« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月23日 (日)

里山徘徊・・・遠見峠

若桜に帰ってみれば、雲は有るものの好天。折角の装備、何処かへと考えましたが気分はいま一つ。
ならば、ホームグランドの遠見峠へ・・・まだ黄葉があるかも?

黄葉はすでに終盤でしたが、紅葉の類はまだまだ綺麗

P1220612

展望所から”裏遠見”の黄葉

P1220617

堂々の陣鉢山

P1220621

小一時間、まったりとコーヒータイム。このまま帰るのもと思い、いまだに行っていなかった眼下の円形台地へ。 

P1220629

そのまま向かいのピークへ行き、振り返ると

P1220634

三倉富士、手前に弁天山からの下り尾根

P1220638

弁天山はすっかり、透けています

P1220640

展望所後ろの広場は・・・

P1220647

P1220654

落ち葉の絨毯・・・カサカサと快い音に癒される。

今年の宿題・・・果たせず。

今年の宿題を果たすべく町外の山に向かいました。しかし、目的地に向かうに連れてだんだん空が暗くなります。
こんなはずでは・・・?

取り付き予定地に着いた頃には・・小雨がぽつぽつ・・・  向かう山はおそらく藪山、それなりの覚悟ででしたが・・・

P1220580

あの尾根を登る・・・なかなか良さそう

P1220582

一番奥が目的のピーク、できれば手前の尾根まで歩く。

P1220589

ピークはガス、直前尾根辺りは濃い緑・・・おそらく笹薮・・・
小雨は止まず、心は折れてしまいました。  このお返しは”積雪期”にきっと!!!

林道を帰る途中・・・あちら方面の山にも行ってみたい・・・

P1220592

レポートを残すほどの事ではありませんでしたが、自分のために。

2014年11月22日 (土)

今年最後のご来光と先日の宿題を・・・

今年は何回行ったでしょう? 氷ノ山のご来光登山
最終回は明後日のようですが、予報的には今日の方が良さそうなので参加してきました。

参加者四名・男性ばかり、遠方からの参加者もありました。
積雪を期待していましたが、ちらほら・・・

P1220460

仙谷分かれ・・・新しい標識も建てられていました、ちなみに 八合目

いいペースで登り、小屋で休憩。  山頂の様子

P1220471

低い雲があり、なかなか上がってくれません

P1220484

P1220487

顔をみせてくれました、今日は若干すっきりしていないような感じで・・・70点?

P1220499

P1220494

今年最後も見られて満足・満足   ”のりさん”今年もありがとうございました。

次は来年、積雪期かな? 

さて、下山後・・・先日の尾根から見えた林道(根安・つく米線)調査に行ってきました。
(ここからはマイナーな情報です)

スキー場を通り、舗装道路をひたすら最深部へ
結果、判りました。以前来た時は、地図の最終地点と実際の最終地点は同一だと思っていましたが、実際にはもっと先まで進んでいたようです。

1

実際には黒線、更に最終地点は旗印のポイントでした。先日の尾根から見えるはずです。
P地点に駐車し、100m無いくらいの地点

P1220513

向かいの植林尾根に取り付き、激登り・・・先日の尾根に登りました。
下りは傾斜を考え、駐車地点への尾根。

P1220526

但し・・・

P1220539_2

最後は黄色線を下るのが正解でした。

無積雪期、高山へのルートはここが最短と思います。
積雪期の下山は先日の尾根より、この尾根の方がいいかもしれません。(地図を見る限り)

2

林道途中から・・・

P1

P1220546

 


綺麗だったので・・・西方寺のお庭

P1220561

P1220562

P1220566

2014年11月16日 (日)

高山へのルート調査

”高山”若桜のほぼ中心に位置する1032mの山・・・展望さえよければ最高の山なのだが・・・
もう一つの問題は、東側の大段方向から以外は全て急傾斜。積雪期大段からの縦走は最高なのだが下るルートがない・・・。

先日、子供の頃、渕見の谷から登っていたとの情報をいただいた。50年近く前の話、はたして登れるのか?

今日のルート

Photo


渕見集落に車を置き、害獣除けのゲートを二つ抜けて小さな谷を詰めて行った。

P1220330

三つの砂防ダムを奥へ奥へ、かなり荒れており歩きにくい。470mあたりに謎の送水管?

P1220334

550mあたりに作業道発見、本谷から外れるが調査の為向かってみる。

P1220337

尾根を巻くとしばらくして消滅。878方向へは急坂な為登れないと判断し、尾根を二つ越え、本谷に戻る(かなりの時間・体力ロス)

本谷に戻ると谷はすっきりとし、かなり歩きやすくなった。

P1220352

そして750mあたりで・・・

P1220357

谷は急に明るくなり、左手には下りに使う予定の支尾根、しかも直ぐそこ・・・綺麗な尾根の誘惑に負け、谷詰めを諦めた。

尾根に上がってみれば・・・

P1220370

綺麗なブナの自然林、すでに落葉し、枝の間に氷ノ山方向も見渡せた。

途中・・石柱が引き抜かれていた。

P1220382

僅かに残る黄葉

P1220385

ウロウロしながら登っていくと、前方に植林帯・・・主尾根まじか

P1220389

左右の展望

P1220394

P1220395

主尾根ももちろん自然林、高山へは一旦下る・・・高山奥座敷の広場

P1220403

今日は高山へは向かわず、水平移動し、1000mピークへ。 ピークから高山

P1220409

ここで昼食・・・シーフードヌードルの中には途中でゲットした山の恵み。ちょっと合わないがボリュームUP

P1220415

下りは途中までピストン

P1220427

沢からの登りポイントの先は直ぐに植林帯となってしまいました。

P1220431

ここから下を覗くと・・・

P1220432

なんと、100mほど下に舗装道路・・・なぜ? スキー場から延びる林道は途中で切れているはずなのだが・・・?

ここからは終始植林帯下り、  716ポイント

P1220438

途中、差し込む日差しに輝く、もみじ。

P1220445

P1220449

P1220452

何箇所か激下りポイントも有りますが、植林帯ですので何とかなります。

この尾根ルート、登りはきついが積雪期の下りには使えるかも?(あくまでも個人的見解ですよ)
それよりも、途中見かけた”舗装道路”一度確認してみる必要がありそうだ。

1





2014年11月15日 (土)

「遠見山」登山道整備記念登山

今年の春、遠見山の麓の有志が集まり、多くの方にその魅力を知っていただこうと活動してきました。そして、半年がかりで登山道の整備や案内板の設置ができあがった事を記念して登山大会の実施となりました。
参加者47名、スタッフを含め60名程の登山、微力ですが私もお手伝いした事から最後尾に同行して登ってきました。

P1220327

中島の登山口から登り、島への下山コースです。

中島登山口

P1220251

虚空蔵庵の大杉と銀杏の間を抜け、植林帯を登っていきます。

P1220254

山頂への支尾根に乗れば自然林が続きます。

P1220259

途中には巨岩石地帯  この辺りが五合目

P1220262

黄葉の自然林帯をジグザグに登っていきます。  一番好きな場所です

P1220266

P1220270

P1220272

そして七合目・・・見晴台に到着

P1220273

あいにく登り時は雲っていましたので、下り時の写真・・・正面に扇ノ山

P1220275

ここからもうひとガンバリ、自然林と植林の先に山頂となります。

P1220278

遠見山 805.9m 三等三角点 点名 本谷

P1220286

展望はいま一つですが、若桜側に弁天山・三倉富士・東山・鳴滝山・・・そしてここへの裏ルートとなる遠見峠方向が確認できます。

昼食後、集合写真を一枚

2014_2


下山は見晴台経由・・・こちらも自然林ですが、少々キツイところもあります。又コースが判りにくいポイントがありますのでピンクのテープを確認してください。

P1220298

ちょっとスリリングな岩場、ここからは左右に展望があります。

P1220303

三角点531を過ぎ、松林を下り・・・

P1220312

蕨藪?に出れば・・・

P1220314

送電線の巡視路になります。

P1220318

最後に植林帯の階段を下っていけば・・・下山口

P1220321

あとは舗道を出発地点へ

P1220322

皆さんお疲れ様でした。 次回は裏コースを歩いてみてください。

1_2

遠見山は、標高は805mの山、地元の小学生が遠足に登る山ですが登山口からの標高差は650mあり、氷ノ山とそう大差はありません。標準時間は登りに二時間半、下りに二時間くらいでしようか。
黄葉時もいいですが、春にはアセビやイワカガミの花が綺麗なコースです。

2014年11月 9日 (日)

雨の弁天山

朝から小雨模様・・・今日は山行き中止と思いきや・・・HNC企画の”弁天山”決行の連絡。
お~やりますか。出発時から雨具着用の山行はテンションが上がりませんが、弁天山ならやむを得ません。

参加者16名の少数精鋭、何としても山頂を踏んでいただくべく同行してきました。三倉富士は諦めていただき、足元を考えての逆コースです。

自然林を激登り中

P12_1

さすがに精鋭、この条件の中二時間で山頂到着。小雨の中、昼食し一時間半で下山。
下山後は弁天さんの参道に紅葉の植林までおこなっていただきました。

お疲れ様でした、次回は好条件時に是非ともリベンジしていただきたいと思います。

残念ながら雨の為、カメラの取り出しに躊躇し写真は撮れませんでした、すみません。

 

2014年11月 8日 (土)

大山の魅力を満喫

今年も何回かご来光登山に向かいましたが、一度は”大山”からも眺めてみたい。そんな想いで大山マニア(?)のM氏とY嬢に同行させていただきました。

Photo

AM3:35 夏山登山道を出発、今日はかなり明るい月夜・・・樹林帯を抜けると

P1220032

八合目を過ぎるとぐっと楽になり、山頂に到着・・・振り向けば

P1220040

この絵だけでも興奮ものでした。そして日の出方向

P1220043

若干心配もありましたが、大丈夫のようです。
時間が経つにつれ、夕日のような赤さになって・・・剣ケ峰方向は

P1220073

そして、ご来光・・・満足・満足

P1220090

明るくなると回りの山々が浮き上がってきます。

P1220108

雲は動き、景色を変えます。

P1220097

P1220114
P1220126

P1220140

何枚シャッターを切ったでしょう・・・きりがありません、多くの登山者とすれ違いながら下山。

下山は元谷経由としました。

P1220172

高度が下がるとまだまだ紅葉が残っています。

P1220177

そして、元谷

P1220190

P1220195

対岸に渡ると気持ちよい紅葉が綺麗な自然林

P1220205

杉の巨木をすり抜けて、大神山神社

P1220213

車に荷物を片付け、お昼は・・・人気のバーガーには長蛇の列

P1220226

食後にはこの時期超絶景スポットへ

P1220227

三の沢から見上げてみる

P1220241

大山を満喫した秋の一日、次回は雪山・周辺のルートも歩いてみたくなる魅力たっぷりの山域を実感しました。

P12

同行いただいたお二人に感謝!

 

2014年11月 2日 (日)

大ボウシから赤西山へ縦走

雨は無いものの晴れそうも無い朝、明日も山行できる保証なく・・・決行!!!

”大ボウシ”・・・いい山なのだが当然登山ルートはなし。考えてみれば山頂に立ったのは一度だけ、しかも変則の激登りルート。多くの方が歩っておられる「大野」への尾根ルートを歩ってみる必要がある。
できればそのまま県境尾根経由で赤西山まで・・・・行けるかな~
外ノ岡谷の入り口に自転車をデポし、大野の神社広場から正面の植林帯に取り付く。激登りである・・・がんばって650mあたりまで来ると・・・やっと自然林へ

P1150595

P1150613

紅葉もきれい・・・晴れていたらもっと良かった・・・と思うのは贅沢?
823からは更に良くなる、巨石も点在する。

P1150620

P1150626

極一部植林もあるが終始自然林を気持ちよく登っていくと、大ボウシ山頂の広場

P1150644

P1150646

前回登った時は、あまり展望は良くなかったと思ったが県境方向が刈られているようだ。
これから歩く尾根とその先に県境尾根・・・三室山はガスっていた

P1150651

ここからも当然良い尾根が続きます。

P1150654

P1150659

1090・・・ここには二度来たことがある

P1150677

ここらで少し雨にあったが、時折晴れ間も

P1150679

前方に植林が見えれば県境到着

P1150684

13:00 県境尾根で昼食にする・・・風が強い・・・さぶっ

さて、予定では赤西山だが少々疲れ気味・・・エスケープルートも考えながら・・・出発

P1150693
1047手前から・・奥に赤西山

P1150699

山頂はすでに透けている

P1150707
どうにかこうにか・・・山頂へ。    お決まりのポイント

P1150709

1057経由の下山を考えていたが、今日は諦めて最短ルートの直下コースへ。

P1150714
ここも良いルート、高度が下がるとまだまだ紅葉がきれい

P1150723

ただ、このルートの問題は尾根の最後が激激下り・・・

そして、・・・滝上広場・・・

P1150733

P1150734

日が差さず少々暗いが、良い感じ

P1150743

そのまま沢コースを帰るが、以前より荒れていて危険かも?
更に、最後の滝を下りた後・・・カメラをぽちゃ・・・ショック!!!(何とかメモリーは生きていたが本体は死んだ?)

Photo

1



2014年11月 1日 (土)

三連休は雨模様

黄葉にはグッドタイミングの三連休ですが、残念な空模様・・・あ~ぁ

朝から小雨で早々に山行きなしを決めてしまう、何をしようかと新聞を広げると・・・

P1220005

こんなイベントの記事。まんざら興味が無いわけでもなく、時間的にもちょうど良いことから覗いてみる事にしました。(環境省主催・中身のわりにはちょっと軽めな題目?)

P1210992

なかなか盛況で若い子・女子の姿も見られました。

P1220003

P1210999

P1210996

P1210988


リタイヤしたら”マタギ”になるか(笑)・・・食害・ハンターの減少はかなり深刻な問題のようです。

明日は少々の雨ならどっかに向かってみるかな~

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ