« 全国山城サミット 鳥取大会 | トップページ | 若浪の滝 »

2014年8月30日 (土)

”ゴジラの背” 矢筈ケ山・甲ケ山・勝田ケ山・・・縦走

今年は是非とも行って見たかった”ゴジラの背”、GW過ぎから考えてはいましたが単独では中々踏ん切りがつかず八月も終わろうとしていた昨日。急遽・行こうとの声がかかりました。天気は曇り模様ですがこの機会を逃したら何時になるかわかりません・・・てな事で二時半起きで鳥取を四時半出発。
ところが、中部に入ると小雨模様・・・スマホで雲の動きを見ながらとりあえずは船上山下山口に車をデポし、出発地の川床に到着。ここでも相変わらずの小雨模様・・・どうしましょ?

大休峠まで約4㌔、先の事はそこで考えることにして 6:55 いざ出発。

P1200284

終始小雨模様ですが歴史を感じさせる石畳

P1200300

8:32 峠の避難小屋に到着。綺麗な小屋でどうするか相談しながら大休憩。

P1200304

P1200315
そうこうしている内に雨が上がり、ガスも切れ次の思案ポイントを矢筈ケ山として 9:30 出発。

P1200319

濡れた潅木の中、急登して何も見えない矢筈ケ山に 10:10 到着。

P1200326

引き返すならここが決断ポイント・・・しかし雨は止んでおり、なんとなく進むことに。 さあどうなりますか?

進んで行くと前方に何やら尖がったかたまりが・・・・

P1200330

あれが”小矢筈”・・・あっ・書き忘れました・・・今日の同行者四名は誰もここを歩いたことがありません。
果敢に登り始めます・・・この先の恐怖を知らずに。

P1200335

途中方向を迷いながら何とかピークへ。覗き込むと薄っすらと歩いてきた尾根、ガスでそれ以外見えないのが幸いしたかも?

P1200342

もう誰も引き返そうとは言いません(帰れません)・・・前進あるのみ。

P1200345

指差す方向にまたもや黒い三角が・・・

P1200347

不思議な事に初めてガスが切れてきました・・・先に見えるは甲ケ山。

P1200353

この先又恐怖を味わうことを知らず 気分は最高!!!

P1200357

P1200360

登り返して・・・足が止まります。先ほどの笑顔はもはや無し。

P1200365

水平移動し・・・・

P1200372

三点支持してガスる山頂へ垂直登り

P1200375

甲ケ山到着、12:00

P1200380

ここで初めて船上山方向からの登山者二人(広島より)に出会いました。 昼食タイム。
相変わらずガスで展望はありませんが雨・風がないのが救い、今日のメインとなるゴジラの背に向けて出発。12:35?

P1200384

P1200391

中々スリリングで面白く、絵になる場所・・・でもガスがなかったらどうだったかな?

当初考えていた甲川への降下ポイントを見る・・・かなりきつそう。

勝田ケ山 13:45 通過   一瞬の晴れ間

P1200398

P1200399

さて、ここからは延々と潅木・小笹を搔き分け進むのみ。行程はまだ半分?疲れも出始め、足を滑らす。雨も降ったり・止んだり、中々写真を撮る気力も出ない。

P1200405

P1200408

船上山神社 15:15 何とか縦走終了。 雰囲気のある神社

P1200413

P1200418

ここからは道が広くなり、ほっと一安心・・・でも足元は滑りやすく注意、気がぬけません。
途中にあった綺麗な小屋から下界を覗くと・・・

P1200425

何という事でしよう・・・晴れてます!

駐車地前・・・背後に屏風岩 

P1200434

16:08 無事下山

いや~疲れました。 と 同時に達成感十分、周りの人も気にせず駐車場に座り込み今日の反省会? ・・・15キロの距離でしたが約9時間、スリリングな岩場と延々と続く濡れた潅木帯・・・。
いずれにしてもこの条件、単独だったら絶対無理だったと思います。同行いただいた皆さんに感謝と無事に下山できたことに感謝!!!

0

1

最後に・・・今日のコース、前半部の岩場は危険なポイントが多々あります。安易な気持ちでの挑戦はお薦めできません。

« 全国山城サミット 鳥取大会 | トップページ | 若浪の滝 »

町外の山歩き」カテゴリの記事

コメント

雨模様の中、お疲れ様でした。
全長15キロも大変ですが、濡れた岩場は相当スリリングですね。
難易度高そうなので僕にはまだまだ無理そうです(笑)

や~ 疲れました、好天気ですが休養日してます。

万一、連れてってと言われたら・・・ゴメンナサイ・・・
おそらく、皆さん当分は行きたくないと思います(笑)

山ボーイ さん こんにちは

ゴジラの背を無事に体験されて良かったですね。
次回は、好天の時にリベンジされると、もっと達成感があると思います(笑)


それとも、次回は、私が6年前に体験した「大山の大縦走」はいかがですか?
http://daisen2.web.fc2.com/08-5gatu18.html

大山は崩壊が激しいので難易度はアップしていると思いますけど・・・

たくやさん こんにちは

単独での周回を考えてはいましたが、ある意味今回で正解だったとも思います。

晴天時・・・達成感は倍でしょうが、恐怖感は三倍?
足がすくんで動けなくなるかも(笑)

大縦走・・・十年早い、いやいや二十年遅いと思いますよ。

こんばんは
矢筈ヶ山・ゴジラの背・勝田ヶ山天気がイマイチで残念でしたね
好きなコースです、鹿の気配がない山もいいでしょ。


やまんばーばさん お久しぶりです。

やっと念願が叶いました。若桜ではできない経験、たまにはこういう山行も
いいものですね。(癖になると困りますが)

町外では年内にもう一ヶ所行きたい場所がありますが
近場でも何処か新規開拓したいと思っています。
 

山ボーイさん
お疲れさまでした。なんだかんだで楽しかったですね。
帰ってから右目周辺が腫れてきまして…かぶれたみたいです。

デジカメデータ頂きました。ありがとうございます。
忘れ物(?)もあったようですので、ぼくのデータと一緒にY子さんにお預けしております。


たくやさん
大山の大縦走すごいですね。憧れます。
実はわたくし、去年の7月21日に砂すべりからたくやさんと一緒に下山させて頂いた者です。
登山をはじめて2年が経とうとしておりますが、いつも「大山の風」楽しみに拝見させて頂いております。
この場を借りて感謝とお礼を申し上げます。

山ボーイさん こんばんは
チョットこの場をお借りします。

まつしまさん
「登山歴、1年未満」として掲示板に書き込んで頂いた方ですね。
大山の風を見て頂いて有難うございます。

登山歴の長い山ボーイさんの経験を吸収して、どんどん山に行きましょう。
登山は経験が物を言う世界ですから、特に先輩の失敗談を聞きましょう(笑)

私は、今年は南アルプスを頑張っています。
元気なうちに、3,000m以上の山(21座)を完登しようと思っていますので、これからもお互いに山を楽しみましょう。

まつしまさん こんばんは

先導役 ありがとうございました。
私は皆さんに付いて行くだけ、精神的には楽させてもらいました。

お互い単独行が主体、少々心配性くらいがちょうど良いと思います
注意しながら山歩きを愉しみましょう。
この冬は是非大山に同行させてください。


たくやさん こんばんは

私が山歩きしだしてまだ三年ほど・・・技術も道具も全て独学(?)
吸収されるようなものは持ち合わせていませんよ(笑)


たくやさん
こんばんは。
はい、「登山歴、1年未満」で書き込みした者です。(白シャツ&軍手)
またどこかでお会いできたらと思います。
コメントありがとうございました。

山ボーイさん
こんばんは。
また大山方面に行きましょう。
カリスマたくやさんに少しでも近づけるよう、ぼくたちもチャレンジ精神を忘れず山に向かいましょうね(笑)

まつしまさんへ

写真いっぱい、ありがとうございました。

早速プロフィール写真を変更してみました。
(アップには耐えられませんが・笑)

聞けば遠征予定との事、あまり無理されないように!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/57231955

この記事へのトラックバック一覧です: ”ゴジラの背” 矢筈ケ山・甲ケ山・勝田ケ山・・・縦走:

« 全国山城サミット 鳥取大会 | トップページ | 若浪の滝 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ