001

一番奥に大岩、その下に社殿跡、手前右に石灯籠・左に手水石

P1330007
平経盛洞窟・・・これはよく知られている

P1330017

更に進んで右手の谷沿いに登って行くと・・・棚田跡、近年まで耕作されていた

P1330021

P1330026

奥の植林帯の中には石積みの水路

P1330031

667に登って見れば・・・人工的?  伝えられる馬隠し?

P1330034

棚田上部から・・・真ん中の自然林の丘が667

P1330044

点線を探すべく谷沿いに進むとカツラの巨木

P1330045

点線は不明確、よく判らないが兎に角上部へ

明らかに人工的、隠田跡?

P1330063

更に登ると広い平地・・・こちらが馬隠し又は馬場?

P1330065

P1330068

尾根は直ぐそこです

P1330070

勉強不足で確定的な事は何も言えませんが中々面白い集落です。興味のある方は是非どうぞ。

さて、ここからは山歩き編へ続きます。


2016年1月 3日 (日)

さて、さて最初は”くらます”

今年の最初はどこにしようか・・・天気はいいものの中途半端な雪、う~ん・う~ん

天気予報では今日は終日良好、ならば年末の宿題をかたずけようと小通峠を越えて”くらます”のふもとへ。

Photo

前回よりも作業道をもう少し奥まで進み、1144の鞍部を目指す。

今日は前回の反省を踏まえ、主尾根からダイヤモンド三室山を狙います。

P1320843

主尾根であれば位置がずれても移動できます。案の定予定より南、1144の先で

P1320878

というか、1144のピークだったか・・・まあ、良しとしましょう。

雲のおかげで・・・・

P1320902

あっと言う間に雲の中

P1320907

さて、くらますを目指します

P1320910

雪は20㎝程度、藪っぽい所は歩きにくいです

P1320919

山頂手前の笹原は・・・

P1320929

この時期にくらますは想定外でしたが・まずまず・

P1320931

晴れ間もあり、気持ちがいい

P1320938

P1320943

北側の雪原へ向かいかけましたが、笹に積った雪で膝まで沈み・・・中止

P1320959

山頂から少し下り吉川側・・・1144、高倉、天児屋山、 奥は後山?

P1320964

東山方向

P1320969

下りは別尾根へ

P1320972

途中からは植林帯、地図に無い作業道をジグザグ下り、林道へ

P1320987

取り付きの谷、上の鞍部に登った

P1320990

1

ダイヤモンドは見れたものの写真にはうまく撮れない・・・氷ノ山ではちゃんと撮れるのに?
次回はダイヤモンド氷ノ山に再挑戦しましょう。

2016年1月 1日 (金)

2016.1.1

Photo


雲はありますが穏やかな元旦、いい年になりそうです。

P1320802

新聞を開くと顔なじみの方々、今年もよろしくお願いいたします。

P1320804

P1320806


« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ