« ”ゴジラの背” 矢筈ケ山・甲ケ山・勝田ケ山・・・縦走 | トップページ | 弁天大祭 宵宮 »

2014年9月 6日 (土)

若浪の滝

大段から高山の尾根・・・南側には何本もの小尾根が出ています。内三本は歩いていますが今日は一番長い「大瀬谷」と「若浪谷」の間の尾根を歩きました。

0

当初の予定では尾根の末端・ゲートの辺りから若浪川沿いの林道を歩くつもりでしたが舗装路に誘われ結局最終地点まで入ってしまいました。

谷の入り口

P12

林道最終地点(途中からはダートです)

P1200441

沢を渡り、奥の作業道を進むと直ぐに取水堤(地図にある水色の点線?)

P1200444

しばらくは植林帯の歩き易い道でしたが、植林帯が切れた辺りで道をロスト。ここからは沢沿いに進みました。

P1200450

P1200458

歩き易いところを探し、右・左と進むと徐々に谷も狭まり、写真のがけ崩れポイントへ

P1200465

水の中は歩きたくないのでやむなく、がけ崩れの斜面を進む(ここが一番の難関でした、大した水量ではないので水の中を歩くのが正解)

前方で谷がわかれ、主流側が明るくなったと思うと・・・

P1200466

若浪の滝

P1200473

滝は三段になっており、途中のテーブルも大きい様子。

P1200483

しばらく滝見休憩し、左岸をよじ登る

P1200490

P1200499

一番上に登ると下からは見えなかった二段

P1200500

いや~立派な滝でした。 先へ進みます・・・ここからはそう苦労はありません

P1200522

P1200529

高さは三mくらいですが幅があり風情のある滝でした。

P1200538

高さ.は二mもないですが広いテーブル状の岩、全域に水が流れていれば圧巻のはず。
この先で自然林は終了、植林帯となります。

P1200555

三角点1075へのポイントを探しながらもう少し奥へ。たいして標高差はありませんが沢歩きの為か少々疲れ気味・・・広い植林帯の中、ぽつんと三角点(白杭は倒れてました)

P1200558_2
点名 中原・・・若桜に二つしか無い二等三角点です。ちなみの扇ノ山も二等ですが住所は八頭町又氷ノ山は一等ですが住所は兵庫県なのです。二等のもう一ヶ所は屋堂羅の奥にあります。

尾根沿いには狭い幅ですが自然林も残されていました。

P1200563

主尾根に登る事も考えましたが、今日は大瀬谷川の奥の点線末端を確認する事にして水平移動。点線は確認できませんでしたが、苔むした石の沢・・・下からは水の流れる音がしていました。

P1200571

この場所にはまた来ることになると思います。

三角点までもどり、軽食休憩

P1200575

後は尾根を下るのみ・・・ほぼ左右どちらかは自然林、展望はありませんが下草・雑木の全くない歩き易い尾根でした。

P1200578

P1200580

884の先にテレビアンテナ

P1200589

786の先から駐車地へ植林帯の激下りです。

00

滝見が主体となり尾根歩きが半分となってしまいましたが、まぁいいでしょ。
駐車地から滝まで約1時間・・・滝に興味がある方にはお薦めです。帰宅後ネットで調べてみるとかなりの方のレポートがあり、若浪の滝 五段・50mとなっていました。

« ”ゴジラの背” 矢筈ケ山・甲ケ山・勝田ケ山・・・縦走 | トップページ | 弁天大祭 宵宮 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、山ボーイさん。
いつも斬新なルート、感心しております。
若浪の滝、下りの尾根、いいですね。
軟弱な脚には難ルートですが、無理せず歩いてみたいです。
マムシはいませんでしたか?

連休のレポ楽しみにしています。

やまんばーばさん こんばんは
今回のコースは滝見が主体となってしまいました
尾根は下草等は全くありませんが、展望もありませんよ
ましてや半分残してしまいました。

それよりも、そちらは町境歩きが終盤のようですね、最後はゴジラの背より
も厳しかったりして・・・気をつけてくださいね。

連休は団体行動の予定です(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/57299671

この記事へのトラックバック一覧です: 若浪の滝:

« ”ゴジラの背” 矢筈ケ山・甲ケ山・勝田ケ山・・・縦走 | トップページ | 弁天大祭 宵宮 »