« 速報 東山・皆込谷周回 | トップページ | 速報 扇ノ山 »

2013年3月 9日 (土)

東山・皆込谷周回

昨年の東山はガスの中、全く展望なし。ちづ山ペアとひたすら歩いた下山尾根、今年は何とかいい条件で歩きたいと思っていました。
登りは全く予想のつかない皆込の尾根として周回を試みました。
ここ数日の異常高温で雪はすっかり解け、谷の入り口、取り付きの尾根等ツボ足で登れました。

       谷の入り口                            支尾根
P1100656P1100668_4                                 

 

 

 

 

 

 

                                                       

     900mを過ぎ雪が出始めましたがまばら、黄砂のせいで直ぐ近くのはずの「くらます」すら霞んでいましたが・・・東山はP1100675_2

一部アセビ藪もありますが、概ね歩き易い、しかし木立の間かoの展望はこの時期だけかもしれない。

          916                            1004
P1100684P1100699_3

 

 

 

                      



                      
                   

                     

                                          
                                                1004辺りからはいい感じP1100706_2
1060mからは東山の尾根に直登の予定だったが、目前の杉林は背が低く苦戦しそう・・コースを林道経由に変更した。

          林道へ                            沖ノ山線林道
P1100708P1100716

 

 

 

  


                       
                                                      
                                                      

                                                         ここからの東山P1100717
東山への入り口、トレースは無い。若杉原生林経由で来られる方があるが流石にまだ時期が早いようだ。 早々に上り坂だが周りの景色に励まされる。

P1100728P1100736_4                             

 

 

 

 

    
                                                                 

                                                                              

 

 

 

     前方が開けてくると伴に雪の白と空の青が眩しい。これぞ雪山の醍醐味、だから止められない。

P1100737
P1100747
       山頂まじか、雪はたっぷり                白と青のコントラスト 
P1100755_2P1100759_2

 

 

 

 

 

 

 

 

  
山頂到着、雪は昨年時より1m近く少ないが展望は・・・・文句なし。

         
           山頂                              鳴滝方向
P1100760P1100763_2                       

 

 

 

 

 

 

 

 

                    三倉富士の先に扇ノ山

P1100766_2
 

                           氷ノ山
P1100768
                       くらます・三室山
P1100776
                      左 天児屋山  右 沖ノ山
P1100778
黄砂の影響か薄く霞んで、空が二層になっている。流石に風が強い、昼は過ぎているが食事はもう少し下がってからとした。

           下山方向                        山頂直下 振り返る
P1100782_2P1100791

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      あっと言う間の雪原下り                尾根の先には氷ノ山
P1100799_2P1100800_5

 

 

 

 

 

 

 

                         
                         
                         

                            

1100m辺りで木々の間に周辺の山々を眺めながら遅い昼食。
ここからは長い長い尾根下りとなる、昨年の事を思えば天国・・・ぼちぼちと帰りましょう。

1000m前後で雪はまばらとなりスノーシューを脱いだが、976から方向を変えた途端、なぜか雪が復活?、再びスノーシューを履きなおす。
P1100812_4                       

P1100817_5 

 

 

 

 

                                                                 

                                             

 

 

 

500m程だがかなり時間と体力を使ってしまった。
三角点824の手前で最終下り尾根に方向を変える、もう一がんばり。

P1100828P1100831

 

 

 

 

 

 

 

                                                       


     最後の激下りに苦労したが無事帰着、今日もだいぶ陽が傾いてしまった。

Photo_4
1

« 速報 東山・皆込谷周回 | トップページ | 速報 扇ノ山 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

かなりアップ・ダウンのあるコースですね
登り・降りも急な感じ
地図とにらっめこしてますがう~ん
トレースをたどってみようかどうか思案中です。


累積標高3243m、10時間・・・
5年前なら付いて行けたでしょうが
今はとても真似はできません(^_^;)


ちづ山 こんばんわ

登りは最初の650m辺りの激登りさえ越えれば
始めての所でもあり、あまり苦になりませんでした。
問題は下り、1000m辺り(林道上部)から長いこと長いこと
いつまで経って高度が下がりません。
去年、あの条件の中、よくぞ文句も言わずにお付き合い
いただけたものです。改めてすいませんでした。
しばらくあの尾根は歩きたくありません。

昨年、かみかわ登山日和の皆さんが、東山に
吉川集落の上部から尾根を使って沖ノ山林道経由で
行っておられます、今はそちらも気になってます。

OAPさん  こんばんわ

ブログにも載せていますが、一年前 青が丸へ行ったときは
累積標高3876m、21㌔、11時間でした。
条件次第だと思いますよ。

今週末は扇ノ山方面?・・・かなり長距離ですので条件次第ですが。

三角点(824.7m)手前の下降はどうでしたか?
去年の下山尾根よりいいですか?
かなり大変そうですが、うまくいきましたか?


ちづ山さんへ

下り尾根について掲示板に地図を貼っておりますので
ご覧ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/50687565

この記事へのトラックバック一覧です: 東山・皆込谷周回:

« 速報 東山・皆込谷周回 | トップページ | 速報 扇ノ山 »