« 作業道歩き Ⅱ | トップページ | 氷ノ山山麓のファミリートレッキング »

2014年6月29日 (日)

"遠見山"魅力発信事業

”遠見山”を整備し、その魅力を発信しようと地元の方々が立ち上がられました。

P1191

八東地区を代表する山「遠見山」、小・中学校の校歌等にも詠われ親しまれ、地域の住民を見守っている山「遠見山」、私たちの財産であり、宝でもあります・・・・

私も遠見山には縁があります(裏側からですが)微力ながらお手伝いさせていただく事になりました。

先ずは、皆さんと登ってみる事に・・・登りは中島地区から下りは展望所から島地区へ(初コースでした)

P1190

取り付き場所は案内板がありますので間違う事はないしでしょう

P1

登りのコースは小学校の遠足で使われるコース・・・でも、そこそこの登りです。
取り付き直ぐに杉とイチヨウの巨木、尾根までは主に植林帯。尾根に乗ると自然林、途中のポイントを確認しながら・・・(何枚か写真を撮ったのですが設定を間違えブレブレ、申し訳ないですが以前の写真を貼ります)

Dsc_0036

途中にはイワカガミの群生地

Dsc_0048

このコース最大のポイント、展望所(残念ながら今日はイマイチ)

P2

前回時も・・・天気が良ければ、八東谷全域、市内まで展望できます・・・念のため

Dsc_005

山頂へは、もうひとガンバリ

P1190250

若桜神社方向・遠見峠方向へのコース等魅力的なオプションコースも取れます。
後日、別コースも歩く事にして下山。
展望所まではピストン、そして初めてのコースを下ります。ほぼ全域自然林・変化もあっておもしろいですが、やや傾斜がきつく注意。

P1190254

送電線の鉄塔ポイント、ここら辺りはワラビの大群生地

P1190263

電線の下を真っ直ぐに下って・・・

P1190266

神社への登り口に下山

P1190267

いつもは単独ですが、今日は大人数で地元の歴史、自然等ワイワイガヤガヤ。楽しい山行きをさせていただき、ありがとうございました。

Photo

1


« 作業道歩き Ⅱ | トップページ | 氷ノ山山麓のファミリートレッキング »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/56646974

この記事へのトラックバック一覧です: "遠見山"魅力発信事業:

« 作業道歩き Ⅱ | トップページ | 氷ノ山山麓のファミリートレッキング »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ