« 速報 赤西山周回コース調査 | トップページ | 赤西山周回ルート 調査Ⅱ  »

2013年6月23日 (日)

赤西山周回コース 調査

昨年九月に歩いた三室山の向かい尾根・・・積雪期に向かう予定でしたが、あっけなく雪が消え機会を無くしてしまいました。
三室山を絡めての周回には藪扱きの覚悟が必要・・・何とかいい周回コースがないかと考え、赤西山と絡めてコースを調査してみました。
加地の林道から沢沿いに進み、直登尾根に取り付きます、県境尾根が良い事はわかっていますから周辺を散策しP1174の尾根へ、下りは出発地点に直接伸びる尾根を歩いてみました。

                       出発地点、沢沿いに進み、下山は右手の植林帯の予定P1120381
沢沿いの作業道は15分ほど進むと終点、そこからは細い踏み跡程度の道となりますが、全く問題なし。(貼付地図のGPS軌線は川の北側になっていますが、終始南側を歩いています)
地図の等高線が狭まった場所には心配していたとおり滝が出現、そう大きくはありませんが、右手はかなり上部から岩場、土砂崩れ。左手は巻けるかも知れませんが安全策を取って右手を激登りしました。

P1120389
                                激登りの斜面P1120402
70mほど登り尾根へ。下を見ると良い感じの自然林帯になっており、沢まで下りました。

                                滝の上部P1120409
                          沢の上流方向、見る限り良い感じP1120411
上流部へも行って見たい気がしましたが、ここは予定通り赤西山への尾根に取り付きます。終始自然林ですが中々の傾斜です。

P1120420
                       30分ほど登り、やっと傾斜が落ち着きました。P1120430
P1120435
                       県境尾根の手前には良い感じのブナ林が広がっています。
P1120441
沢から一時間半、やっと県境尾根に到着。ハサリ山方向はガスっていました、ここから山頂は直ぐそこです。

P1120446
赤西山山頂、晴れていれば三室山が目の前のはずですが、今日は全く見えません、眼窩の草原が僅かに確認できる程度でした。

P1120450
                   休みも取らずに県境をくだり、草原からはなんとか三室が確認できました。

P1120459
ここからは県境を外れ、1057方面を偵察します。想像通り良い感じの自然林帯が広がっていました。

P1120463
                               P1120469
1057からは水の音がします、こんな高い場所に沢があるのか?気になって下ってみると若桜側への源流部。沢沿いには少々笹がありますが気にはなりません。

P1120476_2
大きな胡桃の木の下で昼食とし、午後の進路を考えます。
少々笹は気になりますが、このまま水平移動し、若桜側の尾根に直登としました。

P1120483
食事中から小雨模様・・・藪扱きほどではありませんが、疲れもあり笹が鬱陶しくなります。なんとか笹がない場所を選んで登っていくと1100m辺りからはきれいに笹が無くなりました。

P1120490
          なんとか無事に1210のピークに到着、この尾根からの三室山は見事です。

P1120493
          ここから1174までの尾根は快適です、枯れた笹をパキポキと踏みながら1174へ

P1120497                               
                        
                                 赤西山P1120503
                  1174に到着し一休み。去年より羊歯が小さくなったようです。

P1120505
                                 (昨年9月時)P1080996
        ここからは長い長い下り尾根となります。初っ端から激下り、しかし予想通りの自然林。

P1120508
ひたすら下って、ふと足元から前方に視線を向けると、黒い塊が先行して下っています・・・くま・・・これはチャンスと追いかけましたが逃げ足早く見失いました。残念!!!またも写真を撮りそこないました。

                    
                        897辺りまでは終始自然林P1120512
P1120517_5
           897の北側を激下ると尾根部のみ切り開かれており、逆に歩き辛い感じ。

P1120519
最後は植林帯を下り、無事帰着。下り尾根は登りにも使えそうですがちょっと距離があるか?

今回のコースでは最初の沢部と最後以外は全て自然林、少々きつい坂もありますが、赤西山から三室山分岐辺りは県境を歩けば、まずまずの周回コース。

検討ポイントとしては、赤西山直登尾根を使わずに、沢を詰めて1047に登るコースと下り897から点線を下るルートがあるか?このあたりを調査してみる必要がありそうだ。

本日のコース
Photo1                      




























« 速報 赤西山周回コース調査 | トップページ | 赤西山周回ルート 調査Ⅱ  »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

ちづ山さんへ

先日の谷の奥がどうにも気になります。

今週末、谷を詰め1047~1202~1057~滝付近へ周回と
できれば897への点線ルートの確認に向かいたいと思います。

あの滝から上部の写真を見ると谷をつめたくなりますよ
そして山頂へとなれば沢登りコースとしていいコースになります
秋になると渓谷から山頂が見えはじめる最高の場所があると思います
秋の渓谷の紅葉は最高ですからね、それと中江山周囲と1057周囲の紅葉はすばらしいです、
自分もつめてみようと思っていました


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/52165569

この記事へのトラックバック一覧です: 赤西山周回コース 調査:

« 速報 赤西山周回コース調査 | トップページ | 赤西山周回ルート 調査Ⅱ  »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ