« 今年も御来光登山 | トップページ | OSJ氷ノ山山系トレイルレース »

2015年8月29日 (土)

くらます周回・・・できるかな~

昨年同時期、HNC企画の登山で”くらます”へ自然林の直登をおこなっていますが、その時初めて”天狗岩”に登る事ができました。今日はもう一度天狗岩行く事と山頂北側の笹原の様子・・・問題なければ周回を目論んでみました。

沖ノ山林道に駐車し、作業道を歩き取り付き口となる広場へ約30分。
植林帯を少し歩き、後は自然林・・・というか胡桃の木がたくさんある河原?そこそこキツイ登りです。

P1300078

標高1000m手前から・・・自然林の激登り開始

P1300083

標高1050m

P1300089

天狗岩直下のすすき原・・・上部には笹原となります。  潅木もあり歩きずらい

P1300095

標高1200m  天狗岩

P1300102

東山方向

P1300106

登ってきた自然林

P1300108

くらます山頂 出発から二時間半くらい

P1300114

山頂は草原、大きな石がポイントとなっています。東・南方向に展望が開け、三室山が近いですが、今日は霞んでました。日差しを遮る木々がありませんので、日影で休むのであれば山頂手前を少し吉川側へ下ればイスとなる岩もあり、お休み所となります。

さて、積雪期には大雪原となる北側へ進みましょう。果たして笹の様子は?
入り口こそ薄い笹はあるものの、更に進めば・・・

P1300120

P1300123

あらあら・・・膝下程度の笹しかありません。

振り返り山頂方向

P1300126

平原に出ても同様、足元が見えないことに注意すれば全く問題なし。

P1300129

定番の氷ノ山は残念ながら霞んでいます。

P1300133

さて、周回を目指して支尾根に入ります、この尾根は積雪期の下山コースとなる尾根です。胸くらいの笹はありますが、薄いので問題なし(私見ですが)

P1300137

標高1150m  低い笹が密集

P1300142

標高1050m  ススキ原  樹木がない場所はススキ、嫌なら右手の樹林下を歩く

P1300149
 振り返って くらます山頂

P1300150

標高1000m

P1300155

978手前の鞍部

P1300158

鞍部から支尾根に乗り換え、ここからはそこそこキツイです。

P1300159

 

標高730m  松林

P1300164
標高600m 植林帯 鞍部から沢へ向かう

P1300169

沢部・・・この沢を下ってしまうと駐車地から遠くなってしまいます・・・

P1300171

植林尾根を回り込み、沖ノ山林道そばを川沿いに駐車地へ

P1300172

14:00 無事下山。

Photo

1
思わぬ笹がなく当初の目標・無積雪期のくらます周回ができました。・・・大満足・・・
登り・下りともに笹はありますが藪扱きというほどでは有りません・・・それより問題は激坂、言葉では表現できませんので等高線の混み具合でご判断ください。
約五時間で回れましたので半日コース、激登りを避けて小通峠から”高倉”経由の変則周回も可能かと思います。

 

« 今年も御来光登山 | トップページ | OSJ氷ノ山山系トレイルレース »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/61378393

この記事へのトラックバック一覧です: くらます周回・・・できるかな~:

« 今年も御来光登山 | トップページ | OSJ氷ノ山山系トレイルレース »