« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

赤西山周回

今年も残り一ヶ月、やり残したことを考えてみるに、加地からの赤西山への周回ルートが完結していませんでした。登りの二箇所、1174への登りと三室分岐からの下り。
なぜか起きたら7:30、大急ぎで出発しましたがスタートは8:53とかなり遅くなってしまいました。

作業道から点線の尾根を目指すつもりでしたが、よく判らず隣りの沢を進んでしまいました。まっいいか。

沢には雪が残っています
P1150036
P1150042
P1150043

ほとんど水はなく川原を登る感じ、しかし旗印の辺りから両サイドの傾斜はきつくなり進めなくなった為、小尾根を激登りとなります。
ここの1時間半はきつかった。それでも尾根直下の自然林帯は空の青、雪の白・・・コントラストが最高でした。
P1150057
P1150058
約二時間で1174と1178の間に到着。展望は・・・
P1150059
P1150062
P1150071
この時期、こんな空の下を歩ける事に感謝・感謝。
P1150072
P1150073
惜しかったのは三室山、終始逆光。
P1150077
県境尾根の笹薮を避けてのコースがないか少し北側を歩いてみましたが、やはりダメでした。尾根に登り返して赤西を目指します。
P1150091
赤西山・・・小秋日和の静かな頂
P1150092
P1150094

食事をしながら下山コースを考えます。このまま下山には勿体ないお天気、もう少し尾根歩きを味わい、先日ちづ山さんが歩かれた1072辺りからの下山ルートを探してみることにしました。

県境尾根を快適に進み、1072への尾根に進みます。
P1150104
P11500105
P11500106

さて・・・下山口はここらあたりか?
P1150108
植林帯と自然林帯の境を下ります。後半は自然林ですが、急坂もあり。大岩を巻いて枝谷にへ、このルートであっていたのかよく判りませんが、直ぐにいつもの沢へに下り、広場に到着。
P1150125
後は管理道に登り返して作業道~出発地点へ。

登りコースの調査は空振り、県境尾根の下りルートも見つからず。中々完結できませんが、最高のお天気に歩けたことで今年は良しとしましょう。

Photo


1













































2013年11月28日 (木)

市内初雪

朝、起きてみれば千m超の山は白い帽子を被っていました。鳥取市内でも白いものがチラチラ、直ぐに止んでしまいましたが扇ノ山は真っ白でした。

P11
ライブカメラで氷ノ山スキー場を見ても一部白くなっているだけでそれほど降った様子はありませんでしたが、山頂はどれくらい降ったのでしよう? 

明日も予報は小雪混じりか? 今週末は寒そうですが新しいカメラも手に入れた事ですし、何処かに行きたいが・・・どこにしようかな~。


ブチ自慢・・・最新アイテムを手に入れました。
左が現在の愛用機    右が新アイテム、重いデジイチさようなら~・・・となるか?

4006






2013年11月24日 (日)

本当に今年最後のご来光登山

昨日の”残念~ん”を解消する為に氷ノ山に登ってきました。

氷ノ越えでは明るい月に満天の星
P1140974
でしたが、進むに連れて月さえ薄くなりはじめ
P1140985
仙谷分かれではガスの中
P1140990
当然山頂も真っ白け、それでも日の出までまだ1時間あります。
小屋に入ると先客万来(後で聞けば11人)静かに待ちました。

最後もダメか?と半ば諦めつつ寒い中、外に出てみるとガスが激しく流れており僅かに明るくなったような?
P1140994
P1140996
今日のピーク
P1150001
そして僅かに顔を見せてくれました、これで良しとしましょう。
P1150002

P1150006


仙谷分かれ上部から一部雪が凍結しています、下り時には注意が必要です。
P1150011

























2013年11月23日 (土)

青ケ丸 再挑戦

先日、無念の途中撤退となった青ケ丸。後日ネットを調べてみると同じコースを登っておられる方もあり何としても極めたい思いが再燃。
その気満々でしたが、昨日の雨・・・出発時間を遅らせ広留野を10:30スタート。気力・体力十分に先日の撤退ポイントP1144に12:00到着。

P1140883
先ずは東山方向の展望
P1140886
いざ、笹薮へ・・・この辺りはまだまだ余裕
P1140891
しかし激のぼりポイントもあります
P1140893
そして、残り僅かの地点(地図の旗地点)でついに激藪出現。逃げ場はありません。
P1140895
GPSで方向を確認しながら突っ込みます。それでも所々雪の重みで笹が寝ている場所もあり息が付けます。
P1140897
振り返れば・・・扇ノ山
P1140900
厳しい藪扱きでしたが何とか山頂。12:53到着・・・思わず自撮り
P1140904
山頂周辺は地籍調査の為、きれいに笹が刈られていますが背丈以上の笹で展望はなし。
ゆっくり昼食を取り、帰還のコースを考えます。
当初は県境尾根を北に進み、登りに使った作業道に周回できたらとも考えていましたが、笹は刈られているようですがよくわかりません。あの藪のピストンも御免です。
残るは三ツケ谷の頭方向に進み、林道へ下るコース。今日は県境歩き隊の皆さんがこちらに向かっておられるはずですからもしかしたらお会いできるかも?・・・という事で県境を南下します。
ルートはきれいに刈ってありますが、切り株が多く歩き辛い・・・贅沢はいえませんが。
P1140909
陣鉢・東山方向
P1140917
扇ノ山方向
P1140919
鉢伏・氷ノ山方向
P1140923
途中で県境歩き隊の皆さんにも会えました。今日は小陣鉢から諸鹿峠までの予定だそうです・・・う~ん。  明日で若桜区域も最後、お見送りしました。
P1140930
三ッガ谷の頭到着・・・振り返って青ケ丸。  次回は積雪期かな?
P1140936
P1140937
後は東因幡林道へ一気に下るだけ・・・のはずでしたが、1136辺りからGPSが突然不調に(コース図のトラックが一直線に)。案の定、別尾根を降りてしまいました。

自然歩道あたりでは夕陽・・・
P1140950
広留では今日のコースと自撮り
P1140960
無積雪期の青ケ丸登頂、無事完了。

Photo_2
2_2



今日の残念~ん!!!
先日の氷ノ山ご来光登山・・・雪は歩けましたがご来光は拝めず、今年は最後と決めていたので、そう宣言していましたが、今朝の朝焼けは素晴しく・・・向かうべきだったか。
登られた方に聞けば・・・も~最高だった・・・残念。

明日も天気は良さそう・・・そこで どなたか同行していただける方はおられませんでしょうか?ひとりで登る事も可能ですが、あまり楽しくありません。こんな急な告知ですので、なければ諦めます。出発はAM4:00氷ノ山キャンプ場です。
もし・もしあれば22:00までにコメントください。


















































2013年11月16日 (土)

氷ノ山雪山?登山

連チャンにもなるので今週のご来光は行かないつもりでしたが初雪・積雪を聞き、急遽参加してきました。ご来光の方は可能性が低いのは承知の上で雪が踏めたら満足としました。
今日は県外からの女性二名を加え、総勢九名。いずれ劣らぬ”山バカ”でしょうか?
案の定ガスもかかり、ご来光の可能性は益々低くなりましたが氷ノ越え辺りからは雪の上が歩けました。

山頂直下
P1140811
山頂はガス・・・小屋で待機中
P1140815
日の出の時間になりましたが、や・は・り・・・ガス。さすがに今日は無理でした。

天を仰ぐ
P1140818
予想以上に気温も高く、霜・凍結もなし。    次回来る時は積雪期になりそうです。
少ない雪ですが重いのか笹が倒されており、ちょっと積雪期の感じ。
P1140821
置き土産
P1140824

雪があるとテンションが揚がります、私だけでしょうか? 私的には満足の山行きでした。
P1140826

今日のおまけ

下山後、久しぶりに小畑越(遠見峠)へ行ってきました。残念ながら黄葉は終わっていましたが、あっち・こっちブラブラ。
P1140831
鹿ににらまれてしまいました
P1140832
P1140835
裏遠見山
P1140838
やっぱり氷ノ山はガスの中
P1140842
P1140845
こんな木もありました
P1
最後に若桜神社の紅葉
P2
そろそろ雪山歩きの為に鍛え直す必要がありそうです。







































2013年11月14日 (木)

お山は初雪

先日は氷ノ山も初雪・積雪ですが平日なので行かれませんでした。今日は晴れ模様で仕事の途中に市内からパチリ。
ぼやけた写真ですが、薄っすらと雪模様。

              扇の山
P1140789

              東山方向
P1140794
                 
                       


                       週末は雪山を味わってくるか。

2013年11月 9日 (土)

今年何度目? 氷ノ山御来光登山&おまけ

今年何度目になるでしょう? またまた登ってきました。
キャンプ場では満天の星・・・でも低い空は薄く雲がある様子。氷ノ越えではガスも出始め、星も少なくなってきました。いやな予感もする中、黙々と登っていきます。

P1140702
不安はあったものの、山頂に着いて見れば・・・

P1140707
見事な雲海、空は晴れ、この上ない設定。後は日の出を待つばかり。

P1140712
しかし、雲が徐々に高くなってくる様子。  早く昇ってくれ~

P1140726_2
全員の祈りが通じたのか間に合ってくれました。

P1140736
P1140728_2
陣鉢山と三の丸方向

P1140751
P1140754
さて、氷ノ山の黄葉は終盤。キャンプ場あたりが一番きれいかな?

そこで、もう少し黄葉を楽しもうと桑ケ峠~東因林道~支尾根へ。以前歩いた尾根と林道を繋げてみました。

林道から氷ノ山方向

P1140760
林道の黄葉も終盤ですが、落ち葉を踏んで歩くのは心地よいものです。
目的の支尾根への取り付き口はいつも雪崩で崩れる場所。笹を搔き分け入り込むと自然林・・・悪くはありません。

P1140765
陣鉢山も透けてきました。

P1140773
少々下りがきつかったり、雑木藪もありますが無事下山ポイントに到着。

P1140776
昨年確認済みの茗荷谷へ下る道です。果たして繋がっているのか心配もありますが、ここが降りられないと渕見まで向かう事になります。

P1140778
等高線どおりかなりの坂ですが、最後まで繋がっていました。昔の方はここを日常的歩いておられたかと思うと感心しました。

P1140782

必要ないとは思いますが、今日のコース。15キロの内4キロは舗装路、林道歩きです。

1


2







































2013年11月 4日 (月)

今日の氷ノ山山麓

予定通りの小雨模様、こんな日は響きの森へ。
11/2~4 響きの森でネイチャーフェスティバルが開かれていました。HNCのブースでは昨年と同じく木の実を使っての工作。
小さな子連れのファミリーの横で昔少女の方々も一生懸命でした。

外は寒く、ガスもかかっていましたが、紅葉はまだ楽しめました。

P1140680
P1140683
P1140691
P1140694






2013年11月 2日 (土)

青ケ丸直登を試みる

弁天山から帰り、その足で広留野へ。

予定のコースは今年の残雪期の直登した尾根に平行して走っている作業道。これを使って距離をかせぎ、後は一気に青ケ丸へ・・・の考えです。

扇ノ山山系も黄葉真っ只中、広留のスーパー林道?からも黄葉の山々が見られます。
P1140632
広留野最上部に車を止め、林道を歩いても一面黄葉
P1140635
自然歩道の橋も良い感じです
P1140636
P1140642
東因幡林道に到着、見ると前方に刈り込んだ道が見えました。どこに繋がっているのか確かめるべく進んでみます。
P1140643
これまで畑ケ平からの登り口に行くには、ここから東因林道を経由していました。しかし、本当はこの道が正規の自然歩道でまだ繋がっていたようです。
しかし、直ぐの間に東因林道に合流。・・・この確認行動が後々響きました。

引き返すのもいやなので樹林帯を突っ切り、目的の作業道に向かおうと雑木藪に突入。
これが大変でした、終始藪・アップダウン。やっとの思いで作業道についたらお昼になっていました。予定外ですがここで昼食。

休んだものの少々疲れ気味、それでも折角ですから作業道を歩いてみる事にします。
P1140650
この道は近年使われていないようでかなり荒れています。倒木や木の枝を避けながら進み、支尾根への取り付きポイントに到着。
P1140653_2
支尾根の感じを調べるべく、斜面を激登りします。少々藪っぽいですが何とか歩けそう、それと作業道からずっと青テープが先導してくれます。
P1140655
このテープ、まことに的確なコース取りをしており助かりました。
かなり疲れてはいますが、もう少しもう少しと頑張ってしまいます。しかし、帰りの事もありますから十四時になったら引き返す事としました。
結局、P1144の到着が十三時四十分、ここまでとして空身でもう少しだけ偵察。

P1144
P1140661
前方上部に青ケ丸 確認
P1140663
しかし、ここから先はかなりの笹薮のようです、果たして登れるものかどうか?
P1140668
三ガ谷の頭の先に氷ノ山
P1140665
やむなくここで撤退。少々甘くみていました、気を入れて向かわないとかなり厳しそうです。

東因林道に合流
P1140676
ところで、あの青テープですがP1144の手前が最後でその後、見かけませんでした。果たして山頂に登れたのでしょうか?気になります。

重い足取りで何とか駐車地まで戻れました。途中撤退は残念ですが、黄葉の山歩きという意味では満足の一日となりました。

P1140677
黄色線部が自然歩道111

黄葉見物にはもう一・二ヶ所行きたいのですが、天候具合は・・・どうでしよう。











































黄葉三昧の一日

今日から三連休ですが明日所用・明後日は天気下り模様・・・
今日のうちに黄葉見物へ。先ずは先週行かれなかった弁天山ですが、欲張って三倉富士からのご来光にもチャレンジしてみました。
氷ノ山組はとっくに出発していますが標高が低い事と短時間で到着可能な事から遅めの五時出発。先日氷ノ山で単独を経験していますが、弁天さんと広い植林尾根の通過はやはりビビリ気味。
主尾根直下では空が明るくなり始めました。急がねば・・・・

P1140499
六時二十分、山頂到着。間に合いました
P1140506
しかし、日の出時間を過ぎても出てきません・・・更に戸倉峠の右手が明るくなりました。全くの想定外、次回再挑戦(来年かな?)
P1140517
P1140521
七時、気を取り直して弁天山へ向かいます。途中、ブナの黄葉に朝日が当たり輝く。急げ・急げ
P1140545_2
八時、弁天山到着。先週登ってもらえなかった皆さんには申し訳ないような景色でした。せめてこの写真で見物してもらいましよう。
P1140588
P1140602
P1140604
P1140606
P1140614
P1140617
来週まで持つかな~?平日登れる方は是非向かってみてください。

山頂でゆっくりし、帰宅は十時半。その足で次の目的地へ向かいました・・・続く
































« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ