« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月30日 (水)

今年の山納めは・・・三室山

好天の日もありましたが、何やかやで中々向かえず。 何とか本日無事納める事ができました。

天気も良さそうなのでちょっと早めに出発し・・・

P1320733

ダイヤモンド”三室山”を狙ってみました。日の出予定時間から林道法面で寒い中待つこと五十分、やっと昇ってくれましたが方向は違うわ・うまく写真は撮れないわ・・来年の宿題。
おかげで大幅に時間超過し、三室山のみのショートコースへ変更し、取り付きは大通峠でお気軽ピストン。

峠の手前で・・・

P1320737

積雪は10~20cmで問題ありませんでしたが主尾根に曲がった辺りから軽アイゼンを装着

P1320741

展望はありますが若干雲が・・・

P1320746

三室山頂は・・・

P1320753

笹原に入りました・・・踏み跡はほぼ不明、雪に隠れた笹が歩きづらい

P1320756

後山方向も雲

P1320759

中盤を過ぎると更に厳しくなります

P1320762

ストックで雪を払いながら・・・

P1320765

山頂到着、雲ってます

P1320770

P1320772
三の丸をアップ・・・緑は笹原、雪原は期待できず

P1320774

到着時はどなたもおられませんでしたが、写真を撮っていると千種側からお二人さんが到着。この条件下に登られるとは、かなりのベテランさん?
昼食準備しながら・・・もしやと思い尋ねてみれば・・・「山登りを楽しもう」さんでした。

南側をアップで・・・瀬戸内海、四国と思われる影も見えましたが上手く写らず。

P1320775

もしかして明石大橋・・・?

P1320779

色々お話しているうちに天気回復

P1320785

P1320788

少々早いですが先に下山させていただきました、またどこかでお会いしましょう。

P1320789

やはり青空最高

P1320792

P1320794

P1320796

出だしこそ”すべり”ましたが天気も回復、思わぬ出会いもあり最高の山納登山ができました。

今年は初・雪の大山に始まり、念願だった三鈷峰・烏ケ山、海を渡って石鎚山、更には焼岳と充実の山歩きができました。
反面、地元の歩きがいま一つ・・・来年は何とか・・・?  登山ガイドは増えるでしょうし、狩猟の関係も待ってます。何がどうなるか判りませんが精一杯がんばれば、おのずと方向が見えてくるでしょう(笑)

※先日案内しました氷ノ山の「タイマツ滑走」は雪不足で中止が決まりました、残念!!!

2015年12月27日 (日)

今年最後の氷ノ山イベント・・・「タイマツ滑走」 

今日は小雨・みぞれ模様・・・どこへも行けず。 氷ノ山の積雪はどうだろう? 気になって麓まで行ってみました。

ゲレンデへの分岐までは消雪装置で全く問題ないですが・・・ひょう太くん・響きの森へはご注意を。

P1_2

響きの森 駐車場

P1_3

年末のイベント情報

P1_1

何年か前までおこなわれていたタイマツ滑走の復活計画があります。
私も見に行った事があるような・・・確か花火もあったような? 花火までは難しいようです
がタイマツ滑走を見るだけでも・写真の被写体としても最高だと思います。

場所  若桜氷ノ山スキー場
日付  12/31
時間  18:00

年末の忙しい時かも知れませんが、ゲレンデに輝く光の川・・・いかがでしょう。

※実施は積雪状況によりますので決まり次第又報告いたします。

2015年12月20日 (日)

雪山始めは・・・氷ノ山

天気予報では間違いなしの山行き日和、大山行きを断ってでもやっぱり氷ノ山でしよ!!!
今日は冬山装備、念のためスノーシューも背負って向かいます。

雪は無いもののいい感じの気温

P1320517

四駆の威力でキャンプ場駐車場まで上がり、積雪15㎝ほどの植林帯を進みます。何人かの踏み跡がありました。

氷ノ越えあたりからは20㎝ほど

P1320524

馴れない雪に少々時間がかかり、ちょっとやばいか? だいぶん明るくなってきました。

P1320536

仙谷分かれ

P1320544

急ぎながらも写真を撮りまくる・・・山頂到着。  すでに半分昇っていました(涙)

P1320548

山頂泊まりの方が三人、一人は知り合いでした。 風も無く気温以上に暖かい。

P1320561

さて、今日は展望抜群・・・大山はくっきりと白く輝いていました。

P1320568

P1320571

P1320578

予定外でしたが折角スノーシューを背負ってきましたし、三の丸方向には踏み跡が無いので足を延ばす事にします。

P1320587

振り返れば・・・

P1320597

積雪は30cm程度、スノーシューで気持ちよく歩けます。

P1320611

ちょっとビビったのは、明らかに○○さんです。100mくらい登山道を歩いていました。

P1320616

三の丸にも踏み跡は無し、気持ちいいです。

P1320624

方向を変えても・やはり大山が綺麗

P1320647

急坂も雪で歩き易く、リフトトップで一休み。眼下のゲレンデをアベックの鹿が横切ります。

P1320659

心配したゲレンデ下り、じわりじわりとジグザグに・・・

P1320663

積雪はまだまだですが最高のお天気、気持ちよく雪山を味わいました。次回はリフトを使い、お気軽ハイクがしたいですね。

年越しまで後十日、山納め登山は何処になるでしょう?

2015年12月19日 (土)

氷ノ山スキー場開き

起きてみれば小雨模模様、去年のようにはいきそうもありませんが・・・とりあえず氷ノ山へ、
今日はスキー場開きです。

スキー場手前  気温はそこそこ低く小雪模様

P1320498

ゲレンデに着きましたが、やはりリフトは動いていません。

P1320500

今年はチビッコ達がオープニング、のりさんも少し心配そう?

P1320502

P1320506

お客さんも若干少な目、おかげで餅は多めにゲット。
足を延ばしてキャンプ場へ、なんとか車で登れました。地元の中学生がクロカンの練習中・・・ガンバレ~

P1320511

P1320514

明日の天気は良好の予報、リフトは動きそうもありませんがロケーションは最高? 今年最後のご来光へ・・・

2015年12月14日 (月)

ハンターへの道

先日受験した”狩猟免許”の合格発表がありました。発表はHP上のみ・・・

P6

おぉ・・・見事合格、番号が抜けているのもありますから全員合格ではなかったようです。

とは言ってもすぐに猟ができるわけではありません。

まずは”狩猟者登録”・・・これは二月ごろまで随時できるようです・・・が・・・問題は猟銃の所持許可、これは公安委員会(警察)に申請の必要があります。
事前に”猟銃等講習会(考査試験あり)”、その後”射撃教習・技能検定”・・・まだまだ先は遠いです。ましてや次回の受付は来年五月頃の予定、わな猟であれば早々にできそうですが銃となれば正式デビューは来シーズンとなりそうですね。

今シーズンは先輩猟師さんに弟子入りできればと思っています(笑)

2015年12月13日 (日)

ダルガ峰から県境尾根へ・・・プラスα

未踏の宍粟50名山、ダルガ峰と長義山そして若桜との県境尾根へ。

千種スキー場辺りから向かえば簡単だがそれでは面白くない(笑)、あまりレポートのない大茅スキー場から自然歩道歩きを絡めてみました。

7:12 取り付きの大茅スキー場、あまり案内がなく迷いながらゲレンデ内の道を登ります

P1320328

7:23 何とか登山道を見つけました

P1320333

しばらくは地道だったがコンクリ道になると・・・荒れ放題・・・これが自然歩道?

P1320340

7:43 やっと本格的に登っていく

P1320343

傾斜はきついがジグザグと・・・踏み跡は薄く要注意、案の定 舗装林道直前でロストしたが何とかススキヶ原の入り口
8:17

P1320351

ここからは傾斜もなく歩き易い、途中にある避難小屋を覗く・・・予想外に綺麗だった

P1320354

未舗装林道を越える、前方の杉林の先あたりがピーク?

P1320358

そして振り返れば沖ノ山

P1320360
杉林を抜けると県境到着、目的地は直進

P1320362

8:35 ダルガ峰

P1320365

引き返して北へ向かう・・・終始フラット(峰・・なる・・と読む)

8:50 千種スキー場、リフトトップ

P1320370

少しゲレンデを下り、小尾根へ

P1320375

ここからは植林帯、かなりの量のテープナビ。 やっと正規の案内板

P1320382

長義山へ最後の激のぼり・・・今日一番きつかった

P1320386

9:42 登りきれば長義山

P1320388

県境に沿って峰越峠へ、植林とススキの境目を進む

P1320393

峠手前で天児屋山(左のピーク)

P1320402

10:04 峰越峠  側道に入れば直ぐに三国平への案内板がありますが、その先の壊れた東屋まで行き、ちょっと休憩

P1320406

このまま県境尾根が通常ですが・・・今日は江浪峠への旧道・点線をたどるべく・・・

P1320409

更に降下・・・前半部は道が判らず、ウロウロしました

P1320414

10:37 江浪峠への旧道に乗る

P1320418

道が良かったのは最初のうちだけ、進むべき方向・谷をGPSで調べながら、かき分け・かき分け・・・大変でした

P1320421

それでも、残り三分の一あたりからは道もはっきり

P1320433

11:20 江浪峠

P1320444

ここからはホームコース(一度しか歩っていませんが・・・笑)若杉峠へ向かいます。
このコースの良いところは抜群の展望・・・手前くらます、奥に氷ノ山

P1320453

奥に東山

P1320456

12:09 若杉峠

P1320466

もう少し先まで・・・との気持ちもありましたが無理せず、ここから下山としました

P1320468

ぼち・ぼち下ると入り口には立派な案内板

P1320475

12:50 駐車場  コーヒーブレイク  ここからの舗装路歩きが・・・憂鬱

途中で見つけた石仏・・・右・やま 左・和かさ  ちょっと嬉しい

P1320483

13:55 大茅スキー場に下山

1_2

Photo_2

変化にとんだ面白い行程でした(江浪峠への旧道はお薦めしませんが・・)

鳥取道を使えば思っていたより短時間で済みそうですので岡山側の山も射程内にできそうです。

2015年12月 7日 (月)

そうだ、獄山へ繋ごう

ある方のブログを見ていて、扇ノ山から獄山(ダケダン)までの尾根歩きがもう少しなのを思い出し、大したことも無いだろうとお天気にも誘われて向かってみました。

2

目標地点の獄山

P1320191

取り付きは細見谷・浄水施設の上、ふる里の森へ五kの場所

P1320194

僅かに残る点線の踏み跡をたどり登っていきます(地図に無い作業道を越える)

P1320198

踏み跡は明確

P1320204

植林帯の中に炭焼き小屋?・・・このあたりから踏み跡をロスト

P1320207

再び自然林へ

P1320210

しかし、高度が上がるにつれて・・・笹・・・腰の辺りまで

P1320222

安心してください・・・こんな場所もあります

P1320225

よく見ると・・・薄い場所、植林帯との境目・・・笹は薄くなっています

P1320226

出発から二時間掛かり主尾根に到着、四月に踏んだ三角点1035へ向かいます 

P1320231

1035手前から市内

P1320235

三角点1035 ワサビ谷

P1320236

ここでUターンすればよかったのですが何を勘違いしたのか1034まで行ってしまいました。   良い尾根です

P1320238

引き返して980を踏み、笹原の中に下山尾根を探します・・・笹原です。それでも前方に目指す獄山が見えます。

P1320254

笹原の大海

P1320260

標高640、本日の主尾根最低地点・・・点線の痕跡はありませんでした。ここから登り返しです。

P1320264

ご覧のとおり笹が付きまといますが、何とか薄いところを探し進んでいきます

P1320271

それでも段々と獄山が近づくのが救い

P1320275

738を過ぎ登り返しの標高750mくらいからは徐々に笹が濃くなり、山頂まで残り距離500mあたりからは・・・

P1320286

P1320287

そういえば前回、初冬にここを訪れていますがその時も笹に悩まされたことを思い出しました。
それでも何とか山頂へ。三角点1035から三時間、結構疲れました。

P1320296

一番奥に扇ノ山、手前が歩いた尾根・・・三年前は・・・

P1090813

綺麗になっています。又反対側からの登山ルートは笹が刈られているとも聞いています。

さて、下山ルートは少しでも駐車地の近くに下りたいので、やむなく途中までピストンします。標高700mまで戻り、植林帯を一気に降下

P1320298

林道へ降ります

P1320302

林道を少し戻り、植林帯から点線の作業道へ

P1320309

旧横地集落跡を抜けて・・・

P1320317

点線をたどるが途中でロストしながら、ふる里の森への林道に無事・下山

P1320323

出発から八時間・・・駐車地の到着・・・疲れた~

Photo

1

思わぬ苦戦でした、今日は笹との格闘? 藪扱きという程ではなかったのですが終始まとわり付かれた感じ。更に途中からはダニが気になりだし、下山時は下だけ雨具を着用。
まあ、こんなこともあります。いずれにしても、これで扇ノ山から北山上部までの主尾根が繋がりました。

2015年12月 6日 (日)

祝・新店舗 開業 ”弁天まんじゅう本舗”

日頃、なにかとお世話になっている”弁天まんじゅう本舗”さんが新店舗へ移転されました。

P1320188

若桜の名物は?・・・と尋ねられたら”弁天まんじゅう”と答えておけば、先ず間違いないでしょう。
まんじゅうは道の駅でも買えますが若桜の山の事もよく知っておられ、お話好きのユニークなオヤジさんがおられますので是非お店の方にも行ってみてください・・・(笑)
但し、早い時間は仕事が忙しいので登山帰り(まんじゅうは売切れの恐れがありますが・・・)が良いと思いますよ。


お祝いに行くべきとこでしたが今日は朝から倉吉へ

P1320189

知識試験は合格しましたが、技能試験の結果は後日とのこと・・・万一、恥ずかしい結果の怖れがありますので番号は伏せておきます(笑)
もしかしたら将来の本業になるかも・・・?

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ