« 雨の止み間に・・・ | トップページ | 若桜側から江浪峠~天児屋山  後編 »

2014年6月 8日 (日)

若桜側から江浪峠~天児屋山  前編

5/19 宍粟のOAPさんらのグループが三国平から天児屋山へ歩っておられる。笹がだいぶ衰退しているとの事。
実は昨年、このコースを歩かれる団体さんがおられ同行させてもらう予定にしていたが、雨の為軟弱にもキャンセルしてしまった・・・。ぜひとも歩きたいコース、行かずにはおられまい。
それともう一つ、天児屋へ向かうには江浪峠を通る事になるが峠直下が荒れ放題、一度コースをしっかり確認しておきたい・・・・てな事で吉川・沖の山林道へ向かう。

先に地図を貼っておきます。概ね点線に沿っています。

001

江浪峠取り付きポイント、数台の駐車は可能です

P1180844

暫くは植林帯、歩き易い作業道がつづきます

P1180847

点線に沿っていましたが、大きく外れるポイント。道は川をまたいで左の尾根に向かって進みますが、点線方向は確認できませんでした。

P1180854

自然林が出始めましたが道はいくぶん狭くなったような・・・

P1180855

ここからは斜面をジグザグに登っていきます、地図の旗のポイントは全て尾根部

P1180860

P1180864

登りは道を忠実に辿りましたが、下り時は尾根をショートカットしています

003

そして、最後の旗のポイントから尾根の反対側に移動、しばらく進むと・・・

P1180881

ここからは植林帯(まだまだ背が低い)

004

丸印の部分が厄介・・・道の両サイドに植えられた杉の枝がかぶさり道を塞ぐとともに、水の為によく荒れています。

P1180889

P1180890

P1180893

振り返ると”くらます”P1180898

藪を搔き分け・搔き分け・・・やっと

P1180902

峠に到着

P1180906

前回峠から下った時もGPSはあったのですが、それでも直下は苦労しました。今日は冷静に進んだ事もあり、それほどでもありませんでした。ほぼ点線で間違いなく、よく探せば道は開かれます。あとは勇気を持って突っ込むのみ(笑)・・・とはいえご注意ください。

« 雨の止み間に・・・ | トップページ | 若桜側から江浪峠~天児屋山  後編 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

江波峠への道は、最初は雰囲気のいい(地図の)点線の道が残っていて楽しいコースですが
後半は植林と湿地帯に悩まされるコースは、私が歩いた時と変わってないようですね。
所々に古い木橋などが残ってませんでしたか?

ところで天児屋山の点名は「中江」なのでこれは若桜の名前のようです(^_^;)

OAPさん こんばんわ

峠手前の付近は確かに良い感じではありませんが、前回時より苦になりませんでした(それなりに覚悟してましたから)
木橋はありませんでしたが、古いものではないかもしれませんが、道の石積みは数多く残っています。明治時代の地図を見ると若杉峠への道より、江浪峠の道の方が広く描かれています。ちなみに天児屋山に該当する山名はみあたりませんでした。

先ほど天児屋山への記事もUPしましたが、もうひとがんばり大通峠へ向かわれるようなことがあれば声をかけてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/56440749

この記事へのトラックバック一覧です: 若桜側から江浪峠~天児屋山  前編:

« 雨の止み間に・・・ | トップページ | 若桜側から江浪峠~天児屋山  後編 »