« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

弁天山登山

台風27号の影響で昨日まで雨が続づいたため、当初の山登りは中止とし、弁天谷の沢周回となりました。主尾根のブナ林が見ていただけないのは残念でしたが、周辺の滝・岩場等マイナスイオンを十分に浴びていただけたと思います。何より皆さんケガもなく帰宅いただけた事にほっとしております。

P11404_2
P1140_2
P114_2

午後からは弁天さん・若桜の自然、歴史そして登山ガイドの基礎知識まで充実の座学研修。中身の濃い大会となりました。

来年も登山会はおこなわれると思いますが、やはり山頂までご案内したかったな~。

11/10には氷ノ山ネイチャークラブ主催で今日とほぼ同様のコース(要確認)を歩き、周辺に紅葉の苗を植樹する企画があります。  興味のある方はどうですか。

2013年10月26日 (土)

氷ノ山 夜間・単独登山

ご来光目的で予定していたが天候は回復せず。同行の了解を頂いていた方もありましたがご来光の可能性も低く、以前からやってみたかった夜間・単独で向かってみました。

3:45 雨はないものの、星のかけらも見えないキャンプ場を出発。ヘッドランプ・懐中電灯・あまり付けない熊よけ鈴・更に笛まで準備して出発。時々笛を鳴らしながらいつもより早いペースで後半はバテ気味。

4:20 氷ノ越え到着、小屋に入り一休み。尾根にはガスがかかり、風も強い・・・ご来光の可能性は更に減少。撤退も考えたが何とかがんばってみることにする。

P1140426
風に揺らぐ笹や木々の枝、木がこすれる低い音にビビリながらひたすら歩く。

5:30 山頂到着。風が強い・・・非難小屋にもさすがに誰もいない。

P1140429
日の出は6:20頃、コーヒーを飲み時間をつぶすが室温は3度、動いていないと寒い。
外は明るくなり始めたが回復の見込みなし。

P1140434

6:30 下山開始。登山道ではガスと風が吹き上がってくる。

P1140436
それでも木々の紅葉が感じられ、雰囲気良好・気分は悪くない。

P1140446
P1140453
P1140459
P1140461
7:20 氷ノ越え到着、小雨が落ち始め先を急ぐ。

P1140466
P1140469
小雨はすぐ上がり、沢筋まで降りるとガスも切れた。今日は誰にも会わないかと思っていたら単独の男性とすれ違う、さすが氷ノ山。

7:45 無事キャンプ場に到着。晴れていたら紅葉が綺麗だっただろう、ご来光は見られなかったが満足の山行だった。

次は積雪期のご来光登山をやってみたいが・・・できるかな~?























2013年10月23日 (水)

霧の弁天山

10/27 弁天山登山・・・にめがけて台風接近中、決行できるかどうか?
今日は代休で準備登山してきました。各ポイントのマーキング、二ヶ所にトラロープの設置、ガイド用の地図の再作成。とりあえず任務は完了しました。

紅葉はまだですが、霧の弁天山も風情があります。

P1140400
P1140407
P1140411





2013年10月20日 (日)

氷ノ山スキー場で

氷ノ山オータムフェスタ、小雨模様でしたがこんな犬達と一日まったりしておりました。

P1140384

2013年10月19日 (土)

氷ノ越え

氷ノ山へのご来光登山の予定でしたが、天気予報の傘マークで延期となってしまいました。それでも今日はもう一つ目的があった為、氷ノ越えまで「のりさん」と登ってきました。出発時は小雨模様でしたが登るに連れて雨も止み、鳥取方向は明るい空、兵庫側には雲海もちらほらでした。ちなみに山頂まで行かれた「のりさん」は大山が見えた様子。

赤倉側から山頂
P1140368
兵庫側
P1140367
赤倉の紅葉
P1140369
内緒のご来光      (10/27 補記 これは太陽ではなく、月が沈むところでした)
P1140361
今日の一輪
P1140374

明日もスキー場あたりをウロウロ(氷ノ山オータムフェスタ)の予定、山行休養日。





2013年10月13日 (日)

大段への道? 後編

幻の滝を後にして先へ進みますが、水量はぐっと減り、直ぐに両サイドが植林帯になってしまいました。この沢の見所は滝までのようです。
P1140238

次の目標は先日歩った隣尾根から続いているはずの作業道。沢から少し離れて歩いていると何やら前方に盛り土が見えます。
P1140241
立派な作業道、ここまで工事が進んでいるようです。
P1140243_2
ここからは作業道を水平移動し、大段直登の尾根に向かいます。周囲は全て植林帯、20分近く歩いてやっと取り付きの尾根に到着。
P1140255
右半分は自然林のようで期待しましたが、直ぐに全域植林帯となってしまいました。
それでも1176を過ぎる辺りから自然林が混じります。

こんなところもありますが・・・P1140262
そして、1200mを過ぎるとついに笹原が出現。左手の植林帯との境目を登っていきます。
P1140266
若干の笹は在りますが全く問題なし、自然林の割合も増えて良い感じになってきました。
P1140271
なだらかな広い尾根、前方に杉の大木が見えたら主尾根に到着です。
P1140276
早速、向こう側に行ってみれば・・・赤倉山
P1140279
高山方向にも笹はありますが、薄い感じで何とか歩けそうです。問題の大段方向は・・・
P1140281
やはり笹薮、はるか彼方にP1376が見えます。大段まで距離200m、さてどうするか・・・
一部笹枯れがあり、寝ている笹も多くみえます。現在11:15、12:00までに行けるところまで進んでみることにします。
搔き分けるよりふんずけて進む感じ、50m進んで木に登ってみれば・・・
P1140285
中々手ごわい笹薮です。それでもよくよく見れば途中には羊歯の原っぱや笹枯れの進んだ場所も見られ、コースを考えれば進めそうです。
P1140290
結局一番きつかったのは最初の50m、残りはそれほどでもありませんでた(人により感じ方には相違があると思いますが)
前方のP1376が近くなったと思ったら・・・藪扱き約30分で
P1140291
大段・・・三等三角点1255.4 点名尾見
P1140292
無積雪期は無理だと思っていましたが、なんと・なんと来ることができました。しかも、三角点はブナの林の中、笹も無くその姿を見せてくれました。
P1376方向はやはり笹薮、崖っぷち方向へ行くと・・・陣鉢山・扇ノ山方面が綺麗に望まれます。
P1140295
ちょうどお昼、ゆっくりと昼食・休憩としました。今年のブナは豊作の様子です。
P1140304
ぼちぼち帰りましょうか。
なるべく来たルートをたどりながら、振り返ると気が付かなかった氷ノ山山頂も見えました。
P1140309
大杉の森からは一気に下り、あっと言う間に(そうでもないですが)作業道。
P1140315
ここからの下り尾根は、どちらかの面はほぼ自然林、前半はブナ、後半は楢類。下草・雑木藪は全くなく歩き易いです。途中何箇所か激坂あり、最後の集落への植林帯の下りは激・激坂です。

こんな場所もありました
P1140321


大段・・・地形図に名前のある山(高原?)ですが超マイナーは場所、三角点ハンターでもなければ向かわれないと思いますが、ご参考までに。

2_2
1
00























































大段への道? 前編

0
大段へは四つのルートが考えられます。
1.高山経由の主尾根コース  2. P1376からの下りコース  3.つく米~根安林道からの激登りコース  4.久曽木からの支尾根コース
1・2のコースは距離、笹薮でまず難しそう、3・4は可能性がありそうです。
1_2

今日はまだ行っていない久曽木谷の幻の滝を経由して向かってみました。果たしてどんなコースか?大段にはたどり着けるのでしようか?

久曽木の集落奥の舗装路最終地点に車を止め、作業道を進みます。旗1からは道が細くなり、沢に沿って在るのか無いのかよく判らないような小道を進みます。

左手に小道
P1140181
崖っぷちでスリリングなところもあります
P1140183
道が無くなり、沢に降りて階段状の岩を登ります
P1140188
登りきってみると、巻き道があったようです
P1140193

P1140198
広場に着くと奥に滝が出現、ちなみに奥に進む為には矢印方向へ巻きます。
P1140201
少し小さいですが、なかなか良い感じの滝です。勿論幻の滝ではありません。
P1140204
少し進むと、本命の幻の滝です、水量は少なめですが貫禄十分
P1140213
P1140217
滝の上部に行くには一旦沢から離れます
P1140222
滝上部から覗いて見ます
P1140227
さて、ここは通過点、奥を見ると良い感じですが・・・・
P1140232
P1140234

※幻の滝・・・素晴しい滝です。皆さんに行ってほしいとこですが、途中に全く案内板は無く、危険な場所も多々あります。間違ってもハイキング気分で行ける場所ではありませんのでくれぐれもご注意ください。

後編へつづく・・・






























2013年10月 6日 (日)

戻り夏の一日

昨日は山行き準備までしていましたが朝一の小雨に出鼻をくじかれ、軟弱にも自宅待機。
今日は午後から予定があり終日の山行きは諦め、未明から氷ノ山へ。
キャンプ場では星空だったので気合十分で登りましたが、登るにつれてガス・ガス・ガス・・・ミストたっぷりの森林浴?。山頂で奇跡を信じ待機しましたが・・・

P1140160
今日は若者中心に大人数14名の参加でしたが、連戦連勝ののりさん神話が崩れ、後ろ髪を引かれる思いでやむなく下山。

P1140161
途中、ブナ林で・・・熊の好物、ブナの実を試食

P1140164
P1140167
キャンプ場に着き、快晴の空を見上げながら次回雪辱を期して解散。(写真は氷太くんから)

P1140169

日中は30度以上の暑い一日・・・紅葉はまだか? 待ち遠しいな~。








2013年10月 5日 (土)

弁天山登山

以前から何回か告知しておりました「弁天山登山」の概要が決まり、告知ポスターができあがりました。
登山ガイド研修の副題はついておりますが、主には一般の方をご案内するものですのですので興味がある方は是非ご参加ください。

P1

Photo_2

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ