2018年6月15日 (金)

ホタル観賞の夕べ

若桜では昨年から「ホタル」観賞を売り出しております。

6/23(土)夕方から道の駅近くの八東川支流、当日はコンサートも行なわれます。
梅雨真っ最中ですが夕散歩はいかがでしょう。                          

416_4


2018年6月14日 (木)

長~い、一週間でした。

6/9 この日は扇ノ山と予想して国府から河合谷高原へ向かう。しかし牧場入り口付近で通行止め・・・いまさら別コースから登っても間に合わない・・・ここは扇ノ山を捨てて、作戦変更で市内から智頭の間のロードで迎え撃つ作戦へ。しかし、那岐地区まで行っても遭遇できず、最深部の登山口まで進むがNHKのサポートカーは不在・・・さあ、どうしましょ。

奥西まで戻ったところで知り合いが岡山側から那岐山へ登頂中が判明、山頂での偵察を要請し、奥西の公民館広場で報告を待つ事に。

待って・待って・・・下山は奥本コースが判明し急遽移動・・・二年ぶりに再会できました。

6/10・11は市内のようでしたので動かず

6/12 八頭町内を移動され姫路公園泊り・・・
6/13 姫路コースで扇ノ山、そのまま林道を移動し氷ノ山の麓にお泊り
6/14 氷ノ山・・・三ノ丸コース~山頂~氷ノ越えへ

鉢伏山へ向かって、行ってらっしゃ~い。

P15504

と、思いきや・・・ぶん廻しの表示に目が止まる

P1550408

P1550411

P1550414

今回は隠密行動の為、情報が無くなかなか予想が難しかったですが色々な繋がりで何回もお会いする事ができました。 ストーカーまがい、ごめんなさい(笑)

本日無事に鳥取県を踏破され兵庫県へ、先は長いですが事故なく完歩・登頂されます事をお祈りいたします。 「がんばれ~陽希」

2018年6月 7日 (木)

梅雨の晴れ間に「穂見山」

昨日の雨で足元が悪かろうと山行は考えていませんでしたが、青空を見ているとやはりどこかへ・・・

午後から出発ですが、途中までは点線の作業道・・・何とかなるだろうと安易な判断・どうなりますか?

Photo

点線入り口には橋はあるものの先に道が無く、点線の隣の舗装道路からスタート

P1550174

道端のこの花・・・アケビのような?

P1550176

途中で点線と合流、順調に進んでいましたが、狭くなってきました。右上に石仏と思いましたがお墓のようです。木地師集落でもあったかな。

P1550185
かなり狭くなりました

P1550194

ここらで道をロスト

P1550196

どうしましょ

P1550199

星印の鞍部まで行きたかったですが止む無し。小尾根を直登します。

P1550205

自然林ですが・激登りです。

P1550212

800mを過ぎてやっと緩んできました。

P1550241

やっと支尾根に到着、向こうは植林帯です。

P1550251

主尾根に乗ると・・・887方向

P1550260

ナイス展望

P1550265

P1550266

P1550271

この展望で十分ですが・・・そうは言っても山頂へ。 二等三角点は大きいですが、あまり展望なし。

P1550285

さっ、帰りましょ。

P1550302

ヤマボウシ

P1550311

自然林もありますが、下るにつれて植林帯です。

P1550317

点線に下山、川の向こうに登り時の道

P1550330

P1550336

振り返って・・・登り時直進、右手の樹林帯の中を下山。

P1550339

登り、二時間・下り一時間半でした。

点線をロストしてしまい激登りは堪えましたが、あの展望は予想以上にグッドでした。
やはり887方向、星印から登りたかったかな・アハハ。

皆さんは反対側の穂見集落側から登られるのが良いと思いますよ。

2018年6月 3日 (日)

氷ノ山夏山開き

夏山開き・・・前夜祭だけアップして本番をアップせずにおりました。
何でかって?  先頭ガイドで写真が撮れなかったから・・先頭はそこそこ気を使いますからね。 
そうは言ってもやっぱりおかしいので遅ればせながら少しだけアップ。

今年はツアー登山者の団体じゃなくて、当日の一般募集者 十六名。
例年通り、樹氷太鼓に送られます・・・なんかジャマしてますね~

P1550134

登りは何故か三十人以上が連なっていました・・・??? 
又、当日は県の高校総体、山岳競技がおこなわれており、多くの若者とすれ違い・・・がんばれ~

山頂祭

P1550140

今年は念願だったフォーショットが撮れましたよ。

Dc0

他にも「しそう森林王国・女王」さんとも撮りましたがアップは止めときましょう・アハハ。

大山の山開きと同じ日になり、登山者は例年より少しすくなかったかもしれませんが皆さん楽しそうなお顔で満足・満足。

2018年6月 2日 (土)

夏山開き・前夜祭

日中は暑いくらいの好天、明日も絶好の登山日和になるでしょう。

響きの森の講演会が終わり、外に出ると・・・

P1550099

神事の間に手打ちそばをよばれて、いよいよ・・・

P1550104

何かと思えば・・・

P1550117

「とりぴー」のお見送りでした~

P1550121

さすがに夜は寒い、早く帰って明日に備えましょう。

2018年6月 1日 (金)

梅雨入り前に「氷ノ山」

来週あたり、梅雨入り秒読みか?・・・何とか夏山開きまでは待ってくれそうです。
天気も昨日とは打って変わって良好のはず、今日はその下見・・・違う・違う、学校登山のお手伝いです。

朝、主尾根はまだ雲の中

P1550075

ワイワイ・ガヤガヤ、楽しく登山。天気も良くなってきました。

P1550093

山頂より・・・若桜側から雲が沸き上がりますが兵庫側には降りて行きません。

P1550095

P1550096

別段珍しい花ではありませんが・・・今日はちょっとアップで・・・名前は分かりますよね~

P1550078

P1550081

P1550082

P1550083

P1550089

P1550091

最後の花、ドウダンツツジだと思いますが・・・何ドウダン?

山頂では作業員さんが多数、お食事中、何の作業か尋ねたところ・・・宍粟市の委託で明後日の山開きに併せて坂の谷方向から登山道の整備(笹刈り)だそうです。。ご苦労さまです。
鳥取側の展望こそありませんでしたが、初夏を思わせる天気に気持ちよく歩けました。

2018年5月28日 (月)

氷ノ山・夏山開き

今年の山開きは・・・大山とバッティング・・・今年は何かと賑やかな大山、開山1300年・山の日 全国大会の開催、かなり力が入っていますね。

6/2 前夜祭 ・ 6/3 山開き   氷ノ山・内容的には・・・

Photo_3

Photo_4

今年もガイド予定ですが、一般客向けのグループですので山頂祭に間に合いそうです。久しぶりに巫女さんと、今年は宍粟の森林女王さんと・・・写真を撮るぞ~ (笑)

前夜祭、響きの森での講演は「橋谷晃」氏、毎年有名ガイドさんのお話は興味深く、楽しみにしております。皆さんもいいかがでしょう、何かしら得るものがあると思いますよ。

そういえば、四年前のゲストは栗城史多氏でしたが、ご存知の通り、先般エベレストでご逝去されました。心からご冥福をお祈りいたします。

2018年5月27日 (日)

若桜・鬼ヶ城

三月頃からでしょうか、鬼ヶ城跡に向かわれる方にちょくちょくお会いするようになりました。
よくよく調べてみると 「続・日本百名城」 に鬼ヶ城が選ばれたようです。ちなみに4/6は「城の日」だそうです、ご存知でしょうか?

Photo

Photo_2

氷ノ山といっしょで二百名山みたいなものでしょうか(笑)

今日は関西城郭研究会、三十人以上の方においでいただきました。流石にその道のオタク? 皆さんかなりお詳しいです。

Dsc_0064

宿内から車で行けますが標高差200mちょい、登山道が整備されていますので是非自分の足で登ってみてください。三ノ丸からの若桜宿・天守跡からの氷ノ山等々展望バッチリですよ。

2018年5月26日 (土)

久しぶりに三室山周回

このルート、調べてみたら何と四年ぶり・・・登りと下りの尾根の具合がどうかな~ ちょっと心配しながら取り付きポイントへ

Photo

登山靴では渡れず、サンダルで・・・

P1540977

千m超までは植林帯の激登り・・・まぁまぁ、後は楽勝ですから(ホンマでっか~)

P1540987_2

今日はピーカンの予定でしたが、あいにくの曇り、展望・写真は今一つです。

P1540988

たいぶ歩かれて道がしっかりしてきました。

P1540990

1145P手前若桜側に・・・なんか変だな~って思ったら、倒木・・・来年の開花は無理かも

P1540991

尾根に一本ドウダンがあったはずですが気が付かず、もしかして倒れたか? 倒木が目立ちました。

笹原に突入、基本、膝程度ですがかなり密集してきています。踏み跡が非常に分かりずらくなってきました。ひどい場所は腰下まで・・・

P1550002

山頂、途中で単独男性とすれ違いましたが、アンパン休憩中に誰も上がってこられませんでした。山頂のブナは倒れ、在ったはずのドウダンは見当たりませんでした。

P1550006
さて、出発。少々藪っぽいですが問題なし。

P1550016

県境尾根を離れると・・・ドウダンの巨木

P1550017

P1550021

さて、ここからはドウダンロード・・・ドウダン祭りじゃ~

P1550027

今日は花だけじゃなく、木全体を見てもらいましょう。なぜか個性的なんです。

P1550029

P1550030

P1550038

P1550042

P1550051

P1550055

P1550061

そして、お気に入りの1174Pから三室山

P1550066

ここからの下山は方向に注意、また間違えてしまいました。
おかげで見つけた今日最後のドウダン

P1550068

P1550071

「ベニ」こそ見られませんでしたが「サラサ」はしっかり見られました。今年はこれで良しとしましょう。    ・・・・今年の花紀行は終~了~。 かな?

2018年5月18日 (金)

千石岩

今日は山ガール四人様をガイド登山?  
千石岩に登りたいと・・・以前にのぞまれたこの景色から登って見たくなられたとの事・お眼が高いですね。

P1540106

千石岩だけならピストンで二時間くらいか、それじゃ面白くないでしょ!!!
町境尾根の縦走も絡めましょうと提案しました。
この尾根はどこも壁のごとく急ですが、かろうじてこの一か所からは登れます。

Photo

大体、四時間くらいのコースとなります。

先ずは林道・作業道?・・・小沢を詰めます。   おお、エビネが歓迎してくれました。

P1540950

沢の行き止まり

P1540952

主尾根に乗ってしまえば、後は楽勝です。

P1540954

P1540955

じわじわと下がって、岩が出始めると・・・到着~  千石岩上部の展望岩から・・・ちょっと霞み気味ですが、雨は無く、風もあるので良しとしましょうね。

P1540956

千石岩名物の「覗き」です。
しまった・・・写真掲示の了解を取っていませんでした。ごめんなさい・後ろ姿で。

P1540958_2

ここからは木々を掴みながら激下り・・・聞いてないよ~ 
何とか無事に作業道に降下、千石岩を下から見学です。

P1540962

P1540960

すごいでしょ、満足いただけましたか?

今日は終始見られたフタリシズカ

P1540963



若桜には色々と素敵な場所がいっぱいあります、またのお越しをお待ちしております。

そうそう、この花・・・マンネングサかな?

P1540959

«花を探して・ウロウロと