« 速報 青ガ丸直登 | トップページ | 今年最後?の雪山は氷ノ山 »

2013年3月24日 (日)

青ケ丸 直登

今シーズンは諦めかけていましたが、思わぬ好天に途中までになってもと向かってみました。直登ルートを探し、地図を見たところ、ここしかないだろうと思われるルートを自分の目で確かめました。
広留へはジグザグの旧道ではなく、新しい道を使います。

               新道、奥に見える雪(50mくらい)が無ければ車で行けたのに・・・
               広留まで3㌔の表示、ひたすら舗装道を歩き、広留高原の道をまた歩き・・・
P1100909
                              振り向いて扇ノ山P1100914
                      青ケ丸が見えましたが白い部分は極僅か、大丈夫でしょうか?P1100918
作業道を分かれ、自然歩道へ、ツボ足の先行者がおられるようです・・・もしやあの方?
東因幡林道を東へ進み橋を渡って直ぐの尾根に取り付きます・・・先行者も同様のコース、120%あの方でしよう。

                        前方左の植林尾根に取り付くP1100927
                  スギと自然林の混じった尾根、特段問題なく順調に登っていけます。P1100929
                        1104まで来ると山頂下部がすぐ近くに見えます。P1100936
                        山頂直下の笹薮、ちづ山ペアの足跡P1100940
山頂到着、取り付きから約一時間、一ヶ所激登りポイントは有りますが、あっけなく着きました。ちづ山ペアを探しましたがすでに姿はなし。少し先まで行ってみると、予想通り三ッケ谷の頭の直下に見えました(双眼鏡で)。今日はピストンの予定なので後は追わず、笹薮周りを偵察し、昼食としました。
P1100956
P1100951_6
P1100965_3
情報を一つ、三ッケ谷の頭から山頂まで笹が刈られているようです。無積雪期にも来られそうです。
P1100948
山頂を満喫して、ピストンで下山。林道ではちづ山ペアにちょっといたずら。
自然歩道への分かれ道あたりで、先週撮り忘れた「まんさく」の花をパチリ

P1100999
P1100977_2
ぷらぶらしている内にちづ山ペアに追いつかれ、一年ぶりの再会に、しばし雑談。お二人の休憩をおじゃましないよう先に出発し広留野に帰着。
P1100993
ガスった青ケ丸を横目に、長い長い林道歩きをして、無事出発地点まで帰れました。

Photo 0_4















出発地点~広留野最上部まで         1:30
最上部~自然歩道~山への取付場所     1:00
取付場所~山頂                  1:00

広留野最上部まで車で行ければ、比較的楽に山頂に到着できそうです。周回コースなどを取り入れれば面白いコースになるかな・・・但し、積雪しだいですが。

0_2


0



P1100977

 

« 速報 青ガ丸直登 | トップページ | 今年最後?の雪山は氷ノ山 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/50929228

この記事へのトラックバック一覧です: 青ケ丸 直登:

« 速報 青ガ丸直登 | トップページ | 今年最後?の雪山は氷ノ山 »