« ハサリ谷ほぼ周回・・・速報 | トップページ | 速報 東山・皆込谷周回 »

2013年3月 3日 (日)

赤谷山~波佐利山 縦走

春一番が吹いたかと思えば翌日は雪、今日は天気もまずまずで予定通りロングコースへ
向かいました。

H23.8に小雨の中、藪こきの山行・・つらい思い出ののある県境尾根。
今日は趣向を変えて波佐利谷の周回に挑みます。

取り付きは国道から少し入った二つの堰堤の真ん中あたり、ガレ場ですがおそらく、ここしか取り付きできないでしょう。

         堰堤近くの氷付いた小枝                     尾根から戸倉の県境
P1100471P1100492

 

 

 

 

 

 

                                    



      支尾根は思いのほか雪が少なく中途半端、しかし雑木は少なく楽に歩け       
      雑木と植林が混じますが、木立の間から左右に展望もあります。
                         
                                                  
                                                           三の丸P1100501_3
      951手前のピークからは氷ノ山方向はもちろん、東山方向の展望も広がります。
P1100502_2
そして斜め前方に第一ポイントの赤谷山が確認できます。
951からは急な登りとなりますが、ここを越せば赤谷山までは、ほぼフラットになります。

P1100513  P1100515_3

 

 

 

 

 

 

 

 

                                   
                           

 登り切ると小船反射板に到着、ここら辺りから笹が頭を出していますから、無積雪期は藪 こきになるのでしよう。ここからの尾根も展望があります。

                           三室山~くらます~東山P1100532_2
尾根自体もいい感じです。県境尾根までは極わずか、山頂が直ぐ近くに見えます。

P1100536_3           P1100543_8

 

 

 

            




                

                


              
                 

              山頂手前から振り返ると・・・青空だったらな~P1100544
山頂到着、曇り空だがまずまずの展望。ここからが本番なので立ったまま、あんぱん休憩していると男女五人組Gが到着された。あいさつだけして再スタート。(後でこの五分後に[山登りを楽しもう]さんが到着された様子、残念)

                           これから向かう県境尾根P1100552
県境尾根は若干のアップダウンはあるものの、支尾根以上に雪は締まり歩き易い、風の具合からか凍っているような場所もあります。

          途中のピーク                              山頂を振り返る
P1100569P1100571                              

 

 

 

 

 

 

 

時々薄日がさすと樹氷が輝き美しい、しかし前回(無積雪時)歩いた時のイメージとまるで違う?もう少し広く、巨木があり鬱蒼としていたと思っていたのだが・・・反面、木立の間からは終始展望もあります、時期により大違いです。

                         歩いてきた尾根を振り返るP1100593
波佐利山が近くなってきました、振り返って覗くとセッピが張り出しています、風の強さがうかがわれます。
波佐利山到着。暗い山頂のイメージでしたが木立の間から展望もありました。

P1100602P1100608_3                            

 

 

 

 

 

 

 

 

波佐利山からは一度下って、登り返しとなります。その途中で薄日が差してくれました。

               三室山                                    くらます
P1100611P1100613_2

 

 

 

 

 

 

 

 

               大ボウシへの尾根

P1100614

県境尾根を分かれて大ボウシへ向かいます。尾根の向きによってか、雪はやわらかく、気持ちのいい小ラッセル。
日も差し木々の枝が美しいです。

P1100577P1100631

 

 

 

 

 

 

 

 

                              白く輝く 東山P1100634

尾根は、ほんど起伏はなく快適なはずなのですが、どうも疲れてきました。波佐利谷周回の為に大ボウシまで行く予定でしたが、下山は山頂手前の小尾根を激下り。計画変更の必要がありそうです。1090で下り尾根を検討し、974の先のピークから下ることにします。   
       1090                                       974の次のピークP1100636

P1100643_5 

 

 

 

 

 

 

 

 

下り始めは植林地帯、雪は少ないだろうと、アイゼンに履き替えました。ところがこれが失敗、雪は多く膝までもぐります。仕方なく途中でスノーシューに変えますが、自然林になったとたん雪は激減、再びアイゼンへ。

林道に着く頃には陽は傾き、薄暗い林道をさびしく駐車地点へ向かいました。

         下山地点                                     薄暗い林道
P1100653 

P1100654_2

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の体力の過信と時間管理の甘さ・・・多々反省の山行となりました。

Photo
1_2

 

 

 

« ハサリ谷ほぼ周回・・・速報 | トップページ | 速報 東山・皆込谷周回 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

いい周遊コースですね、雪解け進みますね
今年は無理かもしれませんが自分も歩いてみようと思います。

追伸
リンクさせてもらいました。

ちづ山さん こんばんは

下山の尾根はお勧めできません
やはり、がんばって大野の集落へ下るのが正解かも?

リンク ありがとうございます
私はまだリンクの貼り方もわかりませんのでその内。

それ以前にレポの体裁が悪くみずらいでしょ
何とかしなくてはと思っていますが・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/50206901

この記事へのトラックバック一覧です: 赤谷山~波佐利山 縦走:

« ハサリ谷ほぼ周回・・・速報 | トップページ | 速報 東山・皆込谷周回 »