« 伊呂宇山 周回 | トップページ | 正月早々 三の丸 »

2012年11月18日 (日)

宮の谷川・尾根歩き

9月の陣鉢山裏ルート歩きの時、周回下り用に考えていた尾根ですが、足の痛みから中止していました。尾根自体はほぼフラットですので今日は渕見から取り付き、林道を下るコースで向かってみました。

取り付きは新道から少し入った植林帯、激登りは仕方ありません。

P1090686
P1090573
                       尾根に到着。標高は700くらいですが、ブナも混じる自然林です
P1090579_2
                      左右共に自然林、邪魔な雑木もなく快適に歩けます
P1090583
P1090588
         822の先にはテレビの共同アンテナでしょうか?おそらく茗荷谷集落のものと思われます

P1090591
今日の目的のひとつに茗荷谷~宮の谷を結ぶ点線を確認することがありました。お地蔵さんこそなかったものの、道は残っていました。
P1090602
                               下り道も確認
P1090604
                       陣鉢山は目前のはずですが、ガスで全く見えません
P1090607_2
もう一つの目的は、氷ノ山山頂とスキー場を正面から撮ることでしたが、こちらもガスで撮れませんでした。

P1090617
                                尾根は終始いい感じです
P1090621
P1090627
小雨も混じる生憎の天気ですが、快適な尾根歩き、山の恵みもあり道草を食ってしまいます。そうこうしている内に今日の最高点880に到着。
P1090638
ここまで来ると県境尾根も見え、この先も自然林の様子ですが、今日はここまで。林道を目指して激下りとなります。

                                 東因林道方向P1090642
                                 激下り尾根P1090645
下り尾根も自然林、途中で南側から登ってくる細道と合流し、しばらく行くと広い作業道に到着。ここからは林道歩きとなります。

P1090653
                                 陣鉢山方向
P1090657
                                後は作業道を歩くだけP1090659_2
P1090673
途中で滝を眺めながら、無事駐車地に到着。


今日のコース
Photo1









後日、茗荷谷~宮の谷への点線(道)について確認したところ、昔は茗荷谷から水田を作りに山を越えておられたようです。(確かに茗荷谷には土地がありません)又宮の谷に昔木地師の集落もあったようで、墓石が残されています。

« 伊呂宇山 周回 | トップページ | 正月早々 三の丸 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/51708683

この記事へのトラックバック一覧です: 宮の谷川・尾根歩き:

« 伊呂宇山 周回 | トップページ | 正月早々 三の丸 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ