2017年5月20日 (土)

ひと足先に氷ノ山ご来光開き

好天が続きます・・・とっても熱いですが。今年もご来光登山の声をかけていただきました、むかわずにはおられまい。

P1460849
この時間帯が最高なんです

P1460853
今年一発目のご来光は・・・

P1460857

P1460859

P1460863

P1460869

今年も良い年になりますように!!!


なにやら始まっています

P1460877

P1460881

ここでも・・・

P1460887

P1460888

若者はサマになりますね~

P1460891



今年は何回登る事になるでしょうね?


P1460897

P1460899

P1460900





2017年5月18日 (木)

氷ノ山・学校登山

今年も学校登山の時期となりました。例年より多い残雪に少々不安の中、市内の中学生のお供をしてきました。

これ以上ないお天気

P1460823

心配だった「こしき岩」トラバース道も大丈夫

P1460830

今日は午後になっても大山が見えていました。

P1460831

やっぱり女子の方が強い、失礼・元気ですね。

P1460836

新緑がきれいでした、色んな花も咲いており、最高の登山時期です。

P1460837


時々大きな声も出しますが楽しいですね、今月はあと数校お手伝いする予定です。

2017年5月15日 (月)

昔ばなし

むかし・むかし・・・と、言っても十数年前。以前住んでいた集落の共有林を見に行こうという事になった。当時は山歩きなどしたこともなく付いていくの精一杯だった、どんなところだったかも全く覚えていない。ただ、覚えているのは比較的なだらかな沢部にワサビが一面に自生していた事。
近年になり当時のメンバーと「あの時のワサビ場はどうなったかな~?」「鹿に食べられてそんなもん、もうありませんよ~」「だいたい誰も場所覚えとらんだろ~」そんなたわいもない話。

昨年、ここかな?と思われる場所に行ってみたが・・・?  そして今日、少し場所を変えて行ってみた。

0

三倉谷・深山

P1460767

こんな所に大群落

P1460771
振り返れば扇ノ山~青ケ丸

P1460775

ヒトリシズカ

P1460776

トチの新芽

P1460779

ルイヨウボタン

P1460784

これは・・・ギボシ?

P1460788
これかな?  ほんの数株、場所も全くイメージと違う?

P1460793

トチの巨木

P1460800

P1460801

これもありましたが、まだまだ子供で花は付きそうにありません

P1460803

最後にそこそこの滝

P1460809

結局、探していた場所は見つかりませんでした・・・あれは幻だったのでしょうか?

似たような話は一杯あります。
近所には山野草の好きな方がおられ、お庭にはエビネ・サラサドウダン・シャクナゲ・・・・・
その方曰く、若桜の・・・にはベニドウダンの群生地があって数十年前に何本か持って帰ったが数年で枯れてしまった。あの群生地はすごかった・・・。一緒に行きましょうよと話すが、いやいやもう歳であんな所にはよう行かん。
あのあたりかとは想像できますが花の時期に行って見ないとわからない・・・よし、次はベニドウダン探しをするか(笑)



2017年5月14日 (日)

週末は、山・山・や〜ま

今週末は、めずらしく連日の山歩きをしておりました。

昨日の朝方は雨模様、想定内・登山口では上がっているでしょうと・・・こちらへ

2

スキー場に到着時には雨もなく・・・ただお山はガスで全くみえず、テンション低く出発。
が、登山口直ぐの斜面に見たような大型のはっぱ・・・なんとサンカヨウ。しかも花が咲いています。テンションメーターはグ・グ・グとアップ。  今年お初です。

P1460669_2

煙るブナ林の斜面・・まあ、これはこれで良い感じ

P1460677

山頂でも全く展望はなし、早々に次ぎへ向かいます

P1460687

・・・が、またまたテンションメーターがアップ、想定外のカタクリ。終盤でしたが、かなりの群生地、もう毛無山まで行く必要はないかな(笑)

P1460689

相変わらずの煙るブナ林を下って行きます。

P1460693

鞍部をすぎて登り返し、少しだけ展望が・・・

P1460704

イワカガミも今年お初

P1460709

山頂は相変わらずの真っ白、早々に下山

P1460725

スキー場に下山・・・やっぱり真っ白

P1460731

こんな日もあります、想定外の花も見られて・・・良しとしましょう。



変わって、本日は絶好の登山日和。

1_2

長い長い林道走りに・・・聞いてないよ~って聞こえてきそう。でも、この緑は最高でしょ。

P1460736

登山道に座り込んで・・・?

P1460739

それにしてもキレイです

P1460744

残雪歩きも又楽し?

P1460747

主尾根でばったりカタクリの花、あるとは聞いていましたが、ほんの数株。葉っぱに模様がない。

P1460749

山頂〜

P1460756

もう一つの目的もほぼ・ほぼ達成できて満足いただけたでしょう(笑)

P1460759

子供は元気です・・・スタコラサッサと軽快にお帰りです。

P1460763

そうそう、ここでもイワカガミ、写真は撮り損ねましたがサンカヨウ咲き始めていました。

P1460766

山頂で大山こそ見られませんでしたが、まぁ・これだけのお天気に当たれば満足・満足。

2017年5月10日 (水)

GWは終わりましたが[氷ノ山情報]

例年GW前に登るのですが、今年は豪雪に躊躇していたら登りそびれてしまいました(笑)
これからは学校登山の時期となります、遅ればせながら氷ノ山の様子を見てきました。

1/10  植林帯には僅かに残雪

P1460589_2

いつも崩れるところ

P1460591

沢部

P1460594

3/10

P1460601

氷ノ越えから・・・登山道に雪はなし

P1460610

5/10

P1460612

一端下って、登り返し・・・そこそこの雪(振り返って)

P1460617

6/10

P1460619

7/10  

P1460628

ここからも結構な残雪

P1460634

8/10  仙谷分かれ

P1460645

こしき岩を回り込むと・・・

P1460650

振り返って・・・ここが一番リスキー  登山靴なら問題ないが、スニーカーはチョット。

P1460652

後は問題なく・・・山頂

P1460654

三ノ丸方向・・・行って見ようとも思っていたのですが、風は強いわ・寒いわ。テンション上がらずここまで。

P1460655

それでも、帰りには登山道を外れて雪原歩き(笑)・・・ルート間違いに注意の事

P1460663


少しだけ花便り

7/10を過ぎると「マンサク」ロード、満開です。また「タムシバ」もこれからの様子です

P14_1

1

オオカメノキ・三態

バニーちゃん

P1460615

変身中

P14606
変身完了

P1460

今日の登山者は、一般の方一人とわんこ一匹、響きの森の方が二人、養父の観光協会の方が七人?、後は鳥の鳴き声と風の音のみでした。



2017年5月 5日 (金)

遠見山のお宝さがし

昨日は遠見山登山大会でしたが所用でお手伝いできませんでした・・・が、反省会には参加してきました(笑)
その時に・・・お宝の話が・・・ん〜む、気になる。早速、下見された方と再確認に登ってきました。

ぷっといワイヤーの先に何やら?

P1460527

コンクリートの先に?

P1460529

何じゃこりゃ?

P1460530

実はこの設備は昭和初期に、この付近で掘り出した硅石を地上まで運ぶ索道設備らしいんです。朽ちずによく残っているものです。

奥にレールの残骸が大量にあります。林鉄のレールとほぼいっしょ。

P1460533

更に複線が奥に繋がっています。

P1460540

レールから外れて、何やら?

P1460543

トロッコの動力系設備か?

P1460545

近くにはなぜか・・・鉄くず?   念の為持って帰ってハンマーおやじさんに分析をお願いしましょう。
 

※ハンマーおやじさんから連絡がありました・・・スコリア、噴出したマグマからガスや水分が抜けたもの。扇ノ山あたりではよく見られるものらしいです。

P1460551

さて、採掘場所はどこなんでしょう・・・どうもここは露天掘りらしく洞窟はありません。おそらく、こんな広場だったかも?

P1460556

今日のコース、ほとんどがキレイな自然林、良かったですよ。

P1460579

何かないかとウロウロしたおかげで・・・

アケビの花・・・初めて見ました

P17

他にも・・・まさかの発見

P15_1

P15_2

いや~ 楽しかった。
キレイに残っている歴史遺構にまさかの花々、三時間ほどでしたが大満足でした。
今は地図は貼りませんが、いずれ整備できればバリルートとして公開される事となると思います。

2017年5月 3日 (水)

花見登山Ⅱ・・・毛無山

昨年のプチ遠征で登った「毛無山」、残念だったのはガスで展望は無く、カタクリも寒くて寂しそうでした。今年はタイミングがよさそうなので急遽行ってみました。
今回は鳥取側からのルート、こっちの登山口の方が標高が百m高い(笑)

Photo

駐車場から大山・烏ケ山

P1460394

そして、巨大タンクの奥に登山口。既に車が二十台近く止まっていました。

P1460396
自然林の適度な斜面、コースも良く整備されており、気持ちよく登っていけます。

P1460399

四合目の展望台から・・・

P1460411

第一カタクリ発見

P1460421

こちらは蔵之助岩・・・他にも力岩や無法松等々標識がありますが謂れが書いてなくて?

P1460428

足元のカタクリに誘導されてカタクリ広場

P1460433
なんと白いカタクリ、この山域に数株あるらしいです。

P1460436

P1460440

P1460441

そうは言っても山頂写真。大山は見えるものの、イマイチすっきりしない・・・贅沢か。

P1460450

次回は行くぞ~・・・いや、行きたいぞ~三平山への縦走

P1460447

混雑の山頂を早々に撤退・・・も一度白いカタクリ

P1460459


P1460461

P1460464

予想通り大人気のカタクリ山・・・いや、毛無山。ちょっと遠いですが良い山でした。






2017年4月30日 (日)

花見+気持よく県境尾根

今日は氷ノ山の様子見登山の予定でしたが・・・宍粟の「メ~さん」に先を越されました(笑)

仕方がない、急遽行き先変更して外ノ岡谷へ

Photo

久しぶりの谷です

P1460290

P1460295

P1460298

ムシカリ・・・オオカメノキ

P1460303

支尾根に乗り換えると直ぐにイワウチワ。うれしい事に支尾根全体に広がっているようです。さすがに最盛期は過ぎていますが、もうしばらく楽しめそうです。

P1460305

P1460308

P1460309

P1460310

そして、こちらは・・・

P1460312

P1460315

時期的なものなのかもしれませんが、少ない。あまり期待できそうにないですね。

さて、県境尾根から赤西山方向

P1460327

ムシカリの子供たち

P1460331

くらます、右奥に東山

P1460332

だいぶん近づいた

P1460333

振り返って・氷ノ山

P1460337

山頂直下

P1460339

赤西山・さんちょ〜う

P1460341

定番ショット

P1460342

先を急ぎましょう・・・一端下って

P1460347

振り返って・赤西山

P1460349

すっきりと氷ノ山

P1460355

笹はひざ下・・・以前の藪は面影もなし

P1460361_2

三室山・・・には、向かいません

P1460362

方向転換です。 1174方向 奥は、くらます

P1460366

形の良い盆栽でしょ。 

P1460369

前方に1174

P1460373

ここからの三室山・・・お気に入りです。

P1460377

下山は駐車地に一直線尾根・・・結構きついですよ。

見たかった花も見れ、お気に入りの谷から気持ちの良い尾根歩きができて・・・大満足の山行でした。

2017年4月24日 (月)

恒例・春山歩き

毎年、この時期には気持ちよく山歩きできそうな場所を探していますが・・・中々見つかりません。今年は宍粟のメ~さんに紹介してもらった場所に向かったのですが想定外の状況に断念。念のために準備していたコースに急遽変更しました。

Photo
駐車地から少し戻って・・・取り付きは・・・

P1460185

ススキ原の縁をガシガシと

P1460190

途中で・・・下山予定の尾根・ポイントが見えます。

P1460196

主尾根に到着、ススキの野焼きがされた砥峰高原と奥の方に暁晴山のアンテナ群

P1460203

土塁に沿って進んで行けば・・・砥峰山頂

P1460206

一端下った鞍部・・・キレイなところでした

P1460215

P1460216

登り返して975手前から振り返る

P1460220
まだまだベッピンさんのタムシバ

P1460224

三角点929手前から方向転換・・・しばらく植林帯

P1460226

点線道は峠・・・ナガソウ方向へ

P1460228

左隅には立派な室に石仏があります

P1460232

見覚えのある場所・・・まだまだ作業道歩きが続きます

P1460233

最後は舗装道に上がって、向かいの尾根に進みます

P1460238

もちろん、自然林・良い感じですよ

P1460245

三角点985・・・南千町ケ峰

P1460247

ちょい先でお昼ご飯、正面にかっこいい氷ノ山

P1460249

アセビ庭園

P1460253

キレイな場所です

P1460256

アセビの向こうに砥峰方向

P1460258

振り返る・・・いいですね~

P1460259

植樹したかのようにタムシバが急に増えてきました

P1460265

砥峰方向に延びる電線・・・ここで下る事も考えていましたが、気持ちがいいのでもう少し先まで進みます。

P1460268

P917から駐車地へ伸びる下り尾根

P1460273

登りに通ったススキ原

P1460274

最後は沢部から道路へ無事下山

P1460280

帰りの川の向こう岸に・・・

P1460282

P1460283


1

10キロ・五時間弱、当初の予定とは違いましたが、気持ちよく・いい山歩きができました。

2017年4月21日 (金)

遠見山・春・登山大会

恒例の春登山大会が5/4に実施されます。今日は事前の整備登山をしてきました。

Photo

主催は丹比地区公民館ですが「遠見山馬酔木の会」が全面的にバックアップします。
今回は全員、日田コースの下山となりますね。

P1460183

春は花の季節、当日に見られるかどうか分かりませんので今日の花々を・・・

遠見山・・・と言えば・・・馬酔木(アセビ)

ノーマルは白

P1460180

薄い緑

P1460182

薄いピンク

P1460170

そして、ピンク

P1460174

その他には・・・タムシバ・・・終盤です

P1460181

そして、イワカガミですが、まだまだ蕾

P1460165

他にも、一本だけオオカメノキ(ムシカリ)がありましたが、ちょっと遠くで写真撮れず(笑)

アセビロード

P1460176

まだ参加は可能のようです、問い合わせは丹比地区公民館へ。
0858-84-1251 火・水・金  8:30〜

«やっぱり最後? は 扇ノ山

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ