« 国有林野施業実施計画図 | トップページ | 諸鹿七滝・屏風岩風景林 Ⅱ »

2013年7月 6日 (土)

諸鹿の七滝・屏風岩風景林

先日の地図を眺めてみると、大鹿滝周辺は風景林として自然林が残されているようです。多くの滝がありますが、実際にみたのは大鹿滝のみ。行ってみたいと思いますが、沢の遡行・ロープワーク等が必要・・・今の自分にはその技術も道具もありません。誰か連れてって~。
しかたがないので、谷の上部を歩いてみました。
地図では人工林も多そうですが、境目あたりが歩けたら良いかと相変わらずの行き当たりばったり。

                        自然歩道から分かれ、先ずは三角点をめざしますP1120611_2
                       三角点901 点名 大鹿滝・・・藪の中P1120612
先ずは大鹿滝下流に伸びる尾根に向かいました。三角点辺りからは自然林となりますが少々笹もあります。両サイドは当然激坂です。
P1120615
                          東側には崖が多数P1120625
適当なところで引き返し、渡河後作業道先端辺りに向かいますが、コースは緩み・雑木・笹藪に閉口。自然林はかなり谷側までのようです。                    

                               作業道到着P1120638
ここからも同じような状態、最悪の山歩きの予感がします。三本目の沢を渡り、944への尾根を目指しますが、精神的にも、体力的にもまいってきました。
しかし今更引き返せません・・・エスケープルートがありません。いずれにしても944までは行かざるを得ません。

何とか944への尾根に登ってみると・・・やっとでました・・・ブナ林。

P1120646
P1120648
                                P944P1120651
P944はけっこう広く、昼食後に周辺探索しようと準備していると、ポツポツと雨。
小雨なら何とかと思っていると雷まで鳴る始末・・・・撤収。下りのコースは沢川軌道跡の作業道~東因林道経由。尾根には何故かピンクのテープが多数あり、楽に歩けました。

                           青ケ丸はガスの中P1120654
                              作業道に到着P1120657
作業道の縁にはレールの残骸が多数あり、文化遺産だと思われちょっと残念。
この頃には雨も上がり、東因林道をぶらぶらと帰ります。(知らない間に作業道がたくさんできていました)

944辺りの探索は宿題となってしまいましたが、前半戦の事を思えばブナ林に出会えただけでも良しとしましょう。
(今日のコースはどなたにもお勧めしません)

                          アジサイが綺麗でしたP1120666
P1120673
今日のコース
Photo


11






























« 国有林野施業実施計画図 | トップページ | 諸鹿七滝・屏風岩風景林 Ⅱ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

ごくろさんでした
今日のコースは滝を見るためには大変重要なコースです
出合いの滝右俣
雲竜の滝
三条の滝
石割の滝
そこから抜け出す手段がない
今回2つの沢を渡渉した場所は大変重要な箇所だと思います
この滝を見に行きたいものです

ちづ山さん こんばんわ

今日のコースを歩く前に、滝見さんのHPでこの辺りの滝の分布図をみました
七滝どころか・・・18もあるようです。
今日は全く滝を意識せず歩きましたが、どの沢筋も藪、急坂で大変な場所です
なかなか簡単には行けそうにありません。
でも・・・行ってみたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/52338154

この記事へのトラックバック一覧です: 諸鹿の七滝・屏風岩風景林:

« 国有林野施業実施計画図 | トップページ | 諸鹿七滝・屏風岩風景林 Ⅱ »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ