« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月15日 (土)

陣鉢山 裏ルート

陣鉢山へは二年前に始めて登っている。東因幡林道から激笹薮を匍匐前進の如き行程だった、今思えばあんな苦労までして何が目的だったのかすら覚えていない。

さて、そのルートは今年笹が刈られとの情報もあるが、今回は別ルートから登ってみる事にした。以前屋堂羅から三角点862の先までいっており、その続き又無用者さんが積雪期に途中撤退された痩せ尾根ものぞいてみたいと思い渕見からの直登を試みた。

                            集落を抜け小道から取り付きへP1090076_2
                               取り付きは植林帯P1090080
650mあたりから自然林となり、樹上にリスを発見。おそらく宮の谷川流域に生息地があるのだろう。約1時間で主尾根に到着した。

                               胡桃はないが松はあるP1090084
                                主尾根P1090087
膝くらいまでの小笹はあるが、全く問題はない。それどころかブナの自然林が素晴しい。

P1090091
P1090095
P868の手前から尾根は段々狭くなる、確かに積雪期は厳しそうだ。

                              P1088と陣鉢山P1090099
                              痩せ尾根P1090103_2
氷ノ山方向に展望があるが・・・突然尾根が無くなる、尾根が切れ込み岩場となった。

P1090106
P1090108
所々に岩が出てきて面白いが、体力的にはキツイ。

P1090116
P1090121
P1088あたりから笹が出現し鬱陶しくなるが、杉の木もあることから山頂が近いとも感じる。

                                 P1088P1090123
                              小藪状態が続くP1090126
                   痩せ尾根の岩に登ってみると、大パノラマが広がった。

P1090130
P1090131
                   眼下には宮の谷の自然林が広がっている。P1090133
山頂直下の笹薮は覚悟していたが、かなり手前からの出現に苦労し、やっと山頂に到着。

                              小藪大藪の連続P1090140
                               きれいに刈られた山頂P1090142
スタートから五時間半・・・・きつかったが定番の展望  扇ノ山 はすばらしい。

P1090143
                              鳥取市内は新発見P1090145
                          少し下って、青ヶ丸からの県境尾根P1090147
                            下り道はごらんの通りP1090148
当初の計画では別尾根を下り、周回とする予定だったが、足の裏が痛く歩けそうにない為そのまま林道経由で下山とした。氷太くんからは送迎バスに乗せてもらえ渕見へ、ラッキー。

     今日のコース
Photo

1_2


  
























2012年9月 2日 (日)

三室山の向かい尾根

三室山から若桜方向を眺めると目の前に見える尾根。樹木はなく、笹枯れが進んでおり展望ばっちりではないかと前々から気になっていました。

いつもの分かれ道に車を置き、川を渡って作業道を使い、尾根を回りこんで取り付きます。しばらくは植林帯、展望はなく、ひたすら登れ・登れ。途中二本の作業道(1と2)を越え1時間ちょっと、やっと明るくなり振り返るとくらますが望めます。

P1080982
                                杉の木の先にくらますP1080987
                   P1174・・・枯れ折れた笹の上には一面の羊歯。なにか不思議な感じ。
P1080993
                         三室山をバックに早速 一枚・逆光ですがP1080997_2
                  少し先から振り返ると、空の青・白い雲・羊歯の緑のコントラストが綺麗です。
P1080998
                   前方にはP1178・1210・三室山、歩きやすそうな尾根が続きます。
P1090001
                 P1178の手前からは自然林の中を歩きます。ブナ林ではありませんが藪はなくいい感じ
P1090006
                                    P1178
P1090008_2
P1090013
                自然林を抜けると羊歯の先に大木が一本、下には枯れ笹が広がっているようです。
P1090017
                               近ずく三室山P1090018
                              大木から振り返ってP1090022
                              枯れ笹の先には笹原P1090024
                一面の笹原ですが、左側の樹林帯の中はあまり笹がありません、回避して進めます。
P1090026
                            1210・笹原の中央から くらますP1090030
                  あっと言う間に県境に到着、お昼には早いので行動食で一息いれます。
P1090033
                              赤西山・雪原歩きを思い出しますP1090034
P1200に向かいますが、笹がかなり鬱陶しくなってきます。山頂行きも考えましたがここからの藪は相当な様子、無理せず作業道を目指して下山にかかります。
P1090036
                             始めのうちは植林帯ですが・・・P1090042
       降下するに連れ、杉の木の背が低くなと共に笹が出始めました。苦戦しながらも無事に作業道に到着。
P1090043
                      途中の沢で顔を洗い、下山ポイントまで水平移動します。
P1090044
             900の尾根の先端から尾根を下りますが、この尾根はまったく問題ありません。

                      作業道直前には何かの遺構、神社の礎石のようです。
P1090046
ポイント1・2で作業道に出会う。ポイント3から自然林へ。ポイント4~5は作業道の水平移動・・・約四時間のショートコースです。根性のある方は山頂を目指してみてください。

                                今日のコースPhoto






























« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ