« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

大段~高山・・・今日はガイド役

一月に歩いたコースですが、今日はガイド役・地元の方を案内してきました。
天気はまずまず、渕見に車をデポしスキー場へ。少々遅いスタートでかなりの方々が先行しておられる様子。リフトトップには2グループ、15人以上の方、ブナ林までにも4~5人追い越してしまいました。

P1260023

ブナ林からはスノーシューを履き、いざバージンスノーの1376へ。

P1260025

と・思いきや、三の丸方向からボードのトレース。良く見るとボーダーさんが四人ほど同方向へ登っておられました。 まさか大段への斜面へ・・・?
追いついてみれば、知り合いの方。どうもスキー場方向への谷は雪崩の恐れがあり、ストップがかかっているようです。しかたなく三の丸の斜面を滑っておられるとの事でした。

P1260029
大段への斜面をお薦めして、先へ進みました。良く締まった(凍った)雪の上に新雪は20~30cm、ラッセルは極わずかです。

P1260030

雲がかかり東山方向は見えず、残念。
時々アイスバーンで滑りながら気持ちよく鞍部へ、登り返しの尾根にはセッピ

P1260036

P1260038

近い将来、この斜面はBCの穴場になるかも?

大段奥の雪原

P1260042

相変わらずラッセルはなく順調に進めます。途中昼食し一気に高山へ(一ヶ所ルート間違いしましたが・笑)
主尾根からの下山ポイントから高山へは20分くらいでしょうか?今日も高山へは向かわず・笑。
下山尾根はアイスバーンの急斜面、何度か尻餅をつきながら・・・ちょっと危険かも。

P1260046

スタートから約四時間半で渕見集落に無事下山。

0

1

2015年2月22日 (日)

”用瀬アルプス”

先日の新聞に”用瀬アルプス”が紹介されていました。

P1250902

この呼び方は初耳ですが、このコースはH25/4に歩いており、岩場や変化のある面白いコースでした。

三角山(まるで岩の塊、山頂には神社があります)

P1110111

P1110108

P1110112

P1110139

洗足山(一等三角点があります、ちなみに鳥取県には12ヶ所、氷ノ山は兵庫県になります)

P1110150

三角山山頂から尾根には巻き道があるはずです、間違っても私のように降下しないで下さい。
せっかくですから、そのまま智頭町の古峠~牛臥山・海上山まで良い尾根が続きますから足を延ばすのもGOOD。

昨年お手伝いした”遠見山”のように地元の方々が中心となって整備される事はすばらしいと思います。

2015年2月21日 (土)

沖ノ山・・・途中敗退するも満足の山行き

二年ぶりの沖ノ山へ
今日は最高のお天気、吉川からの出発時はマイナス5度。積雪は多いものの締まっていることを期待して林道に踏み出す。

P1250905

が・・・パウダースノーは軽いものの、初っ端からラッセル。植林帯に入っても状況は変わらず

P1250914

早々に上着を脱いでいく

P1250915
後方に三の丸が輝いています

P1250918

それにしても雪が半端ない

P1250923

途中で林道から自然歩道に分かれ、沖ノ山林道につくと芦津峠への入り口はすぐそこです

P1250927

ここまで、二時間かかりました。三町分岐には最低でも後二時間は必要・・・沖ノ山はどうも無理そうです?

雪が多すぎ少々入り口が判りづらいですがGPSで点線を追えば問題なし、ほとんどは植林帯ですが・・・

P1250931

前回時は広い植林帯を突っ切りましたが、今回は素直に峠へ。激登りのラッセルはキツイ。
それでも何とか芦津峠、案内板は雪の下

P1250935

ここからは智頭との町境尾根ですが、後半はショートカット

P1250944

分岐手前で沖ノ山遠望・・・遠~い

P1250945

三町分岐・・・何とスタートから四時間半、疲れました。  これ以上はきびしい・・・

P1250947

ところがジャストタイミングで先行されている”メ~さん”から電話。「そこからはトレースがあるから走ってこれるぞ~」
そう、今日は沖ノ山でメ~さんのオフ会に参加が主目的でした。
ここで十分と思っていましたが、仕方なく(笑)行けるとこまで行く事に・・・

P1250953

P1250957

いい景色です・・・が登りになると足が重い、帰路を考えるとやはり無理はできません。
沖ノ山を正面に見るピークでギブアップ、食事にします。

P1250959

皆さんが帰ってこられました、面識のある方も多く・・・お久しぶりです。差し入れもいただき、ワイワイ言いながら帰路へ

P1250975

P1250976

大人数で歩くのもいいですね~  あっという間に三町分岐、ここで皆さんとお別れ。
皆さ~ん・・・若桜の山で又お会いしましょう。

さて、帰りましょうか・・・ピストンはせず、若杉峠へ向かいます。

P1250979

P1250987

三町分岐から約1時間、若杉峠の手前の東屋がえらいことに・・・

P1250996

ここからの展望は抜群!!!

P1250997

P1250999

峠には下りず、東屋横手の尾根を激下り。
沖ノ山林道へ一直線、この尾根は積雪期の下りにしか使えないと思います。

若杉東屋から約三十分で沖ノ山林道到着。後は登りコースをピストン、朝のトレースはありますが雪は緩みグズグズ。

駐車地まで残り500m、何とか帰ってきました

P1260017

沖ノ山には届きませんでしたが、正面に見ながらゆっくり食事。オフ会にはちょっとだけ参加となりましたが、多くの方々にお会いでき満足の山行きでした。・・・でもさすがに疲れました。

001

002




2015年2月15日 (日)

あれ~ 想定外の”大山”

今日は絶好の雪山日和・・・のはずだったのに~

大山寺に着いてみれば曇り空、上部は「真っ白」の様子です。まあ・そういう時もあるでしょう・と挫けずに七時出発。
途中の合目の柱は見えないものしっかり道がついており、順調に高度上げていきますが段々とガスが濃くなります。

お天気予想に誘われてか、多くの後発隊が続きます。

P1250860

五合目到着、ここの広場も大賑わい。聞けば大阪・福岡からの団体さん

P1250874

森林限界を過ぎると・・・

P1250877

六合目避難小屋は埋まったか? 全く判らず。 頼りはこのマーカーとトレース

P1250885

それでも不安なので先行者にぴったり続きます。
気温はそう低くないのですが、風は強く顔が痛い。

P1250889

避難小屋は近いはずですが・・・まだか、まだか

P1250890

穴蔵のようになった小屋の入り口、早々にもぐり込みます

P1250893

小屋の中には二十人くらいおられたでしょうか、ヘッドライトを頼りに軽食休憩。
問題は下り、ガスの上 トレースが消えると・・・不安。 先行の団体さんが下山準備にかかられると・・・こちらも早々に下山準備。今日は山頂も踏まずに下山します。

下山もやっぱりコバンザメ

P1250895

ここで、ちょっとサプライズ。団体さんのガイドは、あの・イモトアヤコのサポートをしておられた”角谷”氏でしたが声も掛けれず、写真も撮れず、お顔を拝見しただけでした。残念

下山途中でも多くの方にすれ違いしました。中には面識のある方も・・・おそらく皆さんがこんなはずではと思いつつ登られたのではないでしようか。

同行者は髪はもちろん、眉やまつ毛まで白くなっていました。

P1250898

三合目あたりまで下るとガスも薄くなりましたが、天気は回復しませんでした。

P1250900

登る前から「真っ白」な世界は覚悟。本当は途中撤退が正解だったかも知れませんが、こんな日にも一度は登っておきたいと思っていました。
今日は同行者・多くの登山者に助けられての満足の山行でした。


2015年2月14日 (土)

2/15 氷ノ山を予定されている皆様へ

今日の若桜は・青空・明日も絶好の雪山日和・・・・明日は氷ノ山を予定していましたが・・・・

町内は新雪40cmくらいでしょうか

P1250845

P1250854

氷ノ山ゲレンデに電話したところ、今日・明日 第三リフトはストップとの事でした。
急激な積雪と気温の上昇で最上部ゲレンデに雪崩の危険がある様子です。BCはもちろん、登山も自粛するように通知されています。(もちろんその他のゲレンデは問題ないです)

おそらく、三の丸~山頂は大ラッセル、こしき岩の巻き道・氷ノ越えへの尾根のセッピあたりもかなりリスクが高いと思われます。
せっかくの好天気ですが自然相手のレジャーです、ここはガマンが無難と思います。

もちろん私も別の山へ変更する予定です。

2015年2月11日 (水)

今年初の弁天山へ

雪合戦が終わると同時に寒波到来。後二日早く来てくれれば雪上で開催できたのに・・・・

雪も落ち着き、週半ばの休日。曇り予想でもあり近場の山・・・で今年はまだ登っていなかった弁天山へ登ってきました。
色々コースはありますが、久しぶりに遠見峠からの周回としました。考えてみれば、これだけの積雪期にはこのコースを登ったことはありませんでした。

除雪最終ポイントからスノーシューは着けましたが、思ったほどの積雪ではありませんでした。

P1250743

自然歩道は適当にショートカット、尾根近くになると、さすがに雪の量は増えます。

P1250747

スタートから1時間半、石仏も雪の下

P1250753

気持ちのいい自然林帯を過ぎると、植林帯・・・陽が差さないためか気温が下がり、風も出てきました。

P1250759

激登りをがんばり、三角点・・・植林帯→ブナ林へ  奥に弁天山

P1250777

P1250782

P1250785

遠見山・・・今日は遠望はききません

P1250788

スタートから三時間半   弁天山に到着

P1250793

山名柱が見えませんから、1m以上の積雪です

P1250795

社はとちの巨木に守られ埋まっていません

P1250804

いつものカップラーメンを食べ、早々に下山。今日は途中からコースを外れ、旧西河内側へ下山します。

P1250831

先行する雪球

P1250837

少々ラッセルはあったものの、条件も良く、無事下山できました。

001

カメラではうまく撮れませんでしたが、梢の間からは鳴滝山~東山、扇ノ山~青ヶ丸・・・まだまだ遠い山々、来月くらいには向かえるでしょうか?

2015年2月 8日 (日)

今日の若桜では・・・

今日の若桜は雨・雪・晴れ間・・・そして寒い一日でした。
そんな中、20回目”雪合戦”天気は仕方がないものの、せめて雪の上で戦っていただきたかった。

P1150999

P1150986

コートはまるで泥田のよう・・・残念でしたが参加の皆さんはそんな中でも一生懸命。

話題をもう一つ
SLの試験運転の実施が決まりました。正確にはディーゼルが牽引するようですが、客車も三台連結。ビューポイントには撮影コーナーも設置されるようです。目標観客動員数は一万人・・・賑やかになりそうです。

P1150992

2015年2月 7日 (土)

ご来光登山 in ”大山”

天気予報はまずまず、今年二度目の大山へご来光登山してきました。

夏山登山道には積雪も無く、よく踏まれたトレース。残念なのは誰かが尻セードで踏み跡がつぶれ歩きにくい

P1250524

高度が上がると樹氷が綺麗です

P1250530

今日は月が明かるく、周りの景色も楽しめます

P1250535

六合目手前からは風が強く雪が舞い上がります。避難小屋で防寒対策を十分にし、激登りスタート。

P1250538

風でトレースは直ぐに消えてしまいます、先行のベテランさんに続き一歩づつ・・・とても写真を撮る余裕なし。
少々バテ気味の中、山頂避難小屋に到着

P1250549

日の出にはまだ時間がありますが、明るくなりかけています。しかし、雲が出たり消えたり
・・・やきもきしながらその時を待ちます。

P1250562

P1250573

P1250576

その時・・・

P1250597

P1250599

とにかく・・・寒い・・・ 一時避難小屋に退避

P1250627

食事後、再度トップへ

P1250648

P1250657

ちょっとアートチックに

P1250662

そして、ブロッケン現象のおまけ付・・・わかるかな~

P1250674

さて・さて 何時までいても切がありません。  下山しましょう

登ってこられる方は増えるばかりの中、風はあいかわらず強い・強い

P1250700

P1250718


P1250732

二度目の大山・・・最高の景色を味をさせてくれました。登りはしんどいですが、それ以上の満足感が得られます。下山後にはこれで大山は十分に満足したと思いますが、またまた足が向きそうになる お山 です。

最後にモンベルの”巨大つらら”

P1250739

2015年2月 1日 (日)

ラッセル・ラッセル

予報どおり朝から雪模様・・・昨日のショートコースではいま一つ満足できず。
とわ言っても、この条件ですから無理しても楽しくないので課題の一つをクリアーすべく”氷ノ山”へ

響きの森に駐車して、命水に着てみれば・・・この小屋・・・そろそろやばいかも?

P1150943

今日はリフトを使わずに登ってみます・・・氷ノ越えまでですが(笑)

予想どおりトレースはなし、ラッセル・ラッセル

P1150944

1時間ほどで自然林帯に到着。このコースは下ったことしかなく、さてどっちに進むか?

P1150950

植林帯の中はよかったものの、峠へ100mくらいになると、激斜面

P1150953

ラスト50mは遅々として進めません。表面の雪をストックで崩し、それを踏んずけてじわじわ進む。峠は直ぐそこなのに~

P1150959

命水から約二時間半・・・避難小屋に到着。

P1150960

小屋を見るがきり、あまり雪はなさそうですが、実際には・・・

P1150967

吹き溜まりのせいか、窓近くまでの積雪。兵庫側からもトレースはなし。

山頂方向・・・もちろん見えず

P1150968

赤倉山方向

P1150970

小屋に入って昼食休憩。ラーメンを食べても温まらず、早々に下山。

一瞬の晴れ間、昨日歩いた尾根が見えます。

P1150973

登り時は見えなかった赤倉山

P1150980
右が登り、左が下り

P1150984

下りはさすがに早い、35分で命水に下山。

001

一度は登っておきたかったコース。山頂までは行きませんでしたが、氷ノ越えまでで十分激登りのラッセルを堪能いたしました。

多分・・・二度と登らないでしょう(笑)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ