« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

新緑・あざやか

ひと雨降って、山の緑があざやかになりました。

GW後半は天気も良さそう・・・ここやあそこや向かいたい場所が増えます・・・体力が持ちますでしょうか?


                   庭のエビネも咲きました

P0

2014年4月27日 (日)

ちょんやせ~・ちょ~んやせ~

350年の歴史がある”若桜神社大祭” 若桜の自慢の一つです。

隔年で本祭りとなり、一番榊・八幡宮神輿・熊野権現神輿・松上大名神神輿が宿内を練り歩きます。
5/2 宵宮・5/3 午前零時の起床太鼓で始まり、8時からの神事後御幸行列が宿内に出発。
なかなかのものですよ、是非見物に来てください。(お勧めの見所は、朝・境内から三基の神輿が二百段の石段を降りるところ、又21時頃その石段を駆け上がり、境内でギリギリまで練り上げるところでしょうか)

P1_2

P2_2

ちなみに私も行列に参加します・・・神輿ではありませんが(我が西町では年齢制限があり、担ぎたくても担げません・・・残念!!)

今・一番華やかな場所?

昨年はGWに入ってから訪れましたが盛りを過ぎていたため、今年は一週間早めてみました。

一ヶ所目は・・・

P1
この付近・・・わかるのはちづ山さんくらいかな? 想像とおりの花畑 。

P2

P3_2

P4
ここは日当たりが悪いのか、まだ蕾も多くもうしばらく楽しめそうです。


圧巻だったのは、二ヶ所目、360度ピンク一色、極楽浄土の世界(ちょっと大袈裟)

P5

P6_1

P7

P8

若桜から情報発信と言いながら、地図を貼らないのはいかがなものか? と、悩んでいます。
これだけ素晴しい場所、多くの方にも見ていただきたいし・・・いつまでもこのまま咲き続けてほしいとも思う。

自然保護関係の方に相談してみましたら”何もせず、誰も行かなければ自然は保たれるよ”・・・・確かにそうですが・・・ただ間違いなくかなり厳しい場所、今は内緒にしておきます。

 

 

 

 

 

2014年4月20日 (日)

今週末は・・・

今週末は所用があり、山行は無し・・・それでも昨日は・・・

子供達と”しいたけ”の植菌作業、この原木は道の駅で販売しています。

P1

P2


そして、今日は・・・午後から時間が取れましたので、裏山のお散歩。小畑越し(遠見峠)と遠見山の手前の展望場まで。


取り付き口付近はミツマタが多数

P3
歩道に落ちた木の枝等を片付けながらのんびりと登りました
P4
山桜が楽しめます

P8
新芽の黄緑

P7


峠のお地蔵さんにお参りした後、展望場へ・・・・遠見山へのルート、周辺にはタムシバが多数(だいぶん散ってしまっていました)

P5
P9

三倉富士周辺も白い木々

P6_1

この時期の一番は・・・ムシカリ(オオカメノキ)

P11



2014年4月13日 (日)

因州若桜・桜まつり

若桜の桜も散り始めていますが、まだまだ楽しめます。そんな中、あいにくの曇り空ですが恒例”因州若桜・桜まつり”がおこなわれています。

P1

P2

P3

でも・・・一番人気は”アンパンマン”

P4

2014年4月12日 (土)

春一番は牛臥山・海上山~板井原周回

昨年同時期に牛臥山の近くまで行きましたが、そこから先は次回への宿題にしていました。今日はそれを仕上げるべく歩いてきました。
久しぶりの土の上、少々心配もありましたが・・・どうなりますか?

7:55 スタートは板井原集落の手前駐車場、今日のコース図

P1170700
少し戻って取り付きポイントへ、植林帯の谷沿いの斜面に道はありますが谷部は荒れて判り辛い場所もあります。

8:10 古峠到着 

P1170704
ここからも植林尾根ですが道は良く快適、結構な登りですが・・・ガマン。

8:35 牛臥公園への下りポイント、昨年はここまででした。

P1170708
ここからは自然林(雑木林)、歩き易い道

P1170712
山頂手前から振り返ると、昨年歩いた三角山~洗足山~の尾根

P1170715
8:50 牛臥山山頂・・・智頭宿を俯瞰、正面には篭山

P1170719

P1170723
おや・・・篭山の右手奥に・・・白く輝く三国山山系・・・う~ん

P1170725
先を急ぎます・・・やはり綺麗な尾根が続きます

P1170733

9:30 海上山山頂  牛臥から直ぐと思っていましたがそこそこ距離があります(途中、電話やメールがあり時間がとられました)

P1170736
ここはあまり展望がありませんが今の時期は木々の間から沖ノ山方向が確認できます。

ここから 15分ほど進むと展望場所があります

P1170742
案内板の奥には、鳴滝山・東山が確認できます。そしてこれから向かう、町境尾根

P1170754
よく・よく見れば僅かに、扇ノ山、右には青ケ丸が見えます

P1170755
ここからは一気に下り、峠地蔵へ 10:05

P1170758
ここから左 板井原へ下ればハイキングのBコース となります。


少し登り返して鉄塔を過ぎると植林帯になりますが、直ぐに綺麗な雑木林へ

P1170766
くぼ地には雪もあります

P1170768
10:40 藤見平・・・鳥取市内展望とありますが、見えませんでした?

P1170776
P754 の手前、鉄塔の下でAコースの分かれ道

P1170781
何やら白いプラスチックの筒が並んでいます、覗いてみれば・・・

P1170784
苗木が入っていました、おそらく食害を避けるためのものでしょう。

P754から町境尾根までは”やまあそ”さん達と歩っています、いったん植林帯を下ると又雑木林となり、町境まで続いています。


11:40 町境尾根到着、ここで昼食

P1170790
ここまで約四時間、まずまずのペースで来られました。

ここからも白い山並みが誘います・・・

P1170793
う~ん・・・いかん・いかん

12:30 再出発、また下ります・・・何の木だったけ?

P1170799
12:40 大江越し  テントの残骸(鳥類の調査がおこなわれていたと聞きました)
ここではお地蔵さんを探しましたが見つかりませんでした。古道の痕跡もなし、辛うじて見つけたのは・・・

P1170803

P1170804_2
登り返して、三角点を目指します。


13;20 三角点758.8

P1170811
ここからの下りは少々藪っぽいですが少しガマンすれば

P1170817

タムシバとコブシの見分けがつきません、どちらで゛しよう?

P1170822
P619辺りからは植林帯下りとなります


14:30 用瀬からの林道に到着。

P1170829
ここまで既に約七時間、植林帯の激登り・・・一番きつかった。なんとかガンバリ今日最後のピークも自然林でした

P1170836
ここを下ると杉森越し

15:00 峠のお地蔵さん・・・倒れていたので起こしておきました

P1170838
後は、植林の谷を下り、作業道へ

P1170839
15;15 集落奥の道路に下山、 空中を煙突が走っています(壊れていますが)

P1170843

板井原集落脇にイチゲの花

P1170845

無事歩け通せました、ハイキングコースとなっている、峠地蔵やP754の手前までは無論、その後もほとんどが自然林。ずば抜けた場所があるわけではありませんが、これだけの長距離で周回ができるのはすばらしい場所だと思います。
宿題も片付けられ、満足の山行でした。

尚、このコースは以前”やまあそ”さんが詳しくレポートしておられますので是非ご覧ください。

1

Photo





 

 







  




2014年4月 8日 (火)

雪山ラストは扇ノ山~青ケ丸周回

先週末は荒れ模様で何処へも行けず。今日は山行きとは言えませんでしたが、代休をもらいました。
雪山ラストは以前から考えていた長距離歩きとなりました。

コースはふるさとの森~扇ノ山~畑ケ平~シブキ山・1088~中の丸・1144~青ケ丸・1239~扇ノ山林道・ブナ林帯~ふるさとの森

コース図

Photo
余裕を持って7:30にスタート、園内の遊歩道を登ります。

P1170509

昨日のものでしょうか?スノーシューの足跡が残っていました。(私はつぼ足で登りました)

P1170513
遊歩道が終わってもまずまず歩ける尾根でした。 問題なく扇の山林道へ

P1170517
足跡は引き換えして反対側から取り付かれたようですが、私はそのまま進み、雪のある斜面から再取り付き。ここからも問題なく、主尾根に到着。さすがに千mを越すと雪も多くなり、スノーシューを付けます。

P1170524
展望を楽しみながら進み、姫路からの登山道に合流

P1170531
ここからは言うこと無し

P1170536

P1170539
山頂手前のピーク

P1170545

山頂到着は10:00予定通り。さすがに平日、どなたもおられず静かな山頂でした。

P1170552
30分ほど休憩して畑ケ平へ向かいます。終始ブナ林の良い感じのコースです。

P1170555

P1170559
畑ケ平到着 11:00

P1170568
1088・シブキ山へ登り返します。振り返って扇ノ山

P1170576
11:30を過ぎ、雪原の途中で早めの昼食タイム。


1144・中の丸  仏の尾への分岐点。ここまで来ると青ケ丸は手が届きそうな距離の見えますが・・

P1170596

P1170606
1158から一旦下り、見上げると・・・

P1170620
ここからは激登り、前半はまだいいが後半は・・・キツイ

P1170631
青ケ丸到着 13:30

P1170635

P1170639
下山のコースを考えると、あまりゆっくりもできず五分ほどで出発。

1144までは中途半端な雪で、藪化が進んでおり苦戦。その後は問題なく、無積雪期に歩いた旧作業道へ(奥に山頂)

P1170662_2

今日は広留野には向かいませんので畑ケ平への林道に向かいましたが、かなり広い植林帯で方向を確認しながらのショートカット。

P1170674
ここからは扇ノ山林道ですが、長い歩きが嫌なのと広留野への作業道はどんな感じか見たくて少し下ってみました。

スノーブリッジや道に水が流れている為歩き辛い状態、あまり良くありません。

P1170683
下山口の町境尾根に向かうべく、林道をショートカットするつもりで 広いブナ林に突っ込みましたがアップダウンが多く、迷走気味。ここでかなり体力を消耗してしまいました。

P1170685

P1170691
町境尾根からの下り尾根も雪解けが進み、かなり藪化していました。

P1170694
16;50 ふるさとの森に帰着。

疲れました・・・雪山はもういいです・・・・。

1


 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年4月 2日 (水)

雪山は遠く・遠く

今日も良い天気、絶好の花見日和でした。

通勤途中、遥か彼方に先日登った”高鉢山”?が望まれます。いつの日かぐるっと周回してみたい。

Dsc_01

                              (山名が間違っていたらご指摘ください)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ