« 盛嗣大権現 | トップページ | マイナスイオンたっぷりの沢歩き »

2013年8月10日 (土)

東山・・正規ルートを初登頂するもピストン

東山・・・無積雪期は沖ノ山林道からのショートコースしか登ったことがなかった。
これではいけない、糸白見からの正規ルートを登り、そのまま周回コースを下れたらと考え、集落上手に駐車。
長い長い林道歩き、分かれ道の橋まで30分もかかってしまった。

P1130260
ここからは、作業道・・・東山の丸い案内板を探しながら進んで行く

P1130263
二つ目の案内板からは九十九折れの道となる、ショートカットも考えたが始めてのコースなので忠実に進む、自然林が見えた・・・鹿も見えた(今日は十頭以上で合った)

P1130266
作業道終点・・・ここからは自然林歩き

P1130270
きれいな自然林だが、登れ・登れ、日差しは無いが風も全くなし。昨日水分を取りすぎたのか、絞れば滴るぼどの汗をかいた。

P1130274
P1130276
痩せ尾根では時々、日差しがあり暑いですが、糸白見川からの涼しい風が吹き上がります。

P1130280
P1130282
906を過ぎ、一旦下った後、檜林を激登ると上部林道に到着です。霞がかかったように展望はありません。

P1130287
ここには凝った案内板もあります

P1130288
さて、ここらで半分でしょうか、先は遠い。救われるのは、きれいなブナ林、時々吹き上がる涼しい風。それでも手ごろなイスがあると座ってしまいます。

P1130289
P1130291
1200m手前くらいから笹が出始めますが問題なし、そして山頂も近づいてきているようです

P1130294
P1130296
やっと笹原にでました、うれしさよりも、暑さに閉口。山頂まで日陰がありません。ツライ

P1130298
別尾根との合流点から山頂・・・まだまだ遠~い

P1130300
山頂到着・・・日陰がありません。

P1130301
P1130303
当初の予定では別尾根を下り、周回するつもりでしたが・いけません・とてもそんな余力はありません。果たして無事下山できるのか?ぐらい厳しい状態、更に水分の在庫が乏しい

休み休みの下山、九十九折れもショートカットし、糸白見川では飛び込みたいのガマン、顔を洗い、コーヒーを作りやっと生き返る。長い林道歩きの後、自販機のコーラが超旨かった。ちづ山さんから聞いた尾根は次の機会に。

                                  山頂は秋の気配?P1130307
Photo






















































« 盛嗣大権現 | トップページ | マイナスイオンたっぷりの沢歩き »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/52826222

この記事へのトラックバック一覧です: 東山・・正規ルートを初登頂するもピストン:

« 盛嗣大権現 | トップページ | マイナスイオンたっぷりの沢歩き »