« 大段への道? 前編 | トップページ | 氷ノ越え »

2013年10月13日 (日)

大段への道? 後編

幻の滝を後にして先へ進みますが、水量はぐっと減り、直ぐに両サイドが植林帯になってしまいました。この沢の見所は滝までのようです。
P1140238

次の目標は先日歩った隣尾根から続いているはずの作業道。沢から少し離れて歩いていると何やら前方に盛り土が見えます。
P1140241
立派な作業道、ここまで工事が進んでいるようです。
P1140243_2
ここからは作業道を水平移動し、大段直登の尾根に向かいます。周囲は全て植林帯、20分近く歩いてやっと取り付きの尾根に到着。
P1140255
右半分は自然林のようで期待しましたが、直ぐに全域植林帯となってしまいました。
それでも1176を過ぎる辺りから自然林が混じります。

こんなところもありますが・・・P1140262
そして、1200mを過ぎるとついに笹原が出現。左手の植林帯との境目を登っていきます。
P1140266
若干の笹は在りますが全く問題なし、自然林の割合も増えて良い感じになってきました。
P1140271
なだらかな広い尾根、前方に杉の大木が見えたら主尾根に到着です。
P1140276
早速、向こう側に行ってみれば・・・赤倉山
P1140279
高山方向にも笹はありますが、薄い感じで何とか歩けそうです。問題の大段方向は・・・
P1140281
やはり笹薮、はるか彼方にP1376が見えます。大段まで距離200m、さてどうするか・・・
一部笹枯れがあり、寝ている笹も多くみえます。現在11:15、12:00までに行けるところまで進んでみることにします。
搔き分けるよりふんずけて進む感じ、50m進んで木に登ってみれば・・・
P1140285
中々手ごわい笹薮です。それでもよくよく見れば途中には羊歯の原っぱや笹枯れの進んだ場所も見られ、コースを考えれば進めそうです。
P1140290
結局一番きつかったのは最初の50m、残りはそれほどでもありませんでた(人により感じ方には相違があると思いますが)
前方のP1376が近くなったと思ったら・・・藪扱き約30分で
P1140291
大段・・・三等三角点1255.4 点名尾見
P1140292
無積雪期は無理だと思っていましたが、なんと・なんと来ることができました。しかも、三角点はブナの林の中、笹も無くその姿を見せてくれました。
P1376方向はやはり笹薮、崖っぷち方向へ行くと・・・陣鉢山・扇ノ山方面が綺麗に望まれます。
P1140295
ちょうどお昼、ゆっくりと昼食・休憩としました。今年のブナは豊作の様子です。
P1140304
ぼちぼち帰りましょうか。
なるべく来たルートをたどりながら、振り返ると気が付かなかった氷ノ山山頂も見えました。
P1140309
大杉の森からは一気に下り、あっと言う間に(そうでもないですが)作業道。
P1140315
ここからの下り尾根は、どちらかの面はほぼ自然林、前半はブナ、後半は楢類。下草・雑木藪は全くなく歩き易いです。途中何箇所か激坂あり、最後の集落への植林帯の下りは激・激坂です。

こんな場所もありました
P1140321


大段・・・地形図に名前のある山(高原?)ですが超マイナーは場所、三角点ハンターでもなければ向かわれないと思いますが、ご参考までに。

2_2
1
00























































« 大段への道? 前編 | トップページ | 氷ノ越え »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/53592120

この記事へのトラックバック一覧です: 大段への道? 後編:

« 大段への道? 前編 | トップページ | 氷ノ越え »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ