« 速報 鳴滝山~東山 縦走 | トップページ | 氷ノ山夏山開き »

2014年5月18日 (日)

鳴滝山~東山 縦走・周回

昨日の疲れは若干あるものの、足の痛みは無し。先日の鳴滝山・途中撤退をリベンジすべく再度向かいました。

スタート地点は前回と同様、鳴滝山への直登尾根。前回の下り尾根を登る予定でしたが、反対側の沢もなかなか良さそうなので川に沿って登ってみました。

P1180537

P1180542

ついついそのまま進んでしまい、二手に別れ少々藪ぽいところで沢を離れました。激登りして上部林道・・・小屋の裏手に到着。

P1180552

予定の尾根ではありませんが、小尾根に取り付き支尾根を目指します。

P1180567

先日の撤退ポイントからは急登と笹を心配しましたが、さほどの苦労も無く主尾根に到着。
鳴滝方向・東山方向・・・情報とおり笹が刈られています。

P1180570

P1180571

先ずは鳴滝山へ、積雪期の記憶と一致しません。

P1180574

山頂からは智頭側のP1228方向に笹が刈られており注意が必要、町境は山名プレートの奥になります。
山頂から弁天山、遠くには扇ノ山・・・展望がよくなっています。

P1180578

さて、引き返して東山への縦走開始。尾根は広く刈られていますが、笹の切り株、倒れた笹が多数あり足元には十分な注意が必要です。

P1180585

P1180591

P1180593

積雪期は・・・

P70312

P1180596

P1180600

下り尾根の入り口となるP1204を偵察した後180mの登り。ここが難関・要注意場所。
急斜面に一面の倒された笹、すべって転べばお尻に笹の切り株が刺さること必定。登りも下りもかなり注意が必要と思われます。

P1180610

何とか東山の手前のピーク・・・見覚えのある杉の木

P1180616

積雪期は・・・

P70327_2

振り返れば歩いてきた鳴滝山からの尾根

P1180618

山頂まで残り直線80m

P1180621

山頂から振り返る・・・・なぜかスプーン?

P1180622

鳴滝山~東山 約3キロ、平均標高は1200m超。全域ブナ林の天空回廊。笹の切り株はあるものの中々のコースと思います。

お立ち台で一枚・・・ちょっと偉そう?

P1180625

早めの昼食休憩を取り、下山します。要注意ポイントも転ばずにP1204へ

入り口は人工林

P1180636

ここからは九割方人工林となります、笹が無い分下りには楽なコース。途中には先日の下り尾根と同様に檜の幼木帯があり、足元が見難くなりますが、しゃがんでよく見れば踏み跡がありますので確認してください。

P1180643

上部林道から弁天山

P1180648

快適?な下り尾根

P1180653

下り尾根、最後の最後に激下りとなりますが、特段障害もなく登りにも使えそうです・・・コース取りとしてはあまりメリットもないか?

途中で・・・ケガか病気かわかりませんがどうしようもありません。

P11

縦走+三角周回、若桜側からの一番短いコースかも知れません。
時間的には・・・取り付きから鳴滝山 140分   鳴滝山から東山 120分  東山から取り付き 90分  休憩を入れて7時間のコースでした。

Photo_2

1














多くの方に歩いていただき、縦走路が踏み固められればいいコースになると思いますが、全域切り株と倒れた笹がありますので十分に注意してください。又レポート中の感想は私の個人見解ですのでご承知おきください。

« 速報 鳴滝山~東山 縦走 | トップページ | 氷ノ山夏山開き »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/56237176

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴滝山~東山 縦走・周回:

« 速報 鳴滝山~東山 縦走 | トップページ | 氷ノ山夏山開き »