2017年12月15日 (金)

氷ノ山・一日早い雪山開き

氷ノ山の雪山開き(スキー場開き)は明日ですが、お天気の今日登ってきました。予定では周回ですがどうなりますか?

キャンプ場駐車場までは上がれませんので響きの森へ、赤倉が輝いています。

P1510275

今日は久しぶりに伊勢道からです

P1510277

20~30㎝のラッセルですがツボ足でがんばります。もうすぐ雪の斜面になりそうです。

P1510283

今季初スノーシューの出動

P1510285

ショートカットで激登りしてみましたが、さすがに疲れて休んでいると後発のお二方が追い付かれました。

P1510288

日が差し始めました

P1510289

氷ノ越え・・・先日よりだいぶん増えています。

P1510293
兵庫側からの登山者は無く、引き続きラッセルです・・・フーゥ

P1510296

ここからは写真の撮影ポイントばかりです。

P1510301

P1510305

P1510313

P1510319

ラッセルはちゃんと交代してますよ、念の為

P1510325

仙谷分岐

P1510327

九合目から上部

P1510332

四時間以上かかって山頂、今日の山頂は我々三人のみでした。

三ノ丸方向・・・予定変更でピストンします。すいません(笑)

P1510340

:下山時は九合目まで真っすぐに下山

P1510341

振り返って

P1510342

後は登りの辛さも忘れてスタコラサッサと下山

P1510351

P1510353

P1510355

いゃ~  今日は絶好の日和でしたが、疲れました。お二方の合流があり何とか登頂できました、周回していれば暗くなったかもです。

明日・明後日はお天気いまいちのようですが、何年振りかで滑走できそう、来場者も増えるといいですね。私的には第三リフトの稼働が待ちどおしいです。

2017年12月 7日 (木)

ひとり雪山開き

このところ町外の山ばかり・・・ちょっと気合を入れるべく、久しぶりの単独ご来光登山です。

キャンプ場駐車場から・・・積雪は氷ノ越えまで10〜20㎝

P1510052

今日は間違いなしの天気予報、寒いですが(笑)

P1510054

氷ノ越え

P1510061

仙谷分岐まで積雪はちょっと増えて20~30㎝

P1510076

P1510087

P1510090

仙谷分岐からは30〜40㎝  こしき岩の巻き道は雪の斜面、ご注意を。

P1510095

振り返って、ここらが一番多いかな

P1510096

六時、山頂・・・良い感じ

P1510103

しばらくすると、日の出前ですがかなり明るい。三ノ丸方向は笹が倒れてかなり歩きにくそうです。

P1510119

P1510120

ご来光

P1510126

P1510134

P1510151

白サンゴ?と月

P1510159

扇ノ山方向

P1510165

最高のお天気ですが、山頂ではどなたともあいませんでした。

P1510175

さて、下山します。

P1510183

見上げてばかりで中々足が進みません

P1510189

P1510200

P1510206

P1510211

P1510229

氷ノ越えから山頂・・・次に来るのはいつになるでしょう・・・積雪次第ですね。

P1510236

クマさんももう寝てるでしょうから寒いのだけを我慢すれば誰でも行ける(笑)。 後はお天気次第ですかね。

正式な雪山開きは、12/16のスキー場開きに合わせてでしょうか(笑) いずれにしても適度な降雪を望むばかりですね。

2017年12月 3日 (日)

大山眺めに「孝霊山」

孝霊山・・・ご存知でしょうか? 標高は751mですが単独峰で・・・

22
山渓の「鳥取県の山」によると登山口から三十分となっておりますが・・・色々調べてみると今は状況がかなり違うようです。しかし、山頂からの大山の眺めは秀逸とか、南方向からは色んな山から眺めましたが北方向からはまだありません。ここは是非とも行ってみましょう。

取り付きはなかなか分かりにくいです、駐車地には県外車も含め五六台。
そして・・・登山口まで3.5キロの案内

P1510009

以前は登山口まで車で登れたようですね

P1500949

という事で舗装路を歩く事になりました。

00_2

最初のうちは良いのですが・・・登りの3.5キロは結構きついです。

P1500951

無線塔が見えてくれば、何とか登山口

P1500956

標柱の裏を下ります

P1500958

出だしはなかなかワイルドです

P1500959

広い鞍部からちょっと登って水平移動

P1500962

左手に眼下を望めば、いよいよ登りの開始。

P1500964

見にくいですがトラロープが張り廻らされています。

P1500965

バックには無線塔と弓ヶ浜

P1500969

山頂方向

P1500973

登れ・登れの登山道、ジグザグのストロークが短いのできついです。

傾斜が緩み、山頂まじか

P1500978

山頂です

P1500982

予想通りの大山・・・が、太陽の位置が想定外でいまひとつ・残念

P1500985

P1500995

反対側

P1500990

今日はピストン、登山口から大山

P1510007

そして、孝霊山

P1510008


11

行程、九キロの内七キロは舗装路。登山口からは一端下って・登れ登れ・・・標高751mですが侮ることなかれ、けっこう登がいのある良い山です。
ちなみに、十人程度の登山者にすれ違いました。

光線を考え、時期を変えて大山を撮りなおすかな?

 

 






2017年12月 2日 (土)

ダブル”水”山

天気は曇り予報、山は薄っすらと白くなってる・・・予定通り、南の山へ。
戸倉峠は零℃、南へ南へ・・・山崎町内に入り方向転換

Photo
今日は水剣山から長水山へ周回です。
山頂間のコースはけっこう歩いておられる方があると思いますので、取り付きと下山コースを少しアレンジして完全周回にしてみました。

・・・広い路肩に駐車。左手の植林帯を登りましたが・・・きつい。尾根の末端から取り付くべきでした。

P1500812

P266辺りの主尾根は歩き易い良い尾根

P1500816

残り紅葉

P1500829

途中からプラ階段・・・鉄塔の管理道?

P1500832_2
標高580で正規登山道に合流・・・スタートから80分

P1500834

落ち葉でコースが分かりにくい、このテープが道案内

P1500839

鉄塔でエネルギー補給

P1500841

P766直下、山頂もですが結構きついです。

P1500847_2

屏風岩から

P1500853

水剣山・山頂   スタートから二時間二十分   北西・北東両ピークも行きましたよ。

P1500857

瀬戸内海もハッキリと

P1500859

下山分岐

P1500862

反射板手前にプチ岩場

P1500871

反射板でアンパン休憩

P1500876

反射板から直ぐに正規道から分かれバリルートとなります。相変わらず変化にとんだ良いコース

P1500884

長水山

P1500885

P618手前・・ここも管理道

P1500887

鉄塔・・・長水山からの下り尾根を望む

P1500893

点線の最低鞍部・・・山頂から二時間

P1500902

バリコースにあったピンクテープ

P1500909

480mから方向転換して下り、広い鞍部から長水山へ最後の登り尾根

P1500915

ここらあたりではかなり足に疲れが溜まりツライ。

山頂まじかに祠

P1500921

そして・藪・・・サルトリイバラのトラップ多数

P1500923

がんばって・ガンバって

P1500926

長水山、山頂標柱は境内の中   最低鞍部から一時間半

P1500928

ここからの展望は抜群、今日のコースがよく分かります。

P1500932

また、イバラ道を通りましたが尾根の東側が薄いようです。
少し戻って下り尾根、悪くはありませんが等高線以上に傾斜があります。

標高360から北に方向転換、急坂ですが作業道だったようです。

P1500942

林道到着

P1500944

スタートから約八時間。五時前になってしまいました、もう一時間早く下山すべきでしたね。山崎を抜けるあたりでは月が昇っていました。

P1500947

変化のある、かなりハードで面白いルートでした。途中GPSが電池切れでログが乱れた為正確ではありませんが15キロくらいの歩きでした。

2017年11月25日 (土)

鷲の翼を歩いてみれば・・・

今年三月・・・コ゜ーロの帰り、前方にはカッコよく・・・

P1450536_3
鷲峰山・・・今年は是非とも行って見てたいと思っていました、が中々機会がなく早十一月。
と、いう事で本日行ってきました。
この山の登山道は基本南北、私的には東西の翼を歩いて見たい。がんばって東端の毛無山から縦走です。
 (山頂あたりGPSが不安定)

Photo
取り付きは河内です、ホントはオレンジ線の尾根を使う予定でしたが、取り付きあたりがちょいと藪っぽいので変更。

1

堰堤の左尾根を奥へ奥へ

P1500649

思わぬ小道にラッキー・・・途中からは鉄塔巡視路になりました。

P1500653

道は尾根の向こうに下って行きますが、私は正面の尾根を登ります。

P1500663

右下に毛無山への道路が見えます。

P1500665

そして・・・笹薮も・フー、徐々にきつくなりますが仕方がない。

P1500668

藪を抜けるとトラロープ、何だろうと少し下ると大岩。抜群の展望ですよ、名のある岩でしょうか?

P1500674

トラロープに沿って登ればアンテナ群の毛無山山頂。スタートから約80分。

P1500681

さて、奥のアンテナ塔に向かいます。

P1500684

どうなるか心配でしたが、何と古い作業道・・・助かりました。

P1500687

良い感じの尾根縦走の開始です。

P1500693

P1500696

P1500701

小笹もアクセント(笑)

P1500705

P1500708

標高650mを越すと少々雪が出始めました。

P1500713

徐々に増えて・・・実に歩きにくい、一気にペースダウン。

P1500721

P1500725

それでも何とか登山道に合流・・・やま道か(笑)  スタートから四時間かかりました。

P1500736

天気が良いと・・・良いですね~

P1500743

別登山道と合流

P1500746

そして、スタートから四時間半、無事山頂~

P1500750

ホントは西側の翼も歩こうと考えていましたが、疲れたのと雪で靴がしみてきたのでパスしました。

氷ノ山・扇ノ山

P1500754

P1500758

パンとコーヒーのみで下山します。単独の男性とすれ違い。

いいですね~

P1500769

P712からは激下りとなります

P1500773

前方にゴーロ方向の尾根、次のポイントの鉄塔が見えます。

P1500780

ここの木段は雪が無くてホントに良かった

P1500782

鉄塔から高山方向

P1500787

地図では鉄塔の下から鹿野側へのルートが載っていますが、実は間違っています。

2

ホントの安蔵越えはP590を下ってからのようです。

P1500791

そして、地図にはない安蔵への下り道もありました。

P1500792

しかし、この道は通行止めの札がぶら下がっていました。なんでかな~?

P1500801

ここから駐車地まで五キロちょっと、今日は自転車快適で~す。

P1500805

3

(途中が少し変ですが・・・自転車の部分は乗っていません)


念願だった鷲峰山の縦走、想定外の雪でしたが想像以上に良い尾根で大満足です・・・でも、いずれ正規の登山道も歩かなくちゃいけないか(笑)

 

2017年11月19日 (日)

冬景色

銀杏作業・・・終了です。
ままだまだ片付けは残っていますが主作業は無事(無事ではないか、しっかりかぶれました)終了いたしました。
天気予報は不良ですから、昨晩までは峠を越えて南の山へ向かおうかと考えていましたが・・・今朝・・・

P1500631

標高700mくらいからは雪景色、あまりの寒さにギブアップです(笑)


そして、今日は写真展の最終日

P1500635

期間中には多くの方々に来場いただき、誠にありがとうございました。
本来であればご挨拶・説明等すべき所でしたが、銀杏作業の真っ最中でほとんど会場に顔が出せませんでした。それでも初めてお会いした方や地元に山好きの方がおられる事が分かったり、うれしい事もたくさんありました。・・・大変でしたが・写真展・やって良かったです。

次の機会があるかどうかわかりませんが今後も山歩き・写真と精進していきます。

2017年11月12日 (日)

連日ガイドの週末

今週末は遠く関東からおいでのお客様を11/11・・・扇ノ山 11/12・・・氷ノ山、連立ガイドしてきました。

扇ノ山・・・スタート直後から時折ポツポツ、カッパを着たり脱いだり。主尾根もガス模様で展望はなし。昨日の天気が・・・

P1500578

振り返っても真っ白

P1500579

お疲れさまでした、気温三度・・・さぶっ

P1500580
若干、紅葉も残っていますが空が灰色・・・残念

P1500581

林道の落ち葉がきれいです

P1500582

時間もあるので権現滝へご案内

P1500586

氷ノ山・・・スタートは六時、ヘッドランプを付けて少々急ぎ、氷ノ越えからも山頂は見えず。
何やら笹が白っぽい

P1500590

さぶっ・・・の風景。綺麗ですが(笑)

P1500603

仙谷分かれからのこしき岩も霞む

P1500609

ジグザグ道も冬景色

P1500614

最終コーナーを回っても山頂小屋が見えない

P1500616

山頂・・・気温・氷点下三度、積雪・一センチ

P1500618

これはこれで満足して下山、少し明るくなったかな?

P1500621

氷ノ越えから振り返って

P1500624

紅葉は800m尾根あたりでしょうか。

P1500625

思わぬ積雪に雪景色、きれいな霧氷もあり皆さんご満足の様子。私も大満足です(笑)

2017年11月10日 (金)

扇ノ山周回

土曜日には久しぶりに扇ノ山のガイドが入りました。当初は河合谷からの予定でしたが林道の一部が損傷の為使えず、姫路公園登山口からスタートなりました。
本番はふるさとの森に下山ですが、今日は下見ですから何とか周回となります。

Photo_3

GPSの調子がイマイチ、青線が正しいです。

先ずは車でふるさとの森へ、透けていますがいい天気です。

P1500470

足元は・・・

P1500466

林道を姫路公園登山口にむかいます。途中、風の広場展望台から・・・

P1500488

大山も確認

P1500491

登山口

P1500493

二合目の急登

P1500495

お天気最高、気持ちいいですね~

P1500496

檜櫓・・・登れませんでした

P1500499

振りむけば・・・

P1500510

九合目・・・最終直線

P1500512

山頂~  今月末には完了するようです。

P1500517

早いのでみかんを食べて、下山。  

P1500521

振り返って山頂

P1500524

そうそう、橋が架かってました。使うかどうかは自己判断。

P1500525

紅葉は終了していましたが・・・

P1500529

P1500533

P1500534

ふる森登山口下のカツラ

P1500543

林道歩き途中にヤマボウシの紅葉

P1500556

途中、山越えのショートカットをして無事駐車地へ。

帰りにふるさとの森で一枚

P1500574


Photo_2


当日もこんな天気だったら良いんですが・・・

2017年10月31日 (火)

今年も「遠見山登山大会」秋の部

明日からは早11月、山の紅葉はそろそろでしょう、今年は台風の影響が心配ですが行って見なけりゃ分からない。
11/5の扇ノ山林道ウォークはもう締め切りでしょうが11/19の「遠見山登山大会」秋の部はまだ間に合いますよ。

Photo_2

今年の目玉は・・・こんな物を見たり

P1460530

こんな場所を歩いたり・・・

P1460579

遠見山・プラスアルファの魅力をご案内しましょう。



銀杏作業はまだ後半戦ですが、たまには山に出没するつもりです。
それと、写真展には多くの方にご来場いただいており、誠にありがとうございます。土日も作業の為、ご挨拶もできず申し訳けございません。

2017年10月26日 (木)

久しぶりの山行は東山~鳴滝山周回

毎日、銀杏作業頑張っています。・・・今日はお休みとしました。何故って、最高の山行日和・山は紅葉。一か月以上の山禁の禁断症状が・・・(笑)
どこに行くか?紅葉が楽しめて、展望があって、そこそこ歩けるコース。

Photo

下山尾根でGPS不調となっております。
登り・下りの両尾根はまだ歩いておらず、東山~鳴滝山縦走も数年行っておりません。

取り付きは東仙宿舎・・・そうそう、沖の山林道の若桜側は先日の台風で土砂崩れがあり通行止め。したがって今日は智頭側から向かいました。

三滝ダム

P1500245

植林帯の登りとなりますが、途中まで新設の作業道が使えます。

P1500252

主尾根までは植林帯と思っていましたが予想外に自然林

P1500262

紅葉は台風の影響があると思いますが・・・

P1500266

マンモスか?

P1500270

二時間弱で大乢からの登山道に合流、山頂方向

P1500279

氷ノ山方向

P1500288

今日は大山も確認できましたよ。山頂写真・・・撮り忘れました。
鳴滝山に向かいましょう・・・そうそう、遅くなりましたが今日は「日野家の山歩き」さん御一行に同行させていただいております。

P1500290

激下って鞍部

P1500298

振り返って東山方向

P1500303

少し葉っぱは落ちていますが、良い感じです。

P1500305

P1500307

鳴滝山、まじか

P1500317

山頂写真・撮り忘れました。昼食後はP1228に向かって下山

P1500321

下山尾根から縦走尾根

P1500325

下山尾根、少し植林も交じりますが良いですよ。

P1500326

紅葉三景

P1500331

P1500333

P1500335

最後は作業道を歩いて駐車地へ。

P1500337

とにかく、最高のお天気・紅葉もまずまず・展望も良好・そして、終始おしゃべりしながらお付き合いいただきいた日野家御一行様・・・ありがとうございました。

(もっと詳しいレポートは「日野家の山歩き」のUPをお待ちください)



 

«いよいよ写真展

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ