« 鳴滝山~東山 縦走 | トップページ | 快晴の三の丸~戸倉峠 »

2012年3月11日 (日)

ツイン陣鉢

赤倉山から扇ノ山への県境、積雪期しか向かえそうに無い、課題の場所。
先日、無用者さんが青ケ丸まで歩かれたことに刺激され、青ケ丸は無理でも始めて知った、小陣鉢あたりまでなら行けるだろうと向かってみました。
当日は絶好のコンディション、氷ノ山命水から歩き始めました。峠までかなり距離はありますが、雪はよく締まっており歩きやすかったです。
                   
                            今日の取り付きポイントP1070108_2
峠から直ぐに尾根に取り付きP1059に向かいます。けっこう急坂もありますが、アイゼンがよく効き問題なく到着。

                                   P1059P1070116
                             赤倉山の後方に朝日が輝くP1070110
その後は目立った登りもなく、快適な林間ハイク、木々の間に展望もあります。

                               陣鉢山を望むP1070118
                               樹氷の枝が眩しく輝くP1070134
                                   快適ハイクP1070141
                                 あれが小陣鉢?P1070147
陣鉢山への分岐を過ぎると、そこそこの急坂、小陣鉢は極狭い山頂でした。生憎雲ってきたため展望はありませんが、痩せ尾根を激下りして、青ケ丸へ向かわれた無用者さんの足跡が確認できました。

                                 山頂目前P1070155
                              青ケ丸への尾根を望むP1070159
                               無用者さんの足跡P1070162
いずれは向かうだろう尾根を後にして、陣鉢山へ引き返します。
陣鉢山への尾根に入ると直ぐに見覚えのある場所、ヘアピンカーブに着きました。前回はここまで車で来ています。

                                  眼下に林道P1070165

前回は激笹薮を掻き分けて登った陣鉢山。雪があると別世界です。狭い尾根にはセッピがありますが、ブナの根明けには笹が顔を出し、春が近いことをうかがわせます。

P1070170
  P1070183
ガス、小雪、晴れ間と色んな顔を見せててくれるなか、山頂に到着。
無積雪期はあまり展望はなかったように思いましたが、北側に広留野が確認できました。

                                    山頂P1070197
                                 山頂北側から遠見山方向P1070198
                      山頂を後にして、直ぐガスが少し晴れてくれ北側が開けました。P1070225
                                小陣鉢の奥に鉢伏山P1070215
                       帰りは終始林道歩き、あっと言う間に陣鉢山が遠くなりました。P1070238
                              いつもの雪崩ポイントP1070244
                         無用者さんのスノーシュー跡と私のアイゼン跡P1070253
時折氷ノ山を眺めながら五キロの林道歩き、今日は終始アイゼンで楽な山行となりました。


Photo1














« 鳴滝山~東山 縦走 | トップページ | 快晴の三の丸~戸倉峠 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1850037/51021815

この記事へのトラックバック一覧です: ツイン陣鉢:

« 鳴滝山~東山 縦走 | トップページ | 快晴の三の丸~戸倉峠 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ