2018年5月18日 (金)

千石岩

今日は山ガール四人様をガイド登山?  
千石岩に登りたいと・・・以前にのぞまれたこの景色から登って見たくなられたとの事・お眼が高いですね。

P1540106

千石岩だけならピストンで二時間くらいか、それじゃ面白くないでしょ!!!
町境尾根の縦走も絡めましょうと提案しました。
この尾根はどこも壁のごとく急ですが、かろうじてこの一か所からは登れます。

Photo

大体、四時間くらいのコースとなります。

先ずは林道・作業道?・・・小沢を詰めます。   おお、エビネが歓迎してくれました。

P1540950

沢の行き止まり

P1540952

主尾根に乗ってしまえば、後は楽勝です。

P1540954

P1540955

じわじわと下がって、岩が出始めると・・・到着~  千石岩上部の展望岩から・・・ちょっと霞み気味ですが、雨は無く、風もあるので良しとしましょうね。

P1540956

千石岩名物の「覗き」です。
しまった・・・写真掲示の了解を取っていませんでした。ごめんなさい・後ろ姿で。

P1540958_2

ここからは木々を掴みながら激下り・・・聞いてないよ~ 
何とか無事に作業道に降下、千石岩を下から見学です。

P1540962

P1540960

すごいでしょ、満足いただけましたか?

今日は終始見られたフタリシズカ

P1540963



若桜には色々と素敵な場所がいっぱいあります、またのお越しをお待ちしております。

そうそう、この花・・・マンネングサかな?

P1540959

2018年5月11日 (金)

花を探して・ウロウロと

その花の存在は数年前から知っていました。が、写真はアップされるものの、流石にどなたも場所はレポートされていません。どうしても見たくなり、僅かな情報から予想し・・・あとは野生の感で探す事に・・・戸倉峠を越えて行ってみました。

第一〇〇シャク発見、これも見たかった花ですがまだ蕾

P1540881

周辺を探してみれば・・・お~ ありました。

P1540884

そして、本命の花・・・なぜか蕾ばかり

P1540887

P1540890

咲いている群落があるはず?・・・こちらは満開です

P1540894

それにしても変な形の花ですね~(笑)  思っていたりより小さいです。

P1540897

P1540898

う~ん  満足・満足。 我ながらすばらしい感・アハハ。 

こちらの花の群落はここじゃあないかもしれませんね。

P1540904



そして、思い出したのが若桜の〇〇シャク・三姉妹・・・昨年は既に落花済でした、今年はどうかと行ってみました。

第一自生地区・・・株は以前より多いものの、小さい。とても花が付くサイズじゃありませんでした。

P1540918

三姉妹は・・・

P1540920

なんてこった~ 花は落ちるは葉っぱは無いは・・・ショック。

植林の間伐が進み、近くまで作業道がついています。

P1540923

良い感じの場所なんですがね~

P1540924

上の広場まで行く元気がなくなりました・・・

近くの沢へ

P1540928

トチの新緑

P1540934
P1540936

P1540938

帰りに見つけましたが・・・顔を見せてはくれませんでした。

P1540945

まぁ今年はこれで「良し」としましょう。

あとは「ドウダン」を見たら今年の花山紀行も終わりかな?

2018年5月 6日 (日)

GW後半は・・・

5/4 恒例の遠見山登山大会・・・今年は8/11 山の日 記念大会は大山でおこなわれます。それを盛り上げる一環として今回は参加者90人、記念品も豪勢(?)に実施されました。

P1540875

P1540799

新緑の遠見山

P1540801

見晴らし台から解説中

P1540802

この後、山頂で天候急転・・・アラレ・強風・・・直ぐに回復しましたが、その影響もあったのか忙しくなり・・・写真なし。
ともあれ全員無事下山できました。



5/5 この日も絶好の好天、少々疲れはあるものの春山を楽しみたいと・・・お手軽ルートから

P1540803

新緑が綺麗です・・・三葉

P1540809

P1540811

P1540814

山頂から・・・あそこまで行ってみましょう。

P1540816

前方の山の周回も考えているんですが・・・いつ行こうかな? (カンカケ~竹呂~三室~大通~空山)

P1540818
船木山から・・・

P1540847

良い絵でしょ

P1540852

山頂のドウダン・蕾

P1540854

さあ、帰りましょ。 帰りのアップダウンはきついです~

P1540869

あと少し

P1540870

連日のお山に流石に疲れました、足の裏が痛い・・・それなら行くなよ・好きですね~ アハハ。 


2018年5月 3日 (木)

若桜神社大祭

今年は二年に一度の大祭です。
若桜宿内七町の持ち回りで榊と神輿三基を担当しますが、今年は我が西町が榊・大祭本部を務めます。

P1540783

P1540788

私の担当といえば・・・こちら、接待役です。

P1540797

神輿や一般客・・・他へ  接待します。

中にあるのは・・・以前の獅子頭

P1540775

神社に奉納されている甲冑

P1540776

そして・・・

P1540771

P1540777

使用中の本面

P1540792

夜、三基の神輿が神社の境内に一気に担ぎ上げられ、更に境内から練に練られます。これがかなりの見ごたえがあります、機会があれば是非鑑賞してください。

2018年4月30日 (月)

あれあれ~の「仙谷コース」

例年GW前に氷ノ山の様子を見に行くのですが、今年は遅くなりましたので、がんばって仙谷の雪渓の状態をレポートしましょう。

アルパインゲレンデを過ぎると早々に「ニリンソウ」

P1540695

そして第一「サンカヨウ」発見

P1540698

仙谷コースの定番ショット

P1540701

第一雪渓に遭遇・・・小さい

P1540703

御覧の通り、登山道は出ています。

P1540709

以前、ここの雪渓あたりはサンカヨウ畑でしたが激減

P1540711

いつもは大雪渓なんですがね~

P1540715

P1540724

マンサクをゲット・・・主尾根にもありました。

P1540728

沢部を離れ、尾根に取り付けば早々に「イワカガミ」 まだまだこれからです。

P1540732

久しぶりにこしき岩へ直登・・・天気はイマイチ、寒いです。

P1540739

山頂の外気温 七度。 三ノ丸方向

P1540742

下山時振り返って・・・問題なさそうです。

P1540745

雪上を歩かなくても下れますが、登山道は靴が汚れそうです(笑)

P1540748_2

倒木もありますが通れます

P1540757

3/10ポイントのサンカヨウ

P1540762

最後に渡河ポイント、木段横に

P1540769

仙谷コースの雪渓を歩くつもりでしたが、全くの想定外。例年以上に雪解けが進んでいました。コースはそこそこ荒れてはいますが標柱、ピンクテープを確認しながら登れば問題ないと思われました。

今日は三十人以上の方とお会いしたと思います、GW後半も氷ノ山をお楽しみください。

2018年4月27日 (金)

明日からGWだそうです・・・

私は昨日から休みですが・・・。 遠征するでもなく、さっさっと近場を二か所。

一か所目は先般、行ったシャクナゲ山・・・どうなったかな?

ヒカゲツツジは終了し、ミツバツツジも終盤

P1540493

そしてシャクナゲが何やらやけに白っぽい・・・色が抜けてしまったようです。

P1540496

残念ながら終了~ ですね。

P1540498

向かいの岩壁

P1540508

仕方がない、周辺の山でも写しましょう。

P1540510

P1540511

P1540512

アセビはまだ咲いています

P1540513

この花・木なに?

P1540519

さて、さて次は諸鹿へ、集落奥の広留野への通行止め道路。
工事前から旧道があるようですが歩った事がありません、一度確認しておきたかったものです。

Photo

スタート

P1540523

舗装路終点、下へ木段があります。

P1540529_2

降りてみると

P1540538

良い感じの道、この石積みは比較的新しい?

P1540547

おり返して

P1540549

長いスパンのジグザグ道、前方に目的地

P1540561

最終コーナー

P1540566

到着~

P1540570

約二キロの行程でした・・・使い道がないかな~


P1540535

P1540552

P1540558

P1540584


2018年4月22日 (日)

船通山・・・花山紀行・町外編

この時期の「花」と言えば「カタクリ」・・・毛無山には何回か行きましたが、今日は県内で若桜から一番遠い山? カタクリと言えば「船通山」ですね。

ご存知とは思いますが、念の為(笑)

Photo

昨日まで林道の土砂崩れで通行止めとなっておりました、鳥取側からの登山です。

Photo_3

駐車場は既に十台ほど、県外車がほとんどでした。

P1540420

暫くは舗装道路、終始登りですが足元にはかわいい花が多数、しかも名札が付けられており退屈せず。

P1540426

やっとここからは土道。すぐに右・一般道、左・健脚道の分岐となります・・・いずれもコースタイムは40〜50分となっていました。

P1540427

私は、もちろん一般道を選択。木段が多いですがジグザグと登っていきます。

P1540431

八合目(合目表示はありませんが)くらいには数株のカタクリがお出迎えしてくれていました。
そして、こちらが「大イチイ」

P1540436

木段にはカタクリ

P1540440

山頂・・・紫のジュータンです。

P1540442

山頂は360度の展望・・・微かに大山

P1540450

そして、カタクリ

P1540456

こんな格好になりますよね。

P1540459

山頂に木陰無し、百人くらいおられたかも?

P1540460

来週末までもつのかな~

P1540462

木段脇のこの子が一番可愛かったですよ。

P1540467

下山は健脚コース、沢筋を結構な急坂です。

P1540470

カタクリは勿論よかったのですが、驚いたのは登山道近くに沢山あったこの花・蕾ですが。

P1540476

島根側からの登山者が多いようですが、鳥取側からの方がお手軽のようです。でも、登山口へのルートがわかりにくいような・・・もう少し道路に表示がほしいですね。

 

2018年4月21日 (土)

若桜・花山紀行

暑い日が続きますが、春山三連ちゃん・・・今日は花探しです。

加地渓谷の支流

P1540307

P1540311

P1540322

沢から尾根へ・・・直ぐにイワウチワ・・・?  葉っぱは一杯ありますが、花がない

P1540330

代わりに目に付いたのは・・・

P1540332

痩せ尾根の両サイドにあるわ・あるわ・・・数年前の再来・大当たりの年のようです。

P1540338

P1540344

P1540353

P1540354

高度を上げていくとイワウチワもありました。

P1540361

P1540365

P1540373

P1540376

こちらはドウダンツツジ

P1540378

標高千mのイワウチワ

P1540380

県境尾根、今日は三室はもちろん赤西にも向かいません。

P1540384


途中で神戸からの単独さんに遭遇、加地林道からの県境尾根周回コースを予定されているようでした。・・・ここらで人に会うのは初めてでした。

下山予定の別尾根へ

P1540389

三室山

P1540392

大ボウシから県境への尾根の奥に三ノ丸

P1540394

尾根をはずれて沢部へ・・・やっぱり沢のくだりは苦手です。斜面をくだって振り返れば・・・水量はありませんが、何段の滝でしょう。

P1540409

大分下ってきました、この先は・・・

P1540412

良い感じでしょ

P1540415


とにかく暑い一日でしたが最高の花山紀行となりました。

これまでから何度も歩いている尾根なので、今更内緒にする場所でも無いかも知れませんが・・・う〜ん、ゴメンなさい。

2018年4月20日 (金)

弁天山周回コース・保守点検

今日もお山へ、かなり久しぶりのコースです。

P1540261

弁天さんへの参道はきれ〜いに掃除してあります。

P1540263

植林帯の登りは気力が試されます・・・きついです。  掃除・・いや、休み休み(笑)

P1540273

昨日の遠見山方向

P1540277
やっぱり主尾根は気持ちが良い

P1540281

がんばる東山の残雪

P1540282

山頂から下って行くと・・・今年もいっぱい咲きそうです・・・何とは言いませんが(笑)

P1540289

最後に氷ノ山方向

P1540297


マーキングテープは迷子にならない程度は設置、植林帯にはスギの枝がかなり落ちていましたが、できる限り排除しました。 大きな倒木が複数排除できませんでしたが、跨いだりくぐったりで通過は可能だと思います。最終部が少し残ってしまいましたので早急に見ておきます。

しっかし良い天気が続きます、明日は何処へ?

2018年4月19日 (木)

遠見山・登山道整備

5/4の登山大会に向けて、今日は登山道の整備してきました。
作業状況は置いといて・・・・

七合目、見晴台・・・アセビが満開です。 大会までは持たないでしょうね。

P1540252

P1540239

イワカガミ・・・こちらはこれから

P1540237

オオカメノキ

P1540242

山頂広場のナラの倒木に・・・なんと天然もののシイタケ

P1540247

今回は産業遺産他のコースをご案内する予定です。

P1540254

P1540255

見晴らしも良くしましたよ。

バリエーションコース・・・お楽しみに。

Photo

«まさかの「ヤマシャク」

フォト
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ