« そうだ、獄山へ繋ごう | トップページ | ハンターへの道 »

2015年12月13日 (日)

ダルガ峰から県境尾根へ・・・プラスα

未踏の宍粟50名山、ダルガ峰と長義山そして若桜との県境尾根へ。

千種スキー場辺りから向かえば簡単だがそれでは面白くない(笑)、あまりレポートのない大茅スキー場から自然歩道歩きを絡めてみました。

7:12 取り付きの大茅スキー場、あまり案内がなく迷いながらゲレンデ内の道を登ります

P1320328

7:23 何とか登山道を見つけました

P1320333

しばらくは地道だったがコンクリ道になると・・・荒れ放題・・・これが自然歩道?

P1320340

7:43 やっと本格的に登っていく

P1320343

傾斜はきついがジグザグと・・・踏み跡は薄く要注意、案の定 舗装林道直前でロストしたが何とかススキヶ原の入り口
8:17

P1320351

ここからは傾斜もなく歩き易い、途中にある避難小屋を覗く・・・予想外に綺麗だった

P1320354

未舗装林道を越える、前方の杉林の先あたりがピーク?

P1320358

そして振り返れば沖ノ山

P1320360
杉林を抜けると県境到着、目的地は直進

P1320362

8:35 ダルガ峰

P1320365

引き返して北へ向かう・・・終始フラット(峰・・なる・・と読む)

8:50 千種スキー場、リフトトップ

P1320370

少しゲレンデを下り、小尾根へ

P1320375

ここからは植林帯、かなりの量のテープナビ。 やっと正規の案内板

P1320382

長義山へ最後の激のぼり・・・今日一番きつかった

P1320386

9:42 登りきれば長義山

P1320388

県境に沿って峰越峠へ、植林とススキの境目を進む

P1320393

峠手前で天児屋山(左のピーク)

P1320402

10:04 峰越峠  側道に入れば直ぐに三国平への案内板がありますが、その先の壊れた東屋まで行き、ちょっと休憩

P1320406

このまま県境尾根が通常ですが・・・今日は江浪峠への旧道・点線をたどるべく・・・

P1320409

更に降下・・・前半部は道が判らず、ウロウロしました

P1320414

10:37 江浪峠への旧道に乗る

P1320418

道が良かったのは最初のうちだけ、進むべき方向・谷をGPSで調べながら、かき分け・かき分け・・・大変でした

P1320421

それでも、残り三分の一あたりからは道もはっきり

P1320433

11:20 江浪峠

P1320444

ここからはホームコース(一度しか歩っていませんが・・・笑)若杉峠へ向かいます。
このコースの良いところは抜群の展望・・・手前くらます、奥に氷ノ山

P1320453

奥に東山

P1320456

12:09 若杉峠

P1320466

もう少し先まで・・・との気持ちもありましたが無理せず、ここから下山としました

P1320468

ぼち・ぼち下ると入り口には立派な案内板

P1320475

12:50 駐車場  コーヒーブレイク  ここからの舗装路歩きが・・・憂鬱

途中で見つけた石仏・・・右・やま 左・和かさ  ちょっと嬉しい

P1320483

13:55 大茅スキー場に下山

1_2

Photo_2

変化にとんだ面白い行程でした(江浪峠への旧道はお薦めしませんが・・)

鳥取道を使えば思っていたより短時間で済みそうですので岡山側の山も射程内にできそうです。

« そうだ、獄山へ繋ごう | トップページ | ハンターへの道 »

町外の山歩き」カテゴリの記事

コメント

山ボーイさん こんばんは

私なら若杉天然林駐車場に自転車を100%デポですね(笑)

積雪期(残雪期?)に峰越峠から天児屋山方面を山スキーで楽しめるかな?と考えています。
その前に峰越峠~江浪峠の旧道を歩いて、付近の地形を確かめようと思っていたところです。

雪が降る前に歩いてみたいですね。

たくやさん こんばんは
自転車のでデポも考えましたしが、もう一案・・三町分岐から県境尾根を893あたりまで下る事も考えました(途中断念・・笑)
最終的には原生林を最後まで歩った事がなかったのと、積雪期沖ノ山へ向かわれる方はスキー場からあの道をラッセル・・・これを思えば楽なものです。
江浪峠への旧道・・・特に中盤あたりは中途半端な積雪だとかなり手強いですよ・・・レポート楽しみにしております。

こんばんは。

江浪峠への旧道を最後まで歩かれるとは、さすが山ボーイさん
当方、雪解け時に歩き途中で川歩きとなりロスト、エスケープで尾根歩きでした。
雪山もいいですが、今年は雪が少ないようでスキーでそちらに伺いたいですね。
上手な方が居られると伺っていますが。

シルベスターUさん こんばんは

旧道は雪解け時でなくても随所・グズグス・でした、それでも峠手前では石積みの痕跡もあり面影を感じられましたよ。

今週末はスキー場開き、昨年のように早々からの雪山登山(リフトを使って・笑・)ができれば良いんですが・・・

私の年代者なら子供の頃から我流で滑っておりますが、今となっては五本も滑れば膝がガクガク・・・もう何年も滑っていませんね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/62951564

この記事へのトラックバック一覧です: ダルガ峰から県境尾根へ・・・プラスα:

« そうだ、獄山へ繋ごう | トップページ | ハンターへの道 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ