« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

若桜の西壁 諸鹿谷の大縦走 パートⅢ

大縦走の前半部は、より地形が複雑、先日の反省から向かうのはもう少し先かと思っていましたが、悩んだ末に最強のアイテムを手に入れました。 ”GPS”!!!

7/31 晴れ
コースは諸鹿集落の上手、屏風岩の端に広留への登山道(中国自然歩道)があります。
早速、取り付きますがかなりの急登、途中に土砂崩れした場所もあり注意が必要です。

                              取り付きの案内(通行止の告知板有)P1030536
最後は工事中の舗装道に出て、広留まで一時間かかりました。

                               いつまで経っても繋がらない道路P1030540_2
広留の作業道から直ぐの場所に三角点717があります、ここからが本番。先ずは屏風岩の上部を目指します。

P1030543
                       尾根は若干、雑木のうるさい所はありますが概ね良好。
P1030547
屏風岩の上と思われる場所に着きましたが、縁まで行けず下は覗けませんでした。しかし、陣鉢山へ一直線の尾根が見え興味をそそがれます。

P1030551
次の目標は諸鹿から妻鹿野への点線、果たして痕跡は、お地蔵さんは?
残念ながら見つけられませんでした。涼しい植林帯で昼食。
さて、次は三角点654ですが、ここら当たりから地形が複雑になります。ここは右、こんどは左へとGPSを終始確認しながらの前進となりました。もし、GPSが無かったら在らぬ方向へ進んでいたでしよう。

P1030557
P1030559
                                   三角点654P1030563
三角点からも変化のない地形が続きます、広留から一時間半 634に到着しました。少し足を延ばしてお地蔵さんに挨拶しました。
下山は前回時の登りコースを変えて、別尾根を降りましたが、気が緩んだのか岩場に出てしまい崖の上。ここで事故っては元も子もない、少し休憩を取り、冷静にコースを確認し無事県道に下山。

                             岩場にひょこり・・恐竜出現?P1030569
                                  県道に到着P1030571
後は駐車地まで舗装路ですが、炎天下でここが一番疲れました。
P1030576
若桜の西壁、約八キロの踏破 これにて完結。
前半部よりは後半部、来見野集落の向かいの谷を尾根まで詰めて千石岩へのショートコースはお勧めです(下りは注意)

Photo















2011年7月18日 (月)

若桜の西壁 諸鹿谷・大縦走 パートⅡ

翌7/17 晴天
いつもならリベンジに向かうのですが、さすがに今回は堪えました。帰宅後も水分を取り過ぎ体はだるく、気力も起きません。いずれまた涼しくなってからでも向かおうか・・・。と思いつつも夕方、千石岩を眺めていると、悔しさが蘇ってきました。再戦準備

7/18 奇しくもこの朝はWカップ女子サッカーの決勝戦。接戦の末、PK戦を征して優勝。
私もリベンジすべく出発しました。
今日は、たどり着けなかった597へ直登、だいぶ手前の尾根に取り付きました。

                                 急登中、大岩ゴロゴロP1030422
登ること一時間、杉の植林帯に着きましたが、かなりの広範囲にわたり、同じような場所ばかりで、どこがピークなのか全くわかりません。

P1030425
先日歩いた場所にも行ったり来たり、やっとのことで主尾根の入り口を見つけました。

P1030433
                                   辛うじて若桜宿P1030435
尾根は思いのほか広く、下草もない自然林が続きます。快適・快適。

P1030440
P1030443
                                城跡の下に若桜宿P1030459
進むこと一時間、尾根は段々狭くなり、大岩が出現し始めました。千石岩が近いか?

P1030465
P1030464
そして、千石岩上部の大岩に到着。岩に上れば若桜宿全体が見渡せるだけではなく、町に迫る尾根・尾根が一望できます。
生憎の曇り空の為個々の山は見えませんが、晴れていれば更に絶景となるでしょう。

P1030477
小雨が降り出しましたが、いつまでも眺めていたい景色です。大岩を少し降りると、千石岩の絶壁の上部になります。這いつくばって下を覗けば・・・・。

                              山ボーイ・行きま~すP1030491
展望を堪能し下山します。なるべく絶壁の縁に沿って降りるとその凄さが実感できます。

P1030495
                                  強者達の忘れ物P1030496
                              久しぶりに下から見上げてみましたP1030500
後は尾根の先端まで進み、無事下山となりました。二日掛かりで半分踏破できました。


Photo_2

2011年7月16日 (土)

若桜の西壁 諸鹿谷の大縦走

若桜十三山(地形図上に名前のある山)も未踏は残り三山となり、趣向を変えて、どこか面白そうなところは無いかと地図とにらめっこ。目がいったのは諸鹿・屏風岩から千石岩にかけての若桜の西壁とも言える大尾根。ほぼフラットで両サイドが切り立ち、いかにも面白そうです。
しかし、距離がありますし、地形の複雑な場所もありそうなので、二回に分けて歩くことにしました。

7/16 快晴
先ずは来見野からの後半部。昔はこの尾根を越えて、八頭町の妻鹿野に行く道があったそうです。取り付き場所を聞き、そこをスタートにしました。梅雨明けの猛暑で大量の水と千石岩下りを考え、ザイルまで準備したためかなりの荷物となってしまいました。

P1030391

入り口から百mほどは踏み跡がありましたが、その後は不明。仕方なく尾根を登り、634を目指します。そこそこの急登、取り付きから50分で尾根に到着、そこには枯れた大木の根元にお地蔵さんがありました。

P1030392
                                   尾根に到着P1030393
                                  ひっそりとお地蔵さんP1030395
                                 文政十一年・・・・でしようか?
P1030400
周辺は小笹がありますが、特には問題なし、八頭町側にも道らしき跡は確認できませんでした。
ここからが縦走の本番です、三角点639を目指し出発。

                              進行方向には道?P1030403
なだらかな尾根で快適に歩けますが、残念ながら展望はありません。しかし、木立に陽が遮られ、さほど暑さは感じられません。
峠をスタートして70分、三角点に到着。ここまで二時間、これなら楽勝の半日コースかと・・・

P1030412
しかし、次の目標597が見つかりません。地形図とコンパスを睨めっこしますが、同じような場所がいくつもあり、行っては戻りの繰り返し二時間ほど右往左往。このままでは体力消耗になるだけ、やむを得ず当たりをつけて決めた方向に進みます。

                                   天を仰ぐP1030414
徐々に下って行きますが引き返す事もできず・・・着いたところは、用呂のお寺。

P1030417
まさか、こんなところで迷子になるとは・・・疲れと情けなさ、さらに追い討ちをかける灼熱の舗装路歩き。疲れました。

Photo








2011年7月 9日 (土)

大ボウシ

大ボウシ・・・へんな名前の山です。

諸先輩方々はハサリ川中流域から登り、大野の神社へ下られていますが、単独の私は車の回収が大変なので、周回コースを考えました。
加地川の最初の橋に車を置きスタート、支線に分かれ滝の記号の沢から取り付きました。大ボウシ直登コースです。

P1030345
取り付きの尾根は狭く激登りですが、下草もなく問題ありません。

P1030347
                              ギンリョウソウの子供達P1030351
                        山頂は広く、下草等も無く快適ですが展望もありません。
P1030368
                               唯一の展望  三室山P1030367
                               大ボウシに山ボウシP1030363
広い山頂はなだらかで自然林の中を快適に下山、823を目指します。

P1030370
P1030373
823からは方向を変え、駐車地に向かいますが楽しようと作業道を利用しようと沢に向かってしまいました。これが大失敗、一度沢に下りてしまうと登り返しはきつく、斜面歩きを強いられます。苦労して何とか駐車地へ。

下りに沢は絶対に使わない事・・・教訓!!!

P1030375_2







« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ