« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月28日 (日)

好天最終日でしたが・・・

今朝は絶好の登山日和、山は今年最後の大賑わいになるだろう・・・庭の生垣に残っていた雪が氷の棘になっていました。

P1


残念ながら昨日の疲れか何処へも行けず、終日家でゴソゴソ。15時過ぎからは小雨模様となってしまいました。

今年も残り3日、昨日が山納めとなりそうです。

今年はガイド(?)や整備のお手伝い、歴史探訪、大山方面への遠征(少々ハマリ気味)等々色々とやってみました。
いずれも、いつもの単独行動と違い、皆さんとワイワイ言いながらの山歩きを楽しめた一年だったと思います。
皆さんありがとうございました。

来年は山歩きを始めて五年目となります、若桜の山も一通り歩けたかと思いますのでテーマを決めて何か形に残るもの・・・
う~ん、まあ・おいおい考えてみることにします。

新年、第一弾はおそらく弁天山、その後は氷ノ山・・・そして大山にもいくぞ~!!!

2014年12月27日 (土)

大段~高山? ラッセル訓練

年末・年始は天気が荒れそう、今日・明日が最後かな~ と。どこに向かうか悩みましたが結局下り尾根でラッセル訓練。

早くも三度目のリフト、先行者もありラッセルなしでブナ林へ

P1220773

あいにくの曇り模様でしたがまずまず、20~30cmのラッセルでP1376方向へ

P1220788

大段を望むがガスの中、前回晴天時の光景が印象強かったので少々残念・・・が暫くすると徐々にガスが流れていきます。

P1220803

P1220809

大段付近の雪原が輝きます。気を良くして一気に雪原下り。鞍部から南側、三室山でしょうか?

P1220816

振り返ってP1376方向

P1220821
登り返して、このあたりに三角点

P1220826

北側には遠くに扇ノ山

P1220829

大段南側の雪原、やはり青空は絵になります。

P1220831

振り返って

P1220837

残念ながら青空はこのあたりまででした。黙々と高山を目指します。
方向が変わり、正面には東山、南にはくらます

P1220846

P1220847

自然林と植林の境目に沿って歩きます、植林帯の奥は激坂

P1220855

1152を過ぎると植林帯を突っ切ります、そして1106辺りはちょっと複雑・要注意。
ここからは尾根が狭まり、北側は激坂の自然林、南側は植林帯となります。

P1220862

下山口となる尾根の入り口、高山まで行くつもりでしたが時間・体力と相談し今日もパス

P1220866

左手には高山、右手には赤倉山方面

P1220868

P1220870

事前偵察とおりに林道Pに到着

P1220875

未確認の広場奥の尾根に向かいます。

少し下ると植林、残念ながら最後まで植林帯でした。しかし、雪は少ないものの歩きやすく、前回高山から長砂に下ったコースよりは格段に楽でした。

P1220883

正面の杉林を下りましたが、最後は雪が少なく倒木と竹でてこずる。

さて、ここからはバスで氷ノ山に帰ります、待ち時間40分・・・寒かった~

P1220885

今日のコース

Photo

1

基本下り、大したラッセルでもなかったのですがそこそこ疲れました。それでも青空の雪原歩きができ満足・満足。

2014年12月23日 (火)

来年の宿題

穏やかな天気ですが、年越し準備で山行は無し。

ひと段落ついたところで”たくみの館”に顔をだしたら面白い話が聞けました。

以前から聞いていた古道がのっている地図が見つかったと・・・諸鹿谷から細見谷への山越えルートです。

P1220754

赤線が町境尾根、来見野から妻鹿野(左の丸)のルートは尾根上に石仏があり確認済み。
一番右のルート(八丁坂)は中国自然歩道(現在崩れて通行止)
そして真ん中ルート・・・あるはずとは聞いていましたが、尾根上の痕跡が見つからず確認を諦めていたルートです。しかしこの地図で点線ルートが判明しました。来年の宿題です。

ついでにもう一枚地図を見せてもらいました。上の地図より古い時代のものようです。

P1220753

この地図の面白いのは陣鉢山の位置・・・明らかに間違っています。青ヶ丸の北、1144辺りになっています。
それともう一つ、?印に示されている山・・・読めません。位置的には”悪谷の頭”辺りと思いますが? 

古い地図は面白いですね。

2014年12月21日 (日)

氷ノ山雪山周回一番乗り・・・かな?

曇り空ですが昨日の雪辱戦に向かってきました。

パトロール本部で登山届けを出してみれば、今シーズンの第一号との事・・・やった~
早速リフトに乗れば、リフトトップ付近からはガスはあるものの木々は真っ白・・・良い感じです。

P1220742

小屋のおじさんと話しながら登山準備、思っていた以上の積雪でスノーシューを装着。

P1220749

1~2日前の踏み跡、昨日の雨の後でよく固まっておりラツセルは無し。

痩せ尾根付近

P1150816

ブナ林に到着、ガスはあるものの視界はあります。

P1150824

ブナ林を過ぎても今日は風もなく快適、東屋は凍り付いていました。

P1150836

三ノ丸への道、笹はあるもののどこでも歩けます。

P1150837

三ノ丸避難小屋

P1150838

ここからも雪は良く締まり・・・というか凍っておりラッセルは無し。

P1150842

さすがにモンスターは発育不足、積雪ももう少しほしいところ

P1150851

P1150856

山頂直下からの登り、ここはいつも風が強くキツイところです。応援してくれるオブジェへのなりかけ

P1150859

山頂到着・・・リフトトップから二時間半でした。 ドアやけに黒い?  

P1150862
良く見ると・・・開けっぱ。なにやら徘徊していました。

P1150864

昼食中に東尾根コースから単独男性が到着。しばらく歓談し、先行スタート。
木道も確認できましたが、こしき岩への直行コースを選択。

こしき岩からちょっと覗いてみました、薄っすらと登山道が確認できます。

P1150875

少し戻って巻き道入り口へ直下

P1150879

難関の巻き道ですが確認できました。

P1150882

無事に仙谷分かれに下山、振り返って

P1150888

山頂へ一㌔の三角表示板

P1150891

氷ノ越えコースはまだ積雪不足、低木がじゃまをして歩くにくいところが多々あります。後1mはほしいところ。

ブナの原生林

P1150897

氷ノ越え避難小屋が見えてきました。

P1150900

中で休憩し、外に出てみると・・・

P1150903

P1150904

実はここからが一番不安でした、夏道は判るのか・積雪期限定コースは歩けるのか?
案の定、激下りコースには笹が出ており降下不能。幸い夏道が確認でき又新しい踏み跡がありました。

木原八丁付近

P1150910

このまま夏道を下山しても良かったのですが、限定コースも見てみたい。踏み跡もあったのでコース変更

P1150911

響きの森に顔を出し、振り返ってみると今日のコースが輝いていました。

P1150919

約五時間で周回できました。

まさかこの時期にこれだけの積雪があるとは思ってもいませんでした。しかもノーラッセルで雪上歩きを堪能した一日となりました。

天気予報では明日は雪、明後日は曇り、気温は高めですが良さそうです・・・私は登りませんが(笑)
ちなみにパトロール本部で聞いたところ、私の後に3パーティーの登山届けがあったようです。

2014年12月20日 (土)

氷ノ山冬山開き・・・ん?

今日は氷ノ山冬山開き・・・違った、スキー場開き。

爆弾低気圧のおかげで例年にない積雪、全面滑走可能。リフトも最上部まで稼動すると聞きました。
となれば・・・この時期まだ歩ったことのないリフトを使って三ノ丸経由の周回へ・・・となるはずでしたが・・・朝から雨。
山は雪の可能性もあり、とりあえず準備しスキー場へ

P1150797

積雪は十分ですが、やはり雨。雪に変わらないか・・・せめて雨が止んでくれたらと思いつつ待ってみましたが・・・ダメでした。

P1150808

P1150811

雨のわりにはたくさんの来場、うれしい事です。

P1150812

さすがに雨の雪山登山は気合が入らず、今日はあきらめました。・・・明日はどうでしょう?

スキー場まで路面に雪はありませんでした。

・・・笹が埋まっていることは、まずありません。登山道は非常に不明瞭・不安定な状態と思います・・・念のため。

2014年12月14日 (日)

週末は”雪”

週末の度に天気はいまひとつ、若桜の十二月は例年こんなもんです。

峠を南下して雪のない山を歩こうと考えていましたが・・・起きてみれば・・・・真っ白
昨日にしておけばよかったかな~などと考えている内に出そびれてしまいました。仕方がないので年末準備に変更し、里山の長靴徘徊。そのついでに・・・若桜城跡から。

P1

P2_1

その後、響きの森へ

P4_2

ゲレンデには30~40cmでしょうか? 12/20はスキー場開き、このまま行けば滑れそうです。リフトも無料になります・・・もしかしたらリフトを使って三の丸方面へ偵察にいけるかも?

P4_1

昼を過ぎてもダム付近は・・・

P5

今年もあと二週間程度ですが、もう少し山歩きをしたいと思っています。

2014年12月 8日 (月)

”遠見山”魅力発信事業Ⅳ

遠見山案内のリーフレットが完成しました。  A4サイズ・三つ折りの立派なものです。

P1_1

P1_2

随時主要なポイントに置かれると思いますが、わかり易いところでは八東・若桜の各道の駅でしょうか。お立ち寄りの節は是非手にとって見てください。

私も五十部預かりました・・・さて何処に配りましょうか(笑)
ご希望の方・団体の方がありましたらメールででもご連絡ください。

案内のコースは初心者の方でも歩けますが(島コースにはちょっと急な場所もあります)上級者の方には町境尾根から若桜神社や弁天山方向へのバリルートも面白いと思います。
来春の山行計画にいかがでしょう。

2014年12月 6日 (土)

初雪山はもちろん”氷ノ山”

起きてみれば周辺は真っ白、小雪も舞っています。
雪山フル装備でいざ氷ノ山へ。積雪5cm程度のキャンプ場に着き、初雪を踏みました。

氷ノ越えまでは5~10㎝程度

P1220680

P1220683

山頂一番乗りと思っていましたが、福定方向から先行者あり ちょっと残念

P1220687

仙谷分かれあたりまでは、10~20㎝程度ですが雪の着いた木々は正に雪山

P1220701

P1220704

P1220712

仙谷分かれから山頂までは吹き溜まりもあり20~30cm程度、全く展望はありませんが雰囲気は最高

P1220718

P1220721

P1220727

こしき岩を巻いたあたりで先行しておられた単独男性にすれ違い。聞けば篠山からとの事、しばらく立ち話しましたがこの方も相当な山バカ・・・いや山好きの方のようでした。

P1220729

さすがに今日はどなたもおられません、室内でもマイナス七度、早々に下山しました。

アイゼンやスノーシューはいりませんでしたが、登山道の階段や石は全く見えません。特に下山時は注意が必要・・・何度も転びかけました。

P1220736

終始小雪模様でしたが、下山時には大分明るくなり、平地は晴れ模様(明日はどうでしょう?)
ラッセルとは言えませんが、それでも土道とはえらい違い、結構疲れました・・・でも初雪山、満足・満足。

2014年12月 2日 (火)

さむい・さむい朝

今日の天気予報は平地でも雪マーク、先週末にはタイヤ交換もして準備OK。
が・・・起きてみると好天、山を見ても白くない・・・拍子抜けの朝。チラチラした程度のようです。
それでも氷ノ山はゲレンデも白くなったようなので、出勤途中に寄り道し・・・・

P12

P13

若桜町内から山頂が見える場所は限られていますので、八頭町の茂田付近から一枚
さすがに氷ノ山・・・綺麗だろうな~   今週末は耐寒訓練でもするか。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ