« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

リニューアルオープン 氷ノ山”響きの森”

四月にリニューアルオープンする氷ノ山”響きの森”を見学してきました。

市内では桜の開花情報がありますが、響きの森の玄関周りはいまだに・・・これを見るのも価値があるかも?

P1

P2

展示物も見やすく、充実しています。

P4_2

P4_1

P6_2

P6_1

着ぐるみコーナー・・・残念ながら子供用のみ

P7

中でも圧巻はバージョンアップしたジオラマ

P8

P9

P10

氷ノ山の動物・植物が忠実に再現され、ツチアケビやギンリョウソウまでもあります。
このブナも本物そっくり・・・と思ったらこれは本物でした。

P11

四月後半からはイベント満載のようです、入館・見学は無料ですので是非行ってみてください。

P12

詳しくは響きの森HP等確認ください。

2015年3月26日 (木)

好天の陣鉢山

絶好の雪山日和、どこか長距離歩きをと考え、陣鉢山方面を計画していました。
ところが急遽、所用ができ帰宅時間の制約がかかってしまい計画変更。それでも始めてのコースを登ってみました。

以前から気になっていた諸鹿集落からの直登尾根。ホントは516からでも可能と思いましたが少し奥から取り付いてみました。

神社横手に車を止め、よく締まった雪の林道歩きから・・・

Photo

振り返って屏風岩

P1260590

雪があったり、なかったり

P1260595

標高700手前までは登れ・登れのがんばりどころ。青ケ丸や扇ノ山が応援してくれます。

P1260606

P1260607

700mで主尾根に合流。ここで唖然、今日のものと思われる足跡・・・まさかこのコースを先行しておられる方が・・・。

P1260621

マンサクの花

P1260624

良い自然林が続きます

P1260626

P1260632_2

P1260641
尾根に突然の巨石・・・その後同じような石が複数現れます

P1260653

1000mあたりの痩せ尾根は雪の崩れや雑木でやや不安がありますが、そこを過ぎると展望が開けます

P1260672

山頂手前の雪原

P1260674

振り返って若桜方向

P1260677

山頂・・・先行の方が出迎えてくれました

P1260679

お話してみれば、わざわざ村岡からおいでいただいたお二方。長い東因林道を避けて最短コースを登られたようです。
既に昼食済みとの事でビストンで下られました。 お二方をお見送り

P1260686

ここからの定番ショット・・・今日は一段と綺麗です

P1260681

ちょっとアップ

P1260693

P1260692

ちょっと下って

P1260698

私はビストンでは面白くないので別ルートへ   1123への鞍部へ下って

P1260701

方向転換・・・カツラの巨木にご挨拶   健在でした

P1260708

P1260712
そのまま、斜めに下り・・・ブナ林へ

P1260720

後は広い植林帯を突っ切り、激下って林道へ・・・1.5キロの緩んだ雪の林道をてくてく。

初めての登りコースは実に面白かったし、なかなか良いコースでした。無積雪期でも登ってみたい場所となりました。

1                          (スタートの林道部分がありません)


2015年3月21日 (土)

のんびり・まったり 氷ノ山

上部リフトは明日まで、お天気の氷ノ山へ行ってきました。

早い内からリフト待ち?・・・今日はスキー大会があるようです

P1260384

リフトトップから展望良し・・・大山は見えませんでしたが・・・・

P1260387

雪は締まり、ツボ足で・・・軽アイゼンが正解。雪はまだ十分ですが、完全に春の様相です

P1260408

正規ルートを外し、ウロウロしながら三の丸

P1260415

櫓から・・・今日も大人数です

P1260418

P1260421

なるべくトレースを避けて、誰も歩いていない場所を通ってみました

P1260424

P1260427

P1260429

着実に春へ

P1260435

山頂直下から振り返る

P1260443

山頂には既に雪が無い・・・・

P1260448

こしき岩へ ナイフリッジ?

P1260454

巻き道から見上げる

P1260462

一路、氷ノ越え  十分ツボ足で歩けそうです

P1260468

氷ノ越え避難小屋、ベンチも使えます

P1260473

赤倉山に登り返しますが、先客あり

P1260477_2

今日歩いたコースが一望・・・若干曇り気味ですがこのポイントはお薦めです

P1260478

最後の雪原には亀裂・・・春ですね~

P1260483

四月には新装開店の「響きの森」に顔を出し、舗装路をてくてく。

P1260488

もう完全に残雪期の様相でしたが、お天気の下気持ちよく雪上ハイクができました。
次に氷ノ山に登るのは五月かな?

 

2015年3月19日 (木)

まだ・まだ・・・雪山歩きたい

先日登った”河本山”方面

Dsc_0027

通勤途中、天気が良いと素晴しく綺麗です。

このところ気温が高く、雪解けが心配です・・・まだまだ向かいたい山は多々。東山~鳴滝山方面、扇ノ山・青ケ丸方面・・・しかし林道の除雪はまだされておらず、長距離歩きの為にはかなりの気温低化が必要です。
既に歩いておられる諸先輩方は多いですが、意志の弱い単独者は相当気合を入れないとなかなか向かえないのです(笑)

今週末には氷ノ山の上部リフトが止まってしまいます、とりあえず天気もよさそうなので氷ノ山を歩いておきましょうか(雪の氷ノ山は最後かな?)


観光協会からCMをひとつ

P1260062

てんこ盛りのイベントです、是非おいでください。

2015年3月15日 (日)

ダイヤモンド氷ノ山?

1

                                           (富士山ですよ)


氷ノ山からの御来光は何度も見てきましたが、氷ノ山に昇る御来光・・・”ダイヤモンド氷ノ山”を今年の課題の一つにしていました。

どこで見れるか判らないので゜「バビロン」さんに下調べをしてもらい

14

現地調査で開けた場所をさがして

Photo

自分なりに地図に落としてみました

1_2

3/8 3/15 辺りがベストポジションでしたが条件がそろわず・・・残念!!!

場所を変えて、雪のない時期でも可能ですが、さすがに夜明け前の山登りはチョット・・・

来年の宿題となりました。

2015年3月14日 (土)

去年の宿題・・・”河本山”へ

去年登った「高鉢山」から眺めた”河本山”・・・無積雪期にも向かいかけましたが天気不良で中止。積雪期には何としてもと考えていましたがなかなか機会がなく、のびのびとなっていました。
中途半端な雪だと苦戦は必定、天気予報はいま一つでしたが今日向かってみました。
朝、起きてみれば小雨模様。回復予想を当てにして河原へ。当初は直登を計画して距離の短い佐治側をを予定していましたが・・・・。昨晩になって周回したいと欲張り、昨年同様「杣小屋」を取り付き場所にしました。

001

子細・写真は省略しますが、とにかく 916尾根(約二時間) までは大変でした。

917

P1260220

細かな雪にガス、それでも自然林を気持ちよく歩けます

P1260230

923からはブナ林、痩せ尾根付近。振り返れば一部青空

P1260244_2

P1260256

三角点1113手前から振り返る

P1260271

1113 木立の間から始めて河本山を確認

P1260285

一旦下り、100mの登り返し

P1260288

山頂間際になって奇跡的な青空

P1260299

振り返れば・・・

P1260302

曇らないうちにと先を急ぎます

P1260304

河本山 山頂  出発から約四時間半

P1260307

先ずはこれから向かう1139方向

P1260310

1112方向・・・こちらも良さそうです

P1260317

登ってきた尾根

P1260321

ちょっと下って 広い山頂

P1260326

1139の奥、ゴーロ方向をアップ

P1260328

念願だった1139への尾根を歩きます

P1260332

三国山でしょうか?

P1260335

実に良い尾根です

P1260340

P1260347

1139から河本山

P1260354

1139からの下り尾根

P1260365

できれば高鉢山にも行きたかったのですが、余力無し
この下り尾根は昨年使っていますが、前回は自分のトレースをたどっただけ。今日はノートレース、神経をつかいます。

下り尾根は傾斜がきつく、雪も緩み、とっても大変でした。

登り・下りとも途中でアイゼンと交換が必要、それでも下り時には何回尻餅をついたでしよう、林道に着いた時にはへろへろでした。

主尾根はどこも最高な山域なんですが、そこに行くまでがどのルートも超大変。辛うじて高度差がないのは高鉢山の北、1121方向からの進入でしようか。

002

登り・下りの尾根の情報が必要な方がおられましたら連絡ください。 いずれにしてもお薦めはしませんが(笑)

 

2015年3月 8日 (日)

念願の三室山周回

昨日の林道の下見で今日は”三室山”に即決。

念願だった1174~1178尾根を経由しての周回コース、同行の地元の山友「さんゆう舎・TM」さんと加地林道の除雪最終ポイントへ向かいました。

0

駐車地から1.5キロの林道歩き、雪は締まっておりラッセルは無し、取り付きポイントの橋に到着。

P1260070

ここからは植林帯の激登りとなりますが、無積雪期より楽かもしれません。
時折見える三室山にはガス・・・まあ・大丈夫でしょう?

P1260072

振り返れば「くらます」

P1260078

高度を上げるに連れ、陽も差し始めました

P1260079

念願だった1174の尾根、シダの原っぱからは想像できない景色です

P1260084

樹氷も残っており見上げながら進みます

P1260088

杉の盆栽には何故か雪が付いていません

P1260105

枯れ笹の原っぱも面影無し

P1260107

振り返れば「くらます」が輝いています

P1260109

下山に使う天空尾根

P1260112

徐々に大きくなる三室山

P1260118

県境尾根から赤西山方向

P1260122

堂々の三室山

P1260123

何ともいえない

P1260125

三室山へ登り返しますが、何故かガスが・・・

P1260131

山頂まじか

P1260143

三室山・・・遠望なし?

P1260147

さすがに三室山、到着時には既に4人の方が先着、昼食休憩する間に、更に4~5人の方が登ってこられました。
のんびりしていると皆さんが大通峠に向かい先行、我々も後を追います

P1260155

下山に合わせたかのように・・・

P1260158

P1260160

振り返れば、青空の山頂

P1260168

天空尾根を歩く

P1260174

下山尾根が見えてきました

P1260176

分岐点で2~3人の方にお別れし、後は下るのみ。暫く下ると植林帯。杉の間をすり抜けていきます。

P1260179

取り付きポイントの橋に帰ってきました

P1260184

さすがに緩んだ雪の林道をてくてく・てくてく、無事帰着。

念願だった尾根は最高の景色を見せてくれました。  満足・満足

1




2015年3月 7日 (土)

若桜・林道情報

今日も何処かに行こうかと考えていましたが、起きてみれば小雨模様・・・
明日は大丈夫だろうと思い、今日はパス。下見を兼ねて林道に入ってみました。

先ずは「加地」の林道
思わぬ除雪が進んでおり、かなり入れました。

1

ここも発電関係の施設でしょうか?

P1260049

ここからは50センチ弱の積雪

P1260052

最終ポイントはあまりスペースがなく、駐車は軽一台程度です。

P1260047
この林道は全域舗装道ですので、綺麗に除雪されていますが両側の雪が崩れる恐れがあります。又、渓流釣りの方の車と対面するとすれ違いにちょっと厄介。

が・・・ここまで除雪されれば「三室山」が射程範囲となります・・・ラッキー!

次に糸白見林道

2

集落の奥から1.5キロくらいでしょうか? 小屋から100m奥くらいまで。

P1260050

奥の雪はすくなそうですが、無理はできません。

P1260056

東山~鳴滝山を狙うにはまだ遠いかな?


ついでに細見谷(ふるさとの森~扇ノ山)

この施設から100mほど奥まで。

P1260057

ふるさとの森まで・・・5キロ。  まだまだ無理です(私には)

P1260059



てなことで、時間もありましたので気になっていたお店「Dear*Dear」へ行ってみました。

P1260066

P1260065

ネームタグを作ってみました。刻印は自分でしましたので若干失敗したところもありますが、手作り感もあって満足。(片面づつに刻印して縫い合わせてもらいました)
リュックにぶら下げる事にします。
若桜道の駅の向かいにありますから興味のある方は是非どうぞ。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ